子硬式テニス部



     本高実績

子硬式テニス部は、2人の顧問の先生の熱心なご指導のもと、週6日間活動しています。
「明るく強く」をモットーに、部の雰囲気はとても明るく、真剣な練習の合間には笑顔も絶えません。
先輩後輩の分け隔てもなく活動しています。ソフトテニス経験者が多いですが、初心者から始めて上手になる人もいます。
真剣な練習の結果、ここ数年は関東国公立大会出場や、公式戦県大会出場、各種大会上位入賞など、結果を残すことができているので、
先輩たちの築き上げた功績に負けないように現役部員も頑張っています。
週末には練習試合を行ったり、夏休みには山中湖合宿、春休みには校内合宿を行っています。
BBQなどの季節ごとのイベントも充実していて、メリハリのある活動をしています。
中学生の皆さん、本庄高校で硬式テニスを始めてみませんか?ぜひテニスコートまで見学に来てみてください。
   

カウンタ(since March.2018)
0 2 6 2 2 8
日誌

女子硬式テニス日誌

熊谷市テニス協会 秋季団体戦

11/15(日)、2年生は熊谷市テニス協会主催の秋季団体戦に参加してきました。

シングルス×1、ダブルス×2の3本勝負です。予選リーグのあと、予選1位チームによる決勝リーグを行います。堅実な一般レディースチームに混ざるこの大会、高校生大会とは違った戦術が求められる、勉強になる大会です。

今年は1年生大会と日程が重なってしまったこともあり、高校生チームのエントリーが少なく、小ぢんまりとした大会になりました。

3ブロックしかない予選リーグですが、本高は深谷第一Aと同じブロック( ゚Д゚)!今年の深一は層が厚く、対戦する度に勝ったり負けたり、手強い相手です。おまけに一般チームも2チーム…。

決勝進出ピンチ!?と思われましたが、接戦の結果2勝1敗と1勝2敗が2チームずつになり、直接対決の結果、本高が1位通過となりました!

決勝リーグでは一般チームに勝つことはできませんでしたが、結果3位入賞。これで本高は、この大会春秋通じて11大会連続(6年越し!)決勝進出を果たすことができました。先輩の背中に追いつこうと頑張る、代々の流れをしっかり引き継ぎ、今年の2年も結果を出せるいいチームになったと思います。みんなよく頑張った!

公式記録(熊谷市テニス協会HPより)

 R2年度 熊谷市秋季団体戦.pdf

   3位!

1年生大会団体戦 決勝トーナメント

11/15(日)、1年生大会団体戦の決勝トーナメントが与野高校で行われました。

単独チームの初戦は獨協埼玉。体育会系、気合の入ったチームですが、気圧されることなく本高勢が頑張り、3勝0敗で勝利できました。

2回戦は第1シード、予選免除の山村学園(*´Д`)。全国レベルで活躍する異次元の選手たちです。先日の新人大会で山村の選手のガチなプレーをレフェリーとして目の当たりにしましたが、それと比べると5割程度(?)の力加減でプレーしているように見えました。が、こちらは硬式のラケットを握って4か月の初心者。手も足も出ず、1試合20分程度で片付けられてしまいました…(+o+)。勝てはしませんが、普段戦えない強い選手と試合ができるのも、決勝トーナメントまで進んだご褒美と享受したいところです。

結果、県ベスト8でした。頑張ったと思います。今大会の戦績は来年の国公立大会のシードにつながるので、幸先良い結果となりました。

一方の混合チーム、初戦は東部の叡明高校。実力的には五分五分の相手でしたが、こちらのダブルス1が力を出し切れず、1勝2敗で敗れてしまいました…。

勝てそうで負けた試合こそ教訓。負けてしまった選手が1番悔しかったと思いますが、個人の負けはチームの負け。初戦からコンディションをどう作るか、チーム全体で取り組む必要がありそうです。

ともあれ、1年生11人全員が2日間に渡り緊張感のある試合を戦えたのは貴重な経験となりました。自分の勝敗がチームの勝ち負けにつながる、団体戦独特の緊張感の中でプレーできたことで、随分度胸がつきました。更なる飛躍を期待しています!

公式記録(高体連テニス専門部HPより)

R2年度 1年生大会決勝トーナメント.pdf

1年生大会団体戦 予選リーグ

11/14(土)、15(日)1年生大会団体戦が行われました。

ダブルス3本勝負で、14日が北部地区予選リーグ、予選1位チームが15日の決勝トーナメントに参加できます。本高は6人の単独チームに加え、本庄東から1人借りた混合チームの2チームが参加しました。

予選、単独チームはシードをもらっての参加でしたが、シード通り、3対戦とも3勝0敗で1位通過できました。

混合チームの初戦はシードの深谷第一高校との対戦。あっさりと1勝1敗のあと、3番手が接戦を制し、勝利できました!熊谷西高校に3勝0敗で勝利のあと、最後の鴻巣高校との対戦も1勝1敗からの接戦をものにし勝利。結果的にこちらもチーム3勝0敗で1位通過!北部地区の2ブロックとも、本高が決勝トーナメントに進出できることになりました。

北部地区は学校数も少なく、顔馴染みなので、だいたいどんな対戦になるか予想がついてしまいますが、決勝トーナメントは他地区の見たこともない選手と試合ができるので楽しみです!

R2年度 1年生大会予選リーグ.pdf

北部地区団体戦

11/7(土)、北部地区団体戦が行われました。シングルス×1、ダブルス×2の3本勝負です。新人大会地区予選の結果を受け、本高Aチームは第2シードをもらって参加しました。

シード通り決勝まで勝ち上がれば、3年連続「早稲田vs本庄」の決勝戦となる位置です。昨年、一昨年と早稲田に優勝をさらわれているので、3度目の正直なるか?

準決勝まで順当に勝ち上がり、第3シードの正智深谷との対戦。地区上位選手3人を擁する強豪です。1勝1敗からダブルス1の勝負になり、格上相手にしぶとく食らいつきましたが経験者には1歩及ばず、決勝進出はなりませんでした…。こちらも力を出し切りましたが、あと1ショットのところでの精度が足りませんでした。

3位決定戦にまわり、相手は第5シードの熊谷女子。こちらは本高と同じような公立初心者チームです。拮抗するかと思われましたが、調子を上げた本高勢が普段通りの力を発揮し、3-0で勝利でき、3位入賞を果たすことができました!

 

一方、第8シードをもらった本高1年生のBチーム。初戦は成徳レギュラーのAチームとの対戦。

シングルスが頑張りました。相手1番手の県大選手にタイブレイクの末勝利できたことで、チームに勢いがつき、ダブルス2本も活きのいいプレーで3-0勝利!

準々決勝では第1シードの早稲田に敗れましたが、最終的に7位。翌週の1年生大会に向けてたくさん試合ができ、いい経験になりました。

 

今年のチームは2年生が少なく、苦戦を強いられるかと思いましたが、ここまで新人大会6人県大会出場、新人県団体ベスト16、北部地区団体3位と健闘しています。

ひたむきにテニスに向き合う姿勢が実を結び始めているのだと思います。秋冬シーズンは陽が短いけど、創意工夫でさらに実力アップを目指そう!

 Aチーム1年生ダブルス

 

 表彰式

 

 3位!

公式記録

 2020北部地区団体.pdf

新人大会団体戦 県大会ベスト16!

10/24(土)、新人大会の団体戦が行われました。シングルス3本&ダブルス2本の5本勝負です。

本高は惜しくも12シードを逃し、フリー抽選に回りましたが、強豪のいない比較的ラッキーな位置に入りました。

1回戦は蕨高校。オーダー用紙に書けるよう、前日に「蕨」の漢字も練習し、準備万端で臨みました(笑)

肝心のテニスは、相変わらず立ち上がりの悪さが課題でしたが、各選手とも試合中盤から持ち直し、4−1で勝利。2回戦の朝霞西高校との対戦も、調子を上げた各選手が実力を発揮し、3−0打ち切りで勝利できました!

3回戦は第4シードの秀明英光。ジュニア日本一(!)の選手を擁する強豪です。そんなチームでも全員がハイパーなわけではなく、ダブルス2はこちらの1年生が意地の勝利。チームは1−3で敗れましたが、一矢報いることができました。

結果、県大会ベスト16。上出来だと思います。団体戦独特の緊張感に、最初は固かった選手も、最後はいい動きを見せてくれました。

秋の団体戦シーズンを戦う上で、チーム全員にとって弾みのつく結果になりました。

「本高雑草魂」の伝統を継いで、この秋も頑張るぞ!

vs蕨  秋晴れがキレイでした

vs朝霞西 ナイスサーブ!

vs秀明英光 緊張の(?)整列

公式記録(高体連テニス専門部HPより)

新人団体1日目.pdf

考査前補習

考査前恒例の数学補習です。

休校のせいで夏休みが短くなり、考査範囲も膨大( ゚Д゚)

しっかりとこなすには、例年以上に周到な準備が必要になります。

我らが硬式テニス部も、一時(いっとき)テニスを離れ、勉強モード!

…ですが、例年、2学期中間考査は新人大会団体戦の直前。

今年も中間考査の翌日が大会本番という日程です(*_*)

レギュラーメンバーは、毎年この時期だけは考査期間中にも短時間の練習を続けることになります。

レギュラーとして、考査と大会の両立ができるか、真の実力が問われる期間です。

 

   2年:教え合いながら、効率よく理解が進みました。

 

   1年:1学期よりはリラックスムード。和気藹々とできました。本番に期待しています!

 

秋のこの時期は大会シーズンなので、他にも「大会前につき考査期間中も練習」って部があります。

どの部も大変だけど、本高勢が活躍できるよう、お互い励まし合ってガンバロウ!!

熊谷市総合体育大会優勝

10/4(日)、熊谷市テニス協会主催の総合体育大会に参加してきました。

ダブルス大会です。高校生は「初級」の部にエントリーします。例年、県北中心に5校位が参加しますが、今年は休校のせいでこの時期に中間テスト期間に入ってしまった学校があり、深谷第一高校と本高の一騎打ちになりました。

予選は3ペアによるリーグ戦、そのあと順位トーナメントです。本高は3ペアが1位トーナメントに進出し、田中朱里・茂木美薫(2年)が優勝、加藤鈴菜・山田春華(1年)が4位に入賞することができました。

深一との練習試合のような様相でしたが、公営コートで、記録に残る勝ち負けを競う試合はやはり一味違います。層の厚い深一を相手に、緊張感のある試合をたくさん経験することができました。

特に1年生はだいぶ試合にも慣れ、練習通りの動きを体現できるようになってきました。

来たる北部地区団体戦、1年生大会団体戦にも期待が持てる試合が多く見られ、楽しみです!

   予選リーグ

   4位ペア & 優勝ペア

 

公式記録(熊谷市テニス協会HPより)

2020総合体育大会.pdf

 

北部地区 県大会出場選手練習会(in本高)

9/20(日)、北部地区から県大会出場を決めた選手が本庄高校に集まり、合同練習&練習試合が企画されました。

…が、天候不良により、合同練習の途中で打ち切りとなってしまいました(T_T)

「天気に左右される競技なので仕方ない。短い時間でも他校選手と打ち合えた時間を糧に、県大会でも頑張ろう。」と参加した選手にはメッセージを送りました。

例年北部地区は県大会では苦戦を強いられます。他地区に食らいつけるよう、この企画が少しでもモチベーションアップの一助になれば幸いです。

参加してくれた各選手、引率顧問の先生方、ありがとうございました。

卒業アルバム写真

9/18(金)、3年生の卒業アルバム写真撮影を行いました。

休校のせいで半年ぶりのユニフォームでしたが、半年活動してないので、みんな雪女みたいに真っ白です(^‐^);

一生モノのアルバムですから、美白で撮れてよかったかな(笑)

 撮影後は練習に混ざってくれました。ブランクはあれど、さすがに実績を残した学年。現役選手に引けを取らないショットを見せてくれ、1、2年は刺激を受けることができました。

 

汗と涙のしみ込んだユニフォームもこれで着納めです。本当にお疲れさまでした。

現在は進路選択真っ只中、大変だと思いますが、部活動で培った精神力と、仲間との絆があれば乗り切れる!

新チームも軌道に乗り、何人か県大会出場も決めました。後輩たちも頑張っています。

今後もテニス部を暖かく見守ってください。本高テニス部OG諸君に幸あれ!

新人大会北部地区予選

9/11(金)~14(月)、新人大会の北部地区予選が行われました。

例年だと春の学総大会の結果でシードをつけますが、今年は中止になってしまったので、昨年度の新人大会の結果を元にシードをつけました。

結果、春大会があればシードを獲得したであろう強豪選手にシードがつかず、トーナメントに紛れ込むことになってしまいました。このような選手を「爆弾選手」と呼んだりしますが、本高ダブルスの部長副部長のペアがこの爆弾ペアと当たることになってしまいました( ゚Д゚)

練習試合でもボコボコに負けている相手に、分が悪い対戦かと思われましたが、相手を分析し、対策を立てて挑んだ結果、2-5ビハインドから5ゲーム連取で7-5勝利することができました!勝ちを意識し始めた相手に対し、こちらは終始同じようにプレーできたのが良かったです。この夏、どこのチームよりも多く試合経験を積んだことが活かされていたように思いました。

このペアを含め、6人が県大会でプレーできることとなりました。

 

ダブルス

5位 田中朱里・茂木美薫(2年)   県大会出場

6位 野村倖・掛川志帆(1年)     県大会出場

8位 齊藤幸葵・澤田華奈(2年)   県大会出場

シングルス

12位 齊藤幸葵(2年)   県大会出場

13位 掛川志帆(1年)   県大会出場

 

1年生が絡めたのも幸先良いスタートです。県大会でも実力を出し切れるよう、一層の頑張りを期待しています!

公式記録(北部高体連HPより)R02新人北部女子.pdf

練習試合(vs上尾&熊女&本庄東 in本高)

8/30(日)、上尾高校2年生、熊谷女子高校、本庄東高校を迎えて練習試合を行いました。

感染症、熱中症の両方の対策を取りながらですが、選手も大分慣れてきたようで、安全に行うことができました。

いつも通り、本高の人数に合わせて来てもらったので、本高vs他校フルメンバーとなり、キツい試合をたくさんさせてもらいました。

勝敗数は全体では五分五分でしたが、こちらの主力メンバーは大きく負け越し(+_+)

公式戦前最後の対外試合で負け越したことで、「うかうかしてられない」と緊張感が生まれました。

本番に向けて調整を頑張ります!

   1年生ダブルス

 

練習試合(vs早稲田本庄 in本高)

8/19(水)、早稲田本庄を迎え、練習試合を行いました。3密を避け、県高体連の部活動ガイドラインに則って実施しました。

今年の早稲田は、昨年度の新人戦で1年生ながら北部地区1位になった選手を始め、ジュニア経験者の2トップを中心に、学年・経験者・初心者のバランスのいいチームだなという印象です。

久々にお手合わせいただきましたが、早稲田の初心者で始めた2年生も堅実さに磨きがかかり、「試合に勝てる」テニスを追及している印象でした。

こちらの2年が勝てそうで勝てない、じれったい試合が多かったですが、負けは負け。

派手なショットはあらずとも、試合に勝つプレースタイルはあるものだと実感させられました。

さすが早稲田!「考えて勝つ」。勢い任せの(?)本高生が最も見習わなければいけない一面を目の当たりにし、練習に向かう意識も変わってくれることと思います(^‐^)

遠方から通学する選手も多い中、わざわざ本高まで来ていただき、選手・顧問の先生、ありがとうございました。

 

 

 

夏休み活動記録

8/9(日)合同練習

熊谷商業に来ていただき、合同練習を行いました。

本高の練習に混ざっていただく形となりましたが、普段のメニューでもいつもと違うメンバーを入れて行うと新鮮味があり、刺激を受けることができました。選手、顧問の先生、ありがとうございました。

 

8/11(火)体験入部

本高テニス部初の試み、体験入部を募集したところ、中学生1名が練習に参加してくれました。

クラブでの経験者とあって本格派。本高の現役部員が教わりたい程、基本に忠実なプレーを見せてくれました。本高には例年経験者がいませんが、1人でも入ってくれると周りへの刺激になり、全体がレベルアップするので、ぜひぜひ入学、入部して欲しいです。一緒に本高テニス部の歴史を作ろう!

受験勉強頑張って、春に再開できることを心待ちにしています!

 

8/13(木)練習試合(vs成徳深谷&大妻嵐山 in本高)

相手両校合わせた人数と本高の人数が同じ位だったので、両校vs本高の対戦となりました。

相手は2年生が多く、こちらは1年生が多かったので苦戦するかと思いましたが、本高勢は練習通りのプレーを実現でき、大きく勝ち越すことができました。本番に向け、1年生も大分試合に慣れ、自信がついたようです。本番での大暴れが期待できそうです!

参加してくれた両校の選手、顧問の先生方、暑い中ありがとうございました。

   1年生ダブルス

練習試合(vs深谷第一 in深谷第一)

8/6(木)、深谷第一高校に伺い、練習試合を行いました。

密を避け、部活動ガイドラインに従っての実施です。

深一は2年生が多く、本高は1年生が多いので、胸を借りるつもりで臨みましたが、本高1年生も意地を見せ、全体では2勝1敗ペースで勝ち越すことができました!

…とは言え、相手の上位番手には、勝ち越しを許すような手強い選手もいました。強気のプレーにこちらが押され、深一のレベルの高さを感じました。

本高の誰かと深一の誰かが、きっと9月の新人大会地区予選で対戦します。そのときは一段とレベルの高い対戦ができるよう、お互いこの夏頑張ろう!

会場を整えてくれた深一選手の皆さん、顧問の先生、ありがとうございました。

  2年生ダブルス

 

  1年生ダブルス

 

1年生練習試合(vs熊谷西 in本高)

8/2(日)、本高に熊谷西高校を迎え、新チーム初の練習試合です。感染症対策をしっかり取りながら、部活動ガイドラインに則って行いました。

相手は1年生のみのチームなので、本高の1年生と対戦してもらいました。

お互い初めての対外試合に、最初は緊張の面持ちでしたが、地の利もあってか、本高選手はラリーが始まるとのびのびとプレーすることができ、いい試合を作ることができました。

修正が必要なショットも確認でき、練習に還元できる課題も見つかりました。

 一方、2年生は部内戦。当初は先週に試合を組んであり、2年も試合ができるはずでしたが、雨で延期になり、2年生がいるチームが来られなくなったので、急遽部内戦を行うこととなったわけです。

こちらも久々のユニフォームを着ての緊張感のある試合。練習とは一味違う真剣モードで、本気ラリーの応酬となりました。実戦に向けて良い調整ができました。

短い夏休みですが、秋の新人大会に照準を合わせて頑張ろう!

考査前補習

6月下旬からようやく通常登校に戻り、新入部員11人を迎えて、硬式テニス部も活動を再開!

…と思ったのも束の間、10日程活動しただけでテスト期間に入ってしまいました(T_T)。

今年の1年生はいい球を打つし、飲み込みも早いし、かつ楽しそうに練習していただけにザンネン(>_<)。もう少し練習させてあげたかった!

しかしテストは待ってくれません。休校のせいで中間テストもできず、いざテスト期間に入ってみると、膨大なテスト範囲を前に生徒は恐々です(+_+)

が、それでもしっかり取り組もうとするのが本高生のエライところ。

各学年から勉強会の要望があり、恒例の数学補習を行う運びとなりました。

 2年生…要領を得たもので、テンポの良いやり取りで効率よく理解が進みました。

 

 1年生…初の数学補習とあって、コート上とは違った緊張感でガチガチでした(^_^;)

 テニス同様、勉強もリラックスしながらやらないと持たないぞ。

 

文武両道、打ち込むものがある幸せを再認識し、目一杯頑張れ!

部活再開に向けて ~第2章~

分散登校が続いていますが、テニスコートは部活再開に向けて動き始めています。

6/9(火)放課後、分散登校した部員(硬式&ソフテニの男女)でコート整備&草取り&ゴミ拾いを行いました。3か月に渡る休校のせいでコートはパサパサ、草も生えて荒れ放題の無残な状態でしたが、1時間程かけてどうにか復旧にこぎつけました。「このままでは1年生を迎えられない」と、3年生も積極的に参加してくれました。さすが3年生!いざという時は頼りになります^-^

6/12(金)、硬式女子とソフテニ男子の有志が残りの草取りをしてくれました。暑い中、蚊と格闘しながら、気持ちの良いコートに復元してくれました。

両日とも、本来の活動ではない、小人数での雑用でしたが、部員たちはとても楽しそうに作業に当たっていました。

久々の部員の弾ける笑顔を見るにつけ、決して「不要不急」なんかじゃない、止めてはいけない活動を我々はしてきたのだと思い知らされました。

授業、学校行事、クラス活動も同様のはずです。一刻も早く、明るく元気な日常を取り戻そう!

youtube 本高女子硬式テニス部チャンネル

部活再開に向けて

3か月ぶりの更新になってしまいました。
突然の「全国一律休校」からの「緊急事態宣言」。
我々関係者はなすすべもなく、戸惑う部員にどう声をかけたらよいのか、悩んでいるうちに3か月が経ってしまいました。申し訳ない。

3年生へ
「明るく強く」をモットーに、テニスに打ち込んできた集大成の大会がなくなりました。
その憤り、悔しさ、虚しさ、悲しみはいかばかりか、推し量るべくもありません。
インターハイや甲子園がなくなって、メディアでインタビューされるのは「全国大会に行けそうだった強豪校」の選手ばかりだけど、全国大会で活躍する選手なんて競技人口の1000人に1人位。
本当にスポットライトを当てるべきなのは、999人の裾野を支える、県大会や地区大会で競技人生を終える本高生のような選手だと思っています。
目標は全国大会ではないけれど、それぞれの目標に向かって切磋琢磨した時間は等しく評価されるべきです。
少なくとも私には、インターハイ選手より15人の本高3年生の方が輝いて見えます!
本来よりも3か月短くなっちゃったけど、この1年11か月の頑張りは、間違いなくみんなの財産です。
勝ち負けもつかず、最後までやり切った達成感にはちょっぴり足りないかもだけど、これまでのみんなの活躍、実績を見れば、十分「実力発揮」と言えるだけの活動をみんなはしてきた。
このチームでの活動に誇りを持ってください。
そんな中、まだ見ぬ新入部員のために動画を作ってくれたり(youtube 本高女子硬式テニス部チャンネル)、部活再開に向けてみんなで準備してくれていること、本当に感謝です。ありがとう。
その人間力、部活動を通して培われたものであるならば、こんなに嬉しいことはありません。
尻切れトンボになってしまったけど、これまでに打ち込んだ時間は、確固たる財産として、仲間と共に胸に刻んで欲しいと思います。

保護者の皆様へ
2年の長きにわたり、硬式テニス部の活動にご理解、ご協力いただきありがとうございました。
ご家族と過ごす時間も削られ、色々な我慢を強いてしまったこともあったと思いますが、この2年間、部員達は本当に楽しそうでした。時にはプレーや人間関係に悩み、涙したこともあったようですが、健全な成長過程だったと思います。
最後の雄姿を見ていただけないのが心残りで仕方ありませんが、一番落胆しているのは生徒本人だと思います。ネガティブな感情をため込まないよう、心のケアに務めていただきたいと思います。
今後は進路実現に向けて前向きに取り組んでもらえるよう、支援したいと考えております。
引き続きよろしくお願いいたします。

2年生へ
いよいよ君たちの番。
先輩たちが培ってきた伝統を受け継ぐときです。
思うように活動ができない不自由な現状もありますが、「本高雑草魂」と創意工夫で、部を盛り上げていきましょう。これからが本番ですよ。思う存分、やっちゃえ本高!
部活を止(と)めるな。
みんなならできる。「Neo本高硬式テニス部」の歴史を作ろう!期待しています!

入部を考えてくれている1年生へ
本高硬式テニス部は、例年硬式テニス経験者のいないチームです。明るい部員のモチベーションと効率のいい練習で、経験者を擁するチームとも戦える位の実績を重ねてきました。
ソフトテニス経験者の諸君、高校に入ったら気持ちも新たに、硬式テニスで一花咲かせてみませんか?
スタートは2か月遅くなりましたが、それはどこの学校も同じ。工夫次第で例年通りの実力をつけていくことは、本高硬式テニス部ならできます。
本高に入学する生徒のポテンシャルには、毎年驚かされます。諸君にもその素質がきっとある!
ぜひ、君たちの中から、本高硬式テニス部の系譜を受け継ぐメンバーが育ってくれることを期待しています。

~入部に向けて~
すでに「入部したい」と考えてくれている人も何人かいると聞いています。
スムーズに活動に合流できるよう、部活再開前にできることを伝えます。

①基礎体力の回復
受験勉強からの休校で、身体は相当なまっています。入部の際はそれを踏まえて無理なく活動しますが、基礎体力はあるに越したことはありません。
2~5㎞位のランニング(ジョギングで構いません)、腕立て伏せ、スクワット、腹筋、背筋(20回×1~3セット)位はできると、楽に練習に取り組めると思います。無理せず、徐々に強度を上げましょう。

②ルールの確認
ソフトテニスと若干カウントが違います。
入部後にしっかり指導しますが、一足早く勉強したい人は、外部リンクですがどうぞ↓
【テニス入門】ポイントの数え方・基本ルール

③用具の用意
入部後に購入でも全く問題ありません。先んじて用意したい人のために。

ラケット:ガットが張られてぶら下がっているのは絶対にダメです。レジャー用なので、すぐ買い替える羽目になります。少々値が張りますが、競技用のもの(初中級者向け)を買いましょう。部にも貸し出しラケットがあるので、当面はなくても大丈夫です。

シューズ:「クレー(土)&オムニ(人工芝)用」を選んでください。「オールコート用」というのがありますが、「すべてのコート用」ではありません。
オールコート=オールウェザーコート=ハードコートです。高体連の試合はすべてクレーかオムニで行われるので、「クレー&オムニ」を選びましょう。

ウェア:入部後、揃いの物を購入します。カタログを見てどれにするか、部員同士でワイワイやるのも恒例の一幕です^^

本高硬式テニス部は、コロナごときに邪魔をされるほどヤワではありません。
高校生活を彩る部活動。選択肢の一つに硬式テニス部を加えてみてください。
テニスコートで待っています。

考査前勉強会

学年末考査期間です。今年度の有終の美を飾れるよう、学年別に数学の勉強会を行いました。

数学は、得意な生徒、苦手な生徒がいますが、教え合うことで双方レベルアップできました。「教えること」が実は一番のいい勉強になったりするものです。

テニスも同じ。「相互作用」でチーム力アップにつなげよう!

   2年

技術講習会

2/11(火)、北部地区の技術講習会が行われました。各校の上位選手を対象に、ヨネックスのプロコーチからレッスンをいただく練習会です。

本高からは6名が参加しました。基本的な球出し中心でしたが、力の入れ方やインパクトの位置、スイングの軌道など、細かなアドバイスをいただきながら練習を重ねると、ショットの質が目に見えて良くなりました。さすがプロ!

この手の練習会は、「その日」は良くなるのですが、教わったことを継続できるかがポイントです。

参加メンバーが、チームの練習に還元してくれることを期待しています。

会場を提供してくださった本庄東高校、参加各校選手、顧問の先生方、ありがとうございました。