弓道部➶
  
   
 
ようこそ!弓道部のページへ!

【部員】
 3年生:男子7名  女子11名
 2年生:男子8名  女子10名
 1年生:男子8名  女子11名

【活動日】
 平日:月曜日~金曜日・16:00~18:00
 休日:土曜日・9:00~12:00
 オフ:水曜日・日曜日
 ※水曜日は大会のある週はやります。また日曜日が大会の時もあります。

【活動場所】
 HR棟の奥にある弓道場

【顧問】
 3名・弓道経験者あり

【実績】
〔令和元年度〕
 新人戦県大会女子団体ベスト16
〔令和3年度〕
 インターハイ県予選 男子団体3位
 インターハイ県予選 男子個人優勝(インターハイ出場)
  第110回 県北支部高等学校弓道大会  女子個人 2位 5位
                      男子個人 5位 10位
 全国選抜大会県予選 男子団体準優勝(全国選抜大会出場)
 令和3年度北部支部大会 男子個人4位・女子個人2位
 第111回 県北支部高等学校弓道大会  男子個人 1位 3位 6位 8位
                     合計26点:優秀校獲得
〔令和4年度〕
 インターハイ県予選 男子団体ベスト10 
 第112回 県北支部高等学校弓道大会  女子個人 2位
                     男子個人 1位 2位 7位 計23点:優秀校獲得
 新人戦県大会 男子団体ベスト32
        女子団体Aチームベスト32 
            Bチーム優勝(東日本大会出場)
 全国選抜大県予選 女子個人8位タイ
 北部支部高等学校弓道大会 男子団体 2位 5位
              男子個人 8位
 東日本大会 女子団体5人制ベスト24
 第113回 県北支部高等学校弓道大会  女子個人 3位 4位 7位 計19点:優秀校獲得
                     男子個人 2位 3位 8位 計20点:優秀校獲得
〔令和5年度〕
 関東高等学校弓道大会県予選 男子団体ベスト20
 インターハイ県予選 男子団体 5位
           男子個人 7位 
 
  弓道はほとんどの生徒が高校から始めます。
  興味のある方は随時見学お待ちしています。
日誌

弓道部日誌

令和6年度大会出場記録(~6月)

令和6年度の6月まで公式戦の記録を紹介します。 

 

■関東高弓道大会埼玉県予選(4月)

 男子団体 2次予選進出  女子団体 出場

■インターハイ埼玉県予選(6月)

 男子団体 2次予選進出  女子団体 2次予選進出

 男子個人 2名決勝進出

 

6月のインターハイ埼玉県予選を持って、3年生は6月で部活動を引退しました。

今後の活動は2年生に引き継がれます。よき伝統を受け継いでの活躍を期待します。

令和5年度 大会出場記録

令和5年度 大会出場の記録を紹介します。

 

■関東高校弓道大会埼玉県予選(4月)

 男子団体 決勝進出16位  女子団体 2次予選進出

■インターハイ埼玉県予選(6月)

 男子団体 3次予選進出   女子団体 1次予選出場

 男子個人 7位入賞

■第114回北部支部高等学校弓道大会(8月)

 男子個人 優勝・6位入賞  優秀校に選出され、埼玉県武道大会に出場

 女子個人 優勝・9位入賞

■関東個人選抜埼玉県予選(8月)

 男子 1名決勝進出   女子 出場

■高校弓道新人戦(10月)

 団体 男女とも出場

■全国高等学校弓道選抜大会埼玉県予選(11月)

 男子団体 2次予選進出  女子団体 準優勝

■埼玉県武道大会(11月)

 団体戦出場 高校生の部 個人優勝

■県北大会(1月)

 男子団体2位  女子団体4位

 男子個人3位入賞

■第115回北部支部高等学校弓道大会(3 月)

 男子個人 優勝・10位入賞

 女子個人10位入賞

 

【弓道部】大会報告

昨年度の東日本大会以降の大会の結果についてお知らせします。

3月30日に第113回県北支部大会が行われました。

女子が個人で3位、4位、7位に入賞し優秀校を獲得しました。女子の入賞者は全員1年生です。1年生も実力がついてきたことをとてもうれしく思います。

また男子も個人で2位、3位、8位に入賞し優秀校を獲得しました。男子は県北支部大会3連覇になります。

 

4月に入り弓道部の体制も新しくなり、初めて行われた大会が関東大会の埼玉県予選です。

男子Aチームが予選24射16中で予選を通過し、決勝では24射12中、合計48射28中で惜しくも関東大会出場を逃しました。男子Bチームは1次予選12射2中で1次予選敗退となりました。

女子Aチームは予選24射11中、女子Bチームは予選24射9中で決勝には進めず、予選敗退という形になりました。

男女とも力を尽くし、頑張っていました。

 

4月30日にはインターハイの個人1次予選が行われました。男子が8射5中、女子が8射4中以上の通過になります。結果として男子が2名、女子が4名通過することができました。女子4名のうち1名は2年生です。6月のインターハイに向けて刺激となる大会になりました。

 

6月10日、11日でインターハイ団体1次2次予選、個人2次予選が行われました。インターハイのみ団体は5人立ちになります。40射の合計上位10チームが17日の3次予選に進みます。

男子団体が40射26中で4位に入り、3次予選に進みました。また、30日の1次予選を通過した3年生の生徒が個人でも8射6中で3次予選に通過することができました。

女子団体は20射6中で1次予選を通過することができす、個人でも3次予選に進むことはできませんでした。3年生の女子はこの大会をもって引退となりました。

17日にはインターハイの3次予選、決勝が行われ、男子の団体が40射23中、1,2次予選との合計80射49中で5位となり、上位4チームで行われる決勝リーグには惜しくも進むことができませんでした。個人では24射の合計が18中で7位に入賞することができました。よく頑張ったと思います。3年生の男子もこの大会をもって引退となりました。

 

新年度になり1年生も20名入部し、活動も更に活発なものとなりました。3年生が引退をし、いよいよ新たなスタートを切ります。よい伝統は受け継いでいきながら、新たな弓道部の歴史を作るためにこれからの練習に励んでいきたいと思っています。

【弓道部】大会結果報告

3月23日~26日に青森県弘前市の青森県武道館にて開催された東日本大会に出場して参りました。

 

25日に五人立ち、26日に三人立ちの試合でした。

五人立ちの試合は予選が20射10中で通過。決勝トーナメントに進出しました。

トーナメント1回戦は茨城・清真学園、宮城・尚絅学院との3チームトーナメントで、

本庄6中、清真学園9中、尚絅学院13中で、敗退となりました。

三人立ちの試合は予選が24射9中で予選敗退となりました。

 

今回も様々に得るものの多かった大会となりました。

大舞台で皆中できた者。1年生ながら出場し活躍した者。悔し涙を流す者。

上位大会に出場しなければ経験することのできなかったことだと思います。

これらすべての経験が部員たちの血となり肉となって、さらに成長してくれることを願います。

 

 

本庄高校の弓道場も春らしくなりました。

矢道が桜の絨毯になっています。桜の咲いている弓道場も珍しいのではないでしょうか。

桜吹雪に向かって弓を引く様はなかなか絵になります。

光陰矢の如しというように、振り返ればあっという間、季節はめぐります。

新年度はさっそく関東大会の予選から始まります。

埼玉開催の関東大会で出場枠も増えるので、ぜひ頑張ってもらいたいと思います。

 

 

【弓道部】大会結果報告

昨年の11月に行われました全国選抜大会の県予選においては、団体戦では振るわず、女子個人戦において2年生の部員が8位タイの成績でした。競射で敗れてしまい入賞こそなりませんでしたが、よく頑張ったと思います。

 

年が明けて1月14日に北部支部大会がありました。

北部大会は1年生も出場できました。

大会は、団体戦が予選12射(男子5中・女子4中通過)、決勝12射の24射の的中数で、個人戦は予選4射(3中通過)、決勝4射の8射の的中数での勝負でした。

男女とも団体戦・個人戦があり、男子団体戦でDチームが2位、Bチームが5位、男子個人戦で8位に入賞することができました。女子は惜しくも入賞はなりませんでした。

今回は1年生の活躍が光りました。男子団体2位のDチームの落ちは1年生、また男女ともに1年生チームが予選を通過し決勝まで進むことができました。貴重な経験になったことと思います。

 

冬の稽古は寒さとの戦いです。

体が思うように動かなかったり射に集中できないような天候のときもあり

どうしても後ろ向きな気持ちになりがちです。

 

冬はやがて春になります。

しかしその時に自分の射が成長しているかどうかは、この冬の稽古をいかに頑張れたかによります。

ただ時が経つのを待つのか、自分で冬を乗り越えようとするのか。 

冬を乗り越えた者にのみ、本当の春は訪れると思います。

 

次の大会は3月の北部大会、4月には関東大会の県予選と現2年生には終わりも見えてきました。

その間に東日本大会(3月・青森県)もありますので、引き続き稽古に励みたいと思います。

【弓道部】大会結果報告

10月1・2・4日にわたり、新人戦が行われました。

今回は予選の後ベスト32のチームで決勝トーナメントを行い、優勝・準優勝の学校が東日本大会の出場権を獲得します。

男女A・Bチームが出場し、男子はAチーム、女子はA・Bチーム共に決勝トーナメント出場となりました。

結果は以下の通りです。

 

男子Aチーム

一回戦 本庄A 6-8 春日部A

男子は初戦の春日部高校との試合で惜しくも敗退。ベスト32の結果でした。

 

女子Aチーム

一回戦 本庄A 5-6 坂戸西A

初戦が昨年のインターハイ出場校との試合でした。しかし選手は臆することなく戦い、途中までは5-4でリードしていましたが、各選手4本目の矢を外してしまい、逆に坂戸西高校は4本目を詰めて逆転負け。非常に惜しい試合でしたがベスト32という結果でした。

 

女子Bチーム

一回戦 本庄B 5-4 草加西B

二回戦 本庄B 5-2 大宮光陵B

三回戦 本庄B 6-2 秩父農工科学B

準決勝 本庄B 7-4 川越総合A

決勝  本庄B 6-5 寄居城北A

女子Bチームは予選24位通過だったものの、初戦の今年インターハイ出場の草加西高校に競り勝ち、以降のトーナメントも勝ち進むことができ、結果的に優勝・東日本大会の出場権を獲得しました。

高的中は出ませんでしたが、逆に大きく崩れることなく、各自がやるべきことをやり、ギリギリのところで踏ん張れたことが勝因だったと思います。

東日本大会は3月なのでまだ先ですが、県の代表として一つでも多く勝ち進めるよう、引き続き心・技・体の向上に努めたいと思います。

 

また、11月には全国選抜大会の県予選もあるので、そちらも頑張りたいと思います。

 

新人戦決勝:女子Bチーム

 

 

【弓道部】大会結果報告

8月23日・24日に関東個人選抜大会の県予選がありました。

個人戦のみですが、関東大会につながる県予選です。

本庄高校も男子7名、女子6名を選抜して出場しました。

競技は、1次予選は男女とも4射2中通過、2次予選の4射の計8射で男子は6中、女子は5中の者で決勝戦を行い順位を決めます。

先日の北部大会で結果が出ていたこともあり、満を持しての参加でしたが、結果は思うようにはいきませんでした。

 

女子は、1次予選の通過者が2名。その2名も決勝進出はならす、2次予選敗退となりました。

男子は4名が1次予選を通過し、その内2名が決勝に進出できました。

男子の決勝進出者は全体で35名で、その中から入賞の12位が決まるまで1人1本ずつ順番に引いていき、外したものから敗退するという形式で決勝戦が行われました。

本庄高校も2名のうち1名は1本目で外してしまい、もう1名は1本目が中ったものの、2本目で外してしまい、入賞には至りませんでした。

 

参加した部員たちも、北部大会と県大会とで試合の雰囲気や会場の規模、参加人数の違いなどを感じたそうで、やはり県大会で勝ち進んでいくことは難しいと実感しました。一方で、日々の練習に取り組む姿勢を各々が振り返るいいきっかけにもなりました。

次は10月に新人戦があります。団体戦もあるので、チーム一丸となってまた練習に励んでいきます。

【弓道部】大会結果報告

8月17日(水)第112回県北支部大会が行われました。

本庄高校は1・2年生の部員が全員出場しました。

 

1年生は7月から巻き藁を始めて約300本引きこみ、8月から的前に入れるようになりました。

1年生にとっては今回が初めての試合になります。

 

2年生にとっては代が変わってから初めての大会になります。

8月9日に、成徳深谷さん・正智深谷さんと合同の練習試合もさせていただき、2年生中心に参加しました。

各自が課題も明確になり、大会に向けて非常に有意義な練習試合となりました。

両校の皆様、大変にありがとうございました。

 

試合は個人戦で、男女とも4射2中で予選通過、決勝4射の計8射の的中で競います。

本庄高校は男女とも多くの部員が決勝に進出し、1年生にも決勝進出者が出ました。

的前の練習を始めて2週間程度ですが、決勝に進出するのはすごいと思います。

結果的に、2年生の女子が8射5中で2位入賞。2年生の男子は8射7中が2名おり、競技規則に従って1位2位と順位がつき、もう一人8射5中で7位に入賞しました。

男子は獲得点数でも1位になり、前回の大会に続き優秀校2連覇をすることができました。

夏休み中に関東個人の県予選がありますが、そこに向けて上々の結果となりました。

 

試合後、2つのことを確認しあいました。

1つは、自分の射にこだわりを持っていくこととです。

射法八節の一つ一つの動作をいかに細部にわたるまで気を配って行うことができたか。自分で意識するポイントを感覚だけでなく言語化し、そのポイントを多く作れれば射の正確さは向上します。

2つ目は、試合までのルーティンを作ることです。

メンタルスポーツと言われるくらい、緊張や気持ちの浮き沈みが結果に大きく影響します。例えば、バッターボックスに入る前に決まった動作をする野球選手がいますが、いつもと同じ行動を繰り返すことで自分の気持ちを整えていくことができます。自分の競技の番まで程よい緊張感を保ち、気合を充実させて試合に臨めるように、各自何ができるか考えました。

 

次の大会は上位大会にも続く県予選なので、ぜひ頑張ってほしいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

【弓道部】大会結果報告

6月11日、18日とインターハイの県予選が行われました。

男女とも団体戦・個人戦に出場しました。

結果的には女子は個人戦・団体戦とも予選敗退でした。

大会前までの練習では予選は通過できる力がついていましたが、試合の本番でそれを出すのがいかに難しいか。

今回は2年生も団体戦のメンバーとして出場しました。3年生はこれで引退になりますが、試合に出た2年生はこの経験を忘れず、また頑張ってほしいと思います。

 

男子の方は個人戦は予選敗退でしたが、団体戦は予選を通過し、ベスト10に残ることができました。

今回、特に男子は前年と比べてもハイレベルな大会になりました。本庄高校も頑張りましたが、結果的に入賞までは届きませんでした。

男子も2年生が出場しました。1年後またこの場で、今回よりもいい結果を目指そうと決意し合いました。

 

これをもって3年生は一区切りとなりました。期末試験後に引退式の射会を行う予定です。

今3年生は、昨年度男子の団体戦で全国選抜大会に出場できました。団体戦で初の上位大会進出をすることができました。また、女子は団体戦での入賞は果たせませんでしたが、個人戦での入賞をすることができました。

男子に続き女子も力をつけてきて、本庄高校弓道部を一段と強くしてくれたと思います。

男子の試合前日の練習に、すでに敗退し先に引退していた3年生の女子が応援にきてくれました。

自分たちの試合はもうないけれども、まだ戦う仲間がいるならば応援に行こうという気持ちが顧問としても大変うれしいものでした。

試合で結果を残すことはもちろん素晴らしいことです。今期の3年生は本当によく頑張りました。しかしそれ以上に、先に述べたように、男女関係なくチームとして一体となって、最後まで目標に向かって努力をするという姿を見せてくれたことはとても素晴らしいと思いますし、部活動の真髄なのではないかと思います。そういった意味でも、この3年生は偉大でした。

 

これから2年生に代替わりしますが、それぞれの代が築いてきたものを引き継ぎながら、また新たな本庄高校弓道部を築いていってもらいたいと思います。

 

【弓道部】大会結果報告

4月16日、18日に関東大会の県予選が行われ、男女2チームずつが出場しました。

結果は、男子は2チームとも1次予選敗退。

女子はAチームが24射12中で、あと一歩のところで決勝進出を逃しました。

男女とも3月の北部大会で調子を上げていただけに悔しい結果となりました。

 

4月30日にはインターハイの個人戦1次予選がありました。

男子は8射5中以上、女子は8射4中以上で予選通過になります。

男子は3年生1名、2年生2名の3名が通過。

女子は3年生1名、2年生3名の4名が通過できました。

なかなか団体戦に入れないメンバーが活躍でき、よかったと思います。

 

6月の団体戦が3年生の最後の試合になります。

残り1か月、悔いのないように、最後まで頑張ってもらいたいと思います。