男子バレーボール部


活動日 基本的には月曜日がOFF
顧問:遠藤 大佑
副顧問:村田 海晴、齋藤 将太


部員:3年生 8人+マネージャー2人
   2年生 7人+マネージャー3人
   1年生 6人+マネージャー2人

バレーボールが大好きなメンバーです!経験者、未経験者問いません。バレーボールをやりたい人は、本庄高校体育館へ!

 

【顕著な成績】
H24年度 全国高等学校総合体育大会 県予選 【第5位(ベスト8)】
H24年度 全日本バレーボール高等学校選手権大会 県予選 【第5位(ベスト8)】
H24年度 埼玉県高等学校新人大会 県大会 【第5位(べスト8)】
H25年度 関東高等学校大会 県予選 【第3位(ベスト4)】※関東大会出場
H25年度 関東高等学校大会 本選  【2回戦進出】
H25年度 全国高等学校総合体育大会 県予選 【第5位(ベスト8)】


H28年度成績
北部支部春季大会 【3位】
関東高等学校大会 県予選 【出場】
全国高等学校総合体育大会 県予選 【2回戦進出】
北部支部技術講習会 1年生の部 【3位】
全日本バレーボール高等学校選手権大会 北部地区予選 【3位】
全日本バレーボール高等学校選手権大会 県予選 【出場】
埼玉県高等学校新人大会 北部支部予選 【3位】
埼玉県高等学校新人大会 県大会 【ベスト16】

H29年度成績
北部支部春季大会 【優勝】
関東高等学校大会 県予選 【ベスト16】
全国高等学校総合体育大会 県予選 【ベスト16】
全日本バレーボール高等学校選手権大会 北部地区予選 【準優勝】
全日本バレーボール高等学校選手権大会 県予選 【ベスト16】
埼玉県高等学校新人大会 北部支部予選 【ベスト8】
埼玉県高等学校新人大会 県大会 【出場】

H30年度成績
北部支部春季大会 【準優勝】
関東高等学校大会 県予選 【出場】
全国高等学校総合体育大会 県予選 【2回戦進出】
北部支部技術講習会 1年生の部 【準優勝】
全日本バレーボール高等学校選手権大会 北部地区予選 【3位】
全日本バレーボール高等学校選手権大会 県予選 【出場】
埼玉県高等学校新人大会 北部支部予選 【3位】
埼玉県高等学校新人大会 県大会 【出場】

H31年度・R元年度成績
北部支部春季大会 【3位】
関東高等学校大会 県予選 【2回戦進出】
全国高等学校総合体育大会 県予選 【出場】
北部支部技術講習会 1年生の部 【準優勝】
全日本バレーボール高等学校選手権大会 北部地区予選 【3位】
全日本バレーボール高等学校選手権大会 県予選 【出場】
埼玉県高等学校新人大会 北部支部予選 【3位】
埼玉県高等学校新人大会 県大会 【出場】

R2年度成績
埼玉県学校総合体育大会 夏季大会 北部地区予選 【ベスト4】
埼玉県学校総合体育大会 夏季大会 【出場】
北部支部技術講習会 1年生の部 【グループ2位】
全日本バレーボール高等学校選手権大会 北部地区予選 【準優勝】
全日本バレーボール高等学校選手権大会 県予選 【2回戦進出】

R3年度成績
北部支部春季大会 【3位】
関東高等学校大会 県予選 【出場】
全国高等学校総合体育大会 県予選 【2回戦進出】
全日本バレーボール高等学校選手権大会 北部地区予選 【出場】
埼玉県高等学校新人大会 北部支部予選 【5位】 

R4年度成績
北部支部春季大会 【6位】
全国高等学校総合体育大会 県予選 【2回戦進出】
北部支部技術講習会 1年生の部 【ベスト8】
全日本バレーボール高等学校選手権大会 北部地区予選 【5位】
全日本バレーボール高等学校選手権大会 県予選 【2回戦進出】
埼玉県高等学校新人大会 北部支部予選 【出場】

R5年度成績
北部支部春季大会 【出場】
全国高等学校総合体育大会 県予選 【2回戦進出】
北部支部技術講習会 1年生の部 【出場】
全日本バレーボール高等学校選手権大会 北部地区予選 【3位】
全日本バレーボール高等学校選手権大会 県予選 【2回戦出場】
埼玉県高等学校新人大会 北部支部予選 【3位】
埼玉県高等学校新人大会 県大会 【2回戦出場】

R6年度成績
北部支部春季大会 【3位】
関東高等学校大会 県予選 【出場】
全国高等学校総合体育大会 県予選 【2回戦進出】

カウンタ
2 3 4 7 5
日誌

男子バレー日誌

【男子バレー部】インターハイ県予選

 6月17日(月)、18日(火)、21日(金)の3日間に渡り、所沢市民体育館でインターハイの県予選が行われました。この大会で優勝した1チームが全国大会に進みます。

本庄高校の初戦の相手は、浦和実業高校でした。浦和実業高校とは前年度の選手権大会で戦った経験のある相手でした。身長190cm超えの大型選手を筆頭に全体的に高さのあるチームでした。試合の序盤は、緊張からかあまり動きが良くなく、リードを許す厳しい展開でした。それでも、徐々に自分たちのバレーをすることができ、危なげなく2-0のストレートで勝利をすることができました。続く2回戦は浦和北高校が相手でした。浦和北高校とは初めての対戦でした。全体的にボールの扱いに長けた選手が多く、ボールがよくつながり、最後にしっかりと打ち切れる選手のいるチームでした。点の取り方はどこか本庄高校と近いところがありました。試合の立ち上がりは、全く足が動いておらず、中盤で大量リードを許してしまう苦しい展開でした。結局、そのまま逃げ切られ1セット目を落としてしまいました。続く2セット目は、気持ちを切り替え何とかシーソーゲームの展開に持ち込むことができました。しかし、今度は終盤で大量リードを許してしまい、そのまま試合終了となりました。いずれも、自分たちのミスから失点を重ねてしまう悔しい展開でした。

これで、3年生は引退となります。これからは、3年生は自分たちの進路実現に向けて受験勉強に切り替えていきます。そして、残された1,2年生は新たなスタートとなります。今度はどんなチームになるか楽しみです。応援ありがとうございました。そして、3年生は本当にお疲れ様でした。

最後に、3年生の保護者の皆さん、2年と少しに渡りサポートしていただきありがとうございました。これからも、引き続き応援のほど、よろしくお願いいたします。この場を借りてお礼申し上げます。

 

【男子バレー部】保護者からの激励

6月16日(日)、3年生の保護者が練習に来てくださり、翌日の大会に向けて応援に来てくれました。お忙しい中、ありがとうございました。また、我々スタッフにお揃いのTシャツもプレゼントしていただきました。ありがとうございました。大切に使わせていただきます。明日から始まる大会に向けて士気が高まったと思います。是非、大会会場で大暴れして欲しいと思います。

【男子バレー部】関東大会県予選

 5月10日(金)、11日(土)に深谷ビッグタートルを会場に関東大会の県予選が行われました。この大会の上位6チームが関東大会へ出場します。本庄高校の初戦の相手は、地区大会の準決勝で敗れた農大第三高校でした。地区大会のときは、接戦の末惜しくも敗れた相手でしたので、リベンジを果たせるチャンスでした。しかし、結果はまたしても負けてしまいました。勝ち切るチャンスはあったものの、1セット目を24-26の接戦で落としてしまいました。続く2セット目は序盤にリードを許してしまい、追いつけそうであったものの最後までリードを許してしまい19-25で敗退となりました。県大会というまた地区大会とは違った雰囲気のせいか、普段のパフォーマンスとは程遠い内容でした。次のインターハイ予選まであまり時間がありませんが、どんな環境でも力を発揮できるよう準備を進めていきたいと思います。

平日開催にも関わらず、多くの保護者の方々に応援にかけつけていただきました。本当にありがとうございました。引き続き、応援のほどよろしくお願いいたします。

【男子バレー部】春季大会結果

 4月20日(土)、21日(日)に北部支部春季大会が行われました。この大会で勝ち進んでいくと、関東大会につながる大会になります。前回大会の新人戦で3位に入った本庄高校は今回の大会でもシードを貰え、第3シード校として試合に参加しました。組み合わせの結果、初日の初戦は本庄第一高校が相手でした。本庄第一高校は前回の新人戦で第1シード校で、本庄高校が初戦で戦った相手でした。またしても、同じチームとの対戦ということで、お互い非常にやりづらい部分がありました。それでも、相手の戦い方に順応し厳しい戦いであったものの2-0のストレートで勝利をすることができました。続く、2回戦は秩父高校が相手でした。これまた、前回の新人戦と同じ組み合わせでした。終始、安定した試合運びができ、危なげなく2-0のストレートで勝利をすることができ、2大会連続で県大会出場を決めることができました。翌日の大会2日目は、東京農大第三高校と試合でした。大型の選手が揃っており、昨年度県大会でベスト8にも入賞したことのあるチームです。1セット目は、自分たちの思うようなプレーができず、自分たちのミスから簡単にセットを失ってしまいました。2セット目は切り替えて、自分たちの力を発揮することができ、ちゃんと勝負することができました。厳しい接戦でしたが、25-23で2セット目を取り返すことができました。運命の最終セットも一進一退の攻防が続いていきました。しかし、終盤に本庄高校のエースが足を攣り負傷交代となってしまいました。そのまま最後は押し切られ、惜しくも敗退となりました。その後、東京農大第三高校は優勝しました。生徒はよく戦ったと思います。それでも、優勝できるチャンスがあっただけに生徒もスタッフも悔しい思いでいっぱいです。この悔しさを県大会で晴らせるように残りの期間しっかり準備していきたいと思います。

【男子バレー部】お世話になりました

 本庄高校で3年間ご活躍された男子バレーボール部顧問の吉岡先生が、令和5年度をもって本庄高校から熊谷高校にご異動となりました。吉岡先生は、本校の卒業生であり男子バレーボール部のOBでもあります。部員からも慕われており、練習や試合に吉岡先生がいらした時は選手がいつもよりいきいきと活動しているようでした。そんな吉岡先生がいなくなるのは部にとって、大変痛手でもあり寂しくもあります。吉岡先生に教わったことを忘れずに良い結果を報告できるよう部一丸となって頑張りたいと思います。

吉岡先生ありがとうございました。

【男子バレー部】卒業式

 3月13日(水)、3年生が卒業式が行われました。この代は選手5名しかいなかった上にコロナの影響もあり、中学校時代あまりバレーボールができなかった状態でもありました。入学した当時は、早い段階で何人か辞めてしまうのではないかと心配していましたが、そんな心配をよそに最後までやり切ってくれました。先輩たちの代から試合に出場していたこともあり、少ない人数ながらも県大会に出場するなど一定の成果も残してくれました。そして、何より皆仲が良く、休日の日に、バレー部員で遠方に遊びに行くほどの仲の良さでした。バレーボールを通じて、こういった縁ができたのは嬉しい限りです。卒業後は、それぞれが違う道に進んでいきますが、本庄高校で養われた力を存分に発揮して、より一層輝いていって欲しいと思います。

卒業おめでとう!

【男子バレー部】新人戦県大会

1月30日(火)31日(水)、毎日興業アリーナを会場に新人戦県大会が行われました。この大会でベスト8以上に入ると次回以降の地区大会が免除される大事な大会です。地区大会は終わったあと、体調不良により、満足のいく調整が出来ずに大会を迎える形になりました。初戦は南部地区の蕨高校が相手でした。1セット目の序盤で選手が1人負傷してしまい交代するアクシデントがありました。アクシデントがあり、少し慌てた選手たちでしたが、それでも急遽入った選手がしっかりと役割を果たし、全員で一丸となり無事にセットを取ることができました。2セット目に入っても落ち着いて試合を進めることができ、蕨高校を相手に2-0のストレートで勝利することができました。続く2回戦は同じ北部地区の正智深谷高校が相手でした。先日の春高バレーで全国ベスト16に入った県内屈指の強豪校です。新チームになって日が浅いですが、それでも個人の能力はとても高く精度の高いバレーボールを展開されてしまいました。1セット目も2セット目も序盤は何とかくらいついていましたが、正智の強力なサーブで失点が増えてあえなく敗退となりました。全国の舞台を知る強豪校と公式の大会で戦えたことは良い経験になったと思います。この経験からしっかりと学び、春に向けてもう1段階成長してもらえればと思います。

平日にも関わらず、応援に来ていただきありがとうございました。

【男子バレー部】新人戦地区大会

1月13日(土)14日(日)、熊谷高校を会場に新人戦の地区大会が行われました。この日は世の中の受験生にとっても勝負の日でした。本庄高校男子バレー部にとっても大きな勝負の日でした。ノーシードで迎えた今大会の初戦は第1シードの本庄第一高校でした。本庄第一高校は、関東大会に出場したり県ベスト8に入ったりしている強豪校です。もちろん、初戦で負けてしまえば県大会に出場することはできません。正に初戦が正念場でした。試合が始まると、緊張もあり普段の力がまったく出せず、自分たちのバレーができない苦しい展開でした。それでも何とか我慢をしながら要所をしめて2セットともとることができました。1番の関門であった初戦を無事にストレートで取ることができました。続く、2回戦は秩父高校が相手でした。緊張が解けた選手は、普段通りの力を発揮することができ、危なげなく2-0のストレートで勝利することができました。準決勝の相手は、本庄東高校でした。本庄東高校には中学生のときに選抜に選ばれた選手が複数おり、普段からよく練習試合をする相手でもあります。練習試合ではお互いにセットを取ったり取られたりしています。1セット目は本庄東のサーブに崩され、苦しい展開のままセットを取られてしまいました。続く2セット目は逆に本庄のサーブで本庄東を崩し、終始優位に試合を進めることができ、セットカウントを1-1に戻すことができました。泣いても笑っても最後の3セットに勝負の行方は委ねられました。序盤は本庄高校がリードをしていましたが、中盤以降追いつかれ、シーソーゲームな展開になりました。結局、デュースまでもつれこみ、惜しくも負けてしまいました。久しぶりに地区3位に入りましたが、それ以上に悔しい大会となってしまいました。この悔しさを県大会でぶつけて1つでも多く勝ち進んでいきたいと思います。

保護者の方をはじめ、OB・OGに多くの応援をいただきました。ありがとうございました。引き続き応援のほどよろしくお願いいたします。

【男子バレー部】新年OB戦

 本庄高校男子バレーボール部では毎年1月3日にOB・OGに来ていただき、OB戦を行っています。卒業して久しぶりにバレーボールをやる人もいれば、まだ続けている人もいました。毎年50名近くの卒業生が来てくれています。数年前まで新型コロナウイルスの影響で一旦中止にしていましたが、去年よりまた新年OB戦を再開しました。前の顧問の先生の教え子から世代を超えて来てもらっています。多くの卒業生に来てもらい、現役生にとってはとても良い経験になったと思います。多くのOB・OGに応援されていることを誇りに思い、現役生にはこの冬の成果を今度の大会で発揮して欲しいと思います。

【男子バレー部】8校対抗優勝

 12月17日(日)、大宮高校を会場に8校対抗が開催されました。この8校対抗は、今年で第9回目を迎えます。そもそも、8校対抗は県内の共学校で部活動と勉強の両方を頑張っている学校が集まって、お互いに頑張ろうという目的で始まった大会です。その8校というのが、大宮高校・蕨高校・上尾高校・越谷北高校・不動岡高校・所沢高校・所沢北高校・本庄高校になります。ほとんどの学校が埼玉県内の進学校と言われ、毎年国公立大学をはじめとする難関大学への合格者を輩出しています。また、部活動も頑張っており、ほとんどの学校が県大会の常連校になっています。先日行われた選手権大会にも8校のうち5校が県大会に出場しています。今年は、上尾高校が諸事情により不参加だったため、7校による1セット回しでの総当たり戦で行いました。本庄高校は、去年はコロナの影響で参加を辞退しましたので、2大会ぶりの参加でした。今いる生徒は全員がこの大会に初参加という形でした。そんな中、どのチームに対しても自分たちのバレーボールをすることができ、見事全チームに勝利をし、優勝することができました。4年ぶり、3回目の優勝となります。非公式な大会とはいえ、多くの学校が県大会に出場している中、そんなチームを相手に1つも負けることなく優勝できたことは選手にとってとても大きな自信になったと思います。この大会で得た経験と課題をこれからの冬でしっかりと吸収し、さらに一層成長して、新人戦大会に向けて頑張っていきたいと思います。

 寒い中、1日応援に来ていただいた保護者の方々、ありがとうございました。引き続き、応援のほどよろしくお願いいたします。