日誌

男子硬式テニス 日誌

関東大会県予選 団体戦

5月15日に関東大会県予選の団体戦がおこなわれました。

3年生にとって最後の大会で、シングル1ダブルス2の3本勝負になります。

本高テニス部は個人戦での県大会複数名出場により第12シードとなりました。

 

初戦は東部の不動岡高校でした。シングルス2の中島とダブルスの足澤・梶野が県大会の舞台で緊張しながらも何とか勝利し、初戦を勝利することができました。

2回戦は南部の伊奈学園で、公立高校の中でも屈指の強豪校です。こちらは実力の差を見せつけられ、2敗確定による打ち切りで敗北となりました。

 

3年生は今大会をもって引退となります。

1年生の時から新人大会において梶野がシングルスでブロック4位、2年生で学年別ダブルス3位とシングルスⅡ部大会で2位と3位という実績を残しながらも、新型コロナウィルスの影響を受けて思うように活動できない歯がゆさが残る3年間でした。その中でも、最後の大会では個人戦でシングルス・ダブルスともに県大会出場、団体戦でもベスト32という結果を残せたのは素晴らしかったと思います。

3年生は部活動での経験を生かし、進路決定においても素晴らしい結果が残せるように頑張ってもらいたいと思います。3年生部員の保護者の皆様、本高テニス部の活動に多大なご理解とご協力をいただき誠にありがとうございました。

関東大会県予選個人戦

5月2日から関東大会県予選の個人戦がおこなわれ、本高テニス部からはシングルスに2名、ダブルスに1ペアが参加しました。

結果はすべて初戦敗退、、他地区の強豪私立とのレベルの差を改めて思い知らされました。

3年生にとって残すは関東大会県予選の団体戦のみ。シングル2本ダブルス1本で4名が出場します。出場メンバーは他の3年生の思いも背負って全力でプレーしてもらいたいと思います。

 

引き続き応援のほどよろしくお願いいたします。

関東大会北部地区予選個人戦

4月16日~19日、24日にかけて関東大会北部地区予選の個人戦がおこなわれました。

3年生にとって最後の大会であり、北部地区からはシングルス約200名のうち16名、ダブルス約100ペアのうち9ペアが県大会に進出できます。

本高テニス部からはシングルスに15名、ダブルスに7ペアが出場しました。

 

結果は

シングルス   梶野弘貴…11位  足澤彪…13位

ダブルス    藤浦佑太・町田瑞紀…8位  足澤彪・中島悠佑…11位

となり、シングルスで2名、ダブルスで1ペアが県大会出場となりました。

 

全員が高校から硬式テニスを始めたメンバーであり、少ない県大会出場枠を複数名が勝ち取ったことは素晴らしい結果です。新入生にも希望を持たせることの出来る結果だったと思います。県大会に出場するメンバーは他の部員の思いも背負って素晴らしいプレーをしてくれることを願います。

引き続き応援のほどよろしくお願い致します。

 

                                            顧問  西村 太一

 

 

新年度を迎えるにあたり

更新が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

 

昨年度は2年生15名、1年生0名でしたが、今年度は新入生が7名入部し、3年生15名、1年生7名の計22名で活動していきます。

 

4月16日から3年生にとって最後の大会となる関東大会の北部地区個人戦が始まっていますが、天候不良により今週末まで順延しています。全ての試合が終了次第、報告させていただきます。

 

今年度も本高男子硬式テニス部をよろしくお願い致します。

 

                                            顧問  西村 太一

 

北部地区シングルスⅡ部大会 結果

11月7日(土)に北部地区シングルスⅡ部大会がおこなわれました。

この大会は県大会出場を惜しくも逃した各校中上位層が参加し、次年度の学総大会での県大会出場を目指す選手の強化を目的とした大会です。

本校も毎年参加していましたが、ここ数年3回戦以上になかなか進めない状況が続いていました。今年度は2年生の選手6名が出場しましたが結果は、、

 

中島…準優勝 梶野…3位 宮前…ベスト8 大木…ベスト16

 

という顧問も驚く見事な成績でした!

 

今年度の新人大会で惨敗した北部地区は次年度の学総大会でのシングルスの出場本数が16本しかなく、今まで以上にシングルスでの県大会出場が難しくなることが予想されます。

今回結果を出した者は最後の学総大会でのシングルス県大会出場を目標に、残り少ない時間を有効に過ごしてもらいたいと思います。

引き続き応援のほどよろしくお願い致します。

 

新人大会県予選 結果

ご報告が遅くなってしまい申し訳ございません。

 

9月26日(土)に新人大会県予選個人戦シングルスの部がおこなわれ、本高テニス部からは2年生の足澤君が出場しました。

相手は南部の強豪である浦和麗明高校の1年生でしたが、実力の差を見せつけられ0-6で敗退となりました。

終始押された展開の中でしたが、フォアハンドのパッシングショットでウィナーを取るなど良い点もあり、今後にも期待できる部分がありました。足澤君には引き続きエースとして頑張ってもらいたいと思います。

 

10月24日(土)には同じく新人大会県予選の団体戦がおこなわれました。シングル3ダブル2の5本勝負です。

相手は再び南部の強豪揃いの中から埼玉栄高校でした。

ここでも私立の強豪との差を見せつけられ、0勝5敗で初戦敗退となりました。今回の大会では近隣の熊谷高校がベスト16に入るなど北部勢が健闘したため本高チームも頑張りたかったところでしたが、残念でした。

特にダブルスでの展開の組み立て方やサーブに課題が残ったという印象を受けました。

 

公式戦は残すところ次年度の学総大会のみ。最後に悔いの無いプレーが出来るよう、残された時間で有意義な練習をしていきたいと思います。

 

引き続き応援のほどよろしくお願い致します。

新人大会 北部地区予選 個人戦

報告が遅くなりましたが、新人大会北部地区予選の個人戦が終了しました。

例年は8月と9月に分けて開催されていましたが、今年度は新型コロナウィルス感染拡大の影響により、地区予選を1回のトーナメントでおこなうことになりました。

 

残念ながらダブルスは勝ち上がることができませんでした。

 

シングルスでは2年生の足澤君が見事13位に入り県大会出場となりました!

昨年度に引き続き、高校から硬式テニスを始めた選手が活躍し、顧問としてもうれしい限りです。

また、同じく2年生の梶野君が26位となり、惜しくも県大会出場にあと一歩届きませんでした。

 

今週末(26日)に県大会がおこなわれます。他地区の強豪校が相手ですが、しっかりと自分のテニスをして経験を積んできてもらいたいと思います。

紅白戦(3年生引退試合)

7月31日(金)に若泉公園にて2年生対3年生の紅白戦をおこないました。

 

例年4月から行われる3年生にとって最後の大会である学総大会ですが、今年度は新型コロナウィルスの感染拡大を受け中止となりました。県大会での勝利も狙える3年生チームであっただけに、部員も顧問も残念という言葉では言い尽くせない断腸の思いです。

各校テニス部が様々な形で3年生の引退を迎えていましたが、本高テニス部は2年生対3年生の団体戦という形でひとまず部活動の区切りをつけることに決めました。試合形式はダブルス5本です。それぞれのチームに顧問も参加し、本気の勝負をしました。

結果は5勝0敗で3年生チームの完全勝利。上級生として技術、精神力、経験の差を見せつけました。

試合後には3年生全員から2年生に向けて一言ずつメッセージをもらいました。3年生のやりきれない無念な気持ちも引き継ぎ、新チームで新たなスタートを切ります。新体制での部長は中島君、副部長は足澤君に決まりました。この2人を中心に、部として更なる発展が出来るように努力してもらいたいと思います。

 

3年生の諸君、本当にお疲れ様でした。テニス技術と実績、礼儀やマナー、勉強との両立など、コートの内外で後輩の良いお手本となりました。他校の先生方からお褒めの言葉を頂くことも多い、本当に良い学年でした。

3年生部員の保護者の皆様には長きにわたり本高テニス部の活動に多大なご理解ご協力を賜りました。改めて感謝申し上げます。彼らが部活動で培った人間性は、進路実現に必ず役立つことと思います。

2年生の諸君、次は君たちの番です。もうお手本になる3年生はコートにいません。自分たちが良き手本となれるよう、今まで以上に高い意識を持って部活動に臨んでください。

 

引き続き、本高テニス部への応援よろしくお願い致します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男子硬式テニス部に入部を考えている1年生へ

男子硬式テニス部顧問の西村です。

 

1年生の皆さんは新型コロナウィルスの影響で入学後まともに学校生活が送れていない中ではありますが、学校が通常通り再開されてからおこなわれる部活動加入に向けて、男子硬式テニス部の活動について紹介させていただきます。

 

【活動について】

平日…放課後~17時(季節によって18時)頃まで

土曜日…土曜授業がある場合は放課後~17時頃まで

               土曜授業がない場合は半日練習

日曜日…基本的にはオフ

※大会や練習試合の場合は変更になる場合があります

 

【大会について】

春(4月~5月)と秋(8月~9月)に高体連主催の公式大会があります。その他、国公立大会や1年生チームでの団体戦、地区の学年別大会などがあります。

会場は公営のテニスコートや学校のコートです。大会は主に土日におこなわれますが、時期や進行状況によって平日におこなわれる場合もあります。

 

【必要な道具類】(☆は必須)

☆ラケット…硬式用(~35,000円くらい)

5,000円~15,000円の安価なのものありますが、部活動をしっかり続けるのであれば競技用のラケットが必須です。

☆テニスシューズ…(~15,000円くらい)

サーフェス(コートの種類)別に様々ありますが、公式大会はほとんどの会場がオムニ(砂入り人工芝)コートかクレーコート(土)なので、それらに対応したシューズが望ましいです。サーフェスが異なるシューズの場合、足運びのグリップやスライディングなどの面で劣るだけでなく、転んでけがをする場合もあります。なお、オムニ・クレーコートにも対応したオールコート用というものもありますが、公式大会を考えるとあまりおすすめできません。

☆テニスウェア

価格は様々ですが、公式戦に出るためには規定に沿ったものでなくてはなりません。詳しくは入部した時に連絡します。

・ラケットバッグ

・帽子やサンバイザー

・リストバンド

・サングラス

 

【活動にかかる費用】

・上記の道具類の購入費

・ガット代…(多い者で2週に1回くらいの頻度で切れます。ガット代は約2,500円、張り代1,500円くらい)

・飲み物代

・練習試合や大会会場への交通費…(地区大会は深谷仙元山や熊谷さくら運動公園や東松山の岩鼻運動公園、県大会は大宮第二公園や草加公園、狭山の智光山運動公園など)

・部費…(年間5,000円~6,000円、公営コートを利用した際のコート代や長期休業中の飲み物代、大会会場が遠かった場合のバス借り上げ代などに使用します)

 

【その他】

何かわからないことがあれば過去の日誌を見てもらうか、部活動が始まった際に見学に来てもらえれば詳しく説明します。テニスコートで待っています!

今後の部活動について

日誌の更新が遅くなってしまいました。

 

本来であれば、3年生最後の大会となる学総大会の県予選がおこなわれている時期です。皆さんもご存じの通り、今年度のインターハイが新型コロナウィルスの影響で中止となりました。その影響で、学総大会県予選と地区予選も中止となり、3年生最後の大会はおこなわれないことになりました。

 

テニスに限らず、全ての競技の部員や顧問が、無念で、やりきれない思いをしていると思います。引退の舞台を奪われた3年生の悔しさや悲しさは計り知れません。

 

本高男子テニス部も、非常事態宣言が出されるまで、公営コートを各自で借りて可能な限り練習を続けてきました。団体戦ではここ数年で一番良い結果を出せる可能性があった学年であったため、顧問としても非常に無念です。

 

3年生がどのような形で引退し、次のチームに引き継ぐのか、まだ部内でも話し合いをしている最中です。出来ることは少ないかもしれませんが、出来る中で一番良い形がとれればと思っています。

 

今後については、詳しい方針が決定し次第、日誌で報告させていただきます。

カウンタ
4 6 9 1