近況 全日制

全日制

令和3年9月26日  吹奏楽部定期演奏会は第60回の節目を迎えました

 吹奏楽部第60回定期演奏会を、本庄市民文化会館で開催しました。

 3部構成の第1部はタイケの行進曲「旧友」に始まり、吹奏楽部が県大会で銀賞を受賞したギリングハムの「ウィズ・ハート・アンド・ヴォイス」で感動的に締めくくられました。第2部は「グレイテスト・ショーマン」、隊列を組みながら演奏するマーチングコンテストで銅賞を獲得した楽曲です。

 第3部は、1・2年が「小さな恋の歌」、3年がJAZZコレクションを披露したあと、第60回定期演奏会にふさわしく19名のOB・OGも交え、吹奏楽のための「風之舞」と序曲「春の猟犬」を演奏、厚みの増した演奏に会場は耳を奪われました。

 来年の第61回定期演奏会は新たなスタートとなります。ご来場をお待ちしています。

 

令和3年9月24日  体育祭を実施しました

 体育祭は5月に実施予定でしたが、コロナ禍で9月24日に延期されました。感染防止対策を徹底し、時間短縮のため実施種目を大幅に減らしはしましたが、天候に恵まれ開催することができました。

 開会式を済ませ、123m走、台風の目や障害物競争などのレク種目を実施後、ブロック対抗リレーで午前の部は終了。午後は伝統のチアリーディングコンペでスタートし、フィナーレは全員リレーでした。今年の総合優勝はオレンジチーム。生徒会長からトロフィーと賞状を授与されました。

 全校で行う大きな学校行事はすべて終了、このあとは学業に専念します。

 

令和3年9月16日   エッセンドン・キーロー・カレッジとの交流で学んだことは

 今日は、エッセンドン・キーロー・カレッジ(EKC)とのオンライン交流の最終日です。

 前回同様、英語で話す時間帯と日本語で話す時間帯を設けました。約1時間の交流でしたが、EKCの生徒は、オーストラリアの伝統的な食文化や、きれいな海などに誇りを持っていること、パイロットになりたい、ロンドンに行きたいなどの夢があることなどを語ってくれました。

 終了時刻となり生徒がお互いに別れを告げたあと、このプログラムを主導した先生から、「EKCとの交流は、単に会話力の向上を目指すのではなく、他国の文化を知ること、違いを知ること、多様であることをお互いに認め合い、心の交流を行うことである。今回のオンライン・プログラムはこれで終了となるが、このプログラムで得たことをもとに、あらたな交流をスタートさせてほしい。」とお話がありました。

 生徒にこのプログラムの感想を尋ねたところ、「とにかく楽しかった。」「オーストラリアのことをいろいろ知ることができた。」「これからもいろいろな国の人と交流したい。」「英語の勉強を続けたい。」などという答えが返ってきました。

 

令和3年9月13日   授業の配信がスタートしました

 緊急事態宣言が延長され、分散登校が続くなか、授業確保の方策として授業の同時配信が開始されました。授業担当の先生は、教壇の手前に置いたタブレット端末で撮影して配信します。

 授業の最初に在宅の生徒と会話をする先生や、配信の具合をチェックする先生など、模索しながらのスタートです。在宅の生徒からは、授業の様子を見ることや、先生の声を聴くことができ、学習意欲が高まるなどの声がありました。

 

令和3年9月8日   リモート授業をよりよくするために

 リモート授業を効果的に行うためには、授業で使うソフトウェアの特徴や操作法に習熟していなければなりません。

 密を避けるため、9月8日・9日に分けて職員研修会を実施し、授業で使うタブレットを使いながら、操作手順などを再確認しました。

 

令和3年9月7日   EKCとのオンライン交流

 本校とエッセンドン・キーロー・カレッジ(EKC)は姉妹校提携を結んでいます。

 エッセンドン・キーロー・カレッジでは日本語の授業が開講されています。2校のオンライン交流は、EKCの生徒にとって日本語学習の時間でもあります。

 今日のオンライン交流では、前後半で、英語で会話する時間と、日本語で会話する時間を分けて実施しました。EKCの生徒から日本語で「日本の高校は何年間ですか?」「学校の食堂では何が食べられますか?」などと質問され、日本語で答えていました。

令和3年9月7日   分散登校下の授業の様子

 本校でも、新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、出席番号の奇数・偶数で登校する日を分け、密を避けた授業を実施しています。

 下の写真は、物理の「陰極線の性質」についての授業です。授業の導入部で、分散登校時にリモート授業を受ける場合、教室のモニターに映し出された内容と同しものを配信し、それに基づいて授業を行うと確認を行っていました。分散登校では、課題を前もって配布するなど、教科の特性等により様々な対応を行います。

 

令和3年9月3日   第72回柏樹祭を開催しました

 第72回柏樹祭は、文化祭実行委員会を中心に年度当初から検討を重ねていましたが、新型コロナ感染症の拡大防止の観点から、生徒のみの校内祭となりました。校内公開ではありますが、万全の感染防止対策をとって臨みました。

※左上から、文化祭実行委員会、演劇部(熱き胡椒の戦い、の一コマ)、吹奏楽部(ポピュラーソングを演奏)、書道部(作品展示)、美術部(作品展示)、漫画研究会(作品展示)、社会部(勾玉づくり)、地学部(活動発表)、物理部(活動発表)、案内歓迎門

 

 

令和3年9月1日 2学期の始業式を行いました

 始業式は、緊急事態宣言が延長されていることから、放送で実施しました。校長講話は以下のとおりです

 

 おはようございます。

 2学期が始まります。

 3年生は、いよいよ進路に向けて皆さんの力を発揮するときです。あせらず、自分と指導してくださった本庄高校の先生方の指導力を信じて進んでください。

 改めて全ての生徒の皆さんに、お話しします。本日は、この後に特別活動部の先生、保健環境部の先生からのお話もあります。しっかり聞いて自分のこととして必ず守り実行してください。それが、皆さんの心身を守り、行事と学校生活、ひいては将来の進路実現にもつながります。ですから、私からは、手短に3つのことを話します。

 共通するキーワードは、智恵ということになります。

 

1 自ら学ぶ姿勢を育ててください

 分散登校も余儀なくされます。進学しても社会に出ても、自ら学ぶ力がなければ何もできません。限られた授業ですが、自分で予習を進め、授業時間は復習するつもりでのペースで学習してください。登校しない日でも、生活のリズムは変えずに、授業時間に準じて学習に取り組んでください。

 

2 自覚をもって、日々自分を冷静に見てください

 コロナ禍の中、皆さんの行動は、責任ある行動であったか。冷静に見る目を、抑える知恵をもってください。

 今の状況でいつだれが感染してもおかしくない。数日間をさかのぼって、責任ある行動がとれていたか。感染があった場合、数日間遡っての行動を確認し、食事を共にしたり、マスクなしで話をしたりといった感染防止策なしでの接触があれば濃厚接触者と判断することになります。その時に時間をさかのぼって行動を修正することができますか。できませんよね。後悔しかできないです。このことを自覚すること、自分を第三者的に冷静に見ることができる力、そんな智恵を持ち行動することが必要であり、コロナ対策のみならず、皆さんの人生に必ずプラスの力となります。本高生の皆さんには必ずその力、自分を客観的に見る力があります。

 リスクを減らす事で、できることも増える。明確なトレードオフの関係です。

 この文化祭にあっても、皆さんの行動がきちんと行われること感染防止を一人一人がきっちりと守ることを前提に設計されています。感染防止と、行事の教育的効果のもとに様々な生徒・先生が必死に計画運営していることを心に刻んでください。

 

3 心身の健康について

 2学期、様々な出来事もあるでしょう。4月スタートの力が少し弱くもなるでしょう。そんなときは、助けを求めるのは、これから必要な能力。大切なこと。抱えこまず。相談してみる。皆さんの手をつないでくれる人は必ずいます。
これからの人生でも同じ。助けてくれーと叫べることはとても大切な力、自分で抱え込んで、あふれてしまってからではとても大変です。それは、社会人でも同じこと。その準備とも思って下さい。

 

 また、今日は関東大震災のあった9月1日でもあります。震災については、また改めての機会にお話ししたいと思います。ただ、我々はその記憶をつなぎ生かすこと。この智恵も大切なことです。

 

 みなさんの、未来と力を信じています。

 文化祭があります。感染状況を考慮しながら、行事の有益さを考えて合わせてのことです。皆さんが自覚をもって1秒1秒を過ごすことが条件で、その前提条件の下での開催です。一人一人が自分事として、深く自覚し、常に自問してください。

 校長からは、以上です。

 

令和3年8月20日 第1回学校説明会を実施しました

 令和4年度入試に向けた学校説明会を本日、3回に分けて実施しました。

 新型コロナ感染拡大防止対策として、ソーシャルディスタンスを保つために人数制限をし、予定していた個別相談や校舎内見学を中止しての実施でした。

 校長あいさつのあと、教育課程などの学校概要説明、選抜方法の説明を行いました。

 参加された受験生の皆さんが、今日の説明会をきっかけに、より一層、勉学に励まれることを期待しています。 (同様の説明会を明日8月21日も実施します。)