近況 全日制

全日制

令和3年9月26日  吹奏楽部定期演奏会は第60回の節目を迎えました

 吹奏楽部第60回定期演奏会を、本庄市民文化会館で開催しました。

 3部構成の第1部はタイケの行進曲「旧友」に始まり、吹奏楽部が県大会で銀賞を受賞したギリングハムの「ウィズ・ハート・アンド・ヴォイス」で感動的に締めくくられました。第2部は「グレイテスト・ショーマン」、隊列を組みながら演奏するマーチングコンテストで銅賞を獲得した楽曲です。

 第3部は、1・2年が「小さな恋の歌」、3年がJAZZコレクションを披露したあと、第60回定期演奏会にふさわしく19名のOB・OGも交え、吹奏楽のための「風之舞」と序曲「春の猟犬」を演奏、厚みの増した演奏に会場は耳を奪われました。

 来年の第61回定期演奏会は新たなスタートとなります。ご来場をお待ちしています。

 

令和3年9月24日  体育祭を実施しました

 体育祭は5月に実施予定でしたが、コロナ禍で9月24日に延期されました。感染防止対策を徹底し、時間短縮のため実施種目を大幅に減らしはしましたが、天候に恵まれ開催することができました。

 開会式を済ませ、123m走、台風の目や障害物競争などのレク種目を実施後、ブロック対抗リレーで午前の部は終了。午後は伝統のチアリーディングコンペでスタートし、フィナーレは全員リレーでした。今年の総合優勝はオレンジチーム。生徒会長からトロフィーと賞状を授与されました。

 全校で行う大きな学校行事はすべて終了、このあとは学業に専念します。

 

令和3年9月16日   エッセンドン・キーロー・カレッジとの交流で学んだことは

 今日は、エッセンドン・キーロー・カレッジ(EKC)とのオンライン交流の最終日です。

 前回同様、英語で話す時間帯と日本語で話す時間帯を設けました。約1時間の交流でしたが、EKCの生徒は、オーストラリアの伝統的な食文化や、きれいな海などに誇りを持っていること、パイロットになりたい、ロンドンに行きたいなどの夢があることなどを語ってくれました。

 終了時刻となり生徒がお互いに別れを告げたあと、このプログラムを主導した先生から、「EKCとの交流は、単に会話力の向上を目指すのではなく、他国の文化を知ること、違いを知ること、多様であることをお互いに認め合い、心の交流を行うことである。今回のオンライン・プログラムはこれで終了となるが、このプログラムで得たことをもとに、あらたな交流をスタートさせてほしい。」とお話がありました。

 生徒にこのプログラムの感想を尋ねたところ、「とにかく楽しかった。」「オーストラリアのことをいろいろ知ることができた。」「これからもいろいろな国の人と交流したい。」「英語の勉強を続けたい。」などという答えが返ってきました。

 

令和3年9月13日   授業の配信がスタートしました

 緊急事態宣言が延長され、分散登校が続くなか、授業確保の方策として授業の同時配信が開始されました。授業担当の先生は、教壇の手前に置いたタブレット端末で撮影して配信します。

 授業の最初に在宅の生徒と会話をする先生や、配信の具合をチェックする先生など、模索しながらのスタートです。在宅の生徒からは、授業の様子を見ることや、先生の声を聴くことができ、学習意欲が高まるなどの声がありました。

 

令和3年9月8日   リモート授業をよりよくするために

 リモート授業を効果的に行うためには、授業で使うソフトウェアの特徴や操作法に習熟していなければなりません。

 密を避けるため、9月8日・9日に分けて職員研修会を実施し、授業で使うタブレットを使いながら、操作手順などを再確認しました。