特進だより

特進だより

スーパー講義(第17回)

平成31年1月12日(土)
 13時40分から、今年最初のスーパー講義(第17回)が行われました。
各自が今年の目標を持って、講義を受けていました。
国語(2年)・数学(2年)・英語(1年)

特進クラス保護者会

平成30年12月8日(土)
 9時から11時まで、特進クラス保護者会が視聴覚室で行われました。1・2年次の特進クラスの保護者の皆様に来校していただき、校長挨拶、特進連絡会委員長挨拶の後、「講演会(1年次)」「年次別保護者懇談会」「個別相談」等が行われました。
校長挨拶 特進連絡会委員長挨拶 講演会(1年次)
1年1組クラス懇談会 2年1組クラス懇談会

スーパー講義(第16回)

平成30年12月1日(土)
 13時40分から、今年最後のスーパー講義(第16回)が行われました。
期末考査まで1週間ありませんが、午後の講義を熱心に受講していました。
英語の講義(1年)国語の講義(2年)数学の講義(2年)
英語の講義(3年)数学の講義(3年)

第15回スーパー講義

平成30年11月24日(土)
 13時40分から、第15回スーパー講義が行われました。2学期の期末考査まで約2週間となりました。「国語」「数学」「英語」の講義を熱心に受講する姿が窺うことができました。
国語の講義・数学の講義・英語の講義

第14回スーパー講義

平成30年11月10日(土)
13時40分から、第14回スーパー講義が行われました。
今年も残りわずかとなりましたが、各自が目的をもって熱心に講義を受けていました。

第13回スーパー講義

平成30年10月27日(土)
13時40分から、第13回スーパー講義が行われました。
中間考査終了直後の講座でしたが、熱心に講義を受けていました。
英語と国語の講義

特進合宿

平成30年8月26日(日)~28日(火)特進合宿
特進クラスの1年39名、2年41名、3年の希望者16名が参加し、国立女性教育会館で勉強合宿が行われました。「英語・国語・数学の授業」「学習法講座」「ピアサポート実習」「レクリエーション」などが計画され、充実した3日間を特進クラスの仲間と過ごしました。また、最終日には、鳩山町にある「JAXA 地球観測センター」を見学しました。
開講式(校長挨拶) / 英語の授業 / 国語の授業

数学の授業 / 学習法講座 / ピアサポート実習
自習時間レクリエーション(ドッジボール)

第9回スーパー講義

平成30年8月18日(土)
13時40分から、第9回スーパー講義が行われました。夏季休業中に4回行われるスーパー講義の第3回目です。夏休みの後半となり、まだ暑い日が続きますが、生徒は、熱心に講義を受けていました。

第1学期終業式

平成30年7月20日(金)第1学期終業式、表彰式等
9時10分から体育館にて第1学期終業式が行われました。校長先生から「シンギュラリティ(Technological Singularity)(技術的特異点)」の話と夏休みを計画的に過ごし、主体性を身に付けることが大切であると話がありました。
 また、終業式後は、生徒指導部長の話及び表彰式が行われました。夏季休業中は規則正しい生活習慣と計画的な学習活動により、9月3日(月)の第2学期始業式には、更に成長した姿で元気に登校してください。

第2回特進集会

平成30年7月19日(木)第2回特進集会(1・2年次合同)
12時30分から視聴覚室において第2回特進集会が行われました。校長、特進連絡会委員長、年次主任、合宿担当等から夏休みに向けての取組、特進合宿等について話がありました。

第5回スーパー講義

平成30年6月23日(土)
13時40分から、今年度の第5回スーパー講義が行われました。
1週間後に期末考査を控えていますが、生徒は、熱心に講義を受けていました。この努力を今後も継続してください。

第4回スーパー講義

平成30年6月9日(土)
13時40分から、今年度の第4回スーパー講義が行われました。三者面談が行われ、進路について考える時期でもありましたが、生徒は、暑い中、熱心に講義を受けていました。

英語
国語
数学

第2回スーパー講義

平成30年5月12日(土)
13時40分から、今年度の第2回スーパー講義が行われました。対象生徒は、1・2年生特進クラス全員と3年生希望者です。中間考査1週間前ですが、計画的に学習する習慣を身につけてください。


1年生の様子(英語)

2年生の様子(数学)


3年生の様子(国語)

特進保護者会

12月9日(土)、1・2年次特進クラス保護者会が行われました。
9時から視聴覚室で1・2年次合同の全体会が行われ、森校長先生と塚田進路指導主事の挨拶があり、その後、河合塾の高原岳竜氏による講演会がありました。
講演会の概要は以下のとおりです。

「進学講演会」~受験生持つ保護者としての心構え~
①入試をめぐる動向
・近年の大学入試の状況
・国公立大学と私立大学一般入試の仕組み
・大学入学者選抜改革 主な取組
②最新の志望動向
・国公立大学入試結果
・私立大学入試結果
③保護者の心構え
・今からやってほしいこと
 (1)学びたいこと、行きたい大学についてじっくり考える
 (2)大学入試で求められる学力の基礎をつくる
 (3)上手な時間の使い方を身につける
・受験の3禁
 (1)安易に志望を下げる
 (2)安易に科目を減らす
 (3)安易に推薦に走る
・ご家庭でできること
 (1)表現力を磨くのは座学だけではない
 (2)大学選択に家族で関わる

全体会終了後は、それぞれの教室で年次別の懇談会が行われました。





特進クラス夏季学習合宿 2017

8月28日(月)~30日(水)の2泊3日で、特進クラス夏季学習合宿が行われました。今回は特進クラス1年生40名、2年生37名、の他に特進クラス3年次有志も合宿に加わり、総勢87名の生徒が参加しました。

この学習合宿は、特進クラスとして、進路へ向けた高い志を醸成するとともに、進路実現に向けた学習態度を育成することを目的としています。今回の合宿を通して、「特進クラス=勉強部」という意識の確立と進路実現に向けた自学自習の学習姿勢を身につけることができました。

日程概要は、以下のとおりです。

8月28日(月)
7:25 本庄駅南集合・バス内点呼 7:30出発
午前 筑波大学キャンパス見学/学生食堂にて昼食
午後 筑波宇宙センター見学 17:00 国立女性会館到着
夜間 補習・自習
 
8月29日(火)
午前 学習法講座・補修
午後 補習・自習・ピアサポート実習
夜間 補習・自習
 
8月30日(水)
午前 補習
午後 補習・閉講式 16:00 国立女性会館発 17:00本庄駅南着・解散

〇筑波大学は、1993(昭和48)年10月、東京教育大学の移転を契機に「教育と研究の新しい仕組み」、「新しい大学自治」、「開かれた大学」を特色とする新しい構想に基づき筑波研究学園都市の中核的機関としての役割も担って創設されました。開学以来、大学改革の先導的役割を果たしており、1872(明治5)年に発足した師範学校以来の伝統を受け継ぐ、日本有数の歴史を誇る大学です。

〇筑波宇宙センターでは、日本で最大規模の宇宙開発の一部をガイド付きで見学しました。
「きぼう」運用管制室では、「きぼう」に搭載されている機器や実験装置の監視など様々な作業を行っている管制室を見学し、宇宙飛行士養成エリアでは、宇宙飛行士の基礎訓練・健康管理のための施設を見学しました。

〇ピアサポートは、peer、peer(同僚、対等な人)が、互いにsupport(支援、支えること)をすることで、この合宿では、2年次生が1年次生の学習課題や生活相談に応えるというものです。特進夏季学習合宿でのピアサポートは、4年目になります。先輩たちも、1年次の時は先輩に教えてもらい、2年次になると後輩に教えることを行ってきました。人に教えるためには、それなりの知識や準備が必要で、より理解を深めることにもなります。

  

  

  

第1回特進集会

 5月16日(火)、第1回特進集会が行われました。
 特進クラスの1年次生と2・3年次生の先輩との顔合わせです。
 進路・学習に向けたモチベーションアップを目的に行われました。
 今年度は、1年次から3年次まで3クラス合計122名の生徒が特進クラスに所属しています。
 始めに、森 一夫 校長先生からあいさつ(激励のことば)がありました。
 次に、特進クラスとしての意識をもって皆で頑張っていこうということで、3年次生から1年次生に向けてのアドバイスがありました。
 先輩からは、国語における音読の重要性、苦手教科の克服法、勉強と部活動の両立、大学の具体的な目標とイメージを持つことの大切さなど、とても参考になる話を聞くことができました。
 1年次生にとっては、初めての中間テストが近づいています。気を引き締めて頑張りましょう。

 
  

特進春季学習合宿

 平成29年3月27日(月)~3月29日(水)の2泊3日の日程で、埼玉県嵐山町の国立女性教育会館(NWEC)で特進春季学習合宿が実施され英国数の補習や自習に取り組みました。
 この学習合宿は、特進クラスとして、進路に向けた高い志を醸成するとともに進路実現に向けた学習態度を育成するため、以下の3点を目的に実施されました。
 (1) 学校を離れた日常と異なる落ち着いた環境で特進クラスが学習を目的とした合宿をすることにより「特進クラス=勉強部」という意識を確立する。
 (2) 生徒間で「教え合い」を実践し、来年度の特進後輩への「ピア・サポート」につなげる。
 (3) 進路実現に向けた自学自習の学習姿勢を身につける。

【第1日目】 
 9:15過ぎに本庄駅前を出発。10時すぎに国立女性教育会館に到着し、研修棟で開講式、その後11:05から最初の補習65分(国語1)が始まりました。女性教育会館ではこの日、本庄高校の他に県内の公立高校2校も学習合宿が行われていていました。食堂や廊下で他校生とすれ違うこともあり、他校も頑張っていることを意識しました。
 昼食後は自習を挟んで65分2コマの補習(国語2・3)が行われました。長い時間でしたが集中して問題に取り組んでいました。補習が終わると本館の宿泊棟に移動し、夕食まで部屋で休憩や入浴を済ませました。夏の合宿と同じ施設のため、移動も入室もスムーズでした。
 夕食後はB棟1階、C棟1階・2階の談話室(定員20人)3部屋に 分かれて自主学習です。主に女子はB棟で、男子はC棟の談話室で自習し、数学の予習に取り組んでいる人が多かったようです。お互いに教え合ったり、一緒に考えたりしながら点呼時間ぎりぎりまで頑張っていました。

【第2日目】 
 6:30起床、朝食後研修棟へ移動。9:10より50分の補習(数学1、英語1、数学2)がありました。
 昼食後はベネッセの神前(ごうざき)氏に来ていただき、80分間の進路講演をしていただきました。神前氏は浦和高校など県内進学校を担当され、それぞれの学校の特徴や状況を把握されています。講演は、「中だるみを防ぎ学習習慣を確立する」をテーマにこれからどのようにしていったらよいか、アドバイスをいただきました。「継続は力なり!」家庭学習で、毎日決まった時間に勉強ができるようにし、習慣にする。今から隙間時間を有効に活用し授業をしっかり聞いて理解する。机に向かってやる勉強と机と椅子がなくてもできる勉強にしっかり分ける。規則的な生活習慣が継続を生む。など、具体的にわかりやすく話していただきました。合宿後半にむけて気合いも入りました。
 その後は教え合い活動50分と補習65分(英語2)が行われました。夕食後はまた、談話室で22 時まで自習しました。女子は特別ミーティングも行われました。


【第3日目】
 6:30起床、朝食後研修棟へ移動。9:10より60分2コマの補習(数学3・英語3)、休憩を挟んで昼食後、40分の自習。2コマの補習65分(数学4、英語4)を行いました。生徒は最後まで根気よく頑張っていました。
 15:30からまとめとして今回の合宿の感想と総括を書き、閉講式では、校長先生、教頭先生より今回の合宿について講評をいただきました。達成感もあったのか、本庄に到着するまで帰りのバスは、笑い声が聞こえ明るい雰囲気でした。

   


特進クラス2期生 卒業おめでとう!

3月15日(水)、全日制第69回卒業証書授与式が挙行されました。
特進クラス第2期生も3年間の様々な思い出、特進クラス2期生として頑張って
きたことを胸に、晴れ晴れとした笑顔で本庄高校を巣立っていきました。

特進クラスの主な進路結果
【国公立大学】
 群馬大学 筑波大学 高崎経済大学 群馬県立女子大学
【私立大学】
 青山学院大学 中央大学 学習院大学 獨協大学 女子栄養大学
 国立音楽大学 芝浦工業大学 ほか 

  

1,2年合同特進集会

3月14日(火)、卒業式予行の後、3年次特進クラスの3人の先輩を招き、1・2年合同の
特進集会を行いました。3人の先輩からは、3年間を振り返って感じたことや受験に向け
てのアドバイスなどを話してもらいました。


 ・受験科目は、早く決めるとよい。
 ・センター試験が終わった後、勉強時間が減ってしまったが、それは良くなかった。
 
 
・夏休み、勉強のことしか頭になく、友達との関係はどうでもよいと思っていたが、そうで
  はなかった。友達との教え合い、互いに切磋琢磨し合うことで力を付けることができた。
 ・センター試験を侮ってはいけない。センターの出来次第では、志望校を変えなくてはな
  らない。センター試験は大事だ。また、個別試験の過去問には早くから取り組んだ方が
  よい。
 ・スタディプラスで勉強時間を記録することは役にたった。
 ・補習は積極的に受けるとよい。物理の補習を継続して受けることで、力をつけることが
  できた。
 
 ・2年生の時、志望校(公立)を決め、勉強した。AOで受けたが、受からなかった。でも、
  あきらめずに、一般入試に挑戦し、合格することができた。
 ・補習には積極的に取り組み、質問があれば、すぐに職員室に向かった。
 ・仲間は大事。勉強は、学校やはにぽんプラザで友達と一緒に朝から夜まで頑張った。
  共に頑張る仲間がいたからこそ、集中して取り組めた。また、友達と話したことが記憶
  に残っていて、知識の定着にも役立った。
 ・国公立志望の人は、私立も考えておく。私立に合格していれば、安心して国公立の個
  別試験にも臨める。
 ・英語は、単語学習の「ターゲット」を確実にこなす。配られる文法の本も絶対にやる。


 1年次生も2年次生も、先輩に続くことができるよう、決意を新たにしたようでした。