日誌

女子サッカー日誌

選手権大会 結果

9月9日(水)に延期された試合がくまぴあで12:30より、35分ハーフで実施された。越ヶ谷高校さんは11名いた。驚いたことに、3年生が2名参加していた。今迄では考えられない。ずっと一緒に練習はしたのだろうか。キャプテンは2年生になっていたが。1年生2名がサッカー経験者で、県選抜にもなっていたと聞いた。

一方、本庄高校は10名だ。新人戦も今のところ10名だ。得点を取るシフトにしたが、残念ながら相手の力量が我々を上回っていた。開始早々に1年生6番に決められた。相手コートに進出出来ず、2点目、3点目と失点し、前半を終了した。

 

後半は、両サイドバックの1年生のポジションを交換し、右サイドからのみの攻撃を指示した。右サイドに集中することで、コンパクトになり、スペースを活用されず、相手は左足キックをせざるを得ないと考えた。少し相手コートに進出できるようになったが、決められる選手がいない。ボールの飛距離も相手の半分くらいだった。しっかりと当たれば飛ぶはずなのだが。もう1失点し、無得点で終わってしまった。私の誕生日であったが、勝利もなく、得点もない日となった。非常に残念であった。

新人戦には、もう少し強いチームに変化させたい。ポジションも適材適所で考えなければ、明日はないことを実感した。今回の敗戦から、多くのことを学びました。

 

選手権前の練習試合

8月30日(日)に、熊谷女子高校さんと練習試合をした。会場準備を部員13名で協力し、50分で完了出来た。チー

ムが一つになっている。ワンチームだ。10時より35分ハーフで、選手権を想定して入場から実施した。セレモニーの握手は無しだ。

前半は、10分くらいに熊女さんに先制された。得点出来る布陣で臨んだため、DF陣の連携不足のためだ。3分間のクーリングブレイクで、守備の連携、バックパスの有効性、守備時のコンパクトさを確認した。

段々と対等な戦いになり、25分くらいに左コーナーキックを得た。部長から、ニアーに居た右ハーフの2年生に渡り、ボールをコントロールし、シュートとした。3年生GKより初得点出来た。これで、新チームになって3点目だ。感動した。前半は1-1で終了できた。

10分の休息の中で、1年生の両サイドバックを熊女さんの布陣に対応させるため、交換した。休憩中、センターバックの2人の仲良し2年生がが盛んに意見交換をしていた。守備時には、両ハーフに左右前後のコンパクトさを保持するように指示した。

後半は、熊女さんの勝利に対する執念が炸裂した。守備体系は整っていたが、13番の個人技、強引さに圧倒された。ボランチの小柄な2年生が体を張って頑張ってくれたが、ミドルシュートを2本決められた。部長には熊女さんの13番のように勝負が拮抗した時、勝負を決定づけられる頼れる選手にもっともっと成長してもらいたい。期待している。

最後に、1-3で負けはしたが、成長と課題が発見できたいい練習試合ができました。熊谷女子高校さんの選手諸君、試合に、そして後片づけやグランド整備に協力してくれて有り難う。助かりました。

お互いに、選手権大会、頑張りましょう。

 

 

選手権相手校決定

9月6日(日)より開始される全国大会に繋がる選手権大会1回戦の相手校が決定した。

越ヶ谷高校さんだ。10名ながらやるっきゃない。過去の対戦では一度も負けたことがない越ヶ谷高校さんだ。

勝算は充分あるはずだ。勝つと次の対戦相手は宮代高校さんと合同チーム(日高・新座・鳩山)の勝者だ。

選手数が少ないせいか、一人一人に目が行き届き、加速度的に成長している。

もう対戦が楽しみでしかたない。

体験入部実施

8月4日(火)の7時30分より、6名の中学生を迎えて部活体験入部を実施した。昨年度、たった2名だった。今回は、3倍に増加した。更にびっくりしたのが、サッカー経験者が4名いたことだ。皆、精力的に参加してくれた。基本練習(ボールコントロール)から、8対8のミニゲームを20分して、9時30分に終了できた。2軸キックの大切さを伝えた。経験者ほど筋力に頼ったキックをしていた。改善点が見受けられた。しかし、走力、ボールコントロール、キック力には目を見張った。

最後に、絶対合格して、女子サッカー部に入ると宣言してくれた生徒がいた。有り難いことだ。皆、先輩とサッカーができてとても楽しかったと言ってくれた。有り難いことだ。

来年のチームが楽しみになった。6名の体験入部者たち、来年度の入部を待っている。皆で、県ベスト8になろう。

宜しく。

初練習試合

8月1日(土)と2日(日)の両日今年度初の練習試合をさくら運動公園で行った。

一本目はカサブランカ戦0-6、2本目松山女子戦0-1、3本目寄居城北戦0-1、4本目熊谷女子戦0-1でした。

裏話をすると、特進クラスは土曜スーパー講義のため、3本目まで不参加であった。そこで、顧問の先生にセンターバックとして、指導してもらいながら試合をした。コロナの影響で、部活紹介ができず、新入部員がたった2名である。現在2年生8名、1年生2名だ。10名がフルメンバーである。4本目の熊谷女子さんも2年5名1年3名の合計8名しかいない。顧問の先生が2名参加し、生徒6名のチームだった。多分、2名の選手が傷んだのだろう。

どこのチームも大変そうだ。

本庄高校の1年生部員は自主練を熱心にやっている。心強い限りだ。

2日(日)の目標は、得点することだ。

一本目は南稜B戦0-4、2本目川口B戦0-1、3本目川越南2-0、4本目山村B戦0-3でした。コーナーキックからボレーで、初得点をした。2点目は部長がドリブルで切り込んでシュートしたものだった。偶然ではない、意図的に取れた得点に感動した。本日は10名全員で試合だった。

成功に囚われず、成長に囚われるチームにする。

 

 

カサブランカ戦結果

2月9日(日)の午後に、くまぴあでカサブランカさんと久しぶりに練習試合をした。30分を4本やった。怪我人が多く、選手10名だったので、GKをお借りした。小学校6年生のGKの守備力に感服した。0-2、0-3、0-2,0-1と4連敗であった。小6のGKのお陰で、この失点で済んだ。どこで、どう身に付けたのか気になった。カサブランカさんの練習は月、火、水の3日間と土、日の週末の試合だそうだ。熊谷を拠点にしているクラブチームに足利からわざわざ4人参加していた、滑川からも1名参加していた。メンバーは15名くらいだった。本庄高校は現在18名だ。カサブランカDF陣が、上手にパスを回して、出来たギャップにボランチやトップが顔を出し、ボールを受け、左右にスルーパスを出して組み立てていた。本庄高校は、このDF陣からの組み立てが、苦手だ。今後、パスゲーム等で身に付けさせたい。本当に勉強になるいい練習試合だった。

さて、新人大会であるが、予選同組で0-3で負けた南稜高校さんが、決勝に進出した。0-0で引き分けた浦和実業さんが川口市立さんを破り、ベスト8へ進出した。浦和実業さんは準々決勝では決勝に進んだ花咲徳栄高校さんに敗れたものの、順位戦で、浦和西高校さんに0-1と敗れはしたがいい戦いをしていた。次は、予選を突破して、本庄高校がそこに進みたいものだ。期待してください。

新人大会第3戦結果

1月25日(土)に、「バース・デー」という番組を観た。。7歳の天才卓球少年が取り上げられていた。夢はオリンピックで早く金メダルを取ることだ。毎日、8時間練習していた。この番組の中で、「心技体知」という言葉に出会えた。ドライブ練習中、疲れからか集中力が散漫になり、ボールが台の外に出る確率が増えた。そこで、少年がつい「暑い!」と言った瞬間、コーチである母が練習をストップした。7歳の子に練習を続けるのか確認するためだ。この暑さは、対戦相手も同じだと伝え、本人に決めさせていた。結局、少年は続けることにした。ドライブボールが台にどんどんと突き刺さった。コーチである母が、何が変わったか確認した。少年の答えは「心」だった。母は「技術・体・知能は同じなのに、ドライブボールが鋭く狙った所を打ち抜けたのは、心のウォーミングアップがしっかりできたからだよ。」と言い、心の持ち方が勝つためにいかに大切さを伝えていた。蛇足だが、この少年は、中国遠征で中国人選手を7戦7勝で撃破した。

さて、新人戦だが、対戦相手は県3位の南稜高校さんだ。心を落ち着かせるため、コミュニケーションのため、施設に対する感謝のために、15分間のごみ拾いをさせた。勝てば、勝ち点5になり、予選2位で通過できると鼓舞した。1時間のアップは部長が考えたメニューでやっていた。心のウォーミングアップ、技・体のウォーミングアップがしっかり出来て、前半は残り2分まで無失点だった。当然GKの好セーブが沢山あった。前半の対戦に満足していたようだった。全然、体を動かしてなかった。そこで、体を動かすように指示したが、後半戦は、心のウォーミングアップと体のウォーミングアップが不足していた。本当によく頑張ってくれたが、後半に2失点で敗戦した。3ゴール、全て高校になってから、サッカーを始めた選手たちだと、南稜高校さんの監督さんが教えてくれた。本庄高校も高校から始めた選手がゴールを決められるように頑張らせたいと改めて思った。特に、2年生のSBや1年生のCBがこのゲームで進化してくれた。CBは完全に2軸キックをマスターしたようだ。今後の活躍が楽しみだ。更に、楽しみなのが、1年生のサッカーに対する真摯な取り組みだ。試合の次ぐ日の日曜は、自主練にしたが、1年生はしっかりと練習に取り組んでいた。2年生も今のままでは、レギュラーを奪われる懸念が出て来た。お互いに切磋琢磨する環境を醸成しつつある。次の公式戦には吉報をお届けする。お楽しみに。

新人大会第2戦結果

1月18日(土)に、小雪が舞う中、本庄高校を会場に新人大会は実施された。天気予報では、雨も雪も本庄方面には降らず、曇りから段々と快方に向かうことになっていた。しかし、現実は快方に向かわず、肌寒い1日になった。11時20分より浦和実業高校さんと対戦した。相手ペースの試合開始になった。カウンター攻撃も兼ね、グランンドコンディションも良くないので、キック・アンド・ラッシュ戦法に切り替えるように言ったが、相手のCB(センターバック)とSB(サイドバック)の背後へのボールの配給が全く上手くいかない。背後のスペースが見えてないのと、2軸キックが体に染みついていないことが原因だ。特にGKとCBの頑張りで、0-0の引き分けに出来た。昨年、新人大会はベスト16だったので、密かにベスト8を目論んでいたが、予選突破も危うくなった。兎に角、次の南稜高校戦(25日(土))も、”One Team"で、頑張りたい。大声を出して、明るく元気よく、笑顔で愉しむ人が、一番強いのだ。OG達は試合中も笑顔があった。頑張れ、現メンバー。スマイル。スマイル。

新人戦第1戦結果

1月13日の成人の日に、浦和西高校さんで狭山ヶ丘高校さんと対戦した。相手はたった10名だ。何故か、2人サブになっていた。39度の熱で学校を休んでいたりおが来たのでびっくりした。心配だったのか、責任感なのかはわからない。多分、後者であろう。10時にゲームがスタートした。りおの代わりに、昨日絶好調だったみゆうをトップにした。相手のメンバー表を確認すると2年生4名、1年生6名だった。本庄は2年生8名、1年生3名だ。サッカー経験者3名。狭山ヶ丘高校さんんはCB、ボランチの2名だった。目論見としては、最低でも5点と思っていたが、9本シュートを打ったが、前半0点だった。

後半に、カウンターでゴールネットを揺らされた。負けを覚悟したが、オフサイドで救われた。シュートがポストに嫌われ、得点にならない場面もあった。惜しかった。これが、入っていれば勝ち点3だったのだが。いつものことだが、試合になると、ヘディングをしないので、ボールをスペースに運んでから蹴れず、止まって蹴り勢いがないので、簡単にインターセプトされた。どう改善したものか。永遠の課題だ。8割がた、相手のフィールドで戦えたが、シュートがゴール内に行ったのは数本だけだった。原因としては、2軸キックが身に付いていないことだ。

最後に、18日(土)、本庄高校にて浦和実業さんと第2戦になる。絶対負けられない戦いだ。地元の利を生かして絶対勝利する。OG諸君、応援をお願いする。力を与えたまえ。

ニューイヤーズカップ戦

令和2年1月4日に熊谷さくら運動公園で、練習試合初めだ。関東学園0-0、伊勢崎清明0-1、熊谷女子0-2、市立太田0-2、花咲徳栄0-3で、1分け4敗でした。14名で挑んだ。皆よく頑張った。キーパー練習をしっかりやった。守備力は進歩してきている。攻撃力の進歩に期待する。

5日も同じ会場だ。成立0-3、文京0-1、山村学園0-5、村田女子0-5の結果であった。少人数の中、寒い中、懸命に走った。怪我を抱えている選手が心配だが、強豪校と対戦できることで、大きな刺激になりチームの向上につながった。有り難いことだ。さて、他チームと比較して圧倒的に足らないのが、例えば、ヘディング、コンタクトプレーだ。2つとも、痛いものだ。できれば、やりたくないものだ。しかし、実際にやってみると、楽しいものでもある。ヘディングは、3Dサッカーへ、コンタクトプレーはボールの奪い合いへの醍醐味を味わえる。さらに、頭脳プレーが出てくるともっと楽しくなる。例えば、相手のプレッシングが厳しく、上手く味方にパスできない時は、相手にボールを当てて、意図的にスローインやコーナーキックを獲得する。マイボールが継続でき、攻撃が継続できるのだから、より楽しいサッカーになる。

 

練習試合と2部リーグ戦結果

12月22日の午後、高崎女子高校サッカー部と8か月ぶりに試合をした。1年生にいい選手が2人いたのが印象に残った。レギュラーチームで臨んだが、0-1、0-2で完敗。1年生チームも1-2、0-0という結果であった。

24日の午後、本庄第一高校さんと2部リーグ戦をした。35分ハーフだ。高崎女子戦の反省を活かし、ポジションンとフォーメーションを大幅に変更した。新人戦に向けての、得点力アップの梃入れだ。前半は善戦して1-3だった。本庄第一高校さんからゴールを奪ったのは、奇跡だ。しかし、しっかり崩した得点だった。偶然ではない。でも、後半は0-6と大敗してしまった。

25日の午後、シュエットさんと30分を3本やった。2年生が3名欠席で、私の練習試合構想が崩れた。1年生に頑張ってもらった。0-4,0-4,0-0という結果であった。残念であった。しかし、大きな発見もあった。ボール奪取が見事な1年生を2人見いだせた。十分にレギュラークラスだ。

本庄高校女子サッカー部を強くする Part 8

膝抜き

相手から遠い足に力を入れてコンタクトするより、相手に近い方の足を踏み込んで、その膝を一瞬抜いて体を支えた瞬間にコンタクトすると、地面反力を活かした強いコンタクトができ、しかも、ボールをコントロールするという点でも有利だ。

ポイントは、当たる瞬間に、相手に近い方の足を踏んで、膝を抜く(抜いた直後、踏ん張る)ことだ。お尻から当たるような感覚を持てば、よりわかりやすくなる。その一瞬、作用、反作用の法則で、静止して立っている時の体重分よりも大きな力が地面から真上方向に返ってくる(地面反力)。この地面反力を相手に伝える体の使い方が、コンタクトでは最も重要だ。いくら筋肉を太くしても、このコンタクトのやりかたを知らなければ、筋肉は役に立たない。

例えば、体重60kgの人が、一瞬素早く、足首と膝を折り曲げて、重心を少し沈ませると、針は50kgくらいを指す。これを抜重(ばつじゅう)という。しかし、膝を抜いた直後に足裏全体で体重の落下を受け止めると、針は180kgを一瞬指す。是非、実際にやって、確かめてもらいたい。

最後に、新人戦の対戦に相手が決定した。南稜高校、浦和実業高校、狭山ヶ丘高校さんになった。応援を宜しくお願いする。

本庄高校女子サッカー部を強くする Part 7

ボディーコンタクトの前に

コンタクトの強さは、体格の差だけではない。筋力だけでコンタクトの強さが決まると思うのは間違いである。むしろ、目に見えないところにこそ本当の強さの秘訣が隠されている。

ディフェンダーの鉄則は、「からだ」が常にあらゆる状況に対応しなければならないことだ。相手がボールを回して攻めてくる場合は、どんな時であっても、相手の隙を見計らって「奪ってやる」といった積極性が大切だ。どんなに技術があっても、積極性がなければ、技術は機能しない。ボールを奪う積極性とは、ボールを相手から奪うチャンスをしっかり見極めることだ。見掛け倒しの積極性ではなく、したたかな計算が必要だ。相手に前を向かせないことが、チームに有効である。

しかし、ディフェンダーはボールを奪いに行かなければいけないから、攻撃だ。一方、ボール保持者は、ボールを保持しなければならないから、守備だ。攻撃と守備の感覚を大胆に変えてやるだけで、ディフェンス能力が必ず向上する。期待したい。

 

 

本庄高校女子サッカー部を強くする Part 6

オフ・ザ・ボールの動き

サッカーでは、ボールを触っていない時間が圧倒的に多い。優れた選手のボール扱いは、ボールに触っていない時間に支えられている。ボールを触っていない時間に何をするかが、ボールを触っている時と大きく関係している。

速さというのは、足の速さだけでは無い。優れたフォワード選手は、次にボールがどこに来て、ディフェンダーはどこの動くのか見抜いている。相手の弱点を観察して認識している。だから、足が遅くても、感じる速さが相手より勝っているので、速く見えるのだ。相手の背後のスペースや、間のスペースに走り込む動きでゴールを奪える。

さて、「見る」という動作は、一瞬だけチラッと見ただけであたかも視野を確保できるかのように思いがちだが、実際は前もって「見ておく」動作が大切だ。見ておいて、その流れを映画のように流しておけば、次のコマがどうなるか手に取るようにわかるので、自分のベストのプレーが選択できるだ。

最後に、相手のスペースを発見したら、積極的に走り込んで、相手の守備網を崩壊する動きに期待する。「見る」動作から、「行動を起こす」動作の方がより大切だ。流動的な、華麗なモダンサッカーを目指すのだ。段々と出来てきている。OG諸君、土日の練習に是非、参加してもらいたい。11vs11の試合が、メンバー17名で出来ない状態なのだ。宜しくお願いする。

 

本庄高校女子サッカー部を強くする Part5

トラップは引くのではなく押す。もし引いてしまうと、からだの動きが一度止まる静的安定な動作になる。試合中、前方から来たボールをトラップしてターンをイメージする。一見、引いているかのように見えるが、実は一流選手の動作を良く観察すると、次の進む方向へ押し出している。「引く」のか「押す」のかで、プレーのリズムは大きく変わる。「押す動作」といっても、ボールを決して、はじいたりはしない。例えば、胸の場合、胸の中心で捉えるのではなく、左右どちらかの胸の柔らかい筋肉の部分に当てれば、勢いのあるボールでもヘッチャラだ。動くことを優先するトラップならば、「押す動作」にすることで、より華麗な、流れるような動的プレーが可能になる。

更に、胸トラップを上手く使えると、プレーの幅は大きく広がる。但し、場面によっていろいろ使い分けることが重要だ。吸い付くような胸トラップからターンするプレー、体勢を崩しながらも胸トラップからシュートをゴールに持って行くプレー、これら全ての胸トラップに共通することは「押す動作」である。トラップは実は、「押す動作」であることを自覚して取り組んでもらいたい。意識を変えて練習しよう。二年生で、5名くらい、一年生で、1名急速に進歩している選手がいる。今後がますます楽しみだ。

本庄高校女子サッカー部を強くする Part 4

ブラジル型ヘディングは①「前にならえ」をして、両腕の肘を90度曲げ、前腕が真上を向いた状態にし、②その両腕を勢いよく開いてヘディングをするというものだ。これは、状態を反らせて、その反動でヘディングをするというこれまでの日本の教え方とは一味違ったものだ。分析すると、「前にならえ」をする構えは、上腕の外旋を意味する。外旋された上腕をそのまま水平に外転させ、胸を開く。この時、両方の肩甲骨が体幹を前方に押し出すように感じる。広背筋やいわゆる脊柱起立筋(抗重力筋)による体幹の綱体化がなされる。この作用を利用することで、ブラジル型ヘディングはボールを前に飛ばしている。

最後に、ジャンプヘッドの練習をするときに、高く跳ぶことも強くボールをたたくことも重要なことだが、相手より早いタイミングで跳ぶということも、とても重要なポイントである。相手との駆け引き、競り合いを楽しんでもらいたい。

練習試合結果

11月16日(土)の午後に、川越FCさんと対戦した。中学生年代の男子クラブチームだ。先日の台風の影響で、試合会場の確保も困難な状態が続き、リーグ戦の日程も延び延びだそうだ。さて、一年生が用事等で3名欠席だ。選手14名で、30分を3本やった。GKが休みなので、二年生のCBにGKを頼んだ。1対1の走力やチャレンジ&カバーの連係不足から、一本目は0-4だった。不慣れなポジションをこなしてもらった。全て前向きに捉えて、戦ってもらった。二本目は0-2、三本目は0-1という3連敗の結果であった。足が攣った選手が2名出た。2名とも二年生だった。良く食らいついていってくれた結果である。得点は取れなかったが、練習の成果のパスサッカーが段々と浸透してきているようだ。パスサッカーは、周りの助けがないと成立しない。

17日(日)の午後に、大妻嵐山高校さん(9名)とシュエットさん(中学生の女子クラブチーム)の対戦した。本日は一年生中心チームで臨んだ。CBはいつもの二年生ではなく、急造一年生コンビだ。段々と、一年生にも守備体型を身に付けてもらいたい。嵐山高校さんと1-0、1-0でした。嵐山高校さんも一年生6名のチームで新人戦は大変そうだ。シュエットさんとは0-3、0-3、0-0だった。シュエットさんとの最終戦は二年生中心チームにした。本当に徐々にパスサッカーになってきた。課題は得点力だ。飛び抜けた突破力がある選手がシュエットさん、川越FCには居る。本庄高校女子サッカー部にも、居るのだが、ゴール前になかなか切り込まない。今後に期待したいが、時間がかかるだろう。

最後に、11月24日(日)の午後、カサブランカさん(中学生の女子クラブチーム)と久し振りの対戦だ。OG諸君、たまには紅白戦(23日、30日)に参加してくれ。現在17名で、紅白戦が出来ない状況だ。

おおとりカップ戦結果

10日(日)の穏やかな日に、鴻巣陸上競技場にて開催されたおおとりカップ(8人制のサッカー)に1年チームと2年チームで参加した。1年チームはメンバーがジャスト8名で1名体調不良で欠席したため、2年のCBが参加し、交代要員無しの8名で臨んだ。白岡3に0-1、連合に0-1、チームKKに0-1の3連敗であったが、ボールがしっかり繋がり、サッカーらしくなってきた。惜しいのは全て残り2分くらいの失点が多かったことだ。

2年チームも、ジャスト8名の戦いとなった。GKは試合ごとに交代した。専門のGKが居ないためだ。白岡1に0-1、シンシアに2-0、マドレスに3-0、最後にエキシビションで白岡3と対戦し、1-0で勝利した。1年チームが負けたチームだ。2年生チームもボールが良く繋がり、選手も流動的に動けるようになってきた。3勝1敗で準優勝という賞状をいただけた。

最後に、小谷場中学校と大妻嵐山高校との対戦が無かったのが、残念でした。次は3月のお雛さまカップだ。対戦を楽しみに待つ。

本庄高校女子サッカー部を強くする Part 3

ピッチは2割、ピッチ外が8割

サッカーの練習の時だけ集中しても、それ以外の私生活がルーズであったり、監督の前だけでいい顔をしたりする選手は、いざという時にもろさが出る。本当に、高いパフォーマンスを求めるならば、ピッチ外つまりトレーニング以外の生活に気を配ることだ。日常の行いそのものが、練習であり、ここ一番という大事な場面にでる。

具体的には、一つ目は、授業態度である。体操服ではなく、キチンとした制服姿で、先生の話に傾聴し、大切なところを捉えようとする態度だ。二つ目は、清掃活動に対する積極的態度だ。部活動があるから、今日はいませんという生徒がいる。本末転倒だ。自分の役割・責任を果たせない生徒に、試合での役割・責任は果たせない。三つ目は家庭での生活習慣全体の態度だ。運動するに必要十分な栄養や睡眠をとる。更に、目にはなかなか見えてこない精神面の安定も必須だ。

ピッチ2割、ピッチ外8割の態度が、本庄高校女子サッカー部を強くする。新人戦が楽しみだ。

2部リーグ花咲徳栄戦結果

花咲徳栄高校さんにて、10:30より35分ハーフのリーグ戦を戦った。アップは9:20より、いつもの福島先生メニューで開始した。アウェーと部長が居ないためか、笑顔が少ない。久しぶりの公式戦で緊張しているようだ。次に、2人組のリフティング、3つ目に、ターンからのパス&ゴーを10分、4つ目に5vs2の2タッチアンダーの鳥かごを15分、最後に2人組リフティング3往復をやった。テーマは個人技で徳栄高校さん負けない、パスを繋ぎ相手を崩すである。スタメンは選手に決めさせた。2年8名、1年3名だ。10点取られてもいいから、パスをしっかり繋ぎ、チャレンジするように指示した。

 

前半15分まで、CBがヘディングで、センタリングを撥ね返したり、GKのファインプレーにも救われて、無失点であった。全体もコンパクトでここぞのところで、ボールをインターセプトできていた。しかし、左からのシュートがGK前で、イレギュラーし、失点した。しかし、そこからも、全然集中力が衰えず、20分追加点を許さず、前半が終了した。

ハーフタイムの指示は、 このリズムのままやり切ろうとした。慌てず、頭をキョロキョロして、ボールを繋ぐこととした。後半も15分まで、得点を許さなかった。不運にも、CBのクリアーミスからオウンゴールで2失点目を帰した。しかし、選手に焦りは感じられず、堂々とボールを奪い、繋ごうとした。大きな進歩である。1点取れそうな場面も演出できた。最終的には、徳栄高校さんが勢いづき、完全に崩されて2失点した。0-4の敗戦にはなったが、個々の技術、体幹では十分通用していた。選手にも、笑顔があり、自信を持てた試合でした。ボールを奪った後の展開に一工夫を加えられれば、本当にいいチームになりそうだ。新人戦での再戦が、楽しみだ。

 

本庄高校女子サッカー部を強くする Part 2

選手育成の3本柱

☆「挨拶」で相手の心を開く

心を込めた挨拶は、相手の心にもキチンと伝わるものだ。すると、挨拶された相手もいい気分になり、笑顔になる。挨拶には、相手の心の扉を開き、お互いの心を繋げる目的がある。この事をしっかりと理解した上で、一日を清々しい「挨拶」から始める習慣を身に付ける。

☆はっきり「返事」のできる環境をつくる

返事はサッカーで言えば、相手にパスを返すようなものだ。一対一の対話がキチンと成立するように、一つの返事も大切にする。チームの中では、自分の意見をストレスなくはっきり言える環境を整える事が大切だ。選手が主役。監督や先輩にも「いいえ」や「私はこう思います」と忌憚なく意見が言える環境を整える。

☆「後片付け」で、心を磨く

部室や荷物置き場を整理整頓する後片付けは選手の心を育てる上で欠かせない。練習や試合前に身の回りを綺麗にし、「よし!始めるぞ」と心のスイッチを切り替えて、平常心でピッチに出れば、正確な判断や的確な行動ができる。日常の生活習慣が人を磨き、素敵に成長させ、豊かな人生をつくる。コツコツやる。

最後に、11月4日(月)、花咲徳栄高校にて、2部公式戦である。久し振りの試合だ。

本庄高校女子サッカー部を強くする

本庄高校女子サッカー部を強くする、ベスト8を目標にやってきた。未だに達成してない。「昔、日本男子体操は、ソ連の解析と模倣を徹底し、1956年のメルボルン五輪で団体2位を獲得した。そこからの4年間で追いつき、ローマ五輪で見事に金メダルとなった。1976年五輪まで5大会連続金メダルに輝き続けた。世界の誰かが出来ることが、日本人だから出来ないと言うことはない。世界がやっていることをやれるようになれば、五分の勝負が出来る。日本のサッカー界は最初から「個では勝てっこない」と言っているようだ。」と福島大学の教授が言っていた。

本庄高校女子サッカー部員も、私もベスト8チームはスタメンがサッカー経験者で、個では勝てるなんて思ってもいなかった。そこに問題があるかもしれない。経験の差こそあるが、同じ高校生である。出来ないことがあるわけないと発想変える必要がある。自分や自分たちの可能性を制限する誤った思い込みだ。幸い、個の力が例年以上に伸びている。あこがれの選手の模倣をするだけで、個の力はグーンと伸びる。私自身もゴルフ練習で、全英オープン女子ゴルフで優勝した渋野日向子プロを模倣している。そのお陰で、最近はほぼ70台でラウンドできている。次なる目標は60台のラウンドだ。

最後に、ドリームキラー撲滅だ。出来ると思って出来ないことはあるけれど、できないと思ったら本当に絶対に出来ないものだ。サッカーのFWは、10回シュートして、1点でも取れば称賛される。自分を信じ続け、シュートを蹴り続けた結果、ゴールを決める。事実は、9回の失敗なのだが。「あれしちゃいけない、これしちゃいけない」ではなく、「ああしよう、こうしよう」のポジティブ思考で個の力を伸ばす。11月4日(月)、花咲徳栄さんと2部リーグ戦予定。応援宜しく。

ここが勝負どころ

桜ジャパンが快進撃を続けている。チームのスローガンは"One Team"だ。見事に、スコットランドに28対21で辛勝した。これまで1勝10敗の戦績だった。終盤のスコットランドの反撃を"One Team"の防御で食い止めた。これで、念願のベスト8を決めた。日本のラグビーの歴史を変えた。決勝トーナメントにて、ニュージーランドに敗退し、B組2位となった南アフリカと、A組1位として対戦する。前回大会の対戦の再来だ。これからは、桜ジャパンの歴史を創る番だ。観戦を楽しみしている。

感動したところを列挙すると、連続する助け合いのプレーからの数々のトライ、プレーごとに円陣を組んでの意思疎通を図る見事さ、怪我人が出た時のサブのメンバーとの交代の素早さ、更にそれでもチーム力が全く落ちない所等だ。普段から緻密にやっていないと絶対に無理だ。苦しい時間帯は、必ずある。そこを我慢し、凌げるかが勝負どころだ。本庄高校女子サッカー部も見習って、新人戦を戦い、上位を狙いたい。

 

 

 

「サッカートレーニング革命」の本の中に

「サッカートレーニング革命」の本の137ページより144ページまで、今年の3月まで本庄高校サッカー部のコーチをしていた福島智紀氏の特集が記載されていた。改めて、女子サッカー部がお世話になったことを思い出した。今現在も、アップで二軸メニューを実施している。福島氏の偉大さや手探りでの練習の様子が再確認できた。立ち足の股関節を外旋させ、膝を抜きやすくさせることで、結果的に蹴り足に体重を乗せながら軸を入れ替えていく動きを引き出そうとした。ポストプレーで敵を抑えながら後方からのパスをトラップするという場面でも、膝を抜くことで相手を抑えることとトラップを同時にスムーズに行っていることに気づいた。踏ん張ってプレーしていないことに気づいた。大きな気づきだった。力を抜くために、フットサルシューズで動いてみた。踏ん張る前に足の踏み替えをしようとした。結果、重心をコントロールしてバランスを崩さずにプレーできれば、どの方向にも素早く動けるようになった。キックも踏ん張らないので、以前と違った感覚で蹴れてきた。

強いボールを蹴るために、蹴る動きの中で体重の移動が必要だ。指導の際、ボールを蹴った後の蹴り足の膝裏を、立ち足で蹴る動作を導入した。軸を入れ替えることに通じていた。リトバルスキー氏は蹴った後、背中がボールの飛んでいく方向に向くぐらい体が回転していた。「上に跳ぶ」のではなく、「前に飛んでいくように」蹴る。

最後に、後からのチャージ等に対して、相手の押してくる力を利用して、ポンと前等に出て行く。相手の力に対抗するのではなく利用する。この技術も、膝を抜くことができればこそ、受け流すように相手の力を利用できるようになる。全て、福島氏が自分の体を実験台にした、信頼できるものだ。

現在、実践できている本庄高校女子サッカー部員を散見できるのは、嬉しい限りだ。

練習試合結果

10月5日(土)に中学生女子チーム・シュエットさんと中学生1・2年男子チーム・川越FCさんと対戦した。シュエットさんとは1年チームも2年チームも0-0の引き分けでした。2年生チームはボール保有率65パーセントくらいであったが、肝心のゴールが決まらなかった。残念である。自主的に朝練をやっている生徒の集中力や技術はその成果があった。いい練習は絶対嘘を吐かないものだ。

川越FC戦は1年生チーム0-2、2年生チーム0-4という結果でした。朝10:30からの準備で疲れたためか、コンパクトに戦えなかった。シュエットチームは川越FCさんから負けはしたが、プライドや意地を見せて、しっかりと得点していた。ブラボー。この対戦経験を次の対戦に活かしてもらいたい。

6日(日)には、松山女子高校さんと対戦した。1年生8名、2年生のたったの3名だった。日頃朝練を実施している2年生達だ。本庄高校女子サッカー部を牽引している3名だ。サッカーに懸ける気持ちの強さを感じた。尊敬に値する。松山女子2年チームに0-0、1年生チームに2-0で勝利したが、3本目の2年チームに対してプレッシングが緩くなり、ミドルシュートをを打たれ、GKのポロから失点した。これで一気に流れが変わり、更に2失点した。完敗であった。最後は、相手1年生チームに対して、1年生の右ハーフとトップ下の2人の生徒が粘って得点した。サッカー経験者の1年生が肝心の所でヘディングでボールをクリアーせず、ピンチに何度もなったことが最大の課題だ。高校になってサッカーを始めた1年生はヘディングにチャレンジしていた。私の助言を素直に聴けるプレーヤーは必ず伸びてくる。チームの力になれる。勝利に貢献できる。

次回の練習試合は13日(日)だ。熊谷女子高校さんだ。サッカー経験者が多数入部し、現在、県1部リーグに所属している。2年生が12日まで修学旅行なので、コンディショニングが心配だ。体調不良で休む2年生もいるだろう。チームがひとつにならないと大敗する。本日休んだ2年生のサッカーへの情熱に期待する。利己中ではなく、1年生に尊敬される先輩になりなさい。

 

 

心を整える

長谷部 誠氏(元日本代表キャプテン)の本より引用した。

長谷部氏は中高と各年代の日本代表に選ばれていない。しかし日本代表に選出された。時々、何故なのかと頭をよぎるそうだ。キーワードは「心」だそうだ。常に安定した心を備えることで、どんな試合でも一定以上のパフォーマンスが出せるそうだ。生活のリズム、睡眠、食事、そして練習。心に有害なことをしないようにしている。有害なこととは、頻繁メール、ガンガンなる携帯電話、インターネット、ゲーム。時間があっという間に経つ。24時間息つく暇がない。日々そうやって過ぎていくと、自分を見つめる時間がなく、心が荒んでいく一方である。サッカー選手で言えば、自分の問題点や解決策を考えずに闇雲に練習したり、集中力を欠き怪我を誘発させる。

1日の最後に必ず30分間、音楽もテレビも消し、布団に横になり、心を静める時間を作る。私の場合、家ではなく、ジムのマッサージ室で横になりながら、心を整えている。呼吸を整えている。鼻から四秒間、空気を吸い込み、腹を膨らませる。腹を膨らませまま、鼻から六秒間、息を出す。大切なのは、腹を膨らませたままにすることだ。5セットくらいやる。心が静まる、健康になること請け合いである。

最後に、試合までの「気持ちの準備」の方法で選手を分けると、主に2つのタイプになる。1つは試合の2、3日前から段々と気持ちを高めていくタイプ。試合の様々な状況を想像して、イメージトレーニングを重ねていく。本田圭佑氏タイプ。もう1つは試合直前まで、いつもと変わらない心理状態をキープし、試合当日にスイッチを入れるタイプ。中澤佑二氏タイプ。長谷部氏は前者のタイプであったが、ある試合の準備で大失敗をしたのをきっかけに、後者のタイプかもしれないと切り替えた。私のお勧めは、後者である。常に安定した心をキープするためにも、当日にスイッチオンで良い。私のゴルフも当日の朝にスイッチを入れる。また、78,79と70台が連続している。オープンコンペでもベスグロだ。

明治大学ラグビー部日本一

22年ぶりの優勝だった。導いたのは、指導2年目の田中澄憲(きよのり)氏だ。19年間、決勝戦に進んでいなかった。毎年、日本一を目指すと口で言っていたが、何をすべきか知っている選手はいなかった。田中氏が道筋を示し、それに則って一所懸命に練習に打ち込んだ。決勝戦で、九連覇を果たした帝京大学と一点差で敗れた。やることをやったら必ず結果は出る。来年こそは絶対に日本一になる、という覚悟がそこで生まれた。

日本一は、選手達の努力や実力だけでは達成できない。試合に出ないメンバーもスタッフも自分たちの手で日本一にするという高いモチベーションを保ててこそ達成できた。今後は、ハングリーに、細部にこだわり、自分からアクションを起こして、やり切って二連覇を目指す。

1990年代の明治大学が黄金期の時、普段は厳しい上下関係があっても、グランドでは皆平等だった。練習中に先輩を、「〇〇さん」と呼ぶと、『パスを回している時に、さんづけで呼んだら、それだけ動作が遅れるぞ」と怒鳴られた。

最後に、田中氏によると、伸びる選手は、気配りが出来る、生活習慣がしっかりしている(挨拶が出来る、清掃が出来る)、正しい努力が出来る、自分の強み、弱みをしっかり分析できる。自分で考えて努力できない子は成長のスピードが遅い。能力が高くても情熱のない選手は、消える。努力を続けられる情熱が不可欠だ。更に、指導者の本気度、情熱だ。本庄高校女子サッカー部に全力で向き合う所存だ。新人戦悔いが残らないように頑張る。

要は足首から下です

アンバランスが正常な動きを作る。立っている時から私達は動き続けている。走歩行の時、重心がかかと外側から始まり、外側を通って、最後に内側、つまり母指球から抜けるべきである。より効果的に、前進するには、土踏まずが浮いた柔らかい足状態から、土踏まずが平らになる硬い足状態になることが不可欠だ。硬い足で有効的に地面反力を得られるのだ。この2軸感覚が大切だ。過剰に、内股(足が内旋)すると、外反母趾になる、膝を痛める、腰痛になる、内臓を悪くする、猫背になる、肩こりになるの悪循環スパイラルになるそうだ。女子高校生の内股の子のなんと多いことか。将来が心配だ。

実際、部員の中にも、内股で猫背の子がいる。故障を心配していたが、最近、脚が痛いと訴えてきた。全ては、歩き方からきているようだ。そこで、歩行方法を内旋ではなく、外旋にするように指示した。後は本人の自覚次第だ。竹踏み、5指ソックス、足の親指と人指し指の間を矯正する器具では外反母趾がかえって悪化するそうだ。歩き方を改善すべきだ。私自身、外旋歩行(2軸歩行)を4年前から福島先生に教わり、意識して実践してきた。膝等の痛みが消えた。現在、呼吸も安定し、猫背ではなく、肩甲骨も良く稼働できて、健康である。健康診断も問題なし。

ゴルフも調子が上がり、現在75、75、78、75と4連続中で70台である。2軸歩行のお陰である。今後の人生のためにも、女子高校生諸君、内股歩行は止めなさい。

最後に、10月5日(日)の午後、シュエットさんと練習試合予定である。2軸の成果を出す。

 

2部リーグ浦和一女戦結果

15日(日)の10時30分に浦和一女高校さんと対戦した。スタメンは生徒に決めさせた。GKと左ハーフが1年生になった。残りは9名の2年生全員だ。8時に集合して、準備した。テント3張り、椅子、机の準備は協力して完璧であった。しかし、東側のタッチラインが蛇行していたので、消して引き直しさせた。次回からは気負付けてもらいたい。時間の無駄、労力の無駄である。更に、線審を1名出すことになっていたが、先輩が後輩のために買ってくれた審判着がずっと紛失している状態だ。多分、部室にあるはずだ。次回の公式戦までにしっかり探し出し、きちんとした服装で公式戦には臨んでもらいたい。こんなところの気の緩みが無くなれば、もっともっと強くなれるのだが。試合前にカリカリしても仕方がないので抑えた。

GK練習ゼロなので、アップは私と別メニューで取り組んだ。GKの基本フォーム、キャッチングを伝えた。最後に、マネージャーにボールを蹴ってもらい、私がシュートをする練習をした。ボールをスペースに運んでから、キックすること、お互いに助け合うこと(適度な距離間を維持)、ミドルシュートを打たせないこと(GKが練習ゼロなので)、技術的には有利であることを告げた。立ち上がり、またカウンターを受けた。原因は、中央へのグランダーのパスをインターセプトされたからだ。サイドから揺さぶりをかけるべきだった。段々、ゲームを支配できるようになる。しかし、シュートを打っているが、角度がない所からのシュートなので、GKにキャッチされたり、ゴールを外れたりした。前半0-0でした。

ハーフタイムに、2トップが常に近くにいる、センタリングはマイナスにする、ゴール前が密集しているから、バックパスしてCBがシュートをするとか、得点パターンを増やしなさいと指示した。我々のチームは、相手ゴールキックをインターセプトし、シュートする、ショートコーナーから切り込む、センタリングが得点の確率が高い、。別の言い方をすると、流れの中で中々、得点できないのだ。原因は、ポジションチェンジが無いからDF陣を混乱させられないことと、フォームを崩したシュートが多いことだ。リズムは良かったので、選手変更無しで後半に向かった。開始5分で、コーナーキックのボールを、CBいおりが胸トラップして、落ち着いて右足で得点した。どきどきして見守っていたが、後半17分にショートコーナーをして、攻撃的ボランチなおがドリブルで切り込み角度のない所から追加点を決めてくれた。これで、勝利を確信できた。残り3つのリーグ戦は、県内ベスト3チームサブだ。新人戦を占う戦いになる。

練習試合として、浦和一女高校のサブと1年生中心チームで25分のゲームをした。0-0であった。1時30分より伊勢崎清明高校さんと30分を3本やった。浦和一女高校戦で出来なかったコンビネーションをもっと高めるよう指示した。清明高校さんは1ヶ月ぶりの試合だったようだ。試合勘が衰えていたようだ。1本目は、4-0、0-0、0-0でした。スタメンチームが4得点出来た。最後に、1年のGKが全試合のゴールを死守してくれた。キャッチングには不安があるが、キックは素晴らしく、不安要素が皆無だった。お疲れさんでした。

 

2部リーグ戦

9月15日(日)の午前、本庄高校を会場に、浦和一女高校さんと10時30分より、2部リーグ戦第6戦を予定している。2部残留へのとても大切な試合である。決して負けは許されない状況だ。昨年度は、0-2で敗戦した。内容では、相手を上回れると思うが、ゴールを決めないことには勝利はない。トップと両サイドハーフの連係が不可欠だ。現在、ボールホルダーは6割の走力で、ボールをコントロールし、周りの状況を把握することを指示している。一方、その間に味方プレーヤーは、スペースへ走り込むように指導している。一番ダメな選手は、走らない選手である。ボールをパスしたら、必ず、サポートに行くように言った。4日(水)の練習ゲームでは、パス&ゴーも多数でて、連係のある、創造性のあるサッカーができた。6割でプレーすると、フォームが崩れず、視野も広がり、素晴らしいプレーを演出出来ることを実感した。どのような場面におかれても、「動きながら、瞬時にして判断する『スピード』を養成することだ。浦和一女戦期待する。

15日の午後、本庄高校女子サッカー部1期生のゲームメーカーのかおりが、コーチをしている伊勢崎清明高校さんと練習試合をやる。昼食を取ってからの試合となる。生徒は、大変であるがベストを尽くしてもらいたい。

選手権大会結果

21日(水)に、選手権大会予選リーグ1回戦が東松山岩鼻陸上競技場の天然芝であった。ふっかふっかの芝で爽快だった。対戦相手は浦和実業高校さんだ。少し狭かったが、良いアップが出来た。立ち上がりも動きが良く、集中していた。前半20分、トップ下から相手右SBの裏のスペースへ絶妙のパスがFWに繋がった。独走になり、最後にはGKをも、かわした。無人のゴールへパスするだけだった。しかし、無情にもゴールの上空にボールは消えた。得点ならず。ポストに2回救われたり、両CBの頑張りで後半29分まで0-0であったが、コーナーキックよりマークが出遅れ、フリーにし、ヘディングで失点した。勝点3が消えた。埼スタでの試合が消えた。

27日(火)に、庄和高校にて、宮代高校さんと対戦した。2年生が遅刻してきた。最近先輩である2年生がよく集合時間に遅れる。由々しきことだ。アップで前進ボレーではなく、その場でのボレーをやっていた。動きながらのキックが出来ないので、前進させているのだ。練習の意図をもっと部長が理解しなさい。立ち上がりに気を付けるよう指示したが、集中力ゼロ、勝つ気持ちが伝わってこない。宮代高校さんは2-0で初戦勝利していた。本庄にも勝つの勢いがあった。左CBが安易にボールを外に出した。スローインから、相手1年生のFWに繋がれ、プレシンングもあまく、ミドルシュートを打たれ、ゴール右上隅にきめられた。たった3分の出来事であった。メンバーを変え、リズムを変えた。後半15分にやっと1点取ることができた。2点目が遠かった。シュート数8-2で優っているのだが。

30日(金)に、本庄高校にて、淑徳与野高校さんと対戦した。少し雨にも降られたが、プレーに影響なく実施できた。晴れ男の面目躍如だ。また、アップでその場ボレーをやっていたので、前進にしなさいと注意した。「狭くてできない」と言うので「工夫しなさい」と言った。再度「出来ない」と部長が言うので、「考えてやれ」と声を少しだけ荒げた。私の脳裏に、宮代戦のアップ不足による立ち上がりの硬さが蘇ったためだ。今回も、良い立ち上がりではなかったが、徐々にリズムが出てきて、左に流れたFWからのセンタリングを右ハーフがヘディングで得点した。ブラボー。後半にも、得点チャンスが何度もあった。シュート数23-2で圧倒しているのだが、決まらない。全力でのシュートは、私のゴルフのドライバーと同じだ。何処に行くかわからない。ボールを自分のシュートしやすいスピードにコントロールし、しっかりとゴールへパスすることだ。無駄なシュートが多いので、ドリブルからのシュートを指示したが、ダイレクトに蹴るだけだった。自信がないのか、私の指示は無視された。後半は0点だった。

最後に、1勝1敗1分けの勝点4で、得失点差で予選リーグ2位であるが、決勝トーナメント進出できず。ベスト16が途切れた。遠い処から来ているにもかかわらず、淑徳与野高校さんの選手が、後片づけを手伝ってくれた。テント、椅子、ごみ捨てをチームワークよくやってくれた。私に何処に片づければいいのかどんどん訊いてきたのが印象的だ。有り難う。ALTのジョアンさん、綾乃、華の応援に感謝する。

 

久喜遠征

8月11日(日)に、久喜総合グランドにて、久喜高校さん(県内ベスト8)と対戦した。2年生中心チームで臨んだ。押されながらも、0-0の引き分けにできた。試合前に、昨日練習した、サイドチェンジを試みようと鼓舞した。守備は、粘り強くできて100点満点だ。しかし、守備から攻撃へスムーズに移行できていない。今後の課題だ。

2戦目は、浦和一女さんだ。1年生中心で挑んだ。まだまだ遠慮して、プレーをしている感じだ。サッカー未経験者だから、仕方がない所か。サッカーを初めて4か月だけだ。もっともっとボールと友達になりなさい。試合で困ったら、チームメイトを信じなさい。助け合いだ。0-0の引き分けだった。

3戦目は、越ヶ谷LFC(中学生チーム)さんだったので、1年生中心チームで臨んだ。学ぶべき点が多数あった。ドリブルを武器に、華麗なパスサッカーをやっていた。だだ、キック力の弱さで、失点をしないで済んだ。0-0の引き分けだった。

4戦5戦は、また久喜高校さんだ。2年生中心チームで臨んだ。守備をより完成させ、カウンター攻撃を完成させたい。昨年の、浦和実業戦の1-0の勝利のように。16名の選手を、入れ替え入れ替え、連戦を乗り越えた。決定的な場面が2回あったが、ポストと左足ミスキックに救われ、0-0のドローで終了できた。残り5分の戦い方が一部できた。どうしたら勝てるか、選手同士でお互いに擦り合わせすることを期待する。

最後に、久喜高校さんのゴール前での2vs2の攻防戦の練習は参考になった。是非、近々採用し、得点力アップに繋げたい。また楽しみが増えた。是非、本庄高校女子サッカー部の戦いぶりに期待してもらいたい。

神川げんきプラザ戦

8月9日(金)、恒例の神川元気プラザにて、練習試合を実施した。最初の対戦校は和光国際高校Bさんだ。1年生中心で臨んだ。2-0で勝利出来た。特に、2点目は私の理想と考えている逆サイドへのマイナスのセンタリングからのフリーのシュートでした。前回、無得点を考えれば、1年生の進歩が伺える。

2戦目は、寄居城北高校さんである。3年生が残っていて、顧問も3名いる恵まれた環境のチームだ。和光国際高校さんと同様、1年生中心チームで臨んだ20分を2本だったが、0-3で完敗でした。ボランチのプレッシングが無く、30メートルのシュートを決められたのは改善しないと駄目だ。

3戦目は、文教大学チームだ。監督は元越ヶ谷高校の顧問の先生だ。2年生中心チームで臨んだ。主審を私がやった。新ルールを採用して、対戦した。主審をしながら、生徒に怒涛の指示をした。本来は、マナー違反だ。しかし、練習試合なので、チームの更なる進歩のためにあえて大声を挙げた。左右への揺さぶりに、辛うじて対応できて、0-0の引き分けに持込めた。素晴らしいドローでした。

4戦目も、文教大学チームだ。予定では、和光国際高校Aチームさんだったのだが。文教大学の選手の目の色が変わっていた。完全に勝ちにこだわっていた。残り僅かの所で、GKの手痛いミスで失点してしまった。大学生の喜ぶ様を見て、真剣度が伝わってきた。練習試合といえども、どのチームも勝負にこだわるべきだ。残り5分間の戦い方を、指示した。GKでさえ、コーナーキックの際は相手ゴールの前で、得点を取るためのポジションを取る。ここらの得点への執念がまだまだだ。

最後に、日常の生活習慣が、プレーに出る。もっと言うと、性格がプレーにである。いい加減な選手は、いい加減なプレーを、きっちりとしている選手はきっちりとしたプレーをすることを告げて解散とした。

2部リーグ2戦の結果

8月4日(日)の10時より、本庄高校を会場に、和光国際高校さんと対戦した。前半27分に2年の大柄なFWが相手GKのキックをカットして、先制した。内容も良かったのと、暑いのと、なるべく多くの選手を出場させる観点から、1年生の3名を後半戦に投入した。前半は、3対2とシュート数が上回っていたが、後半は1対9とシュート数が激減した。後半10分に、中央をワンツーで突破され、同点とされた。和光国際高校さんが、益々勢いづいた。声もで出ていた。一方、本庄高校に鼓舞する声が聞こえてこなかった。「これでは、逆転される」と、ベンチ居る選手に言った。こんな時こそ、ベンチの励ましが、大きな助けになることを告げた。ベンチと選手の一体感が、試合を支えるものだ。助け合いが必要だ。ベンチの声援に応え、選手も最後まで戦ってくれた。いつもなら、逆転されていたが、引き分けで終えられた。

8月6日(火)の12時10分より、本校にて、さいたま市立浦和高校さんと対戦した。3年生が全員、8月の選手権まで残り、大学受験に挑む、超進学校だ。私の目指しているチーム像だ。お互いに、決め手がなく、無得点のドローでした。シュート数も6-7のほぼ互角でした。特に、FW陣とMF陣の連携(助け、愛)からの得点を期待したい。その方策として、「パスしたらサポートへ」、「パスは3角形で、ボールを運ぶ」、「CBをサイドに引き出してから、シュートする」、「DFの背後へスルーパス」をもっともっと理解して実践することを期待したい。

2部リーグも残り4戦になった。花咲徳栄、南陵、本庄第一、浦和一女高校さんだ。渋野日向子プロのように、いつも笑顔で、普段通りで、でも、強気で、やれない言い訳を考えるのではなく、勝てる方法だけを考えて、試合に臨むことを期待したい。本庄高校生ならできると信じている。今のチーム状況は一体感があり、最高に良い。

松女再戦2部リーグ

7月30日(火)の11:00より35分ハーフの2部リーグ戦を松山女子高校さんと実施した。絶対勝利を求めて臨もうとしたが、CBの2年生が病気のため、出場しなかった。開始1分で、失点した。猛暑のため、クーリングブレイク5分を取っての試合だった。後半も開始1分で、2点目を献上した。シュート数2-18で、大きな差がある。守備は、気の緩みや油断がなければそこそこ戦える目途は立っているが、一方、攻撃は相手GKキックのボールを奪取し、得点するか、ショートコーナーから、得点するぐらいしか方法が見当たらない。2年生のエースストライカーの復活を臨む。

更なる2部リーグ戦は、本庄高校にて、8月4日(日)の10:00より和光国際高校さん、6日(火)の12:00より市立浦和高校さんと対戦予定だ。粘って、粘って勝ち点3ずつを取ることを期待したい。

最後に、7月31日(水)の午後、体験入部を実施した。熊谷と深谷に在住の生徒が猛暑の中、参加してくれた。試合開けだったので、リフレッシュをかねて、課題のボールコントロールやシュートを中心に実施した。参加した中学生はなかなか上手だった。2vs2もやりたかったが、猛暑のため実施せず1時間45分で練習を終了した。健康を害した生徒はゼロでした。中学生諸君、奮って8月3日(土)の体験入部に参加してくれることを期待する。

草津合宿

23日(火)8時15分学校出発。10時40分に草津到着。12時より松女A(3年生2名居た)さんと対戦した。攻撃を重視してGKを気持ちの強い1年生に託したが、GK練習ゼロでは困難があった。0-5で敗退したが、シュート数は11-14とほぼ互角であった。7月30日のリーグ戦では勝利する。2時20分より、神奈川県の強豪校(新人戦2位)の藤沢清流さんと対戦した。昨年度も対戦した。完敗だった。GKをこれまた、練習ゼロの2年生にGKに指名し、臨んだ。しかし、運動能力は日本代表レベルだ。シュート数0-11であったが、0-0で優勝チームと引き分けられた。生徒の超集中力を観ていただきたかった。最高の試合だった。

24日(水)9時より、仙台育英さんと対戦した。GK養成のため、また1年生のGKを採用した。0-10で敗れた。シュート数0-26だった。26もの実際のシュートを良く受けとめてくれた。よく頑張ってくれた。11時40分から、富山県の高岡商業(野球部が甲子園に出場)と対戦した。今回2度目の対戦となった。前回は負けたが、今回は2-1で勝利出来た。しかし、シュート数は4-11で押されていたことは明確だ。しかし、GKの活躍で勝利出来るのがサッカーだと改めて思い直した。チーム一丸の勝利だった。フレンドリーマッチで再度、高尾商業さんと1年生中心で対戦した。0-1で負けたが、いい試合でした。

25日(木)9時から、川口市立高校さんと対戦した。勝利を目指して、2年生GKで臨んでみたが、0-7で大敗した。しかし、後半は、0-2に抑えられた。11時40分から、松女1年生(全員)対戦した。1年生(8名のみ)中心チーム0-4で勝利できたが、前半6本、後半16本のシュートであったが、前半も後半も2点ずつだった。得点力の課題が浮き彫りになる。2時20分ヴァリエンテス(中学校1年・2年)さんと対戦した。0-1の敗退となった。

最終日は、8時30分から、川口市立高校(1年生中心)さんと本庄高校1年生チームの死闘があった。シュート数2-13と差があったが、0-0の引き分けにできた。よく集中していた。最後に、高崎健康福祉大学付属高校さんと対戦した。0-5の大敗であったが、後半は残り1分まで1点に抑えていたが、コーナーからオウンゴールをして2点目を献上してしまった。惜しい。

たった4日間の合宿であったが、サッカー漬けの生活は多大な進歩をもたらしたと実感できた。今年の1年生の進歩には、目を見張るものがある。2年生の面倒見がいいのだろう。

選手権日程決定

男子サッカー同様、女子サッカーでもメインイベントである全国大会に繋がる選手権の日程が決定した。21日(水)の10:00から、東松山の岩鼻運動場で浦和実業高校さんと、27日(火)の13:00から、庄和高校会場で、宮代高校さんと、30日(金)の11:30から、本庄高校会場で、淑徳与野高校さんと対戦することになった。特に、OG諸君、応援をお願いする。1位突破できると、9月7日(土)埼スタの第4グランドで久喜高校との対戦となる。埼スタデビューだ。

21日(日)の10:10から、本庄高校を会場に、秋草学園さんと2部リーグ戦でした。新人戦で0-1で敗戦したチームだ。シュート数が11対2で上回っていただけに悔しい敗戦だった。しかし、今回は、1対20で、ほぼ自陣でのゲームになってしまった。GKの頑張りがあったが、前半0-1、後半0-1の0-2の敗戦になった。残り15分で、同点狙いでポジション変更したのだが、選手に私の意図が通じず、DFの背後へのボールはなかった。2点とも、1年生の選手に決められた。少し集中力が欠如し、斜め後ろのカバーがいなかったのが、原因だ。これで、秋草学園さんに3連敗となってしまった。秋草学園に勝利するが今年の目標だったのだが、来年度に持ち越しとなった。

23日(火)から26日(金)まで、草津合宿だ。3つ課題克服に努力する。1つ目はヘディング、2つ目は動きながらのパス、3つ目はコンタクトの弱さだ。気張れ、チェストー!本庄!根性!ド根性!

熱中症対策

熱中症をいかに予防するか。対策1は、練習が始まる前から出来ることだ。つまり、ペットボトル約1本分(500ml)、またはアイススラリー(液体を製氷し、微細に砕いてシャーベットと液体分が混ざり合うようにした飲料のこと)を練習前に飲むのが理想である。練習やウオーミングアップの前に少量の水を口にする選手が多いと思うが、それでは不十分である。しっかり飲むことが最重要ポイントである。

さらに、対策2は、練習中は、水分摂取の回数を出来るだけ多く設けることと、体を冷やすことである。「体を冷やす」というと、かつては脚の付け根や脇の下、首のうしろを冷やすことがスタンダードであったが、今は、手のひらを冷やすと体の深い部分まで冷やされ、パフォーマンスが向上するが主流だ。つまり、手掌(しゅしょう)冷却だ。手を冷やして体に血液を巡らせていくこの手法は効果てきめんだそうだ。実際、私も試みた。効果てきめんで、火照った体がみるみる清々しくなった。是非、お試しあれ。いい選手は、パフォーマンス向上に全力を尽くすものだ。。

以上の2つの対策を参考に、熱中症に対する意識改革を本庄高校女子サッカー部員に期待する。自己管理を宜しく。

これからの予定

7月21日(日)より2部リーグ戦が加速する。秋草学園さんと因縁の対戦だ。だだ今、2戦2敗中だ。この流れを変える。30日(火)松山女子校さん、8月4日(日)和光国際高校さん、6日(火)市立浦和高校さんとの対戦となる。リーグ戦は35分ハーフなので、この時期は特に体力的にタフになる。熱中症にならないように、細心の注意を払うつもりだ。

23日(火)から26日(金)まで群馬県の草津で開催される草津親善サッカー大会に参加する。草津はクーラー要らず。温泉も日本一。ピッチも天然芝である。もう、7年目になる。対戦相手は、神奈川県の藤沢清流高校、仙台育英高校、富山県の高岡商業高校、AVS群馬ヴェリエンテス等が予定されている。ザスパクサツ群馬レディースとも対戦したいと思っている。どんな戦い方が出来るか楽しみだ。

最後に、22日(月)、31日(水)、8月3日(土)の12時30分より、約2時間体験入部を実施する。必ずや、今後のサッカー人生の糧になるので、奮って参加を願いしたい。服装は、運動のできる物を用意してもらいたい。是非、この機会に、本庄高校女子サッカー部の雰囲気を肌で感じてもらいたい。9月になると、体験入部が全県で公立高校は禁止となるので。

Game must go on.

選手権大幅変更

夏の選手権大会が大幅に変更された。県ベスト8チームはシードされ、予選リーグ無しで、決勝トーナメントに出場となる。ベスト8を除く、30チームを8ブロックに分け、リーグ戦を実施。各ブロックの1位のみ、決勝トーナメントに出場となる。本庄高校は、淑徳与野、宮代、浦和実業高校さんが居るCブロックとなった。他チームには3年生が残留しているが、新人戦から続く、県ベスト8は最低死守したいと思っている。

期末テスト明けの、6日(土)に、シュエットさんと25分を5本やった。用事で2年生が3名欠席し、全体で15名での戦いだった。足がつる2年生の生徒が2名出た。練習の重要さが浮かび上がった。よく走ってくれた結果だ。偉い。試合結果はトータルで、2-5であった。得点した攻撃は見事だった。1年生もよく食らいついて頑張っていた。失点はほぼGK練習皆無の結果である。GKの重要さをヒシヒシと感じさせられた。攻守の切替が遅いのが2つ目の課題だ。

7日(日)は、鴻巣サッカー協会主催のひまわりカップに1年と2年チームで参加した。会場は「陸王」のロケ地の鴻巣市立陸上競技場だ。2年チームは花咲1に0-4、SCL2に0-1、大妻嵐山3-0、レジーナ3-0の2勝2敗であった。一人残っていた3年生の部長が得点を重ねたが、2連覇ならず。本日を最後に引退した。ご苦労さんでした。1年チームはシンシアに1-4、花咲2に0-6、SCL2に0-7、マドレスに0-0の3敗1分で、得失点差により5位になった。1年生の初めての大会参加だった。GKを交代制でやった。その結果、1年生のGK候補が見い出だせた。今後に大いに期待したい。

なでしこジャパンの伸びしろ

なでしこジャパンがオランダに1-2で敗退した。ベスト16止まりだtった。前回準優勝、前々回優勝チームなので期待したが、勝負の世界は無常だ。世界の厳しさを感じた。しかし、一戦一戦進歩している点は、称賛されるべきだ。守備力は統一感があり、ほぼ中盤でボール奪取に成功していた。本庄高校女子サッカー部でも採用したい。

しかし、最大の課題は、前回も指摘したシュートであった。直ぐには改善しずらいのは,分かっているがFW陣が本当に、ヘディングのみならずシュートがへたくそだった。上体に力みが有りすぎだった。上体の力みをいかに軽減するかが課題であるが、答えは既にある。二軸キックにするだけだ。なでしこジャパンよ、ぜひ福島メッソドを浦和レッズ勤務の福島氏(昨年度まで本庄高校勤務)に指導してもらいなさい。本庄高校女子サッカー部も指導のお陰でキックレベルがたちまち高くなりました。二軸に興味がある人は是非、連絡をお願いしたい。いよいよ、来年は東京オリンピックだ。優勝するためにも、二軸キックは必要不可欠だ。

最後に、7月7日(日)は鴻巣市主催のひまわりカップに参加予定である。会場は、あの「陸王」のロケ地の免許センター前の陸上競技場だ。

連携した守備

不安視していたグランドが、何とか使用できた。10時30分試合開始に対して、集合時間8時45分だった。9時30分には、スタメンの2,3年は練習開始、一方1年生はたった8名で10時ギリギリまで積極的にグランド整備をしてくれた。笑顔でやってくれた。ご苦労様でした。会場校の時の集合時間は2時間30分前くらいが丁度良いと分かった。

10時10分には、アップを切り上げ、試合の準備を指示した。10時20分にベンチ前集合。諸注意をした。トップがワンサイドカットして、中盤がスライドを速くし、守備連携でボール奪取、そしてカウンタ―攻撃。グランド状況が悪いので、大きくダイナミックにやるように指示した。

2部リーグ第1戦の浦和実業さんとの前半、3年のユウカが左サイドからドリブルで切り込みゴールを決めた。しかし、直後に、GKのキックしたボールが相手に渡り、シュートをGKの頭越しに決められた。1-1で前半が終了した。

ハーフタイムにDFの背後のスペースを、特にSBの裏をもっと狙うように指示した。ゴールを求めて、サッカー経験者の2名の1年生を投入した。私の思いとは裏腹に、コンビネーションが上手くいかなかったが、やっと、3年の部長が中央よりGKの足元を抜ける技ありのゴロのシュートを決めた。35分ハーフは体力的にきついのか、相手にドリブル抜かれても、奪い返す姿勢がない選手が居る所が最大の課題になった。1vs1で勝てないと勝てない。相手は検定等で主力が欠場し、1年8名、2年2名、3年1名のピッタリ11名だったので、是非とも、勝ち点3を最低でも取りたかったが、残り1分でGKのミスキックから同点とされた。GK練習の大切さも改めて認識させられた。攻撃陣を梃入れすることも考えたい。反省の多い試合でした。

心構え

『君主論』で有名なマキャベリが次のように言っている。「勝とうと決心すれば、最悪でも負けない状態にはなる。負けたくないなと思ったら負ける。」

天気が心配されるが、23日(日)の10時30分より、本庄高校を会場に2部リーグの浦和実業戦だ。昨年度は、圧倒的に中盤を支配され、シュートを何本も打たれたが、ポストに救われたり、1メートルゴールから外れたりしてくれた。本庄高校は、りおのミドルシュートが奇跡的に決まり、1-0で勝利できた。今年も勝とうと決心し、最悪でも負けない状態で挑む所存だ。固定のGKが居ないのが気掛かりだが、チーム力は明らかに向上している。チームの和は現在最高潮をキープしている。だから、どんな試合が出来るか楽しみしかない。ご期待あれ。

最後に、なでしこジャパンのイングランド戦を観た。徐々に連携が強化され、内容的には非常に良かった。パスワークが素晴らしく、見応えがあった。しかし、ゴールが遠かった。フィニッシャーが居ない。横山選手も、岩淵選手も、菅澤選手もシュートのキックが二軸になってなく、上体が力んでいてボールがゴールに向かう気がしなかった。是非、我が部でやっている福島メソッドを導入してもらいたいと思った次第だ。

自主決定

6月10日の午後2年生部員が自主的に集まって、目指す所を1時間以上に渡って話し合った。

チームの成績目標はベスト8、更に2連敗中の秋草学園に勝利することだそうだ。私個人としては1部リーグ昇格である。

その目標達成の手段が、4つ挙がっていた。
1 基本を正す。(挨拶、返事、礼儀)
2 練習はメリハリをつけ、真剣に取り組む。
3 良い所は、そのまま継続して、改善点を理解した上で直す。
4 個人として、人間として成長を図る。
 
最後に、日々の成長が今までと少し違うことを実感する。挨拶、返事、礼儀が格段と良くなった。周りをよく見て、キビキビと行動できている。その結果が、1年生にも波及し、サッカーそのものが上手になっている。加えて、いよいよ、福島メソッドの真価が現れてきた。

相乗効果

1年生に2年生のお世話係を配置してから、1年生がメキメキ上達している。2年生も教えることで上達している。最近は、練習の最後に4ゴールゲーム6vs6をやっているが、色々なアイデアのプレーが続出している。浮き球で、相手を抜く。苦手だったスルーパスも多数出てきた。ボールコントロールも進歩した。1年生は、守備の基本形のダイアゴナル陣形が良くできているので、先輩チームも苦戦している場面がある。笑顔も溢れ、声掛けも増えてきた。練習も光陰矢の如し。是非、保護者の方にも見学に来てほしい。

更に、挨拶等、基本的生活習慣が向上してきた。私に挨拶せず、無視する2年生が皆無に近づいた。喜ばしい限りだ。さて、先日、びっくりした光景を目にした。1年生が5名も自主的にボールを蹴っていた。2名の経験者が指導していた。微笑ましい。その後、授業前に見かけたら、しっかりと制服に着替えていた。流石、1年生である。オンとオフをしっかり身に付いている。3年生が12名抜け、部員数が減りましたが、素直で、真面目で、、熱心な1年生に益々期待が膨らむ。、3年生・2年生・1年生の化学反応(ケミストリー)が本当に楽しみだ。


最後に9日(日)の2部リーグ初戦の市立浦和戦を頑張りたい。進学校でありながら、3年生が8月まで残るのが伝統だ。苦戦するだろうが、勝ちに行く。本庄高校女子サッカー部も進学校でありながら、3年生が8月の選手権まで残るチームにする。

課題露呈

練習試合をした。県ベスト8の山村学園さんだ。英語検定で数名欠席だった。そこで、守備に重きを置いた布陣で臨んだ。1本目は0-2、2本目は1-0で得点できた。次に伊勢崎清明さんの1年生中心チームと対戦した。3-0で勝利、二人の3年生の助けもあり、トップのポジションの1年生が見事に得点した。3年生は経験値が違う。偉大だ。高崎の中学生クラブチームとは2本とも0-0の引き分けだった。最後にまた、英語検定から2年生2人が戻ってきたので、改めて、伊勢崎清明さんと対戦した。0-0だった。

GK希望者が居ないので、特別な練習もない2年生を2名指名して臨んだ。GKと思わず、手も使える選手くらいの気持ちでプレーするように指示した。集中し、よく頑張ってくれ、たった2失点のみだった。

1年生も、初めての練習試合で緊張していた。紅白戦のようにやればいいだけだとアドバイスしてから動きが練習時のようになった。ただ、サッカー用語の理解が出来ていない事が判明した。インターセプト、マーク、スルーパス、ハーフ、トップ等だ。2年生のお世話係の先輩に気軽に聞き、確認しなさい。

最後に、大きな課題二つが目についた。一つ目は、相手とボールの間に体を先に入れ自分のボールにすることができないこと。二つ目は、スルーパスが出来ず、ボールを味方に出し、マーカーにボールを奪われていたことだ。

来週9日(日)から本庄高校にてリーグ戦開始だ。その前に二つの課題を克服する。応援を宜しくお願いしたい。

挨拶

我が女子サッカー部は本庄高校のリーディングクラブを目指している。つまり、本庄高校を文武両面から先頭に立ち、見本になることだ。しかし、現実的には程遠いことを実感する。2年生には、校則等をしっかり順守し、独り独りが尊敬される先輩になることを期待する。

さて、私が、グランドに出て、練習用のラインを引いていても、挨拶もなく、無言で通り過ぎた2年生部員がいた。挨拶がないと、完全に意図的に無視されたと感じた。日頃から、挨拶は人間として最初にかわす言葉なので、大切と説いてきたが、言葉が足りなかった。挨拶がないと無視されたと感じたのだ。3名の2年生は何も考えずに、軽い気持ちで、通り過ぎたのだろうが、私の気持ちは違っていた。そこで、大きい声で私から挨拶した。改めて、全員の前の部活動開始の所で、その2年生を名差して、怒鳴りつけた。事の重大さに気付きなさい。親しき中にも礼儀あり。親しいからこそ礼儀ありだ。

ここ2年間で、女子サッカー部内で、酷いコミュニケーション能力の低下を感じた。学年ごとに自然と集まり、他学年との交流が少ない。学年を隔てた交流が上手く出来ないようだ。現在、2年生に先輩になった自覚を促すために、1年生を一人ずつお世話するようにした。勉強から部活からまで相談できるシステムだ。順調だ。

Practice makes perfect!

人生は1回だ。英語ではYou only live once.である。これを8回音読する。リズムがいいので、自然と暗唱してしまう。一旦、体に入れると、不思議と明日も言える。更に、音読しながら、速く書き写すと、スペルも完璧だ。私の英語の授業で実証済みである。

反復は中途半端にやると嫌われる。成果が出るのは、ただの反復ではなく徹底反復、具体的には8回以上繰り返した後だ。徹底的に、リフティング練習を繰り返し、成果を出しているのが秋草学園さんだ。だから、私は練習でも1つの種目最低8回以上心掛けている。その成果が昨日のミニゲームで見られた。1年生部員のボールコントロールが実に素晴らしかった。雨が降りはじめたので、1時間練習にした。5時には終了したが、雨がすっかり止んだ。すると、1年生から自主練していいかと尋ねられた。「いいけど、無理はするな。」と言った。陰で見ていると、リフティング練習を繰り返してた。

選手を自分の思うように絶対変えられないが、自分は自分の思うように変えられる。人は変えられないが、自分が変わることは可能だ。自分が変わればいいだけだ。

サッカーを通じて、ドンドン成長してきている1年生は勿論のこと、2年生、残っている3年生の変化が楽しみだ。更に、チーム全体の化学変化も楽しみだ。

筋肉より骨が面白い

福島先生お勧めの『「筋肉」よりも」「骨「」を使え!』という本を読んだ。

10回腹筋をやった後、腕を回すと、全然回らくなるそうだ。更に、前屈すると痛い。反対に、腹筋は固めるより緩めるのが良い。仰向けに寝てお腹を指で30秒もみほぐした後、立つと、立ちやすく、ずっと腕が回るそうだ。

「手のひら返し」。100m走のスタート前に、まず両手のひらを上にする。手を戻してスタートの体勢に入る。たったこれだけの動作をするだけで、筋肉の無用な緊張が取れ、リラックスした動きが可能になる。ピアノなどの楽器演奏にも有効である。

中間テストも終了し、部活動を再開した。1っか月ぶりに、福島先生が来校した。更に、1年生に基本的な走法や2軸キックを指導してくれた。走る姿が美しい生徒は、無駄な力が抜け、力みがない。気持ちがいいのか、身体が苦しがっていないのか自然な笑顔で走っていた。いい動きが出来たときは疲れないようだ。

やっていることが面白くて、希望が見えてくれば、普通以上に練習しても身体は平気だ。嫌なことを無理してやっていると、身体が壊れる。幸い、本庄高校女子サッカー部員に故障者は居ない。

最後に、本日、新入部員の1年生が来た。笑顔で楽しそうに練習してくれた。これからも、笑顔たっぷりの練習、試合をし、苦しいスポーツから楽しいスポーツへ導く覚悟である。

勉強会

恒例の1年生部員の中間直前、勉強会を図書館で実施する。文武両輪の下、たった1時間であるが勉強する習慣とお互いに頑張り、助け合う精神を身に付けてもらいたいからだ。更に、考える力を培ってもらいたいからだ。勉強は集中力を必要とする。サッカーの試合も同様だ。

思い返せば、10名の5期生の5名が成績優秀者だった。その時の学校総合体育大会の試合は圧巻であった。新人戦準優勝の入間向陽高校さんから1点を取り、残り15分くらいまで同点だった。サッカー素人軍団の凄まじい集中力を垣間見た。やればできる。

成績優秀者になるには、日頃からの規則正しい生活習慣が欠かせないものだ。心の中に居る囁く小悪魔の自分に打ち勝つ必要がある。1年生に勉強終了予定の5時だから、帰宅してよい旨を伝えたが7名全員残って続けていた。今後のサッカーへの取り組みが一層楽しみになった。