日誌

女子硬式テニス日誌

熊谷市民大会団体戦

11/27(日)、熊谷市テニス協会主催の秋季団体戦に参加しました。ダブルス2、シングルス1の3本勝負です。

予選リーグ初戦、熊西Bにはあっさり3-0で勝利しましたが、次戦の上手なレディースチームとの対戦は、本高ダブルス1が活きのいいプレーで勝利するも、シングルスとダブルス2が敗れてしまい、決勝リーグ進出はなりませんでした…。

が、普段対戦できない選手と対戦でき、経験値を上げることができました。年明けの学年別ダブルス大会に向けて調整を頑張りたいと思います!

新人大会団体戦

11/3(木)、新人大会県大会の団体戦が行われました。シングルス3本&ダブルス2本の勝負です。

本高は、新人大会個人戦で県大会6人出場の実績から、第8シードをもらって参加しました。

初戦は細田学園。トリッキーなダブルスに手を焼く対戦もありましたが、4勝1敗で勝利!

2回戦はジュニアの強豪選手を擁する南稜高校。強豪のシングルス1に勝利は難しいので、それ以外で3勝を目指しましたが、勝利を見込んでいたダブルスが接戦の末敗れてしまい、1勝3敗で打切りとなってしまいました…。

ベスト8決めまで進めれば、昨年と同じ顔合わせの早稲田本庄と当たれる位置だったので、そこを目指していたのですが、手前で負けてしまいました(+_+)。修学旅行、中間考査と、1か月近く実戦から遠ざかっていたので、試合勘が戻っていないのは否めませんでしたが、言い訳にはなりません…。

この後も、市民大会、学年別ダブルス、北部地区団体と試合は続くので、仕切り直して頑張ろう!

考査前勉強会

修学旅行が終わったと思ったら、いきなりテスト期間(*_*)

切り替えも大変ですが、試験は待ってくれません。焦る2年生の要望を受け、考査前の数学勉強会を行いました。授業中のモヤモヤをスッキリさせ、何とか立ち向かえる見込みが立ったようです。

考査後には新人大会団体戦が待っています。行事も勉強も大会も、思いっきりできる当たり前を噛みしめ、精一杯頑張ろう!三兎を追え!

新人大会県大会個人戦

10/1(土)、2(日)、新人大会県大会の個人戦が行われ、本高からはシングルス5名、ダブルス3組が参加してきました。

例年通り北部地区は苦戦するかと思われましたが、ふたを開けてみると、国体の影響でトップ選手数名が欠場した結果、他地区にも公立高校の選手が多く見られ、「初心者はどうやっても勝てないようなジュニア選手」といきなり当たらずに済む対戦がいくつかありました。

結果、シングルスでは本高2名を含む北部地区選手9名が1回戦勝利!ここ10年で最多の勝利数を獲得することができました!中でも公立高校の5名は頑張りました。

北部地区練習会等、やれるだけのことをやった結果であったなら、開催した意義もあったと思います(^_^)

【女子S】最終結果.pdf

シングルスの北部地区県大出場本数は、16+前回県大会1回戦勝利者数なので、これで北部地区の来年春のシングルス本数は25となりました。大幅増です(^-^)。

2日目のダブルスも勢いに乗り、本高1組を含む北部地区4組が勝利!春の大会の本数を12としました。

【女子D】最終結果.pdf

11月には新人大会の団体戦が控えています。個人戦県大会の結果から、本高は昨年に引き続きシードがもらえそうな勢いなので、シードの名に恥じないプレーができるよう、秋の練習も頑張ります!

本高結果

シングルス

64位:

粕谷羽桜(2年)

小林未夢(2年)

128位:

髙田綾(2年)

田村梨咲(2年)

髙野愛梨(2年)

ダブルス

32位:

粕谷羽桜・小林未夢(2年) 

64位:

髙野愛梨・髙田綾(2年)

田村梨咲・大井田愛果(2年・1年)  

県大選手練習試合

9/25(日)、北部地区県大選手の合同練習&練習試合が行われました。

本高からは、県大出場選手6名が参加しました。

3年ぶりの開催となったこの練習会、例年、県大会に挑む北部選手の技術向上、モチベーションアップのために行われています。

午前中、実力の近い選手と合同練習を行った後、午後は練習試合を行いました。

2次予選のときよりもレベルの高くなった対戦も見られ、各校選手の頑張りが伺えました。

今年も他地区に実力者が多く、県大会では苦戦が予想されますが、地区の県大出場枠を増やすためにも、北部の意地を見せられるよう、各校とも調整を頑張って欲しいと思います!

 絶好のテニス日和でした

新人大会北部地区2次予選

9/9(金)、10(土)、新人大会の北部地区2次予選が熊谷さくら運動公園で行われました。

北部地区女子は今回、シングルス20人、ダブルス13組が県大会に出場できます。

本高勢は、2次予選に挑んだシングルス6人中5人、ダブルス3組中3組が県大会に出場できることとなりました!

危なげなく県大を決めた試合もあれば、ヒヤヒヤの展開ながら何とか県大をもぎ取った試合もあり…。

終わってみれば、県大出場本数では、単複ともに北部地区最多本数を占める結果となりました。

よく頑張ったと思います(^-^)。おめでとう!

シングルス県大会出場

粕谷羽桜(2年)10位

小林未夢(2年)11位

髙田綾(2年)15位

田村梨咲(2年)16位

髙野愛梨(2年)18位

ダブルス県大会出場

粕谷羽桜・小林未夢(2年)4位(入賞)

髙野愛梨・髙田綾(2年)7位

田村梨咲・大井田愛果(2年・1年)10位

5人の2年生全員が、シングルダブルともに県大会に出場できることとなりました。実績を残した先輩の背中を追いかけ、真摯に取り組んだ結果だと思います。1年生も1人、ダブルスに食い込んだのは幸先のいい結果となりました。

県大会は10月1(土)2(日)。格上の選手と試合ができる貴重なチャンスです。結果はともかく、納得できる試合ができるよう、引き続き頑張ろう!

 公式記録(高体連北部地区HPより)

  ダブルス入賞!

練習試合(vs上尾 in熊谷さくら)

8/29(月)、熊谷さくら運動公園に上尾高校を招いて練習試合を行いました。

本庄も上尾も、9月に2次予選を控えた選手が6人いるので、プレ2次予選の様相となりました。本高にとっては、北部地区2次予選の会場である熊谷さくらで試合ができるのは貴重な機会です。

夏休み終わりのこの時期、試合を控えた緊張感で部活に取り組めるのは2次予選選手の特権。終わってしまった選手と比べ、グッとひと伸びするチャンスです。

南部地区の激戦を戦う上尾高校は粘りが持ち味で、「負けないテニス」をする印象でした。格上の相手と戦う術として身に着けたスタイルなのかなと伺えました。

結果は、本高が根負けした試合が多く、大きく負け越しました。本高選手は、相手を打ち負かすほどのショットもなく、かといって、粘りに付き合い切るだけの割り切りもなく、どっちつかずで持っていかれた印象です。

ボコボコにされた結果ですが、負けて得るものの方が大きいものです。来たる2次予選で結果が出せるよう、課題が見えました。県大会での再会を誓ってお開きとなりました。

選手、顧問の先生、遠方よりありがとうございました!

新人大会北部地区1次予選

8/16(火)、17(水)、新人大会個人戦の北部地区1次予選が行われました。

1次予選トーナメントのブロック1位&2位が9月の2次予選に進出し、そこで県大選手を決定します。

本高はダブルス4組中3組が予選1位通過、シングルス8名中5名が1位、1名が2位で1次予選を通過しました。予選通過人数では、単複ともに北部地区最多という結果になりました。

各ブロックの準決勝や決勝戦ではかなりシビアな試合もあり、接戦が繰り広げられましたが、本高選手は動じずに普段通りのプレーをやり切り、結果を残すことができました。

この夏、どこよりもたくさん球を打ち、たくさん試合を経験した結果が表れたと思います。

ひとまず結果が実を結び、選手達は安堵と充実の表情でした。お疲れ様!

気を緩めることなく、2次予選で結果が出せるよう、もうひと踏ん張り頑張ろう!

 公式記録(高体連テニス専門部HPより)

夏休み練習試合

練習試合①

8/7(日)、熊谷女子高校と鴻巣高校と熊谷商業高校が本高に来てくれました。

本高選手は、合宿、国公立大会とイベントを重ね、大分落ち着いて試合に入れるようになってきました。

試合の結果も上々、ほぼ勝つことができ、新人大会に向けて良い調整ができました。個々の課題の克服に向けて頑張ってもらいたいと思います。

各校の選手、顧問の先生方、ありがとうございました。

 

 

練習試合②

8/11(木)、所沢北高校に練習試合に出かけてきました。

例年交流させていただいている所沢北高校さんですが、今年のチームもしっかり活動されている様子が伺え、好試合が多く見られました。

遠くまで出かけて他地区の選手と試合をすると緊張感があり、遠征に見合う経験値を得ることができました。

会場を整えてくださった選手、顧問の先生に感謝です。ありがとうございました!

 

練習試合③

8/12(金)、正智深谷高校と練習試合を仙元山テニスコートで行いました。

正智深谷さんは1年生主体のフレッシュなチームで、勢いの良さが感じられ、大変刺激を受ける試合が多く見られました。

また、本番を直前に控え、本番同様の人工芝コートで試合ができたのは大変ありがたかったです。良い調整ができました。ありがとうございました!

新人大会に向けて、最終調整です! 

 

行動制限のない「普通の」夏休み。ようやく通常の教育活動に戻ってきました。”第7波”とやらで、過去最多の感染者がいるにも関わらずです。

振り返ってみると、この2年間の行動制限は何だったのでしょうか。「緊急事態宣言」だの、「一斉休校」だの、「分散登校」だの…。事なかれ主義の「お上」の愚策により、試合も合宿も中止にさせられた生徒たちの2年間は取り返しがつきません。修学旅行や文化祭などの学校行事も然りです。

無意味な行動制限で、高校生の一生に一度の貴重な時間を奪った政府や県教委には猛省してもらい、2度と無駄な涙を流させないように、教育活動を継続させてもらいたいものです。

国公立大会

8/4(木)、5(金)、国公立大会が行われました。

シングルス3本&ダブルス2本の団体戦です。本高は春大会の結果を受け、第4シードで臨みました。

初戦は、1回戦を勝ち上がってきた蕨高校。堅実なプレーが持ち味のチームです。

S1が活きのいいプレーで勝利、D1は攻めきれず敗戦、S2もミス連発で敗戦、S3は思い切りのいい決めボールが決まり勝利。2勝2敗からの1年生ダブルスに勝敗がかかりますが、ラリーで粘り、相手の2年生を破ることができました!辛くも3勝2敗でベスト8決めに進出。

8決めは松伏高校でした。突出した選手はいないながら、平均的に上手なチームです。

こちらも接戦、2勝2敗からのS3勝負になりましたが、S3が思い切りよくプレーでき勝利!

ベスト8で2日目を迎えることができました。

準々決勝は第5シードの市立浦和高校。経験者の選手が3人いて、1勝4敗で敗れてしまいました…。こちらもベストなオーダーで挑みましたが、相手の方が層が厚く、ベスト4入りはなりませんでした。

今年の本高は人数も少なく、もっと苦戦するかと思いましたが、ベスト8まで勝ち進み、5位の賞状をいただくことができたのは、部員にとって自信になったようです。

新チーム、まずまずの好スタートが切れたかなと思います。8/16からの新人大会での活躍を期待しています!

 準々決勝の8校

 円陣!

合同合宿 in 山中湖

7/29(金)~8/1(月)、3泊4日で山中湖に合宿に行ってきました。

この2年実施できていなかった、北部地区合同合宿の復活です。

今年は早稲田本庄、熊谷西との3校で実施しました。

1日目は各校で練習。涼しくていつもより効率のいい練習ができました。

2日目はレベル別合同練習。レベルの近い他校の選手と打ち合ったり、他校の先生からご指導をいただいたりと緊張感があり、刺激を受けることができました。

3日目は練習試合。コートが潤沢にあったので、目一杯試合ができました。1日で7セットを戦い、相当疲れたと思いますが、本番に通用するタフネスが身についたと思います(^‐^)

4日目は再び各校練習。ここまでの反省を踏まえ、各自の課題に取り組みました。

天候にも恵まれ、大変充実した合宿になりました!8月の新人大会に向けて、各校レベルアップできるよう頑張ろう!

参加各校の選手、顧問の先生方、ありがとうございました。

3年ぶりの実施となったこの合宿ですが、これまで様々な制限に縛られてきた生徒たちは本当に楽しそうでした。コート外でも他校選手と親睦を深め、健闘を称え合う姿は微笑ましいものでした。親元を離れて「疲れたけど楽しかった」非日常の4日間、良い経験になったと思います。

教育を止めてはならないことを、改めて実感した4日間でした。行動制限をしないという真っ当な政府、県教委の方針が、これ以降も続くことを願うばかりです。

 富士山をバックに練習

 練習試合

 シェフのディナーに大満足!

 花火もキレイでした

 山中湖で早稲田本庄と 

練習試合(vs成徳 in成徳)

7/23(土)、成徳深谷高校にお邪魔してきました。

相手の1番手は附属中の選手という、先行きの明るいチームですが、本高新チームもよく頑張り、大きく勝ち越すことができました。

公立高校大会、新人大会と夏休み中に大会が控えています。まだまだ伸びしろのある本高新チーム、躍進に期待しています!

   2年生

   1年生

1年生合同練習会 in本高

7/17(日)、北部地区の1年生対象の合同練習会が、本庄高校を会場として行われました。

午前は合同練習。熊谷のテニスクラブのコーチを招き、ストロークとボレーの基本をレッスンしていただきました。

午後は練習試合。ダブルスを行いました。初めての試合という1年生が多く、なかなかラリーを作れませんでしたが、ここからがスタートです。

課題を持って帰って次に活かしてくれれば、今日参加した意義もあるというものです。

関係のコーチ、先生方、ありがとうございました!

   ボレーのレッスン

   ダブルスの試合

練習試合(vs大宮南&坂戸&開智未来 in本高)

7/10(日)、表題の3校をお招きして練習試合を行いました。

本高新チームにとって初の対外試合、東西南北の4校によるフレッシュな顔合わせで、緊張感のある試合ができました。

2年生は自分の課題となるショットが見つかり、1年生も試合に慣れ(1日コートにいるだけで大変!)、審判の練習もでき、次に繋がる1日となりました。

新人大会に向けて、アツい夏を乗り切ろう!

3校の選手諸君、顧問の先生方、遠方よりありがとうございました!

 

   新ユニフォームで絶好調?

北部地区審判講習会 in本高

6/12(日)、本庄高校を会場に、北部地区の審判講習会が行われました。

各校男女2名ずつが集まり、この夏から復活する(この2年はセルフジャッジでした)審判制に向けての講習です。

本高からは会場校ということもあり、男女の2年全員が参加しました。

現役部員は誰も見たことのない審判をやらなければいけないわけなので、最初、選手たちは緊張の面持ちでしたが、室内講習→オンコート講習を通し、なんとかやれる見通しが立ちました。

午後は、女子部員による練習試合。審判練習も兼ねることができ、審判付きの試合の様子がつかめたようです。

会場校役員として活躍してくれた本高選手、お疲れさまでした!

関東大会団体戦県大会→3年生引退

5/14(土)、3年生最後の春大会(関東大会県大会団体戦)が行われました。

ダブルス1本、シングルス2本の3本勝負です。

県大会個人戦の結果を受け、本高は第9シードでのエントリーとなりました。

初戦は南稜高校。練習試合でもお手合わせいただいたことがありますが、ジュニアの強豪選手を抱えているチームです。そのシングル1は手も足も出ず0-6で敗れてしまいましたが、ダブルスとシングル2が勝利し、2回戦進出。

2回戦は大宮高校。激戦の南部でしっかり活動しており、ジュニアの県大選手を擁するチームです。シングル1は勝負が見えており、あっさりこちらの敗退、相手はさらにダブルスにつぎ込んでくるオーダーでしたが、そこは本高得意のダブルス。意地を見せて跳ね返し、1勝1敗からのシングル2勝負。ここでシングル2が頑張りました。経験者の1年生を相手に、打ち込まれても懸命に食らいつき、スーパーキャッチを何本も拾い、相手のミスを誘って流れを作り、勝ち切りました!

この本高選手は、普段から学校での練習も手を抜かず、しぶとく食らいつく姿勢が持ち味でした。練習の成果を発揮できた一戦でした。

3回戦、ベスト8をかけた対戦は第8シードの星野高校。西部地区で経験者を集める強豪私立です。シングル1・2に経験者がいて、本高選手は1ゲームも取れず、ダブルスは接戦でしたが、対戦は0-2で打ち切られてしまいました…。

結果、県ベスト16でした。「星野と当たるまで頑張ろう」と言っていたので、行けるところまで行った感じです。最後まで本高らしい戦いができたので、やり切った感がありました(^-^)

 

  県ベスト16!

 

3年生はこの大会を最後に、現役生活を退きます。2年間お疲れさまでした。

思えば一斉休校から始まったこの代、コロナに振り回されっ放しでした。

上位を狙えるはずの各種大会は直前で中止にさせられ、合宿も止められ、部内イベントも縮小させられ、ひたすら地道に練習の毎日…。

「こんなはずじゃなかった」と、部を抜ける部員もいましたが、上からの事なかれ主義の指示に従わざるを得ない我々には、引き留める言葉もありませんでした。

モチベーションを削がれるそんな中でも、ひたむきにテニスと向き合い、実力をつけた選手達、立派に現役生活を全うしました。

 

練習して、できなかったことができるようになり、試合に勝てるようになる。「私もやればできる」の達成感は、引退後や卒業後も、何かにぶつかったときに立ち向かう自信になります。

また、困ったときに支え合った仲間は、この先もきっと、困ったときに支えてくれます。最後に頼りになるのはやっぱり部活仲間です!

部活で培った財産が、この先に少しでも活かされてくれれば、顧問として幸いです。

硬式テニス部OGに幸あれ!

 

保護者の皆様へ

2年間の長きに渡り、硬式テニス部の活動にご理解ご協力をいただき、大変ありがとうございました。休みもなかなか取れず、ご家族で過ごす時間も削られてしまったこと、心苦しく思う部分もありますが、それに見合った経験がお子様に残っていてくれたら幸いです。

引退しても絆は続くと考えております。この後は、進路実現に向けてのサポートに切り替えます。能力や適性を踏まえ、進路希望が叶うよう尽力いたします。引き続きよろしくお願いいたします。

 

熊谷市テニス協会春季団体戦

5/8(日)、熊谷市テニス協会春季団体戦に参加してきました。

ダブルス2本&シングルス1本の3本勝負、一般レディースチームに高校生チームが混ざっての参加です。ベテランレディースチームのボレーは手堅く、球の速さでは高校生が上回るものの、なかなか勝てない相手です。

今回は予選リーグが3ブロック、各ブロックの1位が決勝リーグに進める形となりました。

本高Aチームは、リーグ初戦を危なげなく勝利し、シードチーム(Team Sports Authority)との対戦。ダブルスに戦力をつぎ込む作戦が功を奏し、2-1で勝利!シードを食って決勝リーグに進出できました!

決勝リーグでは上手なチームと当たってしまい、勝利はならず、結果、全体の3位でした。

この大会は、春秋の年2回行われていて、本高は令和2年秋まで、11大会連続で決勝トーナメントに進出していましたが、それ以降決勝進出が途絶えていました。それが今大会で復活!

今大会の結果が来年の大会のシード資料になるので、来シーズン以降、後輩が有利にエントリーされる結果を勝ち取ってくれました。

本高チームにとっては、来週末の関東大会団体戦の前哨戦のつもりで挑んだこの大会、上手な選手とたくさん試合ができ、良い調整ができました。

おまけに賞状もいただけて、申し分ない結果に終われたと思います。よく頑張った!

来週末の本番に期待しています。

   表彰式

   安定の(?)3位!

関東大会県大会

4/30(土)、5/1(日)、関東大会の県大会に参加してきました。

例年、春の大会には「スーパー1年生」が参加し、県大会のレベルもアップすることが多いのですが、今年も例年に違わず、他地区に強豪選手が入り、北部地区選手はシングルス1位から4位までが初戦敗退というキビシイ結果になりました…(+o+)

そんな中ですが、本高勢も意地を見せ、シングルスで1人、ダブルスで1組が初戦勝利を上げることができました。

<シングルス>

加藤鈴菜 64位

野村倖、掛川志帆、原澤美咲 128位

<ダブルス>

加藤鈴菜・原澤美咲 32位

野村倖・掛川志帆、緒方ほなみ・粕谷羽桜、

新井鈴葉・増田小雪、小林りょう・小林未夢 64位

 

良くも悪くも、「まさか」が起こるのが県大会です。ダブルスで北部選手が想像以上の活躍をしてくれたり、本高選手が、勝たなければいけない試合を落としたり…。

結果、北部地区選手がシングルスで4人、ダブルスで5組勝利したので、次回の県大本数は、シングルス20本、ダブルス13組となりました。「まさか」のダブルス本数増です(^-^)

新チームの北部選手に期待しています!

④22_関東予選個人(女子シングルス)最終結果.pdf

⑤22_関東予選個人(女子ダブルス)結果.pdf

練習試合(vs叡明&越西&深一&早本 in本高)

5/4(水)、叡明高校、越谷西高校、深谷第一高校、早稲田本庄高を招いて練習試合を行いました。本高は、今週末の熊谷市民大会に向けて、2チーム参加させてもらいました。

春の県大会の団体戦形式(ダブルス1本&シングルス2本)で総当たりを行いました。

本番さながらにオーダー用紙を提出し、普段なかなか対戦できない他地区の選手との対戦ということで、緊張感のある試合ができました。

本番でも悔いの残らない試合ができるよう、調整を頑張ってもらいたいと思います。

関東大会兼学総大会北部地区予選

4/15(金)~18(月)、3年生最後の大会となる、春大会(関東兼学総)が行われました。

昨年秋の新人大会県大会で北部地区選手が頑張ってくれたので、この春はダブルス12組、シングルス22名が北部地区から県大会に出場することができます。本高勢は得意のダブルスで頑張り、5組が県大出場、シングルスでも4名が県大出場を決めました。

ダブルス

3位(入賞) 野村倖・掛川志帆(3年) 県大会出場

6位 新井鈴葉・増田小雪(3年) 県大会出場

8位 緒方ほなみ・粕谷羽桜(3年・2年) 県大会出場

9位 加藤鈴菜・原澤美咲(3年) 県大会出場

11位 小林りょう・小林未夢(3年・2年) 県大会出場

シングルス

10位 野村倖(3年) 県大会出場

12位 掛川志帆(3年) 県大会出場

14位 加藤鈴菜(3年) 県大会出場

20位 原澤美咲(3年) 県大会出場

8名の3年生全員が県大会でプレーできることとなりました。立派な結果だと思います。

県大会は4/30、5/1。悔いの残らないプレーができるよう、最後の調整を頑張ろう!

タンポポも応援してくれました(^-^)

公式記録(高体連HPより)

 

 

春季ダブルス大会入賞

4/10(日)、熊谷市テニス協会主催のダブルス大会に参加してきました。3ペアによる予選リーグを行い、その後順位別トーナメントを行います。

一般(大人)レディースペアに混じっての戦いですが、一般ペアはスピードでは高校生に劣るものの、堅実なテニスで大変手強い相手です。

本高は掛川・野村が予選を1位通過し、1位トーナメントに進出しました。

トーナメントの初戦、県大会常連のベテラン大御所ペアに挑みました。平行陣(2人とも前衛)を敷いてくる相手に対し、セオリー通りのコースを突き、見事にボレーをかわして6-2の大金星でした!勢いに乗り、2回戦も接戦を制し、6-4で勝ってベスト4!

準決勝は、本格派の活きの良い相手に圧倒されて敗れてしまい、その後の3位決定戦でも上手なペアに敗れ、結果4位でした。

33ペア中4位でしたが、高校生ペアの入賞はこれまでになく、協会の方をはじめ、対戦した選手達からもお褒めの言葉をいただきました。入賞したことで、熊谷市代表として、上位大会である埼玉県選手権への出場権も獲得しました。

他の本高勢も、順位トーナメントで何試合かをこなし、緊張感のある試合を経験できたことで度胸がつきました。

3年生最後の大会となる関東大会予選は今週末。悔いの残らないようすべてをぶつけよう。いざ!

   表彰式

   4位!

 

<新入生の皆さんへ>

部活動は決めましたか?

部活に入ると高校生活の輝きが増しますよ!

何かには入って頑張ることをオススメします。

運動部を考えているなら、硬式テニス部も選択肢の一つに入れてください^_^

ソフトテニス経験者諸君、硬式で一花咲かせてみませんか?後悔はさせません(^o^)v

心機一転、全く違う競技からの転身も歓迎です。

4/11,4/12の一斉部活で会えるのを、部員共々楽しみに待っています!

 

春休み活動報告

3/28(月)練習試合(vs深谷第一 in深谷第一)

蔓延防止措置も明け、春の大会に向けて急ピッチの調整です。

2か月以上対外試合から遠ざかっていた割にはしっかりと試合を作ることができ、良い調整ができました。ダブルスでは大きく勝ち越すことができましたが、シングルスは五分五分だったので、課題も浮かび上がり、大会までにもうひと伸びできそうです!

会場を整えてくださった深一の選手、顧問の先生、ありがとうございました。

 4/3(日)練習試合(vs成徳深谷 in本高)

成徳深谷が来てくれました。相手の1番手は、前回試合した時より腕を上げていて、こちらもうかうかしていられないと、緊張感の持てる試合となりました。

本番で対戦するときはしっかり勝ち切れるよう、今後の練習を頑張って欲しいと思います。

他にも、残念ながら雨で流れてしまった練習試合もありましたが、3年最後の大会(硬式テニスは引退が早い!)に向けて順調に調整が進んでいます。

この学年はコロナで色々なことが制限される中での活動でしたが、気持ちを切らさず、ひたむきに練習して強くなりました。悔いの残らないように残りの現役生活を満喫して欲しいと思います!

 

考査前補習

2/14(月)、恒例の考査前数学補習を行いました。蔓延防止措置で部活が制限され、普段よりは勉強に時間をかけることができる状況ですが、抜かりなく考査に取り組もうとするあたり、エライ心掛けだと思います。

授業中は難解だった問題も、演習を重ねて解けるようになりました。本番での好成績を期待していますよ!

学年別ダブルス大会 3組入賞!

1/9(日)10(月)で、北部地区学年別ダブルス大会が行われました。

初日は4or3組の予選リーグ、2日目は順位別のトーナメントを行います。

初日の本高は、2年が4組中3組、1年は2.5組中2組が1位トーナメントに進出しました。

肝心の2日目。2年の準々決勝、野村・掛川が格上の正智深谷のペアと対戦しました。

序盤、相手の強打に押され、0-5リードを許し、やっぱり敵わなかったか…、と思いきや、こちらのボレーが決まり始め、相手がかわす展開になり、流れを引き寄せて7ゲーム連取で7-5の大逆転でした!

もう一つの2年準々決勝、加藤・原澤が、第2シードの深一ペアに挑みました。

練習試合でも勝ったり負けたりのライバルですが、この日は本高ペアが実力を発揮し、4-4からの接戦を勝ち切り、6-4勝利でした!

同校対決となった準決勝では野村・掛川が勝利しますが、その後の決勝戦では残念ながら農三・進修館に敗れてしまい準優勝。3決に回った加藤・原澤は農三に勝って3位となりました。

一方の1年。第2シードの粕谷・小林が決勝まで順当に勝ち上がり、第1シードの早稲田本庄との対戦。序盤にほころびが出てしまいました…。もったいないミスでゲームを落とし、1-5ビハインドに追い込まれます。そこから復調して巻き返し、5-5に追いつくも、最後は5-7で振り切られてしまいました…。ラリーが始まれば勢いのあるプレーで押していただけに、ラリーを作れなかったことが悔やまれる惜しい敗戦でした(*_*)

ともあれ、3ペアが賞状をいただけたのは上出来だと思います。

新3年最後の春の大会に向けて、躍進を期待しています!

   表彰式

左から 2年3位 2年2位 1年2位

練習試合(vs岩槻&南稜&叡明 in本高)

12/26(日)、岩槻高校(さいたま市)、南稜高校(戸田市)、叡明高校(越谷市)の3校に来ていただき、練習試合を行いました。

3校とも、本庄高校には初めて来ていただきましたが、その遠さは新鮮だったようです。

「ここから10分で群馬だよ」って言ったら、絶叫して驚いてました(笑)

肝心の試合内容は…。各地区、ダブルスの試合を控えているのでダブルス中心に行いましたが、本高勢は得意のダブルスとあって善戦し、大きく勝ち越すことができました。

3校とも常任委員の先生が顧問を務め、県大選手を複数輩出しており、質の高い練習をされていることが伺える、ハイレベルな試合展開が多く見られました。

本高選手も、初対面の選手と緊張感のある試合がたくさんでき、とても良い経験になりました。

この日の課題を持ち帰り、再び対戦するときには一層レベルの高い試合ができるといいと思います。

3校の選手、先生方、遠方よりありがとうございました!

埼玉県テニス協会 ジュニア中級者大会 3位!

11/21(日)、28(日)、大宮第二公園で、埼玉県テニス協会主催の「ジュニア中級者大会(ダブルス)」に2年生4ペアが参加してきました。

この大会は、本格的なジュニアポイントを持っている選手は参加できない大会で、高校からテニスを始めたような選手が集う、本高のようなチームの実力試しにはちょうどいい大会です。

初日、修学旅行明けながら2ペアがベスト8に勝ち残り、28(日)に残りを行いました。2日目の結果は、

加藤鈴菜・原澤美咲 7-5 越谷西・越ケ谷

加藤鈴菜・原澤美咲 1-6 県立川口

野村倖・掛川志帆 6(8)ー7 鳩ケ谷

となり、加藤・原澤が3位、野村・掛川がベスト8でした。

準々決勝はどの対戦も拮抗し、1ペアは辛勝しましたが、1ペアはタイブレイクで惜しくも敗退。「決勝で本高対決」が見たかったところですか叶いませんでした(+_+)。

例年この大会は12月に行われますが、今年は日程が1か月ほど早まり、秋の大会シーズンと重なってしまったため、参加人数が例年より少なかったですが、遠くまで出かけて、実力の近い他地区の選手と試合ができたことで、また経験値が上がりました。

1月の学年別ダブルスに向けて、冬休みも頑張ろう!

   3位入賞!

公式記録:埼玉県テニス協会HPより

R3中級者大会.pdf

 

1年生大会団体戦 決勝トーナメント 県3位!

11/23(火)、1年生大会団体戦の決勝トーナメントが熊谷さくら運動公園で行われました。

ダブルス3本勝負です。各地区の予選リーグ1位のチームが集まり、当日抽選でドローを組みますが、「持ってる」選手がくじを引いた結果、本高はシードや強豪校と当たらずに勝ち進めるラッキーな位置を引き当てました。

初戦は西部地区の志木・西武文理の合同チーム。直近の練習試合でお世話になった相手です。練習試合ではこちらが優位に試合を進められた実績から、本高勢は気持ち的に優位に試合に入ることができ、2勝1敗で勝利でした。

2回戦は東部地区の花咲徳栄高校。臆せず強打してくるペアが2ペアいて、ラリーで押される場面もありましたが、こちらがうまくかわし、こちらも2勝1敗で勝利できました。

準決勝、第2シードの伊奈学園は南部の県大選手4人を擁する優勝候補。ダブルス1が4-6と相手を追い詰める好試合を見せましたが一歩及ばず、結果0-3で敗れてしまいました。

3位決定戦は川口北高校。今年春の県大団体戦、ベスト16決めで当たって、2・3年チームが辛勝した相手です。1年生対決は…。相手が強気のプレーで仕掛けるも、ミスも重なり、こちらの2ペアがしっかり押し切り、2勝1敗で勝利。3位に入賞することができました!

ここ3週間程、1年生に時間を割いて練習メニューを組んだ結果、できなかったことができるようになり、見違えるようにプレーが良くなりました。対戦相手の先生方からも、ボレーにお褒めの言葉をいただける位、ダブルスの形が出来上がってきました。さすが本高生、飲み込みの良さは今年も健在?

「1年生に試合経験を積ませる」という大会の趣旨の通り、東西南各地区のチームと試合ができたことは、本高選手にとって貴重な経験となりました。各地区予選から数えると、約60チームの参加があった中で、3位は頑張ったと思います。

見たことのない相手との対戦、チームの勝敗を背負っての勝負、終わった後のお互いへのねぎらい…。団体戦の醍醐味を存分に満喫できた2日間でした。チームの絆も大分強まったように思います。それぞれの役割を果たす中で、経験値も上がりました。

次は1月の学年別ダブルス。もう1ランクレベルの高い戦いができるよう、練習をガンバロウ!

   表彰式

   県3位!

1年生大会団体戦 予選1位通過!

11/14(日)、1年生大会団体戦が熊谷女子高で行われました。ダブルス3本勝負です。

本高チームは当日4人しか揃わなかったため、本庄東高校と熊谷西高校から選手をレンタルして、混合チームでの参加となりました。

北部地区予選は、3チームリーグが2ブロック。それぞれの1位チームが決勝トーナメントに進めます。

本高に県大選手がいるので、リーグのシードをもらって挑んだ結果、本高の2ペアが圧巻の試合運びで相手を寄せ付けず、2対戦とも危なげなく2勝することができました。

「ラリーを作ってボレーで決める」。練習試合を重ね、課題を練習に還元した結果が出せました。本番で一番いい状態でプレーできたことで、選手は自信になったようです。

結果、対戦成績2勝0敗で決勝トーナメントに進出することができました!

 

本庄・本庄東・熊西 2-1 成徳深谷・熊谷商業

本庄・本庄東・熊西 2-1 熊谷女子A

 

本高はこれまで8年連続決勝トーナメントに進出しています。

決勝は11/23(火)。今年も先代に引けを取らないよう、もうひと暴れしてくるぞ!

新人大会団体戦 県大会ベスト8!

11/3(水)、6(土)で新人大会団体戦が行われました。シングルス3本、ダブルス2本の5本勝負です。

新人県大選手8人を擁する本高は、第9シードをもらっての参加でした。

1回戦の飯能高校に危なげなく5-0で勝利の後、2回戦の西武文理との対戦。こちらのシングル1が敗れ、ダブルス2とシングル3が勝利。あと1勝でチーム勝利までこぎつけたものの、その時点でシングル2が4-4、ダブルス1がタイブレイクと接戦!どうなることかと思いましたが、シングル2がそのまま振り切り、6-4で勝利!3勝2敗で3回戦に進むことができました。

ベスト8をかけた3回戦は、第8シードの宿敵早稲田本庄。日頃から交流があり、顔馴染みですが、団体戦では実力の拮抗するライバルチームです。

相手のシングル1には敵いませんでしたが、シングル2とダブルス1,2が落ち着いた試合運びで3勝!ベスト8に入ることができました!

2日目の準々決勝は第1シード、全国優勝候補の浦和麗明高校。こちらは1試合15分位で片付けられてしまい、5試合やって1ゲームも取れませんでしたが、全国レベルの選手と試合ができ、本高選手は良い経験ができました。

埼玉のテニスはレベルが高く、私学優勢の状況が続いている中、経験者のいない公立高校がベスト8に食い込むことができたのは素晴らしい結果だと思います。

今の2年生はコロナで様々な制限を受ける中、よく気持ちを切らさずにここまで頑張ってきました。その健気な姿を見ていたら、目頭が熱くなってしまいました。

コロナも落ち着きを見せ始めているので、残りの現役生活、今までの分を取り戻す位、色んなことを楽しんで欲しいと思います。ひとまずおめでとう!お疲れ様!

   表彰式

 

   県5位!

   レンジャー!

1年生練習試合(vs早稲田本庄&上尾&浦和東 in本高)

11/7(日)、1年生大会を1週間後に控え、団体戦形式の練習試合を行いました。

北部地区の別ブロックで試合をする(予選では当たらない)早稲田本庄と、普段から親交のある上尾高校。両校とも2年生も一緒に来ていただきました。

当日の本高勢には頼りの先輩がおらず、1年チームで両校のガチ勢を迎え撃ちます。

さすがに経験値の高い両校の2年生。それでも本高1年は意地を見せ、トータル五分五分位に勝敗をまとめました。

1年生は今は経験を積む時期。試合を重ねて度胸をつけ、来週最高のパフォーマンスを発揮しよう!

   秋晴れがキレイでした

練習試合(2年vs所沢北&所沢西 in所沢北 1年vs西部連合 in所沢西)

10/30(土)、西部地区に練習試合にお邪魔してきました。

<2年>

所沢北高校にお邪魔しました。1週間後の新人県団体戦に向けてのシミュレーションです。所沢北高校と所沢西高校、どちらも県大選手を複数抱え、西部地区でしっかり活動しているチームです。

秋晴れの中、どの選手も伸び伸びとプレーでき、勝敗も拮抗して、緊張感のある対戦が多く見られました。団体戦ならではの実戦感覚を養うことのできる、良い試合でした。

お誘いいただいた両校の先生、選手諸君、ありがとうございました!

 

<1年>

来たる1年生団体戦に向けて、所沢西高校に西部地区チームが集まる中に、本高がお邪魔しました。西武文理、所沢西、志木、飯能、所沢中央、入間向陽、所沢北、各校の選手と対戦させていただきました。初めて訪れる会場で、初対面の選手と試合をする緊張感…。そんな中でも本高選手は普段通りのプレーをすることができ、ほぼ勝つことができました。コート外でも相手選手と交流を深めることができ、選手には良い経験になりました。遠くまで来た甲斐がありました(^-^)

会場設営、運営してくださった西部地区の先生、選手諸君、ありがとうございました!

新人大会県大会個人戦

10/2(土)、3(日)、新人戦の県大会が行われました。

シングルス

掛川志帆(2年) ベスト64

野村倖(2年)  ベスト128

加藤鈴菜(2年) ベスト128

新井鈴葉(2年) ベスト128

増田小雪(2年) ベスト128

ダブルス

新井鈴葉・増田小雪(2年) ベスト32

野村倖 ・掛川志帆(2年) ベスト64

加藤鈴菜・原澤美咲(2年) ベスト64

緒方ほなみ・粕谷羽桜(2年・1年) ベスト64

シングルスの掛川は私学の強豪、昌平の選手に競り勝つことができ、ダブルスの新井・増田の試合は両者譲らずタイブレイクにもつれ込み、半端ない緊張感の中でのプレーでしたが、何とか振り切り、1勝を上げることができました!

他の北部地区選手も頑張り、シングルスで5名、ダブルスで4組が1回戦を突破しました!

これで春の北部地区県大本数がシングルス21名、ダブルス12組。現2年生、現役最後の大会での活躍のチャンスが増えました。各選手、お疲れさまでした!

 

公式記録(高体連HPより)

新人大会個人(女子シングルス).pdf

新人大会個人(女子ダブルス).pdf

新人大会北部地区予選

9/17(金)、21(火)、新人大会の北部地区予選が行なわれました。

春の大会で県大会に出たり、補欠に入った選手にシードがつき、有利にトーナメントを戦うことができました。

シングルス

8位  野村倖(2年) 県大会出場

11位 掛川志帆(2年) 県大会出場

15位 加藤鈴菜(2年) 県大会出場

19位 新井鈴葉(2年) 県大会出場

20位 増田小雪(2年) 県大会出場

ダブルス

4位  野村倖・掛川志帆(2年) 県大会出場

7位  加藤鈴菜・原澤美咲(2年) 県大会出場

8位  新井鈴葉・増田小雪(2年) 県大会出場

10位 緒方ほなみ・粕谷羽桜(2年・1年) 県大会出場

 

例年、練習試合や国公立大会で実戦感覚を磨き、本番で動じない力をつけるところですが、8月以降、対外試合もできないまま本番を迎えたこともあり、緊張して普段通りのプレーができない場面もありました。

自校で練習するしかないという状況はどのチームも同じだったと思いますが、緊張しながらも結果を残せたのは、今年の本高の選手層の厚さを活かし、質の高い練習ができたからだと思います。

結果、北部地区出場枠のシングルス21人中5人、ダブルス10組中4組に食い込むことができました。

県大会は10/2(土)、3(日)。他地区の壁は厚いですが、チームの力を結集して1勝をもぎ取ろう!

 

公式記録(高体連HPより)

夏休み活動報告

いつも通りの活動ができない夏休みですが、実施予定の新人大会に向けて、感染症対策を取りながら練習試合を行いました。

 

7/18(vs所沢北 in本高)

はるばる所沢から来ていただきました。ダブルスでは本高得意のボレーで勝ち越すことができましたが、シングルスでは苦戦する結果となりました。配球を考えてプレーする必要がありそうです。所沢北の選手、顧問の先生、遠方よりありがとうございました!

 

7/22(vs深谷第一&熊谷商業 in本高)

北部地区の2校に来ていただきました。両校ともしっかり活動し、県大会出場を目論むライバルです。この日は課題のシングルスが頑張り、勝ち星が上回りました。地区予選ではより良い対戦ができるようお互い頑張ろう!

 

7/25(vs成徳深谷&大宮東)

大宮東からオファーをいただき、来ていただきました。大宮東は南部地区で揉まれているだけあって、活きのいい選手が数名いて、本高選手にもいい刺激になりました。県大会での再会を誓ってお開きとなりました。大宮東の皆さん、遠方よりありがとうございました。

 

8/1(vs早稲田本庄 in本高)

お馴染みの早稲田に来ていただきました。今年の早稲田は、派手な選手はいないながらも、「自分の持っているショットでいかに勝つか」を考え、「ショットで劣っても試合には勝つ」テニスをしているように見えました。技量を補う知性。さすがの早稲田です。勉強になる部分がたくさんありました。ありがとうございました。

各地区、新人大会は無事行われそうです。夏の練習の成果を発揮できるよう、最終調整を頑張りたいと思います。

3年生引退式

6/14(月)、3年生の引退式を行いました。

引退して1か月、すっかり白くなった(?)3年生を羨みつつ、後輩から、3年から、それぞれ感謝とエールを送りあい、手作りのアットホームな会でした。

新チームも軌道に乗ってきました。3年は受験に、現役はテニスに、真剣勝負が始まります!

関東大会団体戦県大会 ベスト16!

5/15(土)、関東大会団体戦の県大会が行われました。シングルス2本、ダブルス1本の3本勝負です。県大会個人戦の結果でシードをつけますが、本高はシード権まで惜しくも2ポイント足らず、フリー抽選に回った結果、2回戦までは公立高校と当たれる、比較的やりがいのある山に入りました。

1回戦は所沢西高校。県大選手3人を擁するチームでしたが、シングルスに抜擢した本高の2年生2人が相手の県大選手2人を難なく破り、ダブルスの3年生も危なげなく勝利。3勝0敗で2回戦進出となりました。

2回戦は川口北高校。数年前から、各種団体戦の要所となる試合で激戦を繰り広げてきたライバルチームです。3年の引退試合でまた当たるとは…。しかも、ジュニアの強豪選手を1人抱えています。シングルス1は強豪選手に歯が立ちませんでしたが、シングルス2が活きのいいプレーで勝利し、3年同士のダブルス勝負。序盤、相手ボレーに苦しめられ2-4ビハインドでしたが、中盤からこちらが相手ボレーをしっかりかわし、逆にボレーで流れを引き寄せ6-4で逆転勝利!3年最後の試合にふさわしい、見事な試合運びでした。

3回戦は第2シードの山村学園…(*´Д`)。「ケガだけはしてくれるなよ」と思うほど異次元の選手団です。各選手、アップの延長位のつもりで動いているように見えましたが、こちらは手も足も出ず、15分位で0勝2敗の打ち切りとなりました。最後に華のある選手と戦えて、3年生もいい記念になったと思います。結果、県大会ベスト16。申し分ない結果で終われました。よく頑張った!

 

公式記録(高体連テニス専門部HPより)

R3関東_団体女最終結果.pdf

この日を最後に、すべての3年生が引退となります。本当にお疲れさまでした。1つ上の代が人数も多く、実績も残した中、コロナ禍でのスタート。一層頑張らなきゃというプレッシャーもあってか、この代は人一倍テニスに真摯に向き合ってきました。

テニスの技術もそうですが、明るく練習を楽しむ協調性、向上心、対人マナー…、すべてにおいて大きな成長を見せてくれました。顧問としても、とてもやりがいのある1年間を過ごさせてもらいました。ありがとう。

コロナで思うように活動できない時期もありましたが、ひたむきに工夫と努力を重ね、やり切ったと言えるだけの活動ができたと思います。

このチームで培った体力、精神力、仲間との絆を糧に、これからは受験に向けて真剣勝負です。テニスでこれだけ頑張れたんだから、次もきっと上手くいく!

次のステージでの活躍を心から期待しています。頑張れよ!

熊谷市テニス協会 春季団体戦

5/9(日)、熊谷市テニス協会主催の春季団体戦に参加してきました。

一般レディースチームに交じっての試合です。予選リーグ→1位通過チームによる決勝トーナメントと行われます。

本高チームはこの大会、春秋通じて11大会連続で決勝進出を果たしていますが、年々一般チームも実力を上げてきており、今大会は決勝進出はなりませんでした…。

勝負事なので、精一杯やっても勝てないこともあります。秋には、3年の蒔いた種を後輩が花咲かせ、きっとリベンジしてくれるはず!

今は切り替えて前を向き、翌週の関東大会県大会団体戦に備えよう!

公式記録(熊谷市テニス協会HPより)

2021_haru_dantai_kekka.pdf

関東兼学総大会県大会

5/2(日)〜4(火)、学総大会の県大会が行われました。

この大会での北部地区選手の初戦突破本数で、秋の新人大会の北部地区県大会本数が決まるので、北部地区の期待を背負っての勝負です。

ダブルス

野村倖・掛川志帆(2年) 初戦突破→ベスト32

齊藤幸葵・澤田華奈(3年) 初戦敗退→ベスト64

田中朱里・茂木美薫(3年) 初戦敗退→ベスト64

シングルス

掛川志帆(2年) 初戦突破→ベスト64

3年生ペアは強い選手と当たってしまい、勝利はなりませんでしたが、2年生が頑張り、シングルス、ダブルス共に1勝を上げることができました!

10日後には県大会団体戦も控えています。3年生はチーム全員の思いを受けて、悔いの残らないよう頑張って欲しいと思います!

公式記録(高体連HPより)

関東予選女子シングルス.pdf

関東予選女子ダブルス.pdf

関東大会兼学総大会北部地区予選

4/16(金)~24(土)、3年生最後の大会となる、春大会(関東兼学総)が行われました。

北部地区は昨年の新人県大会で結果が振るわなかったため、県大出場本数が男女とも大きく減り、加えて女子にはスーパー1年生が5人も参入するというキビシイ状況でのトーナメントです。

が、本高勢は得意のダブルスで頑張り、北部10本中3本に食い込むことができました。いずれも格上と思われていた選手を接戦で下しての勝利でした。

7位 掛川志帆・野村倖(2年) 県大会出場

8位 齊藤幸葵・澤田華奈(3年) 県大会出場

10位 田中朱里・茂木美薫(3年) 県大会出場

シングルスは、各校1番手が意地を見せるハイレベルな対戦が多く見られましたが、本高2年生が踏ん張り、県大会出場を決めました。

12位 掛川志帆(2年) 県大会出場

県大選手6人というのも立派な結果ですが、2年生が補欠にシングルスで3名、ダブルスで3組入れたことも大きな収穫でした。シングルスでもダブルスでも、第8シードの選手を破る「ジャイアントキリング」を見せてくれ、新人大会のシードにつながる幸先の良い結果になりました。

一方、3年生は最後の晴れ舞台、頑張って掴んだ県大会でのプレーのチャンスです。悔いの残らないプレーができるよう、最後の調整をガンバロウ!

 

公式記録(北部地区高体連HPより)

練習試合(vs早稲田本庄&熊谷女子 in本高)

4/11(日)、早稲田本庄と熊女が来てくれました。3年生最後の公式戦直前の最終調整です。

この2チームには何度もお手合わせいただいていますが、会う度に上達が見られ、刺激をもらっています。

真剣勝負が繰り広げられ、週末の学総大会に向けて気持ちも高まりました。

この学年は、コロナ禍で様々な制限を受けながらの活動でしたが、生徒たちは工夫を重ねてよく頑張り、例年に違わぬ力をつけてくれたと思います。引退が惜しまれるいいチームになりました。大会で努力の集大成を出し切ろう。いざ!

新入生の皆さん、本高硬式テニス部は、例年硬式テニス経験者のいない手作りチームですが、明るい部員のモチベーションと効率の良い練習で、経験者のいるチームとも戦える力をつけてきました。

グングン上手くなる、本高生の能力の高さには毎年驚かされます。君たちにもその素質がきっとある!

新しい本高テニス部の歴史を一緒に作ってみませんか?テニスコートで待ってます!

春休み活動報告

練習試合&部内戦

 3/29(月)、春の大会に向けて部内戦を行いました。熊谷商業の6人が来てくれたので、練習試合と並行して行いました。3学期は部活動禁止令のせいで調整が遅れ気味、対外試合もままならない状況でしたが、ようやく動き出した感じです。生徒たちも伸び伸びと対外試合を満喫していました。

 

 

練習試合

 3/31(水)、深谷第一高校にお邪魔しました。部内で練習してきたことの成果が発揮でき、勝ち星が上回る結果となりました。

天候にも恵まれ、桜を見ながら気持ちよくプレーができました。会場を整えていただいた深一の選手、顧問の先生に感謝です!

 

練習試合

4/4(日)、上尾高校が来てくれました。ホームの利もあってか、大きく勝ち越すことができました。微調整が必要な部分も確認でき、有意義な1日となりました。

上尾高校の皆さん、遠方よりありがとうございました!

 

練習試合&部内戦

4/6(火)、本庄東高校の3名と本高新入部員1名を交え、合同練習からの練習試合&部内戦を行いました。本番まであと10日。最終調整が順調に進んでいます。

 

いよいよ新年度が動き始めます。

年度変わりの節目を迎え、硬式テニス部は一層明るく真剣に活動中です。

新入生の皆さん、ぜひ部活見学に来てください!

新入生、合格おめでとう!

新入生の皆さん、合格おめでとう!女子硬式テニス部の紹介です。

現在2年生7人、1年生11人、入部以来1人も辞めずにここまで活動しています。

「明るく強く」をモットーに、楽しく練習しながら勝てるチームを目指しています。

今年度は例年通りにできなかった活動もありますが、現在は段階的に活動を再開し、感染対策を取りながら4月の学総大会に向けて頑張っています。

テニスも頑張り、部内のイベントも楽しみ、勉強も手を抜かず、忙しくも充実した毎日を過ごしています。そんな普段の雰囲気は、過去の硬式テニス部日誌を見てもらえれば感じてもらえると思います。

 

皆さんは修学旅行もなくなり、部活も最後は不完全燃焼だったのではないでしょうか。

失われた1年間を取り戻す位の充実した時間を、硬式テニス部で過ごしてみませんか!

コート改修を終えたばかりの、ピカピカのコートで待ってます!

県内唯一! 全天候型ハードコート

考査前補習

考査前恒例の数学補習です。学年別に行いました。

部活動停止期間が続いていますが、今は勉強に集中!

各学年とも集中して取り組んでいました。ラケットをシャーペンに持ち替えても、支え合えるのが部活仲間のいいところです。文武両道!

1、2学期は多くの部員が成績優秀者になることができました。このまま有終の美を目指して頑張って欲しいと思います!

1年生 教え合いにも大分慣れてきました

中級者大会

12/27(日)、埼玉県テニス協会主催の「埼玉県ジュニア新進中級者大会(ダブルス)」に参加してきました。

この大会は「新進」の名の通り、高校から硬式テニスを始めた選手が多く参加する大会で、過去には本高選手が優勝したり準優勝したりするなど、実力試しにちょうど良い大会です。

本高全ペアが出場しましたが、今年は最高でベスト8。ベスト4まで残れば翌日にコマを進められたところでしたが、ベスト4決めで正智深谷のペアに敗れてしまいました。残念(+o+)!

他にも、上位進出を目論みながら、5-7やタイブレイクで敗れたペアもあり、詰めの甘さが見られた試合もありました。もっと、状況判断のできる「眼」を養う必要がありそうです。

勝ち負けはともかく、県大会の会場として使われることの多い大宮第二公園で、アウェイな雰囲気の中、見たこともない他地区の選手と試合ができたことは良い経験になりました。いつか県大会の舞台に立った時、アドバンテージになってくれることと思います(^-^)

変な疫病が流行る中、大会を開催してくださった協会の方々には感謝です。当日も、感染防止に細心の注意を払いつつ、明るい雰囲気で迎えてくれたことに感動しました。

部活動を含め、教育活動に「不要不急」はありません。困難な状況があるにせよ、正しく恐れながら、できる限り通常の活動を行う責任が我々にはあるのだと、再認識した1日でした。

 

小春日和。気持ちよく試合ができました。

 

公式記録(埼玉県テニス協会HPより)

2020.12.27.pdf

練習試合(vs上尾&熊女&久喜北陽 in熊女)

12/20(日)、熊谷女子高校にお邪魔して、上尾、熊女、久喜北陽、本高の4校で練習試合を行いました。感染防止対策ガイドラインに則り、対策を徹底させての実施です。

北部、東部地区が年明けにダブルス大会を控えているので、ダブルスを中心に行いました。

肝心のダブルスに関しては、コンビネーションがうまく機能し、勝ち星が上回ることができたものの、コート改修の関係で前日に練習できていなかったせいか、動きにいつものキレがなく、精彩を欠く場面もありました。午後に行ったシングルスに至っては、凡ミスを連発し、勝敗は五分五分でした。ダブルス大会が終わったら、シングルスの強化にも力を入れる必要がありそうです。

今週末には、埼玉県テニス協会主催の中級者大会(ダブルス)も控えています。

この1週間で課題を克服し、令和2年の有終の美を飾れるように頑張ろう! 

北部地区1年生強化練習会

11/29(日)、北部地区女子の1年生強化練習会が成徳深谷高校で行われました。

各校2名の参加で、本高からは山田春華・加藤鈴菜の2名が参加しました。

午前中、高体連テニス専門部の強化部の先生からご指導いただき、午後はダブルス中心の練習試合です。

練習時には、他校の選手とも和気藹々と取り組んでいましたが、試合になると食うか食われるかの真剣勝負。バチバチの接戦が繰り広げられましたが、 本高ダブルスは5戦全勝!

以前から練習と試合のギャップが課題だったこのペアですが、この日は上手く噛み合い、実力を発揮できました。12月の中級者大会、年明けの学年別ダブルス大会でも活躍が期待できそうです!

参加各校選手、顧問の先生方、ありがとうございました。

熊谷市テニス協会 秋季団体戦

11/15(日)、2年生は熊谷市テニス協会主催の秋季団体戦に参加してきました。

シングルス1本、ダブルス2本の3本勝負です。予選リーグのあと、予選1位チームによる決勝リーグを行います。堅実な一般レディースチームに混ざるこの大会、高校生大会とは違った戦術が求められる、勉強になる大会です。

今年は1年生大会と日程が重なってしまったこともあり、高校生チームのエントリーが少なく、小ぢんまりとした大会になりました。

3ブロックしかない予選リーグですが、本高は深谷第一Aと同じブロック( ゚Д゚)!今年の深一は層が厚く、対戦する度に勝ったり負けたり、手強い相手です。おまけに一般チームも2チーム…。

決勝進出ピンチ!?と思われましたが、接戦の結果、2勝1敗と1勝2敗が2チームずつになり、直接対決の結果、本高が1位通過となりました!

決勝リーグでは一般チームに勝つことはできませんでしたが、結果3位入賞。

これで本高は、この大会春秋通じて11大会連続(6年越し!)決勝進出を果たすことができました。先輩の背中に追いつこうと頑張る、代々の流れをしっかり引き継ぎ、今年の2年も結果を出せるいいチームになったと思います。みんなよく頑張った!

公式記録(熊谷市テニス協会HPより)

 R2年度 熊谷市秋季団体戦.pdf

   3位!

1年生大会団体戦 決勝トーナメント

11/15(日)、1年生大会団体戦の決勝トーナメントが与野高校で行われました。

単独チームの初戦は獨協埼玉。体育会系、気合の入ったチームですが、気圧されることなく本高勢が頑張り、3勝0敗で勝利できました。

2回戦は第1シード、予選免除の山村学園(*´Д`)。全国レベルで活躍する異次元の選手たちです。先日の新人大会で山村の選手のガチなプレーをレフェリーとして目の当たりにしましたが、それと比べると5割程度(?)の力加減でプレーしているように見えました。が、こちらは硬式のラケットを握って4か月の初心者。手も足も出ず、1試合20分程度で片付けられてしまいました…(+o+)。勝てはしませんが、普段戦えない強い選手と試合ができるのも、決勝トーナメントまで進んだご褒美と享受したいところです。

結果、県ベスト8でした。頑張ったと思います。今大会の戦績は来年の国公立大会のシードにつながるので、幸先良い結果となりました。

一方の混合チーム、初戦は東部の叡明高校。実力的には五分五分の相手でしたが、こちらのダブルス1が力を出し切れず、1勝2敗で敗れてしまいました…。

勝てそうで負けた試合こそ教訓。負けてしまった選手が1番悔しかったと思いますが、個人の負けはチームの負け。初戦からコンディションをどう作るか、チーム全体で取り組む必要がありそうです。

ともあれ、1年生11人全員が2日間に渡り緊張感のある試合を戦えたのは貴重な経験となりました。自分の勝敗がチームの勝ち負けにつながる、団体戦独特の緊張感の中でプレーできたことで、随分度胸がつきました。更なる飛躍を期待しています!

公式記録(高体連テニス専門部HPより)

R2年度 1年生大会決勝トーナメント.pdf

1年生大会団体戦 予選リーグ W1位!

11/14(土)、15(日)1年生大会団体戦が行われました。

ダブルス3本勝負で、14日が北部地区予選リーグ、予選1位チームが15日の決勝トーナメントに参加できます。本高は6人の単独チームに加え、本庄東から1人借りた混合チームの2チームが参加しました。

予選、単独チームはシードをもらっての参加でしたが、シード通り、3対戦とも3勝0敗で1位通過できました。

混合チームの初戦はシードの深谷第一高校との対戦。あっさりと1勝1敗のあと、3番手が接戦を制し、勝利できました!熊谷西高校に3勝0敗で勝利のあと、最後の鴻巣高校との対戦も1勝1敗からの接戦をものにし勝利。結果的にこちらもチーム3勝0敗で1位通過!北部地区の2ブロックとも、本高が決勝トーナメントに進出できることになりました。

北部地区は学校数も少なく、顔馴染みなので、だいたいどんな対戦になるか予想がついてしまいますが、決勝トーナメントは他地区の見たこともない選手と試合ができるので楽しみです!

R2年度 1年生大会予選リーグ.pdf

北部地区団体戦

11/7(土)、北部地区団体戦が行われました。シングルス×1、ダブルス×2の3本勝負です。新人大会地区予選の結果を受け、本高Aチームは第2シードをもらって参加しました。

シード通り決勝まで勝ち上がれば、3年連続「早稲田vs本庄」の決勝戦となる位置です。昨年、一昨年と早稲田に優勝をさらわれているので、3度目の正直なるか?

準決勝まで順当に勝ち上がり、第3シードの正智深谷との対戦。地区上位選手3人を擁する強豪です。1勝1敗からダブルス1の勝負になり、格上相手にしぶとく食らいつきましたが経験者には1歩及ばず、決勝進出はなりませんでした…。こちらも力を出し切りましたが、あと1ショットのところでの精度が足りませんでした。

3位決定戦にまわり、相手は第5シードの熊谷女子。こちらは本高と同じような公立初心者チームです。拮抗するかと思われましたが、調子を上げた本高勢が普段通りの力を発揮し、3-0で勝利でき、3位入賞を果たすことができました!

 

一方、第8シードをもらった本高1年生のBチーム。初戦は成徳レギュラーのAチームとの対戦。

シングルスが頑張りました。相手1番手の県大選手にタイブレイクの末勝利できたことで、チームに勢いがつき、ダブルス2本も活きのいいプレーで3-0勝利!

準々決勝では第1シードの早稲田に敗れましたが、最終的に7位。翌週の1年生大会に向けてたくさん試合ができ、いい経験になりました。

 

今年のチームは2年生が少なく、苦戦を強いられるかと思いましたが、ここまで新人大会6人県大会出場、新人県団体ベスト16、北部地区団体3位と健闘しています。

ひたむきにテニスに向き合う姿勢が実を結び始めているのだと思います。秋冬シーズンは陽が短いけど、創意工夫でさらに実力アップを目指そう!

 Aチーム1年生ダブルス

 

 表彰式

 

 3位!

公式記録

 2020北部地区団体.pdf

新人大会団体戦 県大会ベスト16!

10/24(土)、新人大会の団体戦が行われました。シングルス3本&ダブルス2本の5本勝負です。

本高は惜しくも12シードを逃し、フリー抽選に回りましたが、強豪のいない比較的ラッキーな位置に入りました。

1回戦は蕨高校。オーダー用紙に書けるよう、前日に「蕨」の漢字も練習し、準備万端で臨みました(笑)

肝心のテニスは、相変わらず立ち上がりの悪さが課題でしたが、各選手とも試合中盤から持ち直し、4−1で勝利。2回戦の朝霞西高校との対戦も、調子を上げた各選手が実力を発揮し、3−0打ち切りで勝利できました!

3回戦は第4シードの秀明英光。ジュニア日本一(!)の選手を擁する強豪です。そんなチームでも全員がハイパーなわけではなく、ダブルス2はこちらの1年生が意地の勝利。チームは1−3で敗れましたが、一矢報いることができました。

結果、県大会ベスト16。上出来だと思います。団体戦独特の緊張感に、最初は固かった選手も、最後はいい動きを見せてくれました。

秋の団体戦シーズンを戦う上で、チーム全員にとって弾みのつく結果になりました。

「本高雑草魂」の伝統を継いで、この秋も頑張るぞ!

vs蕨  秋晴れがキレイでした

vs朝霞西 ナイスサーブ!

vs秀明英光 緊張の(?)整列

公式記録(高体連テニス専門部HPより)

新人団体1日目.pdf

考査前補習

考査前恒例の数学補習です。

休校のせいで夏休みが短くなり、考査範囲も膨大( ゚Д゚)

しっかりとこなすには、例年以上に周到な準備が必要になります。

我らが硬式テニス部も、一時(いっとき)テニスを離れ、勉強モード!

…ですが、例年、2学期中間考査は新人大会団体戦の直前。

今年も中間考査の翌日が大会本番という日程です(*_*)

レギュラーメンバーは、毎年この時期だけは考査期間中にも短時間の練習を続けることになります。

レギュラーとして、考査と大会の両立ができるか、真の実力が問われる期間です。

 

   2年:教え合いながら、効率よく理解が進みました。

 

   1年:1学期よりはリラックスムード。和気藹々とできました。本番に期待しています!

 

秋のこの時期は大会シーズンなので、他にも「大会前につき考査期間中も練習」って部があります。

どの部も大変だけど、本高勢が活躍できるよう、お互い励まし合ってガンバロウ!!

熊谷市総合体育大会優勝

10/4(日)、熊谷市テニス協会主催の総合体育大会に参加してきました。

ダブルス大会です。高校生は「初級」の部にエントリーします。例年、県北中心に5校位が参加しますが、今年は休校のせいでこの時期に中間テスト期間に入ってしまった学校があり、深谷第一高校と本高の一騎打ちになりました。

予選は3ペアによるリーグ戦、そのあと順位トーナメントです。本高は3ペアが1位トーナメントに進出し、田中朱里・茂木美薫(2年)が優勝、加藤鈴菜・山田春華(1年)が4位に入賞することができました。

深一との練習試合のような様相でしたが、公営コートで、記録に残る勝ち負けを競う試合はやはり一味違います。層の厚い深一を相手に、緊張感のある試合をたくさん経験することができました。

特に1年生はだいぶ試合にも慣れ、練習通りの動きを体現できるようになってきました。

来たる北部地区団体戦、1年生大会団体戦にも期待が持てる試合が多く見られ、楽しみです!

   予選リーグ

   4位ペア & 優勝ペア

 

公式記録(熊谷市テニス協会HPより)

2020総合体育大会.pdf

 

北部地区 県大会出場選手練習会(in本高)

9/20(日)、北部地区から県大会出場を決めた選手が本庄高校に集まり、合同練習&練習試合が企画されました。

…が、天候不良により、合同練習の途中で打ち切りとなってしまいました(T_T)

「天気に左右される競技なので仕方ない。短い時間でも他校選手と打ち合えた時間を糧に、県大会でも頑張ろう。」と参加した選手にはメッセージを送りました。

例年北部地区は県大会では苦戦を強いられます。他地区に食らいつけるよう、この企画が少しでもモチベーションアップの一助になれば幸いです。

参加してくれた各選手、引率顧問の先生方、ありがとうございました。

卒業アルバム写真

9/18(金)、3年生の卒業アルバム写真撮影を行いました。

休校のせいで半年ぶりのユニフォームでしたが、半年活動してないので、みんな雪女みたいに真っ白です(^‐^);

一生モノのアルバムですから、美白で撮れてよかったかな(笑)

 撮影後は練習に混ざってくれました。ブランクはあれど、さすがに実績を残した学年。現役選手に引けを取らないショットを見せてくれ、1、2年は刺激を受けることができました。

 

汗と涙のしみ込んだユニフォームもこれで着納めです。本当にお疲れさまでした。

現在は進路選択真っ只中、大変だと思いますが、部活動で培った精神力と、仲間との絆があれば乗り切れる!

新チームも軌道に乗り、何人か県大会出場も決めました。後輩たちも頑張っています。

今後もテニス部を暖かく見守ってください。本高テニス部OG諸君に幸あれ!

新人大会北部地区予選

9/11(金)~14(月)、新人大会の北部地区予選が行われました。

例年だと春の学総大会の結果でシードをつけますが、今年は中止になってしまったので、昨年度の新人大会の結果を元にシードをつけました。

結果、春大会があればシードを獲得したであろう強豪選手にシードがつかず、トーナメントに紛れ込むことになってしまいました。このような選手を「爆弾選手」と呼んだりしますが、本高ダブルスの部長副部長のペアがこの爆弾ペアと当たることになってしまいました( ゚Д゚)

練習試合でもボコボコに負けている相手に、分が悪い対戦かと思われましたが、相手を分析し、対策を立てて挑んだ結果、2-5ビハインドから5ゲーム連取で7-5勝利することができました!勝ちを意識し始めた相手に対し、こちらは終始同じようにプレーできたのが良かったです。この夏、どこのチームよりも多く試合経験を積んだことが活かされていたように思いました。

このペアを含め、6人が県大会でプレーできることとなりました。

 

ダブルス

5位 田中朱里・茂木美薫(2年)   県大会出場

6位 野村倖・掛川志帆(1年)     県大会出場

8位 齊藤幸葵・澤田華奈(2年)   県大会出場

シングルス

12位 齊藤幸葵(2年)   県大会出場

13位 掛川志帆(1年)   県大会出場

 

1年生が絡めたのも幸先良いスタートです。県大会でも実力を出し切れるよう、一層の頑張りを期待しています!

公式記録(北部高体連HPより)R02新人北部女子.pdf

練習試合(vs上尾&熊女&本庄東 in本高)

8/30(日)、上尾高校2年生、熊谷女子高校、本庄東高校を迎えて練習試合を行いました。

感染症、熱中症の両方の対策を取りながらですが、選手も大分慣れてきたようで、安全に行うことができました。

いつも通り、本高の人数に合わせて来てもらったので、本高vs他校フルメンバーとなり、キツい試合をたくさんさせてもらいました。

勝敗数は全体では五分五分でしたが、こちらの主力メンバーは大きく負け越し(+_+)

公式戦前最後の対外試合で負け越したことで、「うかうかしてられない」と緊張感が生まれました。

本番に向けて調整を頑張ります!

   1年生ダブルス

 

練習試合(vs早稲田本庄 in本高)

8/19(水)、早稲田本庄を迎え、練習試合を行いました。3密を避け、県高体連の部活動ガイドラインに則って実施しました。

今年の早稲田は、昨年度の新人戦で1年生ながら北部地区1位になった選手を始め、ジュニア経験者の2トップを中心に、学年・経験者・初心者のバランスのいいチームだなという印象です。

久々にお手合わせいただきましたが、早稲田の初心者で始めた2年生も堅実さに磨きがかかり、「試合に勝てる」テニスを追及している印象でした。

こちらの2年が勝てそうで勝てない、じれったい試合が多かったですが、負けは負け。

派手なショットはあらずとも、試合に勝つプレースタイルはあるものだと実感させられました。

さすが早稲田!「考えて勝つ」。勢い任せの(?)本高生が最も見習わなければいけない一面を目の当たりにし、練習に向かう意識も変わってくれることと思います(^‐^)

遠方から通学する選手も多い中、わざわざ本高まで来ていただき、選手・顧問の先生、ありがとうございました。

 

 

 

夏休み活動記録

8/9(日)合同練習→流しそうめん

熊谷商業に来ていただき、合同練習を行いました。

本高の練習に混ざっていただく形となりましたが、普段のメニューでもいつもと違うメンバーを入れて行うと新鮮味があり、刺激を受けることができました。選手、顧問の先生、ありがとうございました。

午後は夏のイベント、流しそうめん。3密を避け、感染防止に細心の注意を払いつつ、暑い午後の一服の清涼剤となりました。新チーム初のイベントでしたが、先輩後輩の距離もグッと縮まり、おいしい食事に大満足でした!

 

  ナイスキャッチ!

 

8/11(火)体験入部

本高テニス部初の試み、体験入部を募集したところ、中学生1名が練習に参加してくれました。

クラブでの経験者とあって本格派。本高の現役部員が教わりたい程、基本に忠実なプレーを見せてくれました。本高には例年経験者がいませんが、1人でも入ってくれると周りへの刺激になり、全体がレベルアップするので、ぜひぜひ入学、入部して欲しいです。一緒に本高テニス部の歴史を作ろう!

受験勉強頑張って、春に再開できることを心待ちにしています!

 

8/13(木)練習試合(vs成徳深谷&大妻嵐山 in本高)

相手両校合わせた人数と本高の人数が同じ位だったので、両校vs本高の対戦となりました。

相手は2年生が多く、こちらは1年生が多かったので苦戦するかと思いましたが、本高勢は練習通りのプレーを実現でき、大きく勝ち越すことができました。本番に向け、1年生も大分試合に慣れ、自信がついたようです。本番での大暴れが期待できそうです!

参加してくれた両校の選手、顧問の先生方、暑い中ありがとうございました。

   1年生ダブルス

練習試合(vs深谷第一 in深谷第一)

8/6(木)、深谷第一高校に伺い、練習試合を行いました。

密を避け、部活動ガイドラインに従っての実施です。

深一は2年生が多く、本高は1年生が多いので、胸を借りるつもりで臨みましたが、本高1年生も意地を見せ、全体では2勝1敗ペースで勝ち越すことができました!

…とは言え、相手の上位番手には、勝ち越しを許すような手強い選手もいました。強気のプレーにこちらが押され、深一のレベルの高さを感じました。

本高の誰かと深一の誰かが、きっと9月の新人大会地区予選で対戦します。そのときは一段とレベルの高い対戦ができるよう、お互いこの夏頑張ろう!

会場を整えてくれた深一選手の皆さん、顧問の先生、ありがとうございました。

  2年生ダブルス

 

  1年生ダブルス

 

1年生練習試合(vs熊谷西 in本高)

8/2(日)、本高に熊谷西高校を迎え、新チーム初の練習試合です。感染症対策をしっかり取りながら、部活動ガイドラインに則って行いました。

相手は1年生のみのチームなので、本高の1年生と対戦してもらいました。

お互い初めての対外試合に、最初は緊張の面持ちでしたが、地の利もあってか、本高選手はラリーが始まるとのびのびとプレーすることができ、いい試合を作ることができました。

修正が必要なショットも確認でき、練習に還元できる課題も見つかりました。

 一方、2年生は部内戦。当初は先週に試合を組んであり、2年も試合ができるはずでしたが、雨で延期になり、2年生がいるチームが来られなくなったので、急遽部内戦を行うこととなったわけです。

こちらも久々のユニフォームを着ての緊張感のある試合。練習とは一味違う真剣モードで、本気ラリーの応酬となりました。実戦に向けて良い調整ができました。

短い夏休みですが、秋の新人大会に照準を合わせて頑張ろう!

考査前補習

6月下旬からようやく通常登校に戻り、新入部員11人を迎えて、硬式テニス部も活動を再開!

…と思ったのも束の間、10日程活動しただけでテスト期間に入ってしまいました(T_T)。

今年の1年生はいい球を打つし、飲み込みも早いし、かつ楽しそうに練習していただけにザンネン(>_<)。もう少し練習させてあげたかった!

しかしテストは待ってくれません。休校のせいで中間テストもできず、いざテスト期間に入ってみると、膨大なテスト範囲を前に生徒は恐々です(+_+)

が、それでもしっかり取り組もうとするのが本高生のエライところ。

各学年から勉強会の要望があり、恒例の数学補習を行う運びとなりました。

 2年生…要領を得たもので、テンポの良いやり取りで効率よく理解が進みました。

 

 1年生…初の数学補習とあって、コート上とは違った緊張感でガチガチでした(^_^;)

 テニス同様、勉強もリラックスしながらやらないと持たないぞ。

 

文武両道、打ち込むものがある幸せを再認識し、目一杯頑張れ!

部活再開に向けて ~第2章~

分散登校が続いていますが、テニスコートは部活再開に向けて動き始めています。

6/9(火)放課後、分散登校した部員(硬式&ソフテニの男女)でコート整備&草取り&ゴミ拾いを行いました。3か月に渡る休校のせいでコートはパサパサ、草も生えて荒れ放題の無残な状態でしたが、1時間程かけてどうにか復旧にこぎつけました。「このままでは1年生を迎えられない」と、3年生も積極的に参加してくれました。さすが3年生!いざという時は頼りになります^-^

6/12(金)、硬式女子とソフテニ男子の有志が残りの草取りをしてくれました。暑い中、蚊と格闘しながら、気持ちの良いコートに復元してくれました。

両日とも、本来の活動ではない、小人数での雑用でしたが、部員たちはとても楽しそうに作業に当たっていました。

久々の部員の弾ける笑顔を見るにつけ、決して「不要不急」なんかじゃない、止めてはいけない活動を我々はしてきたのだと思い知らされました。

授業、学校行事、クラス活動も同様のはずです。一刻も早く、明るく元気な日常を取り戻そう!

youtube 本高女子硬式テニス部チャンネル

部活再開に向けて

3か月ぶりの更新になってしまいました。
突然の「全国一律休校」からの「緊急事態宣言」。
我々関係者はなすすべもなく、戸惑う部員にどう声をかけたらよいのか、悩んでいるうちに3か月が経ってしまいました。申し訳ない。

3年生へ
「明るく強く」をモットーに、テニスに打ち込んできた集大成の大会がなくなりました。
その憤り、悔しさ、虚しさ、悲しみはいかばかりか、推し量るべくもありません。
インターハイや甲子園がなくなって、メディアでインタビューされるのは「全国大会に行けそうだった強豪校」の選手ばかりだけど、全国大会で活躍する選手なんて競技人口の1000人に1人位。
本当にスポットライトを当てるべきなのは、999人の裾野を支える、県大会や地区大会で競技人生を終える本高生のような選手だと思っています。
目標は全国大会ではないけれど、それぞれの目標に向かって切磋琢磨した時間は等しく評価されるべきです。
少なくとも私には、インターハイ選手より15人の本高3年生の方が輝いて見えます!
本来よりも3か月短くなっちゃったけど、この1年11か月の頑張りは、間違いなくみんなの財産です。
勝ち負けもつかず、最後までやり切った達成感にはちょっぴり足りないかもだけど、これまでのみんなの活躍、実績を見れば、十分「実力発揮」と言えるだけの活動をみんなはしてきた。
このチームでの活動に誇りを持ってください。
そんな中、まだ見ぬ新入部員のために動画を作ってくれたり(youtube 本高女子硬式テニス部チャンネル)、部活再開に向けてみんなで準備してくれていること、本当に感謝です。ありがとう。
その人間力、部活動を通して培われたものであるならば、こんなに嬉しいことはありません。
尻切れトンボになってしまったけど、これまでに打ち込んだ時間は、確固たる財産として、仲間と共に胸に刻んで欲しいと思います。

保護者の皆様へ
2年の長きにわたり、硬式テニス部の活動にご理解、ご協力いただきありがとうございました。
ご家族と過ごす時間も削られ、色々な我慢を強いてしまったこともあったと思いますが、この2年間、部員達は本当に楽しそうでした。時にはプレーや人間関係に悩み、涙したこともあったようですが、健全な成長過程だったと思います。
最後の雄姿を見ていただけないのが心残りで仕方ありませんが、一番落胆しているのは生徒本人だと思います。ネガティブな感情をため込まないよう、心のケアに務めていただきたいと思います。
今後は進路実現に向けて前向きに取り組んでもらえるよう、支援したいと考えております。
引き続きよろしくお願いいたします。

2年生へ
いよいよ君たちの番。
先輩たちが培ってきた伝統を受け継ぐときです。
思うように活動ができない不自由な現状もありますが、「本高雑草魂」と創意工夫で、部を盛り上げていきましょう。これからが本番ですよ。思う存分、やっちゃえ本高!
部活を止(と)めるな。
みんなならできる。「Neo本高硬式テニス部」の歴史を作ろう!期待しています!

入部を考えてくれている1年生へ
本高硬式テニス部は、例年硬式テニス経験者のいないチームです。明るい部員のモチベーションと効率のいい練習で、経験者を擁するチームとも戦える位の実績を重ねてきました。
ソフトテニス経験者の諸君、高校に入ったら気持ちも新たに、硬式テニスで一花咲かせてみませんか?
スタートは2か月遅くなりましたが、それはどこの学校も同じ。工夫次第で例年通りの実力をつけていくことは、本高硬式テニス部ならできます。
本高に入学する生徒のポテンシャルには、毎年驚かされます。諸君にもその素質がきっとある!
ぜひ、君たちの中から、本高硬式テニス部の系譜を受け継ぐメンバーが育ってくれることを期待しています。

~入部に向けて~
すでに「入部したい」と考えてくれている人も何人かいると聞いています。
スムーズに活動に合流できるよう、部活再開前にできることを伝えます。

①基礎体力の回復
受験勉強からの休校で、身体は相当なまっています。入部の際はそれを踏まえて無理なく活動しますが、基礎体力はあるに越したことはありません。
2~5㎞位のランニング(ジョギングで構いません)、腕立て伏せ、スクワット、腹筋、背筋(20回×1~3セット)位はできると、楽に練習に取り組めると思います。無理せず、徐々に強度を上げましょう。

②ルールの確認
ソフトテニスと若干カウントが違います。
入部後にしっかり指導しますが、一足早く勉強したい人は、外部リンクですがどうぞ↓
【テニス入門】ポイントの数え方・基本ルール

③用具の用意
入部後に購入でも全く問題ありません。先んじて用意したい人のために。

ラケット:ガットが張られてぶら下がっているのは絶対にダメです。レジャー用なので、すぐ買い替える羽目になります。少々値が張りますが、競技用のもの(初中級者向け)を買いましょう。部にも貸し出しラケットがあるので、当面はなくても大丈夫です。

シューズ:「クレー(土)&オムニ(人工芝)用」を選んでください。「オールコート用」というのがありますが、「すべてのコート用」ではありません。
オールコート=オールウェザーコート=ハードコートです。高体連の試合はすべてクレーかオムニで行われるので、「クレー&オムニ」を選びましょう。

ウェア:入部後、揃いの物を購入します。カタログを見てどれにするか、部員同士でワイワイやるのも恒例の一幕です^^

本高硬式テニス部は、コロナごときに邪魔をされるほどヤワではありません。
高校生活を彩る部活動。選択肢の一つに硬式テニス部を加えてみてください。
テニスコートで待っています。

考査前勉強会

学年末考査期間です。今年度の有終の美を飾れるよう、学年別に数学の勉強会を行いました。

数学は、得意な生徒、苦手な生徒がいますが、教え合うことで双方レベルアップできました。「教えること」が実は一番のいい勉強になったりするものです。

テニスも同じ。「相互作用」でチーム力アップにつなげよう!

   2年

技術講習会

2/11(火)、北部地区の技術講習会が行われました。各校の上位選手を対象に、ヨネックスのプロコーチからレッスンをいただく練習会です。

本高からは6名が参加しました。基本的な球出し中心でしたが、力の入れ方やインパクトの位置、スイングの軌道など、細かなアドバイスをいただきながら練習を重ねると、ショットの質が目に見えて良くなりました。さすがプロ!

この手の練習会は、「その日」は良くなるのですが、教わったことを継続できるかがポイントです。

参加メンバーが、チームの練習に還元してくれることを期待しています。

会場を提供してくださった本庄東高校、参加各校選手、顧問の先生方、ありがとうございました。

鍋パーティー

冬のイベント、鍋パーティーです。

午前練習でみんなお腹ペコペコ。例年にない手際の良さで準備が進みます。

Oさん、白菜の切り方が上手になりました。Mさん、椎茸の軸の取り方を覚えました。花嫁修業もバッチリできる硬式テニス部です(^-^)

あっという間に寄せ鍋、キムチ鍋、豆乳鍋の3品が完成!みんなモリモリとおかわりを繰り返し、シメのリゾット、うどん、ラーメンまでおいしくいただきました。

たっぷり充電して、寒い冬を乗り切ろう!

西部北部強化練習会

1/25(土)、岩鼻運動公園で西部北部強化練習会が行われました。

宮城県から選抜選手を招待し、埼玉県の西部・北部各地区の選抜チームと団体戦(シングルス×3、ダブルス×2)を行います。宮城からは選抜AとBが参加。オーダーを変えて2対戦ずつ行いました。

北部地区選抜に、本高から2名(山﨑・上野)が選出されました。

北部地区は学校数も少なく、普段からほぼ顔馴染みな上、上位選手は夏のコバトンカップでも一緒にチームを組んでいるので和気あいあい、リラックスしたムードで1日過ごすことができました。結果は…。

 北部選抜 5-0 宮城選抜B

 北部選抜 5-0 宮城選抜A

 北部選抜 4-1 宮城選抜B

 北部選抜 3-2 宮城選抜A

全勝でした!初めて対戦する相手に最初は緊張の面持ちでしたが、地元の利もあり、どの選手も頼もしい試合をしてくれました。まさに北部のドリームチーム。他県選手にも自分たちのテニスが通用すると自信が持てたようです。

が、そんな北部選手でも、埼玉県大会に出るとなかなか勝てない現状があります。埼玉のレベルは高い!今回の善戦を励みに、より高いレベルのプレーを目指して欲しい。監督としてそんな話をさせてもらいました。

チームを組んでいただいた本庄東、早本、正智、農三、熊女の選手の皆さん、ありがとうございました!

   試合前挨拶

   本高ダブルス

北部地区学年別ダブルス大会 2年の部優勝!

1/12(日)13(月)、北部地区の学年別ダブルス大会が行われました。

初日は4ペアのリーグ戦、2日目は順位別トーナメントです。

本高が1シード(上野・梶山)と4シード(山﨑・倉林)をもらって参加した2年の部。両ペアとも順当に予選を勝ち上がり、1位トーナメントの準決勝で当たりました。

部内でも勝ったり負けたりの拮抗した実力の両ペアですが、この日は4シードのペアが勝利、決勝にコマを進めました。

決勝の相手は因縁の早稲田本庄。練習試合でも勝ったことのない相手に、分が悪いかと思われましたが、失うもののないこちらはガムシャラにラケットを振り抜き、接戦ながらも終始リードを保ち、6−4で勝利!本高勢初優勝を飾ることができました!

重圧から開放された両名は喜びと安堵でワナワナ…(*´∀`*)。やりきった感にあふれていました。

一方、3位決定戦に回ったペアは攻守に精彩を欠き、ライバルの熊女に敗れて4位。惜しかった!

満足のいく結果だったペアも奢らず、課題の残ったペアは真摯に課題と向き合い、春までに力をつけてくれることを期待しています!

   決勝(奥)&3決(手前)

   表彰式

   4位ペア(左)&優勝ペア(右)

 

   公式記録(北部高体連HPより)

   R1年度学年別.pdf

 

 

練習試合 in本高

1/5(日)、早稲田本庄、成徳深谷、熊谷西の3校を迎えて練習試合を行いました。

1週間後に北部地区学年別ダブルス大会を控えているので、最終調整です。各校共、秋に対戦したときよりもレベルアップしていて、練習の成果が伺えました。

本高勢も、本高らしい活きのいいダブルスで善戦でき、手応えをつかむことができました。

季節がら、体調管理には万全を期し、本番でも目一杯のパフォーマンスに期待しています!

各校選手、先生方、ありがとうございました。


練習試合 in本高

12/28(土)、高崎東、太田東、進修館高校を迎えてダブルスの練習試合を行いました。群馬勢も県大会で活躍する選手が多数いて、レベルの高い試合が展開されました。

普段は顔を合わせることのない選手と試合ができ、緊張感のある試合ができました。

各校選手、先生方、ありがとうございました。

本高選手には、年明けまでこの好調をキープし、学年別大会での活躍を期待したいところです!

2019年の活動も、塩カルを撒いてこの日が最後。

みんなよく頑張りました。「頑張ればできる」レベルの練習や日程を組んでやってきたので、楽ではなかったと思いますが、笑い合って真剣に上を目指す、良い雰囲気で頑張ってくれました。夏には関東公立高校大会に3年連続となる出場を果たし、新人大会でも8人が県大会で活躍。北部地区団体では準優勝。結果もさることながら、コート外でも自分のやるべきことを考え、気配り目配りのできる、人間性を兼ね備えたいいチームになりました。

会に出たら、テニスの実力よりも気配り目配りできる方が大事。部活動を通じて、色んな意味で成長できた1年でした。

ゆっくり休んで、新年も頑張るぞ!

練習試合 in熊谷女子高

12/22(日)、熊谷女子高校に伺い、本高vs熊女&本庄東&久喜北陽で練習試合を行いました。

北部東部共に、年明けにダブルス大会を控えているので、ダブルスのみ行いました。

 各校の秋冬の練習の成果が見られ、質の高い試合が展開されました。

①本庄東1番手と本高1番手の対戦。9月の新人大会北部地区予選の決勝で当たったときは2-6で敗れ、優勝をさらわれた相手でしたが、この日はもつれながらも終始リードを保ち7-5で勝利!ミスしても強気で次に向かう姿勢が功を奏しました。

②熊女1番手と本高2番手の対戦。11月の北部地区団体戦では本高が勝利した相手でしたが、序盤、こちらのショットが入らず1-5まで追い込まれます。終盤に復調して、どうにか7-5で勝利できましたが、このペアにはこちらの1番手を含む他の3ペアが敗退。新人戦の時よりも確実にスキルアップしていることを痛感させられ、身の引き締まる思いがする試合でした。 

善戦した試合もあった一方、本高の人数が多く、本高vs各校フルメンバーの対戦だったので、全体ではキツかった(>_<)!

大きく負けが込んだ1日になりましたが、その分収穫は大きいものがありました。練習に還元できる項目が増えました。この一冬頑張って、1月の本番ではまた白熱した対戦が見られるよう、各校お互い頑張ろう!

会場を整えてくれた熊女選手、参加してくださった各校の選手、顧問の先生方、寒い中ありがとうございました。

   2年の試合

   1年の試合

考査前補習

期末テスト期間です。

学年別に恒例の数学補習を行いました。普段はなかなか勉強できない分、考査期間には勉強モードにスパッと切り替えて集中する、彼女らの馬力には毎度感心させられます。

勉強でもテニスでも、できなかったことができるようになったとき、パッと顔つきが変わるのを見ると、小さな成功体験の積み重ねが成長につながっているのかなと、頼もしい思いがします。

気持ちよく年を越すためにも、抜かりなくガンバレ!

   1年の演習 

BBQ

恒例の秋のイベント、バーベキューです。朝方まで雨が降っていましたが、午後には秋晴れのBBQ日和。練習でお腹を空かせて、いざ肉!

肉、野菜、ミニピザ、ジャガバタ、焼きそば、豚汁、煮卵…。大量の食材を平らげ、お腹いっぱい、大満足でした。

普段はテニスで切磋琢磨する仲間ですが、食を共にするとグッと親睦が深まるようです。先輩後輩の垣根も越え、楽しい時間を過ごすことができました。

たっぷり充電して、明日からまた頑張るぞ!

 

1年生大会団体戦(2位トーナメント)

11/17(日)、1年生大会の2位トーナメントに参加してきました。

14チームによる、当日抽選のトーナメントです。

本高の初戦は志木高校。緊張感のある練習が伺える、風格のあるチームでした。3面同時展開の中、ダブルス1が危なげなく勝利、ダブルス3が粘って勝利しますが、ダブルス2が攻めきれず、タイブレイクの末に敗戦。チームは2勝1敗で勝利でしたが、課題の残る対戦でした。

2回戦は越ケ谷高校。この夏、2年チームが関東公立高校大会にご一緒させていただいた実力校です。1年チームは…?3ペアとも洗練されたテニスで、いい勝負を挑むも1勝2敗で敗れてしまいました…。

結果、2位トーナメントのベスト8。微妙な結果となりましたが、ここから何を感じるか。課題ははっきり浮かび上がったので、各自が課題意識を持って練習に取り組んで欲しいと思います。

次の大会、学年別ダブルスに向けて、実力をギュンと上げてくれることを期待しています!

公式記録(埼玉県高体連HPより)

   1年生団体2日目.pdf

熊谷市テニス協会 秋季団体戦

11/17(日)、2年生は熊谷市テニス協会主催の団体戦に参加してきました。一般(社会人)のチームに混ざっての試合です。シングルス1本、ダブルス2本の3本勝負、予選リーグを1位で通過したチームが決勝トーナメントに参加できる方式です。

本高Aチームは順当に予選リーグを勝ち上がり、決勝トーナメント進出!これで本高は春秋通じて10大会連続決勝トーナメント進出を果たすことができました。

一般チームはほぼ毎年同じ顔ぶれで勝負ができますが、高校生チームは毎年メンバー総取っ替えです。そんな事情を承知してくれている協会の方からは「代が変わっても頑張ってますね」と評価していただきました。選手にも励みになったようです。

この春の準優勝に続き、入賞を狙いたかったところですが、くじで上手な一般チームと当たってしまい、ベスト4決めで敗れてしまいました…。高校生のようなスピードはないながらも、安定感のあるボレーを目の当たりにし、いい勉強になりました。

B,Cチームも予選リーグ2位。惜しかった!こちらも上手なチームと試合をさせていただき、いい経験ができました。

次は1月の学年別ダブルス。いい試合ができるよう頑張ろう!

公式記録(熊谷市テニス協会HPより)

1年生大会団体戦(予選リーグ)

11/14(木)、1年生大会団体戦(予選)が与野高校で行われました。ダブルス3本勝負です。4チームの予選リーグを行い、1、2位がそれぞれのトーナメントに進出できます。

本高の初戦は与野高校。1、2が自分たちのテニスを貫き勝利!3はボレーに課題の残るプレーで敗戦してしまいましたが、チームは勝利できました。

2戦目は川越南高校。県大選手2人を擁するシード校です。ダブルス1があっさり敗れ、ダブルス2があっさり勝利、1−1の3番勝負にもつれ込みます。序盤は相手のミスに助けられますが、中盤、強気を貫く相手に流れを奪われ、4−6で敗れてしまいました…。悔しい敗戦。技量不足を痛感する試合でした。が、負けた試合の方が経験値は上がります。悔しさをバネに、発奮してくれることを期待しています。

3戦目は栗橋北彩・羽生第一・杉戸農業の東部連合。ダブルス1は上手な選手で歯が立ちませんでしたが、ダブルス2の対戦では、先の試合で悔しい思いをしたペアが復調し勝利!3番手の初心者ペアも落ち着いたプレーで勝利でき、チームとしては2勝1敗のリーグ2位でトーナメントに進むことができました。

実質1年生のデビューとなるこの大会。実力通りの展開を作れた試合、思い通りにならず課題の残る試合と、様々経験できたことはチームにとって大きな収穫でした。2位トーナメントは11/17(日)。実力の近い相手と試合ができるので楽しみです。

まだまだ伸び代のあるこのチーム、更なる飛躍に期待しています!

北部地区団体戦 準優勝!

11/9(土)、北部地区の団体戦が行われました。シングルス×1、ダブルス×2の3本勝負。24チーム参加のトーナメントです。

本高Aチームは新人戦の結果を受け、第2シードをもらって参加しました。

決勝まで全勝で順当に勝ち上がり、因縁の第1シード早稲田本庄との対戦となります。

昨年と同じ決勝での顔合わせでしたが、さすがの早本、このチームも質の高い練習をしていると見え、対戦する度に技量が上がっています。

シングルス、ダブルス1、共に強気で挑むも歯が立たず、2-1で押し切られてしまいました…。ライバルの頑張りに刺激を受ける1戦となりました。

一方でBチームも善戦し7位、C、Dチームもベスト16で健闘してくれました。

1年生は14日に1年生大会、2年生は17日に熊谷市民大会があります。今日の成果と課題を次に繋げ、一層のいい試合を期待したいところです!

 (試合結果)

      

新人大会県大会団体戦

10/26(土)、新人大会団体戦の県大会が行われました。シングルス3本、ダブルス2本の5本勝負です。県大会個人戦の結果を受け、本高は第11シードをもらって参加しました。

初戦は埼玉平成。不戦勝2本を含む4-1で勝利できました。

続く越谷西高校との対戦は3-0で勝負が決したので打ち切り。

ベスト8を賭けた3回戦は第6シードの星野高校。ジュニア経験者3人を擁する強豪で、昨年の1年生大会団体戦でも本高はベスト4決めで星野と当たって敗れています。

リベンジをかけて挑みましたが、壁は厚く、0-3で敗れてしまいました…。

が、強い相手と試合ができ、いい経験ができたのもシードを活かして勝ち上がったからこそ。選手には胸を張って次に進んで欲しいと思います! 

公式記録(高体連HPより) 

2019sinjin_dr-4.pdf

考査前補習

中間テスト前、恒例の学年別数学補習を行いました。

1年生はやる気満々、活発に質問しながら講義を受け、真剣に演習に取り組みました。

2年生も修学旅行気分から(頑張って?)切り替え、テストモードに。

テスト明けには新人大会の県大会(団体戦)が控えています。例年、この頃のレギュラーメンバーは勉強との両立に苦心する時期です。

が、修学旅行に中間テストに団体戦、すべてをやり切る気概が欲しいところです。このチームならできると信じています。支え合って頑張ろう!

三兎を追え!

    1年生の演習

新人大会県大会個人戦

9/28(土)、29(日)で新人大会県大会が行われました。

 

シングルス(いずれも2年)

上野綾香…2回戦進出

山﨑彩未、梶山由羽、岡田彩子…初戦敗退

ダブルス(いずれも2年)

尾崎礼奈・黒岩優衣…2回戦進出

山﨑彩未・倉林江吏、上野綾香・梶山由羽、岡田彩子・塩原茉紋…初戦敗退

県大会の壁は厚く、本高勢の初戦突破は、シングルスで4名中1名、ダブルスでも4組中1組のみでした。

 

硬式テニスの県大会はシングルス128人、ダブルス64組で行われますが、東西南北各地区の県大出場本数の割り当ては、シングルス(ダブルス)で「16(8)ベース+前回県大会の初戦突破本数」となっています。

他地区にジュニア経験者が多く、北部地区は苦戦を強いられるかと思われた今大会ですが、各選手が予想以上の善戦を見せてくれ、シングルス9人、ダブルス5組が初戦突破してくれました。

つまり、来春の学総大会は、シングルス25名、ダブルス13組が県大会に出場できることとなったわけです。近年にない大人数。現役部員にとっては励みになる数字です。

各選手、お疲れ様でした。北部の本数をもっともっと増やせるよう、春までにお互い頑張りましょう!

 公式記録(高体連テニス専門部HPより)

   2019sinjin_kojin_r.pdf

北部地区 県大選手練習試合

9/15(日)、本高にて、北部地区の県大会出場選手による合同練習&練習試合が行われました。本高からは県大選手8名が参加しました。

最初は高体連テニス専門部強化部の先生から2時間程のレッスンをいただきました。技量の高い選手同士の打ち合いとあって、緊張感のある練習となりました。

その後は練習試合。2次予選での結果が覆るような試合もあり、各校の健闘が見られました。

県大会で北部選手が1人でも多く勝利できるよう頑張ろう!

   合同練習の様子

新人大会 北部地区2次予選


9/6(金)、7(土)で新人大会北部地区2次予選が行われました。

 

ダブルス

上野綾香・梶山由羽(2年)準優勝 県大会出場

山﨑彩未・倉林江吏(2年)5位   県大会出場

尾崎礼奈・黒岩優衣(2年)7位   県大会出場

塩原茉紋・岡田彩子(2年)9位   県大会出場

   ダブルス表彰式

 

シングルス

山﨑彩未(2年)7位  県大会出場

上野綾香(2年)8位  県大会出場

梶山由羽(2年)12位 県大会出場

岡田彩子(2年)14位 県大会出場

   シングルス表彰式

 

本高部員22名中、8名が県大会でプレーできることとなりました。北部地区からのダブルス10組中4組、シングルス19名中4名を本高が占める結果となりました。

この夏に色々なところへ出掛け、数多くの学校と試合をさせていただいた経験が活かされていたように思います。試合前の緊張はみんなで支え合って半分!試合中の喜びは応援メンバーと共有して倍増!個々がのびのびと力を発揮できる、いいチームになりました。

県大会は、他地区が実力者揃いで厳しい勝負になりそうですが、勝敗はともかく、自身の実力を発揮できるよう調整を頑張ります。

 

公式記録(高体連HPより)

2019shinjin.pdf

練習試合

8/27(火) vs所沢北&高崎東&進修館 in熊谷さくら運動公園

4校合同で、2次予選進出選手による練習試合を行いました。

1次予選での課題が克服できている部分もあり、まだまだの部分もありましたが、各地区の2次予選選手だけあって、質の高い試合をさせていただきました。

県大会で再会できるよう、お互い頑張りましょう!各校選手、遠方よりありがとうございました。

   1年生ダブルス 

 

 8/29(木) vs越ケ谷&所沢西 in越ケ谷高校

 この日は越ケ谷高校さんにお邪魔しました。3校の2次予選選手による試合です。この日も競った試合が多く、なんと全体の半数以上が2ゲーム差以内の決着(6-4とか7-5とかタイブレイクとか)!

実力の近い相手とたくさん試合ができ、2次予選までにやることが見えてきました。

両校のみなさん、ありがとうございました。

   2年生ダブルス

コバトンカップ参戦!

8/22(木)、23(金)、コバトンカップが行われました。

関東近県から強豪校を招き、ダブルス3本の団体戦。初日に3つのリーグを行い、2日目は順位別リーグです。

埼玉からは、強豪校単独の他、東西南北各地区の選抜チームが参加しますが、北部地区選抜に本高から1名(上野・2年)が選ばれました。

 

初日リーグ

北部選抜 2-1 八千代(千葉)

北部選抜 0-3 明星(東京)

北部選抜 3-0 土浦日大(茨城)

北部選抜 3-0 竜ヶ崎一・霞ヶ浦(茨城)

北部選抜 3-0 甲府西(山梨)

北部選抜 2-1 伊奈B・埼玉平成(埼玉)

2位通過でした。

 

2日目 1&2位リーグ

北部選抜 1-2 明星(東京)

北部選抜 0-3 伊奈A(埼玉)

北部選抜 0-3 小平(東京)

北部選抜 3-0 南部選抜(埼玉)

北部選抜 1-2 東部選抜(埼玉)

得失ゲーム数の差で、全体6位となりました。

 

北部地区選抜は、4校による即席チームながらコミュニケーションがよく取れていて、お互いを励まし合いながらプレーしていました。

普段はライバルの選手とも一体になって戦う、団体戦の醍醐味を存分に味わえたようです。

「サムライジャパン」みたいなチームはこんな雰囲気なんでしょうか(^-^)?

この交流をきっかけに切磋琢磨し、お互いのレベルアップにつなげよう!

チームを組んでくれた本庄東、正智深谷、農大三高の選手、ありがとうございました。

 

 

    閉会式

新人大会 北部地区1次予選

8/19(月)、20(火)で新人大会の北部地区1次予選が行われました。

1次でシングルス32名、ダブルス16組を選出し、9月の2次予選で県大選手(シングルス19名、ダブルス10組)を決めます。

本高からはシングルスで7名、ダブルスで5組が勝ち残り、2次予選を戦えることとなりました。

夏の終りのこの時期、モチベーションを保って部活に取り組めるのは2次予選選手の特権です。

敗退してしまった選手たちの分も頑張り、1人でも多く県大会に出場してくれることを期待しています!

関東公立高校テニス大会 結果報告

8/12(月)13(火)、千葉県白子町で「関東公立高校テニス大会」に参加してきました。

シングルス3本&ダブルス2本、5本勝負の団体戦です。
1都6県から16チームの参加で、初日は4校ずつ4つのリーグ戦、2日目は各リーグの1~4位による順位別リーグを行います。

本高初日のBリーグ
本庄 2-3 竹園(茨城)
本庄 0-5 八千代(千葉)
本庄 4-1 宇都宮女子(栃木)
名門八千代には手も足も出ず、竹園にも上手な選手が3人いて敵いませんでした…。
本高は3位リーグで2日目を迎えることとなりました。

本高2日目の3位リーグ
本庄 4-1 検見川(千葉)
本庄 3-2 越ケ谷(埼玉)
本庄 2-3 市立稲毛(千葉)
埼玉県大会で惜敗した越ケ谷との対戦。意外性のテニスに翻弄される場面もありましたが、シングルス1の選手が格上の相手を破り、3勝2敗でリベンジできました!
一方、市立稲毛との対戦は、勝つべき試合を落としてしまい惜敗…。「勝てそうで勝てなかった」も負けは負け。いざというときに勝ちきれないのはチーム全体の力不足です。
この敗戦を機に、全員が気を引き締めることができました。

今年は総合10位でした。
参加16チーム中、ジュニアの経験者が1人もいないチームは本庄だけだったと思いますが、よく頑張って食らいついたと思います。初めての会場で、聞いたこともない他県の選手と、チームの勝ち負けを背負って試合をする…。緊張感のある試合をたくさん経験することができ、3日間で随分と度胸がつきました。

今週末からは新人戦が始まります。
今回の経験を個人戦に活かし、一人でも多く1次予選を突破できるよう、頑張ってくれることを期待しています。

応援に来ていただいたり、普段から支えてくださる保護者の皆様、激励をいただいた同窓会、先生方、生徒諸君、ありがとうございました。

  試合前の挨拶

 

  関東でも、「頑張るぞ、頑張るぞ、がんばるぞ!」

 

  ダブルスの試合

 

  閉会式

 

 

  公式記録(千葉県高体連HPより)
  初日  girls_results1stday.pdf
  2日目 girls_results2ndday.pdf

流しそうめん

夏のイベント、流しそうめんです。
猛暑日の午後、一服の清涼剤になりました(?)
お腹を空かした部員たち、そうめんの他にも、から揚げ、天ぷら、煮卵…。次々と食材を平らげ、大満足の笑顔でした。
「食べる選手は強くなる」と言われてますから、頼もしい限りです(^-^)

手際よく準備できる人、包丁さばきが意外に上手な人、モリモリ食べるのが得意な人…。
普段コートでは見られない性格も見られ、先輩後輩和気藹々、リラックスした時間を過ごすことができました。
おいしい食事でお腹いっぱい、明日からまたガンバロウ!


   ナイスキャッチ!


   肉食系?

練習試合(vs越谷南&茨城キリスト in越谷南)

8/5(月)、練習試合にお誘いいただきました。
越谷南は、日本一(?)の練習量を誇る、埼玉の強豪。
茨城キリスト学園は、こちらも関東大会、インターハイ常連の、名選手を擁する名門です。
本高選手は、そんなネームバリューにも臆することなく、果敢に挑みました。
厳しい試合もありましたが、今日の一日でみんな随分上手くなりました。練習してきたショットが通用する場面もあり、手ごたえをつかむことができました。
個の力量アップがチーム力アップにつながるよう、練習に還元しよう!


   ピンクが本高

練習試合(vs所沢北 in本高)

8/4(日)、所沢北高校に来ていただきました。
先日の国公立大会でも県ベスト8に残った、西部地区の実力校です。
所沢北の選手は、経験者はいないながらも、質の高い練習が伺える、洗練されたショットを打っていました。サーブやストロークのフォーム、参考になる要素がたくさんありました。
同じような境遇の本高も意地を見せ、対戦では勝ち星が上回りましたが、カッコいいテニスに刺激を受け、モチベーションが上がる1日になりました。
所沢北のみなさん、遠方よりありがとうございました。

3年連続 関東公立高校テニス大会出場決定!

3年連続、関東公立高校テニス大会出場決定!

7/30(火)、31(水)で埼玉県公立高校テニス大会が行われました。シングルス3本とダブルス2本、5本勝負の団体戦です。
今年は、参加57校中4校が関東大会の出場権を得ます。
本庄高校は春の地区大会の結果を受け、第6シードをもらって参加しました。

本高の初日、市立浦和高校に5-0で勝利のあと、ベスト8決めの対戦は、またまた因縁の川口北高校。昨年の公立関東決めで接戦を制し、春にはファミスポカップの決勝で競り勝ったライバルです。新チームでも早速対戦するとは…。
5面同時展開の中、ダブルス1とシングルス3が危なげなく勝利するも、シングルス2があっさり敗れてしまい、2勝1敗。
残るシングルス1。強気のラリーで5-4リードのマッチポイントまで握りますが、力みが出てしまい、捲られて5-7で敗れてしまいました(>_<)。
2勝2敗で、最後のダブルス2に勝負がかかります。序盤、ゆったりしたテンポのラリーにボレーのタイミングが合わず、2-4リードを許しますが、こちらのサーブゲームから流れを引き寄せ、4ゲーム連取で6-4勝利!辛くも3勝2敗で2日目にコマを進めました。

2日目、関東大会出場をかけた、第3シードの浦和西高校との対戦。
ジュニア経験者のシングルス1&2は、南部地区を勝ち抜く強者で、あっさり敗退してしまいますが、ダブルス1が活きのいいプレーで勝利、ダブルス2も、5-2リードからモタつき5-4まで追い上げられますが、最後は得意のボレーでポイント!6-4で振り切ることができました。
またまた2勝2敗で迎えたシングルス3、序盤はこちらの強打がことごとくアウトで困りましたが、コーナーを丁寧に突く作戦に切り替え、リードを保ち、6-2で勝利!見事、3年連続関東大会出場を決めました!
プレッシャーから解放され、お互いを労い涙して喜ぶ部員達…(こちらまでウルッと来てしまいました)。応援生徒も含め、チーム全員でつかんだ勝利でした。
泣けるほど全力で何かに打ち込む経験、生涯に何度もあるものではありません。いい試合を見せてもらいました。
北部地区大会の結果でシードはもらったものの、初心者集団のチームが県でどこまでやれるか、大会前は不安気な表情だった選手たちでしたが、始まってしまえばいつも通りの明るい笑顔で、普段通りのパフォーマンスを発揮してくれました。

その後のベスト4によるリーグ戦は1勝2敗。最終的に埼玉県3位で関東大会でプレーできることとなりました。8/12(月)、13(火)、千葉県白子町まで出掛けてきます。

関東大会は、ハイレベルなステージで経験値を上げられる貴重なチャンス。日頃よりご理解ご協力をいただいている保護者の皆様、先生方、生徒諸君への感謝を忘れず、このチームらしく、「明るく真摯に」楽しんできます!

  試合の様子

 

  埼玉3位!

 

  行くぞ「KANNTOU♡」!

 

公式記録(高体連HPより)
r01_jyoshi_2.pdf

山中湖合宿

7/23(火)~26(金)、山中湖で毎年恒例の合同合宿を行いました。今年は熊谷女子、熊谷西、熊谷商業、上尾、桶川、本庄の6校、約70名の参加です。

1日目 各校練習
普段より多くのコートが使えるので、みっちり練習できました。
2日目 レベル別合同練習
自分と技量の近い選手との合同練習。本高生も他校選手と打ち合う中で、自分たちのテニスが通用すると自信が持てたようです。
3日目 練習試合
潤沢なコートのおかげで効率よく試合ができました。最後はタフな試合になりましたが、実戦さながらのいい試合が経験できました。お疲れ!
4日目 各校練習 
課題のサーブに重点的に取り組みました。最後は涙目になりながら打っている選手もいましたが、終わってみれば、練習前と比べて安定感が出てきたような気がします。

今年は天気も良く、大変充実した合宿となりました。参加していただいた各校の選手、先生方に感謝いたします。
次会ったときには一段とレベルの高い試合ができるよう、お互い頑張ろう!


   富士山の麓(パワースポット?)で練習


   練習試合


   シェフのディナーは大好評!


   花火もキレイでした

練習試合(vs越谷北 in本高)

7/21(日)、越谷北高校さんがはるばる来てくれました。県大会で活躍するジュニア選手2名を擁し、来たる国公立大会の第1シードにエントリーされている実力校です。
本高勢ですが、ジュニア選手に苦戦しながらも、レベルの高いラリーをさせてもらいました。勝てはしなかったものの、上質の試合を経験することで実力を引き上げてもらいました。
その他の対戦では勝ち星が大きく上回り、1年生を含め、新チームでの練習の成果を確認することができました。
越北のみなさん、遠方よりありがとうございました!

連休練習試合2(vs早稲田本庄 in若泉運動公園)

7/15(海の日)、北部の強豪、早稲田本庄に来ていただきました。本高は7月末に公立高校大会(団体戦)を控えているので、メンバーを中心にお手合わせいただきました。
新チームにもジュニア経験者の上手な選手がいて、勝てはしませんでしたが、白熱したショットの応酬が見られ、本高選手は高速ラリーに目を慣らすことができました。
地区大会で当たったときにはリベンジできるよう、奮起して欲しいと思います!




連休練習試合1(vs本庄東&正智&鴻巣 in本庄東)

7/14(日)、新チームになってやっと、最初の対外試合を行うことができました。例年、期末前に新チーム最初の試合を入れることが多いのですが、今年は雨で流れ流れ…。その分、校内練習でじっくりシミュレーションし、満を持して臨みました。

本庄東、正智両校のジュニア経験者相手に、ダブルスでは善戦できたものの、シングルスでは決定力の差を見せつけられる結果となしました。
ダブルスを軸にノッて行くのが本高カラーなので、例年通りの滑り出しかなというところです。
課題を練習に持ち帰り、次会ったときはシングルスでも善戦できるように頑張ろう!

雨の中、人工芝会場を提供してくださった本庄東高校さんには本当に感謝です。ありがとうございました。


考査前勉強会

期末考査前、学年毎に数学の補習を行いました。
1年生も勉強のリズムがつかめてきたようで、効率よく演習に取り組むことができました。
テニスの練習だけでなく、普段から支えあえるのも、部活仲間の良いところです。学期末の有終の美に期待します!


   2年生


   1年生

北部地区審判講習会

6/9(日)、北部地区審判講習会が本庄高校を会場に行われました。
北部地区すべての学校からテニス部の代表生徒が集まり、審判技術の向上を図るものです。
本高テニス部員(男女)は当日の会場設営に始まり、受付、資料配布や回収など、役員として大変よく動いてくれました。
中でも、他校生徒の前で行った、審判&プレーのデモンストレーション。緊張したことと思いますが、立派に見本を示してくれました。
テニスは、生徒が審判をするので、良い審判は良い選手であるための条件の一つです。今回の経験が本高選手のプレーに還元されることを期待しています!

考査前勉強会

中間考査期間中です。
5/17(金)、文武両道を図るため、部員が集まって勉強会(主に顧問による数学の補習)を行いました。
普段はテニスで切磋琢磨する仲間ですが、今は試験前。ラケットをシャーペンに持ち替え、打ち解けた雰囲気ながら集中して演習に取り組むことができました。
1年生にとっては入学後最初のテスト。順調な滑り出しを期待したいところです!

熊谷市春季団体戦

5/12(日)、熊谷市テニス協会主催の団体戦(シングルス×1、ダブルス×2)に参加してきました。
予選リーグ1 位通過チームによる決勝トーナメント方式です。本高Aチームは、春秋通じて9大会連続(5年目突入!)で予選を通過し、大人チームとの決勝トーナメントに進出しました。
1 回戦は得意のダブルスを1 つ落としてしまいますが、シングルス勝利で巻き返し、2−1で勝利できました。
準決勝も手堅い相手との対戦でしたが3−0で勝利し、本高初の決勝進出!
決勝では鉄壁なボレーの前に勝利することはできませんでしたが、最後まで試合を楽しむことができました。


   決勝戦


   表彰


   準優勝!

 公式記録(熊谷市テニス協会HPより)
 
  2019haruTeam_.xls


 この日を最後に、12人の3年生は引退となります。長かったような短かったような現役生活、お疲れ様でした。
 1つ上の代が実績を残しただけに、プレッシャーとの戦いから始まったような1年間でしたが、真摯にテニスと向き合い、関東公立高校テニス大会出場をはじめ、先代に引けを取らない実績を上げることができました。活動を通して得た自信と誇りは、これからの彼女らを支えてくれることと思います。
 ひとまずテニスとはお別れですが、このチームで培ったタフネス、絆は、受験その他の困難を乗り切る糧となってくれるでしょう。
 テニス部OGの前途に幸多かれ!


学総大会県大会団体戦

5/11(土)、学総大会県大会団体戦が行われました。
シングルス×2、ダブルス×1の3本勝負。
本高の初戦は山村学園(´Д`)・・・
インターハイやら全国私学大会やらで名を轟かす、ジュニア選手の集まる全国区の強豪校です。
異次元のショットに手も足も出ず、3試合合わせても1時間位で終わってしまいました。
硬式テニス界は完全なる格差社会。
小さい頃からカネをかけてプロコーチに習ってきた選手に、高校から始めた選手が敵うはずもなく、3試合で2ゲーム取るのが精一杯でした(-.-)
ここまで頑張ってきたレギュラーには、もう少し張り合いのある試合をさせてあげたかったけれど、これが現実。
実社会に出れば、同様の格差社会が待っています。
突き抜けた選手(富裕層)は置いといて、自分の活躍できるポジションはどこだろう?と自分の居場所を探せるようになれば、今回の敗戦の意味もあろうというものです(^ ^)