日誌

女子硬式テニス日誌

熊谷市民大会団体戦

11/27(日)、熊谷市テニス協会主催の秋季団体戦に参加しました。ダブルス2、シングルス1の3本勝負です。

予選リーグ初戦、熊西Bにはあっさり3-0で勝利しましたが、次戦の上手なレディースチームとの対戦は、本高ダブルス1が活きのいいプレーで勝利するも、シングルスとダブルス2が敗れてしまい、決勝リーグ進出はなりませんでした…。

が、普段対戦できない選手と対戦でき、経験値を上げることができました。年明けの学年別ダブルス大会に向けて調整を頑張りたいと思います!

新人大会団体戦

11/3(木)、新人大会県大会の団体戦が行われました。シングルス3本&ダブルス2本の勝負です。

本高は、新人大会個人戦で県大会6人出場の実績から、第8シードをもらって参加しました。

初戦は細田学園。トリッキーなダブルスに手を焼く対戦もありましたが、4勝1敗で勝利!

2回戦はジュニアの強豪選手を擁する南稜高校。強豪のシングルス1に勝利は難しいので、それ以外で3勝を目指しましたが、勝利を見込んでいたダブルスが接戦の末敗れてしまい、1勝3敗で打切りとなってしまいました…。

ベスト8決めまで進めれば、昨年と同じ顔合わせの早稲田本庄と当たれる位置だったので、そこを目指していたのですが、手前で負けてしまいました(+_+)。修学旅行、中間考査と、1か月近く実戦から遠ざかっていたので、試合勘が戻っていないのは否めませんでしたが、言い訳にはなりません…。

この後も、市民大会、学年別ダブルス、北部地区団体と試合は続くので、仕切り直して頑張ろう!

考査前勉強会

修学旅行が終わったと思ったら、いきなりテスト期間(*_*)

切り替えも大変ですが、試験は待ってくれません。焦る2年生の要望を受け、考査前の数学勉強会を行いました。授業中のモヤモヤをスッキリさせ、何とか立ち向かえる見込みが立ったようです。

考査後には新人大会団体戦が待っています。行事も勉強も大会も、思いっきりできる当たり前を噛みしめ、精一杯頑張ろう!三兎を追え!

新人大会県大会個人戦

10/1(土)、2(日)、新人大会県大会の個人戦が行われ、本高からはシングルス5名、ダブルス3組が参加してきました。

例年通り北部地区は苦戦するかと思われましたが、ふたを開けてみると、国体の影響でトップ選手数名が欠場した結果、他地区にも公立高校の選手が多く見られ、「初心者はどうやっても勝てないようなジュニア選手」といきなり当たらずに済む対戦がいくつかありました。

結果、シングルスでは本高2名を含む北部地区選手9名が1回戦勝利!ここ10年で最多の勝利数を獲得することができました!中でも公立高校の5名は頑張りました。

北部地区練習会等、やれるだけのことをやった結果であったなら、開催した意義もあったと思います(^_^)

【女子S】最終結果.pdf

シングルスの北部地区県大出場本数は、16+前回県大会1回戦勝利者数なので、これで北部地区の来年春のシングルス本数は25となりました。大幅増です(^-^)。

2日目のダブルスも勢いに乗り、本高1組を含む北部地区4組が勝利!春の大会の本数を12としました。

【女子D】最終結果.pdf

11月には新人大会の団体戦が控えています。個人戦県大会の結果から、本高は昨年に引き続きシードがもらえそうな勢いなので、シードの名に恥じないプレーができるよう、秋の練習も頑張ります!

本高結果

シングルス

64位:

粕谷羽桜(2年)

小林未夢(2年)

128位:

髙田綾(2年)

田村梨咲(2年)

髙野愛梨(2年)

ダブルス

32位:

粕谷羽桜・小林未夢(2年) 

64位:

髙野愛梨・髙田綾(2年)

田村梨咲・大井田愛果(2年・1年)  

県大選手練習試合

9/25(日)、北部地区県大選手の合同練習&練習試合が行われました。

本高からは、県大出場選手6名が参加しました。

3年ぶりの開催となったこの練習会、例年、県大会に挑む北部選手の技術向上、モチベーションアップのために行われています。

午前中、実力の近い選手と合同練習を行った後、午後は練習試合を行いました。

2次予選のときよりもレベルの高くなった対戦も見られ、各校選手の頑張りが伺えました。

今年も他地区に実力者が多く、県大会では苦戦が予想されますが、地区の県大出場枠を増やすためにも、北部の意地を見せられるよう、各校とも調整を頑張って欲しいと思います!

 絶好のテニス日和でした