Wildcats日誌

女バス日誌

児玉キャンプ

 去年同様、児玉高校とエコーピアで行われているキャンプに2日間参加してきました。
児玉高校バスケットボール部のOG達(とそこの部員達)が一生懸命苦労してキャンプを維持しようと努力してくれたお陰で多くのチームとゲームをすることができて感謝しています。これからもこのキャンプが続いてくれますように…

7月の末から大滝キャンプ、熊谷西との定期(笑)練習試合、お盆、児玉キャンプと続いてきて、もう明後日は県北選手権の一回戦です。夏休み前半を振り返って、良かったなと感じるのは熱中症やら大きな怪我人を出さずに来られたこと。今年の体育館の状況を考えると奇跡的なことにも思えます。
もう一つは全員がコートに立った上で、ある程度、ゲームを戦っていける目処が立ったこと。シュートが入るとか入らないとかはさておいて、チーム全体のディフェンスで相手に負荷を掛け続ければ戦える、と選手が手応えを感じ始めているように見えます。

大会でこの夏の成果がだせますように。

大滝合同合宿

大きな怪我もなく無事に戻ってきました。去年の夏、今年の春と二回続けて秩父市内の(大滝も「秩父市内」ではある)病院に部員を連れて行く必要があったので今回はそれをする必要がなくて助かりました。
大滝は例年ほどは涼しくなかったですが、標高890mにあるげんきプラザゆえ、特に熱中症を気にしなければならないまでは暑くなかったかと。特に平地は暑かった時期だったので涼しいところでバリバリ試合ができて良かったと思います。

猛暑の中のウインターカップ予選は一回戦敗退、東から台風がやって来るという変な天気の週末に行われた一年生大会は一勝二敗。練習試合も含め、なかなか勝てずにいます。しかし、大会を経験して新Wildcatsもだんだんチームらしくなりつつある気がします。
「自分たちの代になったんだとやっと感じました」とウインターカップ予選の後、二年生が言っていて、この時期に大会を開くことに批判的な自分もこの点については感謝すべきかな、と思っています。大滝でも頑張ってきたし、少し、顔も引き締まってきたかも…って言うのは気のせいか(笑)

暑い

夏休みも10日が過ぎました。悪夢のような暑さの中、何故か『ウインターカップ予選』が行われ、結果はゴニョゴニョ…でした。何せ会場校の駐車場の係の仕事をしていて目眩がする位だから、冷房のない建物の中でバスケをやるのは気が狂っているとしか言いようがない。これが今年だけの異常事態でないのなら大会を開く時期は考え直すべきです。絶対に。

暑さ関連の話。41.1度を熊谷が記録して、館林から関東No.1を奪還するどころか遂に日本一の座を手に入れた(どうしてしょうもないことで喜んでしまうのだろう…)あの日、Wildcatsは午後練で体育館はもうどうしようもなく空気がヌルく、2メンやらゲームで少し走らせるのも怖い状態。シュート練習を主にやってお茶を濁して終わりにしようかな、とも思ったけど、ここは一つ気持ちを切り替えて「あの41.1度の日本で一番暑かった日、お母さんは部活でバスケの練習をやってて、あんまり暑かったから先生がアイスを奢ってくれたんだよ」と選手たちに将来言わせるためにガリガリ君を買ってきて奢りました。集合をしてその趣旨を話して「明日更新されちゃったりしてな」とボケておきました。

実は明日から大滝の合同合宿に出掛けます。テレビのニュースで「ここは軽井沢なのに、おばあちゃんちは暑いから嫌だと言って孫が遊びに来てくれないからエアコンをつけた」って話があって、大滝げんきプラザはエアコンがないし軽井沢よりは標高が高いってことはないから、もし暑かったら…と少々びびっています。
大滝の合宿は20周年のようですが、「熱中症で倒れる生徒続出」なんて恐ろしい事になりませんように…

インターハイ

高校総体(インターハイ)の埼玉県北部支部予選がこの週末に始まっています。
本高は金曜日が体育祭でしたが、幸いWildcatsは一日空いて日曜が試合。初戦の相手は宿敵(笑)鴻巣高校です。この代になって三度目。全ての公式戦で当たることになります。
今日は前日だし、やってきたことの確認だけをして明日の準備…と思ったのですが、マネに相談したところどうやら選手達も市内のシルクドームで行われている男子の応援に行きたい気持ちがあったよう。では「帰ってきてから明日の準備をする。すぐ出発」と大会会場へ。
男子は少々もたついた感もありつつ、秩父高校に30点ほど差を付けて勝利。二回戦へ駒を進めました。女子も続きたいところです。
学校に帰ってきて儀式がありました。普段の練習開始と練習終了でも選手達は円陣を組むのですが大会の前日はひとりひとりが意気込み、目標を言い、最後に「オー」と掛け声をかけます。その場面。
明日、勝てますように。

もしかしたら

3年生にとっては最後になるかもしれない練習試合。中間考査が終わってインハイ予選前のここしかない週末。早大本庄が来てくれました。(因みに午後からの男バス男バレの練習試合にも早本が来ていました)
本高にとって早大本庄は本庄東と並んで最も近く、市内ですから直線では2kmもないような近所にある高校です。その名の通り、早稲田大学の付属校で物凄く勉強できるんだろうな…というイメージですが、多くの運動競技もとても盛ん。女子バスケも毎年良いチームで、Wildcatsも目標にしている県大会出場を度々実現しているチームです。
向こうも色々試している感じで、結果は僅差で負けてしまったのですが、こちらもオフェンスのテーマをだいぶ確実にこなせるようになってきた感じ。3年生はもともと上手に消化している感じだったけど、2年生も何とかなる感じになったのかな?逆に3年の方がフリーで上手くできてしまう事が多いから、2年生がもっとパターンを身につければ良いと思うんですが…
あとはディフェンスリバウンドだなぁ…