日誌

女子サッカー日誌

選手権相手校決定

9月6日(日)より開始される全国大会に繋がる選手権大会1回戦の相手校が決定した。

越ヶ谷高校さんだ。10名ながらやるっきゃない。過去の対戦では一度も負けたことがない越ヶ谷高校さんだ。

勝算は充分あるはずだ。勝つと次の対戦相手は宮代高校さんと合同チーム(日高・新座・鳩山)の勝者だ。

選手数が少ないせいか、一人一人に目が行き届き、加速度的に成長している。

もう対戦が楽しみでしかたない。

体験入部実施

8月4日(火)の7時30分より、6名の中学生を迎えて部活体験入部を実施した。昨年度、たった2名だった。今回は、3倍に増加した。更にびっくりしたのが、サッカー経験者が4名いたことだ。皆、精力的に参加してくれた。基本練習(ボールコントロール)から、8対8のミニゲームを20分して、9時30分に終了できた。2軸キックの大切さを伝えた。経験者ほど筋力に頼ったキックをしていた。改善点が見受けられた。しかし、走力、ボールコントロール、キック力には目を見張った。

最後に、絶対合格して、女子サッカー部に入ると宣言してくれた生徒がいた。有り難いことだ。皆、先輩とサッカーができてとても楽しかったと言ってくれた。有り難いことだ。

来年のチームが楽しみになった。6名の体験入部者たち、来年度の入部を待っている。皆で、県ベスト8になろう。

宜しく。

初練習試合

8月1日(土)と2日(日)の両日今年度初の練習試合をさくら運動公園で行った。

一本目はカサブランカ戦0-6、2本目松山女子戦0-1、3本目寄居城北戦0-1、4本目熊谷女子戦0-1でした。

裏話をすると、特進クラスは土曜スーパー講義のため、3本目まで不参加であった。そこで、顧問の先生にセンターバックとして、指導してもらいながら試合をした。コロナの影響で、部活紹介ができず、新入部員がたった2名である。現在2年生8名、1年生2名だ。10名がフルメンバーである。4本目の熊谷女子さんも2年5名1年3名の合計8名しかいない。顧問の先生が2名参加し、生徒6名のチームだった。多分、2名の選手が傷んだのだろう。

どこのチームも大変そうだ。

本庄高校の1年生部員は自主練を熱心にやっている。心強い限りだ。

2日(日)の目標は、得点することだ。

一本目は南稜B戦0-4、2本目川口B戦0-1、3本目川越南2-0、4本目山村B戦0-3でした。コーナーキックからボレーで、初得点をした。2点目は部長がドリブルで切り込んでシュートしたものだった。偶然ではない、意図的に取れた得点に感動した。本日は10名全員で試合だった。

成功に囚われず、成長に囚われるチームにする。

 

 

カサブランカ戦結果

2月9日(日)の午後に、くまぴあでカサブランカさんと久しぶりに練習試合をした。30分を4本やった。怪我人が多く、選手10名だったので、GKをお借りした。小学校6年生のGKの守備力に感服した。0-2、0-3、0-2,0-1と4連敗であった。小6のGKのお陰で、この失点で済んだ。どこで、どう身に付けたのか気になった。カサブランカさんの練習は月、火、水の3日間と土、日の週末の試合だそうだ。熊谷を拠点にしているクラブチームに足利からわざわざ4人参加していた、滑川からも1名参加していた。メンバーは15名くらいだった。本庄高校は現在18名だ。カサブランカDF陣が、上手にパスを回して、出来たギャップにボランチやトップが顔を出し、ボールを受け、左右にスルーパスを出して組み立てていた。本庄高校は、このDF陣からの組み立てが、苦手だ。今後、パスゲーム等で身に付けさせたい。本当に勉強になるいい練習試合だった。

さて、新人大会であるが、予選同組で0-3で負けた南稜高校さんが、決勝に進出した。0-0で引き分けた浦和実業さんが川口市立さんを破り、ベスト8へ進出した。浦和実業さんは準々決勝では決勝に進んだ花咲徳栄高校さんに敗れたものの、順位戦で、浦和西高校さんに0-1と敗れはしたがいい戦いをしていた。次は、予選を突破して、本庄高校がそこに進みたいものだ。期待してください。

新人大会第3戦結果

1月25日(土)に、「バース・デー」という番組を観た。。7歳の天才卓球少年が取り上げられていた。夢はオリンピックで早く金メダルを取ることだ。毎日、8時間練習していた。この番組の中で、「心技体知」という言葉に出会えた。ドライブ練習中、疲れからか集中力が散漫になり、ボールが台の外に出る確率が増えた。そこで、少年がつい「暑い!」と言った瞬間、コーチである母が練習をストップした。7歳の子に練習を続けるのか確認するためだ。この暑さは、対戦相手も同じだと伝え、本人に決めさせていた。結局、少年は続けることにした。ドライブボールが台にどんどんと突き刺さった。コーチである母が、何が変わったか確認した。少年の答えは「心」だった。母は「技術・体・知能は同じなのに、ドライブボールが鋭く狙った所を打ち抜けたのは、心のウォーミングアップがしっかりできたからだよ。」と言い、心の持ち方が勝つためにいかに大切さを伝えていた。蛇足だが、この少年は、中国遠征で中国人選手を7戦7勝で撃破した。

さて、新人戦だが、対戦相手は県3位の南稜高校さんだ。心を落ち着かせるため、コミュニケーションのため、施設に対する感謝のために、15分間のごみ拾いをさせた。勝てば、勝ち点5になり、予選2位で通過できると鼓舞した。1時間のアップは部長が考えたメニューでやっていた。心のウォーミングアップ、技・体のウォーミングアップがしっかり出来て、前半は残り2分まで無失点だった。当然GKの好セーブが沢山あった。前半の対戦に満足していたようだった。全然、体を動かしてなかった。そこで、体を動かすように指示したが、後半戦は、心のウォーミングアップと体のウォーミングアップが不足していた。本当によく頑張ってくれたが、後半に2失点で敗戦した。3ゴール、全て高校になってから、サッカーを始めた選手たちだと、南稜高校さんの監督さんが教えてくれた。本庄高校も高校から始めた選手がゴールを決められるように頑張らせたいと改めて思った。特に、2年生のSBや1年生のCBがこのゲームで進化してくれた。CBは完全に2軸キックをマスターしたようだ。今後の活躍が楽しみだ。更に、楽しみなのが、1年生のサッカーに対する真摯な取り組みだ。試合の次ぐ日の日曜は、自主練にしたが、1年生はしっかりと練習に取り組んでいた。2年生も今のままでは、レギュラーを奪われる懸念が出て来た。お互いに切磋琢磨する環境を醸成しつつある。次の公式戦には吉報をお届けする。お楽しみに。