Wildcats日誌

女バス日誌

納め

 個人的にもいくつも忘年会に出ていますが、Wildcatsも今日が一年の活動納め。
恒例(苦笑)の最終日大掃除とレクをやりました。誰がそんな伝統を作ったんだよ…と思いながら結局自分も楽しんでしまったというありがちな話です。
 
 大掃除は毎日使わせてもらっている体育館の内外を手分けして1時間以上自分たちで割当てを決めて動き回っていました。体育館の中のトイレも、外にあるトイレも運動部で割当てを決めて普段から掃除していますが、特に外のは使う人も多いし吹きさらしみたいなものだからどうしても汚れやすい。そこも含めかなり気合いを入れて掃除をしていて、つられて私もWildcatsがいつも使っているステージ側のバスケットボードの裏側を拭いて、少し透明度アップさせました。
 そのあと、何故か知りませんがバレーボールをやることになり三チーム作って総当たりでかなりマジにやりました。フルセット、デュースの連続で盛り上がり、それからフリースローの勝ち残りで順位を決めて上位者から最後のおやつを選ぶというコンテンツ。
普段ボールとは関係のないところで働いてくれているマネさんも入って所謂黄色い歓声をあげていました。甘いものを賞品にしたので必死さが面白かったです。それにしても入らないこと…毎回これで練習すれば緊張には強くなるかも知れない。
写真はそのマネさん達も加わってバレーボール前のアップ。マネが走ってるのが面白くて写真を撮りました。

ハーフコート…

なんと長期休業中なのに体育館割当てがハーフコート…しかも午後…(-_-)
油断して練習試合をここに当てていなかった自分が悪いだけなんですが…。
でも、男子が昨日の午後練で頑張りすぎたらしく(確かに選手達は最後にやってた5対5でもへろへろでした。ちなみに今年の男子は結構良いチームだと思います。見てて面白い)明日明後日連戦とのことで早めに上がってくれたので、男子が終わりにした後にオールコートで5対5を。数は昨日書いた理由で2本だけ。
全体をポジション別に半分に分けて全員が交替で出る、3メンや5メンからの3対2をやる上で「こうやろう」と言っていることを5対5の中でいかしてプレーしよう、と話して始めました。指示の浸透具合、徹底度合いは選手によってまちまちな感じもしますが、そうすることでうまくボールが動いて今までとは少し違う、動的な連携のあるプレーが続きます。実は言ってることは単純なことだし、チーム内の馴れ合いのある5対5の中ではありますが、選手達も「うまくプレーできる」感じを持ったんじゃないのかな。自分も「エクセルで作った作業用のシートがうまく機能した」的な高揚感を味わいましたね。アドレナリン…もとい、ドーパミンがたくさん、みたいな。バスケに限らずかも知れないけど「良い指導者」のいるチームがある一定以上の結果を残し続ける理由の一端を垣間見た気がしました。いや、多分気のせいですけどね(笑)
 
昨日も書きましたが、今年最後の練習ゲーム。そこにこれが出せればいいな。

寒いです

16日土曜日に群馬の学校が練習試合に来てくれてゲームをしました。4時間目が終わって急いで体育館に準備に走って行く部員の後ろ姿を見ると「学生っていいな」と思えます。上手に時間のマネジメントをして、部活も勉強も含めできるだけ沢山のことを経験して欲しい。
試合は…最後に意図を持ったディフェンスにうまく守られて手も足も出ない感じにやられ、ちょっと嫌な終わり方。冬の間に何とかこれ…ボールがうまく運べなくなった時の対処を練習したい。こちらが同じ事を仕掛けていければ対応策も自然と分かるのかな?
 
 自分はずっと男子部の顧問をしてきたのですが、Wildcatsは強いなくても(自分が関わってきた)男子よりも声も出すし、彼女達なりに頑張っていると感じます。相手に勝ちたいという気持ちはもしかして男子より強いのかな?そうでもないように見える時もあるし滅茶苦茶悔しがっているように思えることもあって面白い。いや、言葉が悪いか…。興味深い。
あと感じるのは選手達全員が怪我の通院を除いてほぼ練習を休まないこと。これは本当に感心する。ですが、(だから、なのか?)壊れてしまう。すぐ怪我をする。こんなに壊れるもの?要求が無茶なのか?やっぱり女の子って華奢にできてるのかな?
 思い出すのは、日本のプロ野球のピッチャーがメジャーに行ってそれまでの習慣で「投げ込み」をしたがるけれど、アメリカでは「ピッチャーの肩は消耗品である」という認識があって、それをしようとする松坂なんかは首脳陣との葛藤があった、という話。この話の松坂と同じ(だと思う)葛藤を感じる自分がいます。「できるだけ沢山動いて、できるだけ経験を積んで試合中に息切れして自分のプレーができなくなる、なんて事がないように…」と単純に考えて汗を掻くメニューを好んで指示している結果が「え?」という数の故障に繋がっている?
 ランニング、ストレッチ、体幹、ラダー等々、ボールを使う前に十分身体をあたためて、過度な負荷がかかる課題もやっていないと思うんだけど…だけど、実際に怪我をして練習を見学せざるを得ない部員が絶えずいることを真摯に受け止めるべきなんでしょうね。
 
今日は熊谷の中学が来てくれてゲームをしました。
相手は中1中2なので小さくてかわいいけど、ピボットをちゃんと踏んでいて、振り切られたり良いところにパスを出されたり。点数はまあ高校生なので取れるけど見習う点も多々あり。課題と思っていることが少しできて、26日にやる進修館・深谷第一との試合が楽しみ。同じ高校生を相手に自分たちのバスケができるか。今年最後の試合です。

さて…

長い冬が来てしまいました。

新人戦の県決めの試合に負けてしまい、目標にしてきた1月の県大会への出場がなくなってしまったのです。
負けた試合のことは選手達も今いろいろと考えているところだと思います。私も悔しいけど、選手はもっと悔しいんだろうな…

しかしいつまでもヘコんではいられない。
もうすぐ期末考査前期間になってしまうし、3学期は案外、入試とか卒業式とかで早く過ぎてしまう。入試に学年末考査が絡んで長い間練習できなかったりもする。
だから早く気持ちを切り替えて(自分も、です)春の大会でもっと良いゲームができるようにならないと。
今の練習はこれまでとは少し違う(和やかではあるけど)"熱さ"がある気がします。期待できると信じています。

受験の時期が近づいてきて、3年生に補習を頼まれます。
自分の担当が受験科目な訳だし、普段とは少し違う(笑)その熱意に打たれてOKしますが、部活に顔を出せるのが遅くなってしまうのがちょっと苦しい(^^;)
そもそも「これをこうして…」なんて細かく教えられるような顧問ではないし、Wildcatsは自分たちで練習を進めることができますが、練習の最後の1時間くらいは体育館にいたい。怪我も心配だし。なんとかいい方法はないものかなぁ…ないよなぁ…

偵察

 11月5日日曜日、午後練習を男バスに頼んで午前と入れ替えてもらい、午前中本庄東高と練習ゲームを(試合前なので軽目に)やって正午で切り上げ、深谷商業へ移動。第4試合の鴻巣対鴻巣女子の試合を見てきました。
 自分の試合がない日、部活を終えて大会会場に足を運び、全員で試合を真剣に見るという経験はなかなかできません(笑)是が非でも県大会出場を果たしたいので、試合を見たからと言って一週間で何がどうできるかはさておき、できることは何でも、の精神ですね。いや、彼女達にとっては自分がマッチアップするかも知れない選手の本気のプレーを目の当たりにできたのですから大きな収穫だったはず。
 試合は鴻巣が先行したものの鴻巣女子が終盤に粘りを見せて(第3Q、第4Qの得点は公式サイトを見て下さい)会場は大盛り上がり。確か最大21点差からのまさか…を会場が期待する(?)雰囲気でした。終盤までは黙ってじっと2階から試合を見ていたWildcats達もバシャバシャ入る鴻巣女子の3ポイントに盛り上がってしまっていて「おいおい…(^_^;)勝った方とやるんだぞ…」と何とも言えない気持ちでそれを下から眺めていました。
 最後は無事(?)鴻巣が逃げ切り、これで二回戦の相手が決まりました。今週はいわゆるA週で土曜授業がある週。体育館の割当ても土曜午後、ハーフコートだし、会場準備があるので十分な練習は望むべくもないですが、今までやってきた事を信じて、あとは週末に風邪をひいたりしていないように健康の管理をしっかりしよう!

テストが終わって

 新人戦北部支部予選が始まっています。
 男子は既に日曜日に1回戦を戦って2回戦へコマを進めることができたようです。昨日、月曜日には良い表情をして練習をしていました。7時間目の終わった後なので練習開始時には既に暗くなっていましたけど…。
 Wildcatsは二回戦の会場校になっていたのとシードのお陰で初戦が12日です。二年生は修学旅行と中間テストの期間が連続してしまって、20日間(!)ほどチームとして練習することがありませんでした。「ルール忘れたんじゃない?」と冗談を言いたくなるくらいですが、逆に怪我やら疲れが取れたと考えることにしよう。勉強も頑張るのが学生の本分(彼女たちはわりと成績が良かったりします)。だから、新人戦の出場権が欲しくて仕方がないけど、それでも試験前も試験中も練習はしない。与えられた時間の中で時間をより有効に使って上手くなりたい。なって欲しい。
 でも、さすがに3週間弱のブランクは大きくて、シュートが入らなかったり身体が重かったり夏にやったのと同じ所を傷めたりする人も少々いますが、今のところ皆だいたい元気です。大会は全員元気に臨みたいな。
 あと、もう体育館が寒くて一年生のウインドブレーカーが早く届いて欲しいところ。9月末に頼んだのですが未だ届かず…。新人戦に間に合うんでしょうか(^^;)?
 
 それから、もしご覧になっているのであれば選手の保護者の方々、予定表を出せずに申し訳ないです。冬休みについては県大会に出ることができるかどうかでだいぶ予定が変わる可能性があるので出さ(せ)ないでいます。
 高校の新人戦県大会は大抵1月の第2週から始まるので、3学期が始まってすぐに試合があることになります。今年度は年度当初もらった予定では12日か13日に女子の1回戦が行われることになっています。冬休みが明けてから3日しかない。冬休みにどうしても練習をたくさん入れるしかないのです。もちろん、年末年始にお休みは取るつもりなのですが…

修学旅行

ただ今、2年生が修学旅行中。
1年生だけで活動するとやはり人数が少なく寂しい。いつもと同じ練習をしてしまうと順番はすぐに回ってくるし(苦笑)
でも人数が少ないなりにやれる事がある筈なので普段の人数の時とは違う練習に取り組んでみよう。

7日土曜は授業日だったのですが、授業を終えてすぐに本庄駅に急ぎ、熊商まで行って練習試合をしました。二年生はここまで。日曜月曜と1年生だけで連戦。深商・農三、成徳・本庄東と連戦で怪我人も出ているし交替選手も少なく苦戦の連続でした。パスの精度が低く、かつ弱い。自分の手から離れていくボールにもっと責任を持って、心を込めてボールを渡して欲しい。パスを渡すプレーヤーの次の動きを考えて、流れの中で取りやすい強さ、位置を考えて。それに、ちゃんと回転していないボールは取りにくいものです。
基本、まだまだ筋力が弱く、バスケのボールは重いのでそれに負けているということかな?そう。バスケは球技の中で扱うボールが一番重いスポーツなんですよね。

新人戦

 新人戦北部支部予選の抽選会が熊谷で行われました。
抽選の結果はこちら

https://www12.atwiki.jp/northbasketball/

 Wildcatsは第五シードを持っていて、同じ第五シードの早大本庄と抽選をした結果、夏に負けた滑川総合のヤマに入りました。これは雪辱の絶好のチャンス!!
 が、その前に鴻巣高校・鴻巣女子高校の勝者に勝たなければいけません。どちらもここ暫く北部でベスト8だったり4だったりした強豪です。たまたま夏の結果でこちらにシード権がありますが実際は胸を借りる感じかな。
 10月には2年の修学旅行、中間テストが続けてあるのでその合間を見て練習試合を組んでいます。大会で当たるところとは(普通は)やらないし、そうでなくても本庄は北の端っこで相手が限られるので大変。いや、大変ではないな…。自分達のプレーを徹底する事が大事なのであって、練習試合で勝った負けたを言ってもあまり意味はないような気がします。
 でも新人戦の予選で早々に負けると冬が長い…。次の大会は4月末ですからね。

U-16

 16歳以下という、学校制度とは別の区分で高校一年生までを意味する言葉のようです。
 バスケットボール協会が競技の強化をしていく上でそのシステムを(サッカーを真似て?)取り入れるってこと?いや、自分が知らないだけで昔からこの制度があった?どうなんでしょう。先日9/23に埼玉県北部のU-16 のメンバーとU-15(中学3年生)も合同での練習会が行われ、そこに本庄高校の選手も一人呼ばれました。
 一年生大会でプレーしていた時に、強化委員の先生の目にたまたまそのプレーが目にとまったのでしょう。スピードが持ち味で、もちろんWildcatsでも彼女は一年生主力メンバーですが、コートの上で先頭に立って他を引っ張っていくといったようなことはまだできていません。技術ももちろんですが、他校からチームを代表して来ている選手達が持っているかも知れないそういう部分を見習ってくれればな、と思います。

台風接近中

 週末を控えた金曜放課後、野球部の顧問と『体育館の種目はいいよね。雨関係なくて…』『ご愁傷様』と会話をしました。なぜか台風は週末に来る気がしますが(被害妄想か?)外の部活にとっては「週末に台風が来る」のは辛いでしょう(^^;) 
 涼しくなってきて、生徒達もようやく2学期のペースに乗れてきたところでしょうか。7分ずつ交替で、などと男バスと融通し合ってオールコートを使える時にチーム内で4対4や5対5をやっていて『これは』と思うプレーが少しずつできるようになってきました。バスケの教員チームで行われている体幹トレーニングを教えてもらい、真似て本格的に練習に取り入れて4ヶ月ほど経って、効果が出てきているのかな?いえ、まだまだがっかりするミスも多いのですが。

 この三連休、日月と籠原にあるライバル校(笑)との合同練習、児玉郡市にある中学との練習試合を行います。今日、土曜は午前練習だったのですが地元の中学の生徒さんと保護者の方が練習を見に来て下さいました。

 何の部活にせよ、中学で真面目に頑張ったのならば、その部活が入学しようかと考えている高校にあるのかどうかは決して小さな問題ではないはずです。そして、ただ「ある」だけではなく、自分が入部して頑張る甲斐のある部活なのかどうかも。
 多くの生徒の学校生活にとって”部活動”が占めている割合。重み。これは大きい。学校を選択する条件のうち上位にあるのは間違いない。 そして今の高校生の保護者の方々が自分たち自身中高で部活を経験されてきており、その重要性を理解されている。だからこそ熱心に自分の子供が通うことになるかもしれない学校の情報を欲していらっしゃるのでしょう。話をしてみるとみなさん本当に各学校の様子をご存知で驚かされることが多いです。