日誌

T&F日誌

【陸上競技部】学総体県大会準決勝進出

学総体県大会では、入賞はできなかったものの準決勝まで進出できた種目が多くありました。
準決勝進出種目と出場者は以下の通りです。


――――――――――――――――――――
男子200m 望月 悠希
女子100mH 金子あい
男子400mR 神岡 優太、岩谷 勇希、望月 悠希、小林 蓮
男子1600mR 小林 蓮、岩谷 勇希、望月 悠希、神岡 優太
――――――――――――――――――――


どの種目もあと一歩のところで決勝進出できませんでした。
しかし、県大会で準決勝まで進めたことはこれからの人生において大きな自信になると考えております。
また、本庄高校の3年生はこれにて引退ではなく、7月の国体予選まで競技を続ける予定です。



さらにタイムをのばしていきたいと考えておりますので、応援よろしくお願いいたします。

【陸上競技部】関東大会出場決定・学総体県大会入賞者

5月11日から4日間にわたって熊谷陸上競技場で行われた、学総体県大会の結果を報告させていただきます。



本庄高校では次の3名の選手が入賞できました。


畦地恵太 男子ハンマー投 3位 49m38
竹花未珠 女子ハンマー投 5位 34m96
中兼遥香 女子ハンマー投 7位 34m23 


県大会で3名入賞という結果は近年最高で、大変嬉しく思っております。
そして、畦地は昨年度の新人大会に引き続き、関東大会への切符を獲得することができました。

女子ハンマー投は4位までが関東大会出場権を獲得できるため、その点では竹花と中兼は悔しい思いをしておりますが、この悔しさをバネに夏を乗り越えて秋には関東大会出場を果たしてくれると信じております。



関東大会は茨城県が会場で、6月14日から3日間の日程で行われる予定です。
関東大会出場で満足せず、貪欲にインターハイ出場を勝ち取るべく練習していきます。

【陸上競技部】学総体県北予選

熊谷陸上競技場で4月19日から21日の3日間に渡って行われた、学総体埼玉県北大会を戦ってまいりました!

詳しい結果は以下の通りです。
男子総合5位、男子400mRで過去最高の県北2位、金子が女子100mHで優勝等、どれも嬉しい結果ばかりでした。
しかしこの結果に満足せず、県大会に向けて練習していきたいと考えております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
学校総合体育大会 県北予選
男子総合       5位
男子200m    5位  望月 悠希 (上里町立 上里北中)
          8位  神岡 優太 (美里町立 美里 中)
男子400m    6位  小林  蓮 (熊谷市立 三尻 中)

男子110mH   4位  岩谷 勇希 (鴻巣市立 赤見台中)
          7位  小林  蓮 (熊谷市立 三尻 中)
男子400mH   4位  岩谷 勇希 (鴻巣市立 赤見台中)
          6位  小林  蓮 (熊谷市立 三尻 中)
男子 400mR  2位  神岡 優太 (美里町立 美里 中)
              岩谷 勇希 (鴻巣市立 赤見台中)
              小林  蓮 (熊谷市立 三尻 中)
              望月 悠希 (上里町立 上里北中)
男子1600mR  3位  内山 隆生 (高崎市立 新町 中)
              岩谷 勇希 (鴻巣市立 赤見台中)
              小林  蓮 (熊谷市立 三尻 中)
              望月 悠希 (上里町立 上里北中)
男子砲丸投     5位  畦地 恵太 (本庄市立 本庄南中)
男子円盤投     6位  畦地 恵太 (本庄市立 本庄南中)
男子ハンマー投   3位  畦地 恵太 (本庄市立 本庄南中)
          4位  沖田 裕大 (深谷市立 幡羅 中)
男子八種競技    2位  黒澤 希偉人(深谷市立 川本 中)

女子100mH   1位  金子 あい (本庄市立 本庄南中)
女子400mH   4位  金子 あい (本庄市立 本庄南中)
女子円盤投     8位  中兼 遥香 (美里町立 美里 中)
女子ハンマー投   5位  竹花 未珠 (深谷市立 岡部 中)
          6位  中兼 遥香 (美里町立 美里 中)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


関東大会出場を目指しています。応援していただけましたら幸いです。

【陸上競技部】県北強化記録会

4月4日に行われた県北強化記録会に出場いたしました。

県北強化記録会は、埼玉県北部の高校が一堂に会して行われる学総体の前哨戦ともいえる記録会です。

選手たちそれぞれが良い結果を出せたと考えております。

まず、女子100mHでは、新2年生の金子が新人戦県北大会同様に優勝することができました。

ハンマー投では4人の選手全員が自己新記録という目覚ましい結果が出せました。男子ハンマー投では沖田と畦地が40mをこえて、女子ハンマー投でも竹花と中兼が30mをこえることができたので、顧問としても大変うれしく思っております。

また、400mリレーでは新2年生の澁澤と榊、1600mリレーでは新3年生の久保田と村井がはじめてリレーに出場し、経験を積むことができたので、チーム力が格段に上がったと考えております。



4月19日から行われる学総体県北予選でもいい結果を出せるように精進いたします。

【陸上競技部】鴻巣市記録会

3月16日に行われた鴻巣市陸上競技記録会に出場いたしました。

かなり久しぶりの試合で選手たちは緊張していたものの、この記録会に出場できたことによってそれぞれが学総体に向けた課題を見つけられたと感じております。

特に短距離のスタートではかたくなってしまい、上手くスタートを切ることができていない印象を受けました。

しかし冬季練習の結果が出るのは4月以降であると考えておりますので、これからも目の前の練習に励んで結果を出したいと考えております。

「鴻巣市陸上競技場」の画像検索結果

【陸上競技部】県北駅伝競走大会

2月6日に熊谷で行われた県北駅伝競走大会に出場しました。

本庄高校は残念ながら長距離選手が不在で、駅伝チームが組めません。
そのため、駅伝ではなくロードレースに全員が参加しました。

結果は敢闘で、出場した全員が5kmを25分以内で走りきることができました。
よく走ってくれたと感じております。



明日2月13日には校内マラソン大会が予定されており、
それに向けても良いランニングができたと考えております。

【陸上競技部】冬季サーキット・トレーニング

冬季練習ではサーキット・トレーニングも行い、日々体を鍛えています。

本高陸上部のサーキットでは、ミニハードルを使ったドリルや、
メディシンボールを使ったトレーニングを行っています。






また縄を使った一風変わったトレーニングも盛り込んでいて、
やってみると相当きつく、体幹が鍛えられます。



この冬季練習では、陸上競技の力以前に筋力や体幹が鍛えられると考えております。

【陸上競技部】陸上部の活躍が校内に掲示されました!

職員玄関前の廊下に、本高陸上部の今年度の業績が紹介されています。

 

今年度は9月以降だけでも新人戦北部地区予選男子総合4位、男子ハンマー投関東大会出場、男子ハンマー投県新人大会4位・8位入賞、女子100mH北部地区新人大会優勝という成績を遺せており、前年度と比較して躍進できました。

その躍進が校内で認められて、関東大会に出場した柔道部、関東地区写真展に出展した写真部とともに、陸上部の成績と写真が飾られています。




掲示物は本校の永田教頭が制作してくださいました。陸上部一同大変嬉しく思っております。本庄高校にお越しの際には是非ご覧ください。

【陸上競技部】深谷第一高校との合同練習

12月下旬に深谷第一高校と合同練習を実施しました。


冬季休業中の二日間を利用して本庄高校で合同練習を実施し、実りある練習をすることができました。


深一陸上部は関東大会やインターハイにも出場している埼玉県北の雄で、本高陸上部とは良いライバル関係にあります。

昨年度の夏にも深谷市の仙元山公園(ビッグタートル)で合同練習をさせていただき、お互いに上を目指して日々部活動に取り組んでいます。

今回の合同練習では、監督の贄田が本高陸上部で取り組んでいるドリルを中心にメニューを提示し、ロジックに基づいた走り方の再認識と意識付けを行いました。



 

また、部員同士が中学校時代の友人という場合も珍しくなく、二日間にわたって生徒たちは楽しそうに練習に励んでいました。

これからも深一陸上部と切磋琢磨しながら強くなっていきたいと考えています。

【陸上競技】2019年もよろしくお願いいたします。

明けましておめでとうございます。
2019年になり、昨日から練習がスタートしました。

昨年は男子ハンマー投での関東大会出場をはじめ、県大会の1600mリレーで準決勝に進出したこと、県北大会での男子総合の順位が上がったことなど、本庄高校陸上競技部にとって飛躍の年でした。

しかし、本高陸上部としてはそのような現状に満足することなく、練習場所である第1グラウンドに掲げてある「上をめざす」という言葉の通り、ひたすら上を目指して精進していきたいと考えております。



今年も本庄高校陸上競技部をどうぞよろしくお願いいたします。