日誌

男子硬式テニス 日誌

北部地区学年別ダブルス大会 優勝!


1月7日~8日にかけて、北部地区の学年別ダブルス大会がおこなわれました。

1年生のS木・K地ペアが新人戦で県大会に出場していることもあり、第1シードとして参加しました。
1回戦はシードにより免除となり、2回戦、3回戦と順当に勝ち進みました。しかし、準決勝の正智深谷高校のペアに苦戦し、ミスが先行して厳しい展開に。しかしそこで作戦を変え、スピン重視のストロークでつなぎ、ボレーで決める戦い方にするとそれが大成功。見事に勝利し、決勝でも同じ作戦で見事6-0で優勝を決めました。
ストロークの強打で勝負するのではなく、後衛がつなげて前衛のボレーで決めるという、定石ながらレベルの高い試合では難しい展開で勝利できたのは大きな収穫だと思います。色々な引き出しを持っていてこそ、様々なタイプの相手に対応出来ます。
そのことを応援のメンバーも痛感したのではないでしょうか。

S木・K地ペアは次年度上位シードとして公式戦に出場することが見込まれます。
まずは4月の学校総合体育大会地区予選で、また素晴らしい結果を出せるように頑張ってもらいたいと思います。

引き続き応援よろしくお願い致します。

練習試合 vs本庄東、正智深谷


11月12日(日)に本庄東高校附属中学テニスコートにて練習試合をおこないました。
完成してまだ新しい素晴らしいオムニコートで試合をさせていただきました。

午前シングルス午後ダブルスの試合形式で、約40マッチをおこないました。
結果はおおよそですが、40:60で負け越しといったところです。上位層は軒並み勝ちましたが、中位~下位層の負けが多かったように感じます。

大会結果ほ際にも書いたように、本高チームの課題はダブルスです。特にサービスとボレー。サービスではエース級の珠を打つ前にダブルフォルトを減らしてストローク戦に持ち込む、ボレーは積極的に出て決める。言うのは簡単ですが、まだまだ徹底できない状況です。

参加した各選手はそれぞれ課題を自覚しているようなので、これからの練習に期待します。
目標は、1月の学年別ダブルスでの全員初戦突破!!

1年生大会 結果

 11月3日(金)から、1年生大会がおこなわれています。その名の通り、1年生だけで出場する大会で、形式はダブルス3本勝負です。各リーグ4校のうち、上位2校が本戦に進むことができます。
 本高は新人戦で県大会に出場したS君、K君の結果を踏まえた、比較的恵まれたブロックに入りました。が、結果は1勝2敗で予選敗退となりました。全対戦通してダブル1で出場したS君、K君は全て勝利しましたが、ダブル2、3が勝ちきれず。層の薄さを露呈する形となりました。練習や練習試合では決して悪くない1年生たち。やはり、本番での勝負強さが圧倒的に足りません。特にダブルフォルトの多さとサービスキープ率の低さは大きな課題でしょう。
 1年生にとっての次の本番は年明けの北部地区学年別ダブルス。それまでには一皮むけた姿を見せられるように頑張りましょう。少ない時間、少ないコートでの練習で、最大限の成長が出来るよう、一人一人が意識をしっかりもって、1球1球を大切に。

新人大会 県予選 結果

[10月 新人大会 個人戦 県予選]

 9月30日(土)~10月2日(月)にかけて新人大会個人戦の埼玉県予選がおこなわれました。本高からはシングルスで1年生のS君1名、ダブルスでS君、K君の1ペアが参加しました。
 結果はシングルス、ダブルス共に無念の初戦敗退。厳しい結果となりました。県大会という舞台の重圧か、技術よりも気持ちの面での敗戦のように思えます。練習試合や部内戦を通して、練習の成果を本番でより出せるような強いメンタルを身につけてもらいたいと思います。


[10月 新人大会 団体戦 県予選]

 10月28日(土)~10月31日(火)にかけて新人大会団体戦の県予選がおこなわれました。本高は1回戦で草加高校と対戦しました。シングルス3本ダブルス2本の5本勝負です。
 結果は1勝4敗で個人戦と同様、無念の初戦敗退となりました。シングル1のエースS君は対戦相手のシングル1と対戦し、相手の鋭いリターンに押され敗北。シングル2の部長M君は途中ガットが切れるアクシデントもあり惜しくも敗北。ダブルス2本は…本人たちが一番良く分かっていると思います。ダブルスは本高テニス部の課題です。そんな中、4敗で負けが決まった中でもシングル3のO君は一矢報いる勝利を挙げました。どんな状況でも目の前の相手に対して勝利をつかむその姿勢は、他の部員にも見習ってもらいたいところです。
 中間考査や雨天で練習が満足のいかない中で参加した今回の大会ですが、その状況は他校も同じ。普段の練習に臨む姿勢に、もう少し厳しさを求めないといけないのかもしれません。

新人大会北部地区二次予選 結果


本高で文化祭が行われていた9月8日(金)、9日(土)と、熊谷さくら運動公園、岩鼻運動公園にて新人大会の北部地区予選がおこなわれました。

シングルスでは1年生のS木君が9位、ダブルスでは同じくS木君とK地君のペアが5位となり、今月末におこなわれる県大会に出場することになりました。

S木君は北部地区の1年生の中でもトップレベルの成績であり、次年度以降の更なる活躍が期待されます。今回の大会のポイントが次年度の学校総合体育大会のシードに大きく関わるため、県大会でも頑張ってもらいたいと思います。K地君は高校から硬式テニスを始めましたが、上位選手の中でも自分のプレーをしっかりして存在感を発揮していました。S木君と同じく頑張ってもらいたいと思います。

引き続き、応援よろしくお願い致します。

国公立大会、新人大会

[8月 国公立大会] 8月7日(月)
埼玉県内の国公立学校による団体戦です。
本校は初戦で県立川越高校と対戦しました。
ダブルス1が健闘しましたが、惜しくも1勝4敗で初戦敗退となりました。
なお、この大会では本高女子硬式テニス部がベスト4に入り、関東大会(!)への出場を決めました。(女子硬式テニス部の記事をご覧ください)
男子も負けずに頑張りたいと思います。

[8月 新人大会北部地区1次予選]
1年生にとっては初めての公式戦となります。
本高からはシングルス19名、ダブルス9組が出場しました。
シングルスでは1年生のS木君がブロック1位、ダブルスでは1年生ペアのS木君・K地君がブロック2位で2次予選進出となりました。9月(文化祭の日。。)に行われる2次予選で勝ち上がると県大会出場になります。応援よろしくお願いいたします!

顧問あいさつ、春の大会結果など

今年度より男子硬式テニス部顧問を務めます、西村太一です。
競技歴14年。平成15年度卒業の本高テニス部OBで、前任校は東部の宮代高校です。
昨年度から引き続き大場先生にもご協力頂き、本高テニス部の発展に尽力してまいります。
よろしくお願いいたします。

遅くなってしまいましたが、今年度の大会結果等をご報告させていただきます。

[4月 学校総合体育大会兼関東大会北部地区予選]4月14、15、29日
3年生にとって最後の大会です。
個人戦は残念ながら予選突破ならず、団体戦も地区予選から出場となりました。(個人戦での県大会出場者がいる学校は団体戦が自動的に県大会出場となります)
団体戦の地区予選では深谷高校、東京成徳大学深谷高校と対戦し、見事勝ち上がって関東大会県予選出場となりました。

[5月 関東大会県予選] 5月13日(土)
初戦は越谷東高校でしたが、結果は0勝3敗で敗退しました。
帰りのミーティングでは3年生から後輩たちへメッセージをもらいました。先輩たちの思いを胸に、1・2年生の新体制で頑張っていきます。

[4月~8月 練習試合]
熊谷西高校、本庄東高校、越谷北高校、宮代高校、草加南高校、栗橋北彩高校、杉戸農業高校など、多くの学校と練習試合をおこないました。顧問、選手の皆様、ありがとうございました。

[6月 北部地区審判講習会] 6月4日(日)
審判技術向上のため、本高会場で北部地区の審判講習会をおこないました。
北部地区会場でおこなうのは初めてとなるため、浦和東高校に協力いただきました。顧問の津田先生、選手の皆様ありがとうございました。
前半は室内でビデオやプリントを使った座学、後半は実際にコートで練習をおこないました。
大会でしっかりとした審判ができるよう、各校が自分たちの部に還元してくれることと思います。
午後には参加校の男子部で練習試合もおこない、充実した1日となりました。