日誌

女子硬式テニス日誌

熊谷市テニス協会春期団体戦

5/13(日)、熊谷市テニス協会春季団体戦が行われました。
ダブルス2本、シングルス1本の3本勝負。予選リーグ1位通過チームによる決勝トーナメント方式。経験豊富な大人の一般チームに混じっての戦いです。
この大会は春と秋、年2回開催されますが、本高はここ3年間、6大会連続決勝トーナメントに進出し、5回入賞しています。今回は…?

本高AとBの2チームが頑張り、予選リーグを勝ち上がることができました!「高校生チームが2チーム決勝進出」は過去にも例のない快挙です。
決勝トーナメントはクジ運もあり、Aチームが先に敗退するも、Bチームが見事入賞、本高の層の厚さを示してくれました。



   Aチームの試合


   Bチーム表彰!

公式記録(熊谷市テニス協会HPより)
2018haruTeam_ (1).xls



この日を最後に引退する8人の3年生。本当にお疲れ様でした。賑やかすぎて叱られることもしばしばありましたが、野性味あふれる闘争心は勝負事には向いていました。
素人集団が関東公立高校大会に出場し、他にも幾多の大会で優勝・入賞する姿は、本高生のみならず、他校のテニス部員にも勇気を与えてくれました。

これからは受験→卒業→進学という困難が待っています。
テニスは飯の種にはならないけれど、部活で頑張れた経験とその仲間は、そんな人生の困難を乗り切る糧となってくれるはずです。
後輩たちのためにも、テニス部OGの今後の活躍を心から願っています。

関東大会県大会団体戦

5/12(土)、関東大会団体戦の県大会が行われました。ダブルス1本、シングルス2本の3本勝負です。
本高の初戦は地元の草加東高校。本高得意のダブルスで勝利の後、シングルス1の対戦。ジュニア経験者相手でしたが、臆せず挑み、タイブレイクの末に勝利、2回戦にコマを進めました。


2回戦は、練習試合でも何度かお手合わせいただいている久喜北陽高校。12シードの実力校です。
ダブルスがサーブゲームを取りきれず惜敗の後、シングルス1がタイブレイクまでもつれ込みそうになっている横で、シングルス2が振り切られてしまい、0-2打ち切りとなってしまいました。

勝って越谷南高校と対戦したかったところですが残念!


   最後の団体戦挨拶

公式記録(埼玉県高体連テニス専門部HPより)
2018kanto_da_r.pdf

練習試合

連休中の練習試合です。今週末に学総大会の団体戦県大会を控えているので、団体戦に出るメンバーを中心に出掛けてきました。

5/4(金)
vs春日部女子越ヶ谷&浦和西 in春日部女子
各校、県大選手数名を擁する実力校ですが、本高は善戦することができました。いつもながら、他地区の選手との試合は緊張感があり、実践的な調整ができました。

5/6(日)
vs早稲田本庄&本庄東 in早稲田本庄
この日は一転、普段から馴染みの両校とお手合わせいただきました。早稲田は北部地区では上位を独占する強豪で、勝てはしませんでしたが、質の高いラリーが見られ、本高選手も調子を上げることができました。感謝感謝。

3年生はこれが最後の練習試合です。
この1年、色んなチームと練習試合をしていただきました。数えてみたら38校。
「切磋琢磨」
チーム内外の選手の活躍に刺激を受け、お互いを高め合う。そんなライバルに恵まれて、このチームは強くなれたのだと思います。
引退、卒業した後のテニス以外のどこかのフィールドでも、そんなライバル精神がみんなの実力を引き上げてくれることでしょう。
関わってくれたすべての選手、監督の先生に感謝し、試合で恩返しができることを期待しています。
調整は万全。悔いの残らない試合をしよう!

学総大会兼関東大会 県大会

4/28(土),29(日)、関東大会の埼玉県予選が行われました。

シングルス
大谷(3年)初戦突破→ベスト64
福島、沼尻、木村、佐藤、堀口(いずれも3年)初戦敗退

ダブルス
大谷・福島(3年)初戦突破→ベスト32
卜部・丸山(2年)初戦突破→ベスト32
佐藤・堀口(3年)、金子・粕谷(2年)初戦敗退

埼玉県は、全国的にもレベルの高い選手が揃っているということで、ガチ勢相手には歯が立ちませんでしたが、本高選手たちは頑張りました。
この大会を最後に3年生は引退し、代替わりです。新チームでも頑張ります!

公式記録(埼玉県高体連テニス専門部HPより)

kanto_kor.pdf

学総大会地区予選 → 県大会

4/13(金)~16(月)の4日間で、学校総合体育大会(関東大会)の北部地区予選が行われました。

ダブルス
大谷・福島(3年) 4位→
県大会出場
佐藤・堀口(3年) 5位→県大会出場
卜部・丸山(2年) 9位→県大会出場
金子・粕谷(2年) 13位→県大会出場

シングルス
大谷(3年) 7位→
県大会出場
福島(3年) 9位→県大会出場
沼尻(3年) 13位→県大会出場
木村(3年) 14位→県大会出場
堀口(3年) 17位→県大会出場
佐藤(3年) 20位→県大会出場

本高部員20名中、10名の選手が県大会で戦うことができるという結果になりました。
特に、新2年生が健闘してくれて県大会への切符をつかんでくれたことは、新チームにとっては幸先のいい結果となりました。

中でも、ダブルス最後の1枠をもぎ取った2年ペア。「負けたら終わり」という緊張感の中、自分を奮い立たせ、どうにか自分たちのプレーで最後の2試合を勝ち切り、後には安堵の涙…。
泣けるほど何かに打ち込める経験、生涯でそうあるものではありませんが、部活動にはそれがあります。良い試合を見せてもらいました。おめでとう!

勝っても負けても、シビレる経験は人を成長させてくれる。
チーム全員が充実感を味わえた4日間でした。

県大会でも、まず1勝できるように頑張るぞ!



公式記録(北部高体連テニス専門部HPより)
 H30学校総合大会北部地区予選女子結果.pdf

春合宿

4/4(水)~6(金)、校内春合宿を行いました。
5日は前橋育英高校と高崎東高校を招いて練習試合を行いました。前橋育英は団体群馬2位のチームで、全国選抜にも出場しています。
この日は(幸か不幸か?)全国レベルのレギュラーはジュニアの大会に出場していてほとんどいませんでしたが、それでも苦戦を強いられる展開。上には上のチームがあるものです。聞けば、試合となればどこへでも出かけていく精神だそうで、貪欲さに感服しました。

さて、本高部員達ですが、3日間寝食を共にし、チームの親睦が深まりました。3年生はあと1か月の現役生活ですが、最後に良い思い出ができたようです。あとは大会で悔いのないプレーをするのみ。結果は後からついてくる!
いざ!




   唐揚げ!

練習試合

3/30&31、2日連続で練習試合を行いました。

3/30(金) vs栄東&前橋南 in本高
栄東は新人戦団体で本高が惜敗したチーム。前橋南は先日のファミスポカップでもお手合わせいただいた実力校。
拮抗した対戦が多く見られ、課題が浮かび上がりました。


3/31(土) vs獨協埼玉&久喜北陽 in獨協埼玉
東部地区上位の2校に混ぜていただき、緊張感の中で試合をさせていただきました。
強豪選手を相手に、思い通りにプレーできない展開の中、自分たちに足りない部分が浮き彫りになりました。残りわずかな期間で修正できるよう調整します!

卒業生追い出しBBQ

3/29(ニクの日)、この春の卒業生を迎えて恒例のサヨナラBBQです。
久しぶりにコートで一汗流してもらったあと、3学年揃ってグリルを囲みました。進学を控えて少しオトナになった卒業生に、現役部員は1,2年後の姿を重ねて見ることができ、憧れを持てたようです。進路選びにもスイッチが入ったかな?
今のテニス部があるのも、歴代の部員がしっかり伝統を作ってくれたおかげです。ありがとう!
卒業しても本高テニス部を見守っててください。
新転地での活躍を心から期待しています。


   肉!


   焼きそば


   焼きマシュマロ

ファミスポカップ(北関東高校テニス大会)優勝!

3/27(火)、足利運動公園にて、ファミリースポーツカップという、北関東(栃木、群馬、埼玉)のチームが集まる団体戦大会が行われました。ダブルス2本、シングルス1本の3本勝負です。
本庄高校は今年初めて招いていただきましたが、周りを見るや、各県上位入賞常連校が名を連ね、本高選手はビビリ気味(苦笑)。

予選1位通過チームによる決勝トーナメント形式でしたが、失うもののない本高チームは「当たって砕けろ」精神でがむしゃらに挑んだ結果、タイトル通り、優勝することができました!

予選リーグ、栃木新人戦第3シードの宇都宮中央女子高との対戦は、お互いしっかり攻め合う展開の中、本高課題のシングルスも含め、3勝0敗で勝利、続く前橋南との対戦も3勝0敗で、リーグ1位通過となりました。

決勝トーナメント準決勝は1週間前にお手合わせいただいた群馬4位の太田東高校。ダブルス1を接戦で落とし、1勝1敗で迎えたシングルス。シングルに抜擢された選手も苦手意識を持っていましたが、チームの大きな声援を受けて粘りの勝利!この1勝は本人にもチームにも大きな1勝となりました。

決勝は栃木ベスト8の真岡女子高との対戦。トリッキーなテニスに、試合序盤は戸惑いもありましたが、割り切りの良さが功を奏し、後半は自分たちの得意な展開でポイントを重ねることができました。ダブルス2本が勝利し、2勝0敗(打ち切り)で見事初出場初優勝を達成!

初めての会場で、(強そうに見える)初対戦の相手と試合をする。普段の何倍も緊張を強いられる環境で、「緊張する~!」なんて言いながらも結果を出せたことは大きな自信になったようです。
久しぶりに挑んだ団体戦でしたが、個の力量で劣るチームが、勝つために団結し、支え合い、力量以上のパフォーマンスを発揮することができました。

あと2か月で引退なんてもったいない。もっと強くなる余地があるだけに、もっと試合を経験させてあげたいけれど、区切りは待ってはくれません。最期に出し切れるよう、しっかり調整しよう!


   満開の桜がきれいでした


   決勝挨拶


   優勝!

   組合せ表.jpg

練習試合(vs茨城キリスト&太田東 in太田東)

3/18(日)、3校による練習試合に招いていただきました。新人大会団体戦で、茨城キリスト学園は茨城2位、太田東高校は群馬4位の実力校です。本高が一番人数が多かったので、2校vs本高という対戦が多くなりましたが、キツかった(>_<)
ジュニア経験者が多くを占める2校に対し、ほとんど歯が立ちませんでした…。試合をしていただいた両校には申し訳ない結果となりましたが、本高にとっては大収穫。
勝ってノホホンとするよりも、強い相手にボコボコにされることで見えてくるものがあります。一流のプレーを肌で感じ、高い目標ができ、本高選手のハートにも火が付いたようです。
新3年の最後の大会までラストスパート。県大会での活躍が楽しみです!

練習試合(vs川越南&熊谷西 in本高)

3/11(日)、川越南高校と熊谷西高校を迎えて練習試合を行いました。
川越南は1年生主体のフレッシュなチーム、熊西は合宿も一緒に行うなど、馴染みのあるチームです。
久々の対外試合でしたが、本高得意のダブルスを軸に、善戦することができました。
特に、1年生がこのところ伸び盛りの印象を受けます。初心者で始めた選手も上手になり、安定感のあるテニスを見せてくれるようになりました。
代替わりまであと2か月。先輩のいるうちに、良いところを余すところなく吸収して欲しいものです!



鍋パーティー

冬のイベント、鍋パーティーです。
例年冬休みに行うイベントですが、今年は日程が合わず、若干季節外れとなってしまいました。
…が、我が部員たちにとっては、湯気の上がった鍋を前にすると季節もなにも関係ないようで、期待にたがわぬ食べっぷり(^_^)
先を争うようにおかわりを繰り返し、3種の鍋を賑やかにおいしくいただきました。
下ごしらえでは、包丁さばきが意外に上手だったりそうでなかったり…。普段見ることのできない部員の一面を垣間見ることができました。
花嫁修業もできる硬式テニス部です(笑)
たっぷり充電して、明日からまた頑張ろう!


   豆乳鍋


   キムチ鍋


   カレー鍋

テスト前補習

学年末、テニス部恒例の考査前補習です。
顧問による数学の講義の後、演習に取り組みました。
年度末、勉強でも有終の美を飾れるように期待しています!

伊勢崎ヨネックスオープン準決勝

2/17(土)、伊勢崎ヨネックスオープンの準決勝が行われました。8ゲームマッチです。
相手は第3シードの太田女子・前橋女子ペア。接戦ながら7-5リードし、勝利まであと1ゲームでしたが、重要なポイントで思い切りのいいプレーを決められてしまい、流れを渡して結局7-9で敗れてしまいました…。
流れを左右するポイントを理解してプレーした相手選手に対し、こちらは思案が足りませんでした。技術が同等ならば、ポイントの重みをきちんと分かってプレーする方が勝つ。群馬まで来て強敵と戦うことができてこそ得られた教訓でした。
結果3位入賞でしたが、優勝したかっただけに残念!



 ドロー(トーナメント表)
 2018draw-u18.pdf

練習試合(vs正智&本庄東 in本高)

2/12(月)、正智深谷高校と本庄東高校を招き、午前中合同練習→午後練習試合を行いました。両校とも、試合ではよく顔を合わせますが、練習でお手合わせいただくと新鮮味もあり、とても良い刺激になりました。学校間の親睦も深まったようです。
3年最後の大会まであと2か月。そこでいい勝負ができるよう、お互い頑張りましょう!


   試合の様子

伊勢崎ヨネックスオープン

2/11(日)、伊勢崎市テニス協会主催のダブルス大会に参加してきました。
本高は今年初めて参加しましたが、初対面の群馬の選手と緊張感を持って試合をすることができ、かつ、実力が拮抗した対戦が多く見られ、とても良い経験になりました。
また、普段はなかなか経験できない8ゲームマッチ(普通は1セット=6ゲーム先取。県の上位の試合は8ゲームで行われたりする。)を経験できたのも新鮮でした。
結果、1ペア(沼尻・木村)が第1シードに敗れてベスト8、1ペア(大谷・福島)が第2シードを破ってベスト4に残りました。
ベスト4のペアは、協会の方からも「器用な選手ですね」とお褒めの言葉をいただきました。
準決勝は1週間後に行われます。ここまで来たら優勝目指して頑張ります!


   試合の様子

 ドロー(トーナメント表)
 2018draw-u18.pdf

北部西部合同強化練習会

1/27(土)、埼玉県高体連テニス専門部主催の強化練習会が行われました。
例年この時期、雪に覆われる東北の強豪校を埼玉に招いて、埼玉県チームと団体戦形式の試合を行うものです。
…が、今年は埼玉も雪に見舞われ、予定していた東松山と川越のコートが使えず、県外チームを迎えることができなくなってしまいました。
そんなわけで、唯一利用可能な熊谷で、埼玉西部と北部での強化試合となりました。
我らが北部選抜には本高から2人が選出されましたが、西部地区の選手は強かった!

西部選抜、埼玉平成(単独)、早稲田本庄(単独)と試合をしましたが、1試合も勝てず、すべて0勝5敗でした(+_+)
ボコボコにされた結果となりましたが、これも経験。
私が北部選抜の監督を拝命していたので、試合後、選手たちには「強い選手とやった後に、自分と同じレベルの選手と試合をすると、球が緩く見える。それなら余裕を持って戦えるでしょ?そうやって実力が上がっていくものだから。」と話しました。
本高が関東公立大会で得た教訓です。少しでも北部地区に還元できればと思い、話しました。
正智深谷、鴻巣、本庄東の選手、チームを組んでいただいてありがとうございました。北部地区のレベルアップのために、お互い頑張りましょう!



   本高ダブルス

北部地区学年別ダブルス大会

1/8(月)、北部地区学年別ダブルス大会が行われました。
昨年はこの大会で、本高の1年生が優勝&準優勝&4位を獲得しています。
今年は…?

2年の部。早稲田本庄のペアに優勝をさらわれましたが、準優勝&3位&4位を獲ることができました。
1年生も健闘しました。1ペアが、準決勝でタイブレイクの末に惜しくも破れ、3位入賞(優勝を狙っていただけに残念!)。もう1ペアが6位でした。

教訓もありました。1つは2年決勝。本高ペアは持ち前のスピード勝負で攻勢をかけ、3-0リードの展開でしたが、そこはクレバーな早稲田ペア。ストローク勝負では分が悪いと見るや、小技を絡めての軟攻に切り替え、こちらが翻弄される展開となり、4-6で敗れてしまいました…。
もう一つは1年の準決勝。「ボレーで決める」本高スタイルに対し、「攻撃的ロブでかわす」戦術の相手に苦戦を強いられ、2-5から追い上げるも、6-6タイブレイクの末に勝利を逃してしまいました。試合序盤で、相手のスタイルに合わせた戦術に切り替えていれば違った結果になっていたかもしれません。
相手に応じて戦術を切り替えられる選手が勝ち、それができない選手は負ける。「状況判断」の重要性を痛感させられました。

現2年生にとっての集大成は4月からの学総大会(関東大会予選)。満足のいく結果が残せるよう、3学期の練習を頑張りたいと思います。

   2年 決勝(奥)&3位決定戦(手前)


   
入賞!

公式記録(高体連テニス専門部HPより)
2017北部学年別ダブルス大会女子結果2018-1-7-8.pdf

練習試合(vs所沢北 in所沢北)

12/26(火)、所沢北高校に練習試合に出掛けてきました。
所沢北高は、12月に行われた西部地区の団体戦で準優勝だったとのことで、気を引き締めて臨みましたが、本高らしく活きのいいプレーで善戦することができました。
課題であったシングルスの決定力も、徐々についてきています。
春の関東大会予選に向け、シングルスも楽しみになってきました!


練習試合 (vs高崎東&深谷第一 in本高)

12/17(日)、高崎東と深谷第一高校を招いて練習試合を行いました。
北部地区は年明け早々に学年別ダブルス大会があるので、ダブルスを多めにやっていただきました。テスト明けでしたが動きもよく、上位陣はほとんど勝つことができました。
個々の課題も見つかったので、冬休み中の練習でレベルアップを図りたいと思います!