日誌

女子硬式テニス日誌

テスト前補習

ただ今、期末テスト真っ最中。
硬式テニス部、テスト前恒例の数学補習です。
数学苦手 (>_<) な部員が多いので、数学教員である顧問が補習をした後、問題演習に取り組みました。
気心知れた仲間だけに、教え合いもスムーズ。教える方も教わる方も理解が深まったようです。
真の「文武両道」目指して日々精進!


BBQ

11/26(日)、秋のイベント、バーベキューです。午前練習でお腹を空かした後にやりました。

練習後とはいえ、みんなの食欲はスゴかった!
肉だけでも7㎏あったのに、焼きそば、豚汁、じゃがバタ、ミニピザ…。3時間以上食べ続け、デザートまでケロリとしてました(^-^;)
テニスに限らず、食が細い選手は強くなりませんから、心強い限りです。蓄えたパワーをコートで爆発させてください。

食べてるときは、みんな一番のいい笑顔。楽しい時間を共有し、チームの絆も深まったように思います。学年を越えて親睦が深まる1日でした。ごちそうさまでした。


   まずは肉!


   野菜も


   焼きマシュマロ

熊谷市テニス協会 秋季団体戦

11/19(日)、熊谷市テニス協会主催の団体戦に参加してきました。シングルス1本、ダブルス2本の3本勝負、大人の一般チームも交えて春秋年2回の開催です。
2年生主体の本高Aチームは、予選リーグを1位で通過し、6大会連続入賞をかけて決勝トーナメントに挑みました。が、決勝進出したチームは、本高以外いずれも一般チーム。歴戦の強者揃いで、あと1歩まで追い詰めたものの、勝利はなりませんでした。スピード勝負の高校生とは一味違う、堅実なプレーに学ぶことも多かったです…。

公式記録(熊谷市テニス協会HPより)
  
2017akiTeam_.xls

色々あった秋の団体戦シーズンもこれで一区切り。新人大会団体戦に始まり、1年生大会、北部地区団体戦、熊谷市団体戦…。
各大会で、チームの勝ち負けを背負ってプレーする団体戦の醍醐味を存分に経験してくれたようです。本気で喜び、悔しがり、随分と経験値も上がりました。


   一般チームとの対戦

嬉しいこともありました。大学生になったOG達が、チームを組んでこの大会に出てくれていました。現役時代とはまた違った表情で、楽しそうに試合をしている姿は見ていて微笑ましいものがありました。大人になっても、テニスを通じて集まれるメンバーは生涯の財産だと思います。
振り返って大切な思い出となるのも、現役時代に真剣に打ち込んだからこそでしょう。

中学生の皆さん、本高で部活をやろう!一生ものの宝物に出逢えますよ!

1年生大会団体戦 決勝トーナメント

11/14(県民の日)、1年生大会団体戦の決勝トーナメントが行われました。ダブルス3本勝負です。

本庄高校の初戦は所沢中央高校。本高と同じように、経験者はいないながらも、活きのいいプレーで予選を勝ち上がってきたチームです。思い切りのいいラリーの応酬となりましたが、本高の積極的なボレーが効を奏し、ダブルス1と2が勝利できました。

2回戦は昌平・獨協埼玉の合同チーム。昌平が県大選手3人を擁する第4シードです。
1勝1敗で迎えたダブルス2の試合、タイブレイクまでもつれ込みながら惜しくも敗れ、ベスト8進出はなりませんでした。
昌平の選手は大一番でも落ち着いていたのに対し、本高ペアは幾分浮き足立っていたことは否めません。経験の差が出てしまいました…。

試合後、本気で悔しがるメンバーを見て、このチームはまだまだ強くなる予感がしました。悔しい思いはバネになる!
いつかリベンジが見られることを期待しています。


   挨拶


   試合の様子

公式記録(高体連テニス専門部HPより)
http://kobaton.com/29/20171nendfr.pdf

北部地区団体戦 完全優勝!

11/11(土)、北部地区団体戦が行われました。
シングルス1本、ダブルス2本の3本勝負です。
各校から複数チーム参加できる、21チームによるトーナメント戦です。本庄高校Aチームは新人大会の結果を受け、第1シードをもらって参加しました。

本庄A 3-0 鴻巣B
本庄A 3-0 本庄東・正智深谷(合同)
本庄A 3-0 熊商A
本庄A 3-0 深一A

第2シードの正智深谷が準々決勝で敗れる波乱もあり、決勝戦は第3シードの深谷第一高校との対戦になりましたが、実力を出し切り、3勝0敗。結果的に初戦から1試合も落とさず、
完全優勝でした。
本庄高校は、昨年もこの大会で決勝まで進出しながらも、無念の日没打ち切り、正智深谷と両校優勝という経緯がありましたが、今年は悲願の単独優勝となりました。
日頃よりご協力いただいている保護者の方々(当日も何名かの保護者の方が応援に来てくださいました)、応援してくださる先生方、ここまで部を作り上げてくれた歴代の部員に感謝いたします。


   試合の様子


   表彰式



   優勝!

一方で、課題が残ったのがB、Cチーム。1年生主体でしたが、立ち上がりの不安定さが響き、勝てるダブルスを落として初戦突破できませんでした。トーナメントは1日を通して戦うもの。1日を見通したコンディショニングができていないあたり、まだまだ経験が必要なようです。春に向けて頑張りましょう!

公式記録(高体連テニス専門部HPより)
2017北部女子団体戦結果.pdf

1年生大会団体戦 予選1位通過!

11/3(金)、1年生大会団体戦が行われました。ダブルス3本勝負です。
この日は予選リーグ。4チームのリーグで、1&2位のチームが決勝トーナメントに進出できます。

本高の初戦は岩槻&県立川口の合同チームでした。
岩槻は県大選手を擁する第4シードの実力校。その1番手にはかないませんでしたが、1勝1敗で迎えた3番手の試合、試合序盤で奪ったリードを保ったまま勝利し、2-1で勝つことができました!
2戦目の三郷北高校には危なげなく3-0で勝利。
3戦目の川越女子高校との対戦。堅実なプレーが持ち味の手強い相手でしたが、1番手勝利のあと、2番手が終盤までもつれこむ接戦をものにし、6-4で勝利!3番手も終盤リードされましたが4-5からの逆転で7-5勝利!
最終的にリーグ3勝0敗の
1位で予選を通過しました。

「練習と試合のギャップ」。恐らくどの競技でも永遠の課題ではないでしょうか。
テニスでは、試合で練習の7割ができれば合格。この割合をどう高めるかが一つの課題なわけですが、この日については、練習の8割くらいのプレーができていました。
なかなか教えてもギャップは埋まらないものですが、このチームはメンタル的な強さを持ち合わせているようです。伸び代を感じさせる、心強い試合でした。

チーム力が問われる団体戦。1年生の実質デビュー戦となるこの大会は、新チームの行く末を占う大会となります。
結果を振り返ると、「チームでつかんだ勝利」という印象でした。
団体戦は、どうしても試合に出る「レギュラー」と出ない「控え」ができてしまうのですが、大事なのは、試合に出ない選手がどう動くか。
朝の雨上がりのコート整備に始まり、キリッとした審判、声を枯らしての応援…。全員が「チームのために」動けていました。コートに立つ選手が最高のパフォーマンスを発揮できたのは、間違いなくチーム全員のサポートのおかげです。
1人残らず大切な戦力でいること。強いチームに必要な条件だと思います。このチームの先行きが楽しみになる、質の高い試合を見られた1日になりました。
決勝トーナメントは14日(県民の日)。そこで1つでも多く試合ができるよう、しっかり調整して臨みます!


   整列


   1位!!

公式記録(高体連テニス専門部HPより)
http://kobaton.com/29/20171103f.pdf

新人大会団体戦

10/28(土)、新人大会の団体戦が行われました。
シングルス3本、ダブルス2本の5本勝負です。
本高の初戦は栄東高校。県大選手8人を擁する南部地区の実力校です。
本高得意のダブルスは危なげなく勝利できましたが、シングルスに実力選手を集めてきた相手に対し、しぶとく食らいつきましたが惜しくも3敗。
初戦突破はなりませんでした。

栄東はその後、ベスト8をかけて第5シードの埼玉平成と大激戦の末、2-3で敗れたのですが、本高にとっては、県のベスト8に食い込もうかという相手を3-2まで追い詰めたことは一つの成果でしょうか。
春に向けて、シングルス力の強化に取り組みたいと思います。


   挨拶


   円陣!

公式記録(高体連テニス専門部HPより)
http://kobaton.com/29/2017sinjindrf.pdf

北部地区1年生合同練習会

10/9(月)、本庄高校で1年生合同練習会が行われました。6月にも行われたものです。
午前中は3班に分かれ、それぞれの先生からレッスンがありました。
お昼頃から練習試合。6月よりはレベルの高い試合が見られ、各校の努力が垣間見えました。

本高の課題は「ボトムアップ」と「シングルス力強化」。上位番手のダブルスはほとんど勝てたのに対し、下位番手のペアが内容・結果ともに課題の残る出来でした。奮起を期待したいところです。
また、シングルスでは、ダブルスで勝った相手に負けてしまう試合もあったので、シングルスに特化した練習の必要性も感じました。
他校選手に負けずにレベルアップして、次に戦うときにはリベンジできるよう頑張ります!

新人大会県大会

9/30(土),10/1(日)で新人大会の県大会が行われました。

土曜日はダブルス。
大谷・福島(共に2年)北部地区4位→県大会64
沼尻・木村(共に2年)北部地区5位→県大会64
佐藤・堀口(共に2年)北部地区7位→県大会32

日曜日はシングルス。
大谷(2年)北部地区9位→県大会128
福島(2年)北部地区11位→県大会128
沼尻(2年)北部地区16位→県大会128

ダブルス、シングルス共に、県大会の重圧からか全体的に動きが硬かったように思います。勝つべき試合をいくつか落としてしまいました。
逆に伸び伸びとプレーした結果、格上と思われていた相手にダブルスが1本勝利するなど、喜ばしい番狂わせもありました。
「大舞台には魔物が住む」なんて言いますが、この事でしょうか。

県大会は、各地区の1回戦勝者の数によって、次大会の県大本数が増減する(北部地区の選手がたくさん勝つと、次大会の北部からの出場本数が増える)仕組みなので、選手は各地区の出場本数を背負って試合をすることになり、普段以上にプレッシャーのかかる試合を強いられます。
それにしても…。もう少し、本来の力を出させてあげたかった。精神力を鍛える必要を痛感した大会でした。
しかし、前向きにとらえれば、「県大に出て終り」ではなく、その上を目指せるレベルに到達しているわけで、一層の高みを目指して精進したいと思います。

公式記録(高体連テニス専門部HPより)
http://kobaton.com/29/20171002.pdf

県大選手練習試合

9/24(日)、県大会を前に、北部地区の県大出場選手が集まり、合同練習&練習試合が行われました。
会場校ということもあり、本庄高校からは県大出場選手+αの2年生8人が参加しました。

午前中は2時間程の合同練習。普段通りの練習でも、技量の高い選手が集まって行うと、密度の濃いものになります。時間以上に中身の濃い練習ができ、お互いに良い刺激になりました。
そのあとは練習試合。真剣勝負の中にも、お互いをたたえ合うような雰囲気は、見ていて清々しいものがありました。

県大会は今度の週末。「チーム北部」選手の活躍にご期待ください!


   準備体操


   合同練習


   試合の様子

練習試合 (vs越谷南 in越谷南)

9/16(土)、越谷南高校に練習試合に誘っていただきました。
埼玉の公立高校No.1チームとあって、胸を借りるつもりで出かけました。
関東公立高校大会以来の顔合わせです。
ダブルスを中心に行いましたが、相手の1番手にはかなわなかったものの、2番手以降とはいい勝負になり、県大会に向けて課題と手応えをつかむことができた1日となりました。
顧問としても、監督の先生やコーチの方とお話しさせていただく中で、参考になることがたくさんありました。「メンタルだけを鍛えようと思ってもダメ。技術を磨いていくうちに身につくものだから。」とか。なるほど。
県大会で再会するまでに、恥ずかしくない戦いができるように精進します!


新人大会北部地区2次予選 → 県大会出場!

9/8(金),9(土)で北部地区大会の2次予選が行われ、
ダブルスで4位,5位,7位の3組、
シングルスで9位,11位,16位の3名が県大会に出場できることとなりました。
ダブルスの4位は賞状をいただきました。

県大会は9/30(土),10/1(日)の2日間で行われます。
県大会でも良い結果が残せるよう、一層練習に励みます!

公式記録(高体連テニス専門部HPより)
http://www.waseda.jp/honjo/honjo/tennis/hokubu/17shinjin.pdf

練習試合 (in熊谷さくら運動公園)

8/28(月)、越ケ谷、所沢北、与野、熊谷西高校を招いて練習試合を行いました。
東西南北、各地区の2次予選進出選手に集まってもらったので、各地区の上位選手による練習試合となります。本庄高校からは7人の2年生が参加しました。

激戦の他地区で戦う学校を相手に、どれだけの試合ができるかと、期待と不安を抱いて臨みましたがどっこい、善戦してくれました!
「ダブルスに強い本高」という評価をいただくことが多い今年のチームですが、ダブルスを軸にペースをつかみ、シングルスでも活き活きとしたプレーで、練習してきた動きを試合で体現することができました。
結果的に勝ち星が上回り、2次予選に向けて手ごたえをつかむことができた1日となりました。

「ダブルスの本高」
彼女らのダブルスの強みは、「支え合い」にあるように思います。
ナイスプレーの喜びは共有して倍増!ミスったときのがっかりは分け合って半減!
1プレーでしくじっても、めげずにまた攻めていける。そんな雰囲気がお互いを支え合い、1+1が3にも4にもなる場面を数多く見せてくれました。

この夏、本高チームは関東大会やコバトンカップなど、限られたメンバーしか参加できないイベントに参加させていただき、格上の選手と試合をすることで、実力をグンと引き上げてもらったように感じます。
関わっていただいた学校の選手、先生方、日々支えてくださる保護者の方々に感謝を忘れず、2次予選でも結果を残せるよう頑張ります!


コバトンカップ参戦!

8/22,23、コバトンカップが大宮第二公園で行われました。
近県の強豪校を埼玉に招いて、新人大会に向けて実力アップを図る
ダブルス3本の団体戦です。
埼玉の実力校は単独チームで参加しますが、その他に東西南北地区の選抜チームが参加します。
北部地区選抜チームには、本庄高校から4人が選ばれました。
我らが北部選抜は、4校による予選リーグを1位で勝ち抜いたものの、1&2位リーグでは苦戦を強いられ、結果決勝リーグで6位となりました。

本高の選手にとっては、2ペア参加できたので、県外の手強い選手を相手にダブルスのいい練習ができました。また、他校の選手とペアを組んで試合をしたことも、メンタルを鍛える意味でとても良い経験になりました。チームを組んでいただいた正智深谷、鴻巣、本庄東、3人の選手に感謝いたします。
2次予選に向けてお互い頑張りましょう!






   開会式


   北部選抜チーム

新人大会北部地区1次予選

新人大会個人戦が始まりました。
北部地区女子の場合、1次予選でシングルス32名、ダブルス16組を選出し、
9月の2次予選で勝ち残ったシングルス20名、ダブルス10組が県大会に出場できます。
8/18,19の2日間でそれぞれシングルスとダブルスの1次予選が行われました。

本庄高校からはシングルス6名、ダブルス3組が2次予選に出場できることとなりました。
2次予選までにしっかり調整し、1人でも多く県大会に出場できるよう頑張ります!

関東公立高校テニス大会 報告

8/12(土)13(日)、千葉県白子町で関東公立高等学校テニス大会が行われました。
参加は16校。初日は4校ずつ4つのリーグで予選を行い、2日目は予選リーグの同じ順位のチームと順位リーグを行います。

本庄高校の初日は1勝2敗でした。
本庄 0-5 八千代(千葉)
本庄 1-4 太田女子(群馬)
本庄 4-1 烏山(栃木)
八千代、太田女子には経験豊富な選手が揃っていて強かった!八千代は結果的に優勝でした。
本高は3位リーグで2日目を迎えることとなりました。

2日目、3位リーグでの対戦は実力が拮抗しており、どの対戦も接戦となりました。
本庄 3-2 岩槻(埼玉)
本庄 3-2 市立千葉(千葉)
本庄 2-3 小金(千葉)
3チームが2勝1敗で並び、本高は得失試合数の差で惜しくもリーグ2位となりました。

今回の参加校を見る限り、硬式テニスの経験者が1人もいないチームはおそらく本庄高校だけだったと思いますが、それでもここまで来られたことは本高チームにとって大きな自信となりました。初めての経験に、最初は表情も硬かったですが、最後には落ち着いて自分たちのテニスができるようになりました。人間的にも成長してくれたと思います。
日頃より支えてくださる保護者の皆様、応援をいただいた先生方、大会参加に当たりご支援をくださった同窓会の方々に改めて感謝申し上げます。
今週末から今度は新人大会が始まります。まずは1人でも多く2次予選に進めるよう、気持ちを引き締めて臨みます。

公式記録(千葉県高体連テニス専門部HPより)
http://www.chiba-hs-tennis.com/public/2017/kanto/index17.html


   円陣!


   試合の様子


   表彰式


関東大会出場!

関東公立高校テニス大会出場決定!


8/7(月)8(火)で埼玉県公立高校テニス大会が行われました。
シングルス3本とダブルス2本、5本勝負の団体戦です。
この大会は関東大会につながっており、参加57校中4校が関東大会に出場できます。
本庄高校は12シードをもらって参加しました。

7日のトーナメントでは3回戦、第5シードの市立川越高校と対戦しました。
シングルス1は強敵で歯が立ちませんでしたが、シングルス2とダブルス2本が頑張り、3-1で勝利、ベスト8で2日目に勝ち残りました。
8日、関東大会を賭けた準々決勝、第4シードの大宮高校との対戦。この対戦も前日同様、シングルス1を落とすも、シングルス2とダブルス2本が勝利し、見事
関東大会出場を決めました!
その後は勝利することはできませんでしたが、結果4位で埼玉県代表として関東大会に参加できることとなりました。

日頃よりご理解、ご協力をいただいている保護者の皆様、応援してくださる先生方、生徒諸君のおかげと、深く感謝いたします。
関東大会は8/12(土)13(日)の2日間、千葉県白子町で行われます。
プレーで恩返しができるよう、精一杯頑張ってまいります。

公式記録(高体連テニス専門部HPより)

H29_Jyoshi_2_0.pdf



    試合前の挨拶


   試合の様子


   表彰式


練習試合(vs伊奈学園 in伊奈学園)

合宿翌日ですが、練習試合にお誘いいただきました。

国公立大会第2シードの強豪校、伊奈学園ということで、胸を借りるつもりで出かけました。
早稲田本庄と本庄東と本高の連合チームで伊奈学園と対戦しました。

激戦の南部地区で勝ち抜くだけあって、技術面はもとより、勝負に対する姿勢を学んだような気がします。県大会のレベルを目の当たりにする良い機会になりました。

再び伊奈学園の選手と県大会で試合ができるよう、新人大会では1人でも多く県大会に出場することを目指します。

山中湖合宿

恒例の合同山中湖合宿です。今年は熊谷西高校、熊谷女子高校、上尾高校と合同で行ってきました。

初日は各校練習。涼しくていつもより効率の良い練習ができました。
2日目はレベル別合同練習。他校の生徒と一緒に、自分のレベルにあった練習ができるのでモチベーションも上がります。
3日目は練習試合。コートが潤沢にあるので、ほぼ休みなく試合ができました。
4日目は再び各校練習。試合で浮かび上がった課題に重点的に取り組みました。

天候もよく、テニスに集中でき、充実した4日間になりました。

   富士山を見ながら練習


   富士山をバックに記念撮影

流しそうめん

夏のイベント、流しそうめんです。午前練習の後に行いました。
そうめんの他にも、から揚げ、てんぷら、煮卵、生野菜…。
お腹いっぱい、明日からまた頑張れそうです(^ - ^)