近況 全日制

外務省「高校講座」

11月24日(木)、本校の体育館を会場に外務省「高校講座」が開催されました。
この講座は、外務省が全国の高校に職員を派遣し、高校生の外交・国際問題、異文化に対する
関心や理解を深めるとともに、進路意識の向上を図ることを目的に実施しているものです。
今回の講師は、外務省中南米局南米課課長補佐 荻野正裕氏。
荻野氏は本校の同窓生です。つい、2日前まで、安倍首相のニューヨークでのトランプ次期米
大統領との会談、ペルーでのアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に随行し、帰国
なさったばかりでした。
荻野氏は、外交官として滞在した様々な国の地理や文化について、写真を見せながら語ってく
ださいました。大変興味深い内容が多く、おもしろかったです。
最後に、本高生へのメッセージとして、「本高生にはもっと努力をしてほしい。将来、どの
ような職業に就くとしても世界とかかわらずにやっていくことはできない。世界の国々にも
っと関心をもって生活してほしい。」と話してくれました。
講演会終了後、希望者11名が参加して座談会が行われましたが、たくさんの質問が飛び交い、
大変盛り上がる会になりました。