ブログ

3年選択 国語表現 その6

 国語表現、最後の授業となりました。

 最後にペンネーム「ぴかちゅう」さんの2篇の詩を紹介したいと思います。

 作者の「やさしい」気持ちが表現できています。

 皆さん「ほっこり」してくださいね・・・

 

「まる さんかく しかく」

ぼくはまる

つるつるしていてかわいいでしょ

さわりごこちもいいし

にんげんはみんなぼくのことがだいすき

 

ある日さんかくがまるに言った

君はどうして角がないんだ

角がないなんておかしいぞ

 

そうだそうだおかしいぞ

しかくもさんかくにのっかって

まるを激しく責め立てた

 

まるにはまるの良さがあり

さんかくにはさんかくの良さがあり

しかくにはしかくの良さがある

 

さんかくとしかくに私は言いたい

自分と違うだけで仲間はずれにする

そんなことをしてはいけないよ

 

ひとりひとり

ひとつひとつが

大切なんだ

 

 

「あり」

こんにちはありです

ぼくはこんなちいさいけど

あんなにおおきなぞうとおなじ

いのちをちゃんともっている

 

だからぼくをみかけたら

”こんにちは”

って話しかけてね

 

そしたらぼくも

”こんにちは”って返すから

 

きみはきこえないかもだけどね