館報「柏風80号」 編集委員長の巻頭言

 担当教諭の指導により、館報「柏風80号」が完成し生徒に配布しました。
 以下、生徒の言葉を中心に紹介します。

 巻頭言 柏風編集委員長 2年 A.H.
 この度は館報『柏風』を開いていただきありがとうございます。この館報により、皆さんが「本の新しい一面」に触れることができたらうれしいと思っています。
 ここでは私の大好きな「漫画」についてお話ししたいと思います。皆さんは「漫画」という言葉の由来を知っているでしょうか。語源としては「気の向くままに漫然と描いた画」という意味であり、江戸時代では葛飾北斎の作品の題名で使用されていたそうです。現存の定義としては、戯画(笑いを入れた絵)や劇画、ストーリー漫画、落書き、アニメなどの幅広い意味を持ち、最近では漫画原作の実写映画やアニメなど人々に様々な影響を与えています。
 「漫画」というものには大きな影響力があり、読む人や観る人を楽しませてくれます。また漫画だけでなく、「本」というジャンルすべてにおいてもその楽しさは実現していると私は思っています。そんな「本」の楽しさを、この「柏風」で是非見つけてみて下さい!

館報表紙














 表紙デザイン
 1年 Y.S.