柏風80号 編集後記

 私は昨年に引き続いて、二度目の館報の製作でした。昨年の経験を生かし、よいものが作れたと思います。とてもやりがいがありました。3年 A.Y.

 中々興味深い作品で、細田監督の作品は好きなのでまとめがいもあった。子育てに関するものなので、そこもまとめてみる所にすごく魅力を感じました。3年 R.S.

 細田守監督は様々な表彰をされるような、素敵な作品を数多く作り出してきているということを知ることができました。まだ観られていない作品を観てみたいと感じました。3年 E.U.

 初めて館報の特集ページに携わりました。特に、クイズを考えるのが難しく困りました。『未来のミライ』を観たことがなかったので、機会があれば見たいです。3年 A.K.

 とても貴重な体験をさせていただけて良かったと思っています。これを読んで、本に少しでも興味を持ってもらえればとてもうれしいです。2年 H.Y.

 今回の館報では不慣れながらも頑張りました。これを通してみなさんが本の魅力に気づいたり、気になる本ができたらうれしいです。2年 M.N.

 普段本を読むときは、時代背景や作者のことなど、あまり気にかけていませんでしたが、調べてみるとまた違った角度から作品を楽しめることがわかりました。2年 C.T.

 初めての館報作成でしたが、本について様々な事を知ることができました。この仕事に携われて本当に楽しかったです。2年 A.H.

 僕は映画のあらすじを書く担当だったのですが、他の人にわかりやすく、かつ短くまとめることに苦戦しました。もっと、簡潔にまとめられるようにしていきたいです。1年 T.T.

 館報づくりを通して、一年の特集テーマである「君の膵臓をたべたい」についてより深く知ることができました。1年 Y.K.

 「君の膵臓をたべたい」について調べてみて、原作者や監督についても知れてよかったなと思います。1年 M.S.

 この本は、恭子が日大タックルしたり、ガム君が国境に壁を作ったり、学級委員が自動車会社を私物化したりと、とても面白いのでぜひ読んでください。※注・これらは嘘の可能性があります。1年 Y.U.

本庄高校のキャラクター ほんたん