Wildcats日誌

支部選手権

 29日1回戦は怪我人が出てしまい試合中に救急車が来る、担架がベンチの裏すぐまで来るバタバタの中で何とか勝利。なにせ運ばれて行ったのはこれまで戦力的にも精神的にもチームを引っ張ってきてくれた部長。選手はあの状況でよく気持ちを立て直して最後まで戦ってくれたと思う。
翌30日の2回戦、件の部長は「取り敢えずしばらくは静養」とのお医者さんからの指示を受け松葉杖姿。でもしょうがない。頑張ろう…と試合を始めたのですが、まぁシュートが入らない入らない。前回、新人戦でやられてる心の(選手も私も)持ちようとか、背の高い部長がいない力みとか、フロントコートへのボール運びに苦労してからの攻めで焦りとか…あるんでしょうけど何と前半8点しか取れず(苦笑)
そこから盛り返して4Q残り20秒を切ったところで2点差にまでしたのですが、最後はボールを回されて終了。これは最後の相手タイムアウトでの私の指示が良くなかった。相手も追い詰められていたのに…完全にベンチのミス。反省。