日誌

部活動3原則

世界一受けたい授業に大津高校サッカー部の監督が出演した。3つの大切なことを教えてくれた。
1つ目は「サッカーが上手くなるためには、まず最初に『生活習慣を改めよ。』」だった。社会人でも、学生でも生活習慣がきちんとしてないと一流になれない。

2つ目は「部員たちの集中力を高めるために『終わりの時間を決める。』」だ。長時間練習させると、いかに「サボルか」を考える。「やらされる」から、自分から「やる」環境が練習時間100分設定で出来上がったそうだ。本庄高校女子サッカーでは平日は120分に設定している。

3つ目は「子供に『本物』見せると本気になる。」だ。サッカーに限らず、色んな本物を見せることで子供たちが本気になり、子供自身も本物に変わっていくことを期待しているそうだ。

3つのことを肝に銘じて、本庄高校女子サッカー部は益々躍進したい。4日(木)の練習は最後にの8対8+GKのゲームをした。実に全体が動き、声を出し、協調し、楽しいゲームだった。今後の躍進が楽しみだ。期待で一杯だ。