日誌

新人戦第1戦結果

1月13日の成人の日に、浦和西高校さんで狭山ヶ丘高校さんと対戦した。相手はたった10名だ。何故か、2人サブになっていた。39度の熱で学校を休んでいたりおが来たのでびっくりした。心配だったのか、責任感なのかはわからない。多分、後者であろう。10時にゲームがスタートした。りおの代わりに、昨日絶好調だったみゆうをトップにした。相手のメンバー表を確認すると2年生4名、1年生6名だった。本庄は2年生8名、1年生3名だ。サッカー経験者3名。狭山ヶ丘高校さんんはCB、ボランチの2名だった。目論見としては、最低でも5点と思っていたが、9本シュートを打ったが、前半0点だった。

後半に、カウンターでゴールネットを揺らされた。負けを覚悟したが、オフサイドで救われた。シュートがポストに嫌われ、得点にならない場面もあった。惜しかった。これが、入っていれば勝ち点3だったのだが。いつものことだが、試合になると、ヘディングをしないので、ボールをスペースに運んでから蹴れず、止まって蹴り勢いがないので、簡単にインターセプトされた。どう改善したものか。永遠の課題だ。8割がた、相手のフィールドで戦えたが、シュートがゴール内に行ったのは数本だけだった。原因としては、2軸キックが身に付いていないことだ。

最後に、18日(土)、本庄高校にて浦和実業さんと第2戦になる。絶対負けられない戦いだ。地元の利を生かして絶対勝利する。OG諸君、応援をお願いする。力を与えたまえ。