日誌

ニューイヤーズカップ戦

令和2年1月4日に熊谷さくら運動公園で、練習試合初めだ。関東学園0-0、伊勢崎清明0-1、熊谷女子0-2、市立太田0-2、花咲徳栄0-3で、1分け4敗でした。14名で挑んだ。皆よく頑張った。キーパー練習をしっかりやった。守備力は進歩してきている。攻撃力の進歩に期待する。

5日も同じ会場だ。成立0-3、文京0-1、山村学園0-5、村田女子0-5の結果であった。少人数の中、寒い中、懸命に走った。怪我を抱えている選手が心配だが、強豪校と対戦できることで、大きな刺激になりチームの向上につながった。有り難いことだ。さて、他チームと比較して圧倒的に足らないのが、例えば、ヘディング、コンタクトプレーだ。2つとも、痛いものだ。できれば、やりたくないものだ。しかし、実際にやってみると、楽しいものでもある。ヘディングは、3Dサッカーへ、コンタクトプレーはボールの奪い合いへの醍醐味を味わえる。さらに、頭脳プレーが出てくるともっと楽しくなる。例えば、相手のプレッシングが厳しく、上手く味方にパスできない時は、相手にボールを当てて、意図的にスローインやコーナーキックを獲得する。マイボールが継続でき、攻撃が継続できるのだから、より楽しいサッカーになる。