日誌

全日本選手権大会 県予選

11月10日(土)、11日(日)の両日、サイデン化学アリーナで選手権大会の県予選が行われました。選手権大会というとあまりピンとこない人もいるかと思いますが、春高バレーといわれる大会の県予選です。

本庄高校は、シード校の川越東高校と対戦しました。
1セット目、序盤にサーブが走り、リードして、試合を展開することができました。しかし、中盤以降、サーブカットが乱れ、並ばれてしまいました。その後は、両チーム1点を追う接戦のゲームとなりました。
先に、マッチポイントをつかんだものの、24-26で逆転負けしてしまいました。
2セット目は、序盤からリードを許す苦しい展開でした。中盤以降、少しずつ点差を詰めることができましたが、最後のあと1歩が及ばず、22-25で逃げ切られてしまいました。
シード校を相手に、選手は良く戦ってくれたと思います。自信にもつながったのではないかと思います。しかし、自分たちの課題も見つかったことでしょう。
次の新人戦では、県ベスト8に入れるよう頑張ります!

毎回、遠いところまで、応援に来てくだる保護者の方々、感謝申し上げます。春に向けて、もうひと頑張りしますので、引き続き応援の程よろしくお願いいたします。