日誌

ファミスポカップ(北関東高校テニス大会)優勝!

3/27(火)、足利運動公園にて、ファミリースポーツカップという、北関東(栃木、群馬、埼玉)のチームが集まる団体戦大会が行われました。ダブルス2本、シングルス1本の3本勝負です。
本庄高校は今年初めて招いていただきましたが、周りを見るや、各県上位入賞常連校が名を連ね、本高選手はビビリ気味(苦笑)。

予選1位通過チームによる決勝トーナメント形式でしたが、失うもののない本高チームは「当たって砕けろ」精神でがむしゃらに挑んだ結果、タイトル通り、優勝することができました!

予選リーグ、栃木新人戦第3シードの宇都宮中央女子高との対戦は、お互いしっかり攻め合う展開の中、本高課題のシングルスも含め、3勝0敗で勝利、続く前橋南との対戦も3勝0敗で、リーグ1位通過となりました。

決勝トーナメント準決勝は1週間前にお手合わせいただいた群馬4位の太田東高校。ダブルス1を接戦で落とし、1勝1敗で迎えたシングルス。シングルに抜擢された選手も苦手意識を持っていましたが、チームの大きな声援を受けて粘りの勝利!この1勝は本人にもチームにも大きな1勝となりました。

決勝は栃木ベスト8の真岡女子高との対戦。トリッキーなテニスに、試合序盤は戸惑いもありましたが、割り切りの良さが功を奏し、後半は自分たちの得意な展開でポイントを重ねることができました。ダブルス2本が勝利し、2勝0敗(打ち切り)で見事初出場初優勝を達成!

初めての会場で、(強そうに見える)初対戦の相手と試合をする。普段の何倍も緊張を強いられる環境で、「緊張する~!」なんて言いながらも結果を出せたことは大きな自信になったようです。
久しぶりに挑んだ団体戦でしたが、個の力量で劣るチームが、勝つために団結し、支え合い、力量以上のパフォーマンスを発揮することができました。

あと2か月で引退なんてもったいない。もっと強くなる余地があるだけに、もっと試合を経験させてあげたいけれど、区切りは待ってはくれません。最期に出し切れるよう、しっかり調整しよう!


   満開の桜がきれいでした


   決勝挨拶


   優勝!

   組合せ表.jpg