日誌

関東大会兼学総大会北部地区予選

4/16(金)~24(土)、3年生最後の大会となる、春大会(関東兼学総)が行われました。

北部地区は昨年の新人県大会で結果が振るわなかったため、県大出場本数が男女とも大きく減り、加えて女子にはスーパー1年生が5人も参入するというキビシイ状況でのトーナメントです。

が、本高勢は得意のダブルスで頑張り、北部10本中3本に食い込むことができました。いずれも格上と思われていた選手を接戦で下しての勝利でした。

7位 掛川志帆・野村倖(2年) 県大会出場

8位 齊藤幸葵・澤田華奈(3年) 県大会出場

10位 田中朱里・茂木美薫(3年) 県大会出場

シングルスは、各校1番手が意地を見せるハイレベルな対戦が多く見られましたが、本高2年生が踏ん張り、県大会出場を決めました。

12位 掛川志帆(2年) 県大会出場

県大選手6人というのも立派な結果ですが、2年生が補欠にシングルスで3名、ダブルスで3組入れたことも大きな収穫でした。シングルスでもダブルスでも、第8シードの選手を破る「ジャイアントキリング」を見せてくれ、新人大会のシードにつながる幸先の良い結果になりました。

一方、3年生は最後の晴れ舞台、頑張って掴んだ県大会でのプレーのチャンスです。悔いの残らないプレーができるよう、最後の調整をガンバロウ!

 

公式記録(北部地区高体連HPより)