日誌

2018年2月の記事一覧

羽生結弦選手

羽生結弦選手がショートプログラムを1位で終了した後のインタビューで次のようなことを言っていた。「自分が期待している以上の自分がフリープログラムで出現することを楽しみにしている。そんな自分が今ここにいることに自体に期待している。」フィギュアスケートでは、演技構成によって、大体の期待できる得点が予想できるそうですが、オリンピックという大舞台で更なる自分の可能性に胸躍らせていたのです。大怪我にもかかわらず、自分の進化を信じている精神力の強さに本当に感銘しました。
選手諸君、自分を自分が誰よりも信じてますか。自分の可能性に期待していますか。私は皆の可能性を期待し、信じています。強豪校にも対等に戦えることを証明してくれた先輩たちも居ました。もっともっと試合を楽しんでやりましょう。
本田宗一郎氏の言葉に、「失敗を恐れるな。何もしないことを恐れよ。」「成功とは99パーセントの失敗の残りの1パーセントである。」そうです。失敗をどんどんして、その失敗を糧に成功を勝ち取りましょう。オリンピアンに負けないぞ。気合いだ。