日誌

2019年12月の記事一覧

練習試合と2部リーグ戦結果

12月22日の午後、高崎女子高校サッカー部と8か月ぶりに試合をした。1年生にいい選手が2人いたのが印象に残った。レギュラーチームで臨んだが、0-1、0-2で完敗。1年生チームも1-2、0-0という結果であった。

24日の午後、本庄第一高校さんと2部リーグ戦をした。35分ハーフだ。高崎女子戦の反省を活かし、ポジションンとフォーメーションを大幅に変更した。新人戦に向けての、得点力アップの梃入れだ。前半は善戦して1-3だった。本庄第一高校さんからゴールを奪ったのは、奇跡だ。しかし、しっかり崩した得点だった。偶然ではない。でも、後半は0-6と大敗してしまった。

25日の午後、シュエットさんと30分を3本やった。2年生が3名欠席で、私の練習試合構想が崩れた。1年生に頑張ってもらった。0-4,0-4,0-0という結果であった。残念であった。しかし、大きな発見もあった。ボール奪取が見事な1年生を2人見いだせた。十分にレギュラークラスだ。

本庄高校女子サッカー部を強くする Part 8

膝抜き

相手から遠い足に力を入れてコンタクトするより、相手に近い方の足を踏み込んで、その膝を一瞬抜いて体を支えた瞬間にコンタクトすると、地面反力を活かした強いコンタクトができ、しかも、ボールをコントロールするという点でも有利だ。

ポイントは、当たる瞬間に、相手に近い方の足を踏んで、膝を抜く(抜いた直後、踏ん張る)ことだ。お尻から当たるような感覚を持てば、よりわかりやすくなる。その一瞬、作用、反作用の法則で、静止して立っている時の体重分よりも大きな力が地面から真上方向に返ってくる(地面反力)。この地面反力を相手に伝える体の使い方が、コンタクトでは最も重要だ。いくら筋肉を太くしても、このコンタクトのやりかたを知らなければ、筋肉は役に立たない。

例えば、体重60kgの人が、一瞬素早く、足首と膝を折り曲げて、重心を少し沈ませると、針は50kgくらいを指す。これを抜重(ばつじゅう)という。しかし、膝を抜いた直後に足裏全体で体重の落下を受け止めると、針は180kgを一瞬指す。是非、実際にやって、確かめてもらいたい。

最後に、新人戦の対戦に相手が決定した。南稜高校、浦和実業高校、狭山ヶ丘高校さんになった。応援を宜しくお願いする。

本庄高校女子サッカー部を強くする Part 7

ボディーコンタクトの前に

コンタクトの強さは、体格の差だけではない。筋力だけでコンタクトの強さが決まると思うのは間違いである。むしろ、目に見えないところにこそ本当の強さの秘訣が隠されている。

ディフェンダーの鉄則は、「からだ」が常にあらゆる状況に対応しなければならないことだ。相手がボールを回して攻めてくる場合は、どんな時であっても、相手の隙を見計らって「奪ってやる」といった積極性が大切だ。どんなに技術があっても、積極性がなければ、技術は機能しない。ボールを奪う積極性とは、ボールを相手から奪うチャンスをしっかり見極めることだ。見掛け倒しの積極性ではなく、したたかな計算が必要だ。相手に前を向かせないことが、チームに有効である。

しかし、ディフェンダーはボールを奪いに行かなければいけないから、攻撃だ。一方、ボール保持者は、ボールを保持しなければならないから、守備だ。攻撃と守備の感覚を大胆に変えてやるだけで、ディフェンス能力が必ず向上する。期待したい。