日誌

2020年11月の記事一覧

おおとりカップ戦

11月22日(日)、鴻巣陸上競技場にておおとりカップが開催された。鴻巣陸上競技場は、竹内涼真が出演したテレビドラマ「陸王」のロケ地だ。ロビーに出演者のサインが展示されている。

Aリーグに組み分けされ、ライラック1、松山女子高校1、SCL1(白岡)のチームと対戦した。15分ハーフ制とハーフコートの8人制だ。いつもは、1年チームと2年チームの2組出場するが、全員で11名なので1組だけだ。

1本目ライラック戦、GKのおかげで、2点に抑えられた。2本目松山女子戦、粘り強く戦っていた。よく耐えて、1点に抑えた。ほぼ内容は対等だった。3本目SCL戦、ポストに3本救われ0-0の引き分けだった。いつもなら、4失点くらいするチームだ。

4本目ライラックと後半戦、コーナーキックより走りこまれ、ヘッドで失点。CBが安易にゴール側にターンゆるして、1対1に敗れ軽々失点した。5本目松山女子と後半戦、課題としてボールは原則、動かしながら蹴れない、スローインの時、相手に安易に付いて、ゴール前にスペースを空けるが見てとれた。本日2回目の0-0の引き分けでした。6本目SCL,相手の気迫が感じられた。CBが開始早々、自陣でつなごうとしたボールを奪われ、失点した。大きく高く外へ蹴っていれば失う必要のない点だ。しかし、全体として、本当に練習の成果がよく現れた。改善点は、日本代表と同じ決定力だ。

ライラックとSCLの中学生選手の激しいぶつかり合いのコンタクトプレーで本庄高校生は弾かれ、すっ飛ばされた。しかし、段々慣れ、弾かれなくなった。球際の攻防が勝負を決めると実感できただろう。

SCLの中学生は、試合のない時はずっと両足を使ったアウトサイド・アウトサイドのリフティングやインサイド・インサイドのリフティングをやっていた。ノルマ2000回ずつとか課せられていたのだろうか。それにしても、笑顔で楽しそうに取り組んでいた。時間の使い方が非常に上手だ。こんな過ごし方をしているから、全国の強豪校に引っ張られるのだろう。

最後に、今回のカップ戦を通して、新人戦がジャスト11名であるが、楽しみになった。生活習慣を改善し、考え行動する。考動だ。

 

練習試合結果

12月7日(土)の12時より群馬県立伊勢崎清明高校さんと25分ハーフで試合をした。利根川の坂東大橋を挟んで4キロずつ離れているだけの近隣の高校だ。前半は0-0で持ち堪えたが、後半は0-3で負けた。1年生3名が経験者だ。決定力があった。自分で打開する力があった。わがチームには、自分で打開し、ゴールを決められる人材がいない。その差は、勝負では大きいものになる。一歩ずつやるしかない。

この日、寄居城北高校さんとも25分ハーフで試合した。伊勢崎清明高校さんとの対戦と同スコアだった。寄居城北高校さんにも3名の1年生経験者がいた。決定力があった。自分で打開する力があった。ゴールを決める力があった。1年5名、2年6名とジャスト11名だ。

練習ゲームの線審を教員がやるしかない台所状態だ。こんな経験は初めてだ。

さて、中学の時に、サッカーの経験がないことと、コロナの影響で、部活見学の時間がとれなく、活動状況を把握できないこととで、入部に不安があったようだ。どの学校も1年生の部員数が少ないようだ。

来年度は、現1、2年生に勧誘を頑張ってもらうしかない。今、1年生がたった3名なので最低でも8名でやっと11名だ。コロナで、4ヶ月間部活動がなかった現2年生には、夏の選手権までしっかりと残り、後輩の育成に力を貸してほしいと思う次第だ。

最後に、新人戦までには、浮き球の処理等解決しておく予定だ。