日誌

2021年5月の記事一覧

学校総合体育大会結果

4月24日(土)、熊谷さくら運動公園陸上競技場にて、1時30分より学校総合体育大会1回戦が実施された。対戦相手は浦和一女高校である。先発メンバーは、2年次生3名、3年次生8名である。グランドを大きく使った練習もできず、本番を迎えた。心配していたが、選手たちは冷静に、対応していた。前半、相手の右サイドからの見事な速いセンタリングから、ゴール前で合わされ、失点した。後半は、我々のリズムになってきたが、得点できず終了してしまった。

戦術的には、ポジションから、攻撃から選手達に任せていた。前半0-1は想定内であった。そこで、戦略として、サッカー経験者の1年次生2名を後半から、投入した。しかし、先輩に遠慮してか、最初は非常に動きが硬かった。15分経過してから、動きが良くなり、先輩とのコンビネーションが合ってきた。相手ゴールキーパーと1対1の場面が演出できたが、得点できなかった。たら、ればになるが、ゴールが決まっていれば、多分、ゲームの流れが我々に傾き、勝利していたと思われる。結局、我々のスローインしたボールを奪われ、カウンター攻撃を受け、失点してしまった。相手は、勝利を確信したか、次々と選手交代をしてきた。最後まで、ゴールを目指したが、得点できず、0-2で敗戦した。

最後になりますが、このチームなって、初めてフィールドを左右に大きく使えてる、目指していたサッカーが出来た。全く、素人軍団の良くやるキック・アンド・ラッシュの戦術ではなかった。コロナ禍で、練習も思うように出来ない中、よくぞここまで進化してくれた。リーグ戦でまた、浦和一女高校さんと対戦する予定だ。その時は、ぜひリベンジだ。

1年次生も、複雑な気持ちで見学していただろう。1年次生には、是非、本庄高校女子サッカー部黄金時代を築いてもらいたい。15名(1名欠席)の1年次生の瞳から、元気、やる気、根気が見て取れた。チームワークも良い。期待しているぞ。