日誌

2021年8月の記事一覧

2部リーグ戦第5戦結果

8月22日(日)11:30より、本庄高校を会場に、関東大会出場校の浦和実業学園高校さんと35分ハーフで対戦した。

前半は1,2年のみで対戦した。GKは急遽2年の副部長だ。GK練習は前日の15分のみ。ゲームの中で様々のことを感じ、身に付けてもらいたい。対戦相手のFWと衝突があり、心配した。しかし、大事に至らず、プレーを継続できた。よく頑張った。もっと、地面に横になり、体全体でボールをキャッチできるとよい(セービング)。ボールを持って蹴る時、助走をつけて蹴れると数段飛ぶのだが。

前半0-9でした。浦和実業学園高校さん、3年7名、2年2名、1年2名。本庄高校、2年2名、1年9名。相手のシュート嵐を受けた。

後半は、3年生を3名投入した。本来のポジションでないのと、練習不足での出場だったので15分のみ機能し、無失点で耐えた。攻撃もできたが、その後は、連続得点を計上した。結局、7失点した。ゲーム中の3年生の指示指導は大変に貴重だ。有り難いことだ。

改めて、最後に挨拶として、3年生に後輩へのアドバイスをお願いした。2軸キックを身に付ける。ボールコントロールはしっかりジャンプを入れる。

私の見つけた課題としては、ボールを動かしながら蹴れていない。止まってから、蹴っているので簡単にボールを奪われていた。明日から、ランニングパスだ。

今回も、0-16の二桁失点の敗戦でした。一刻も早くこの地獄から抜け出したい。

 

 

 

本庄高校女子サッカー部員の体力テスト結果

現在の部員の体力状況である。カテゴリーは1000M走、50M走、ハンドボール投げ、反復横跳び、立幅跳びの5種類だ。

1年生16名(5名マネ含む)、2年3名、3年10名(2名マネ含む)である。

各種目ごとに校内30位以内の人数を示す。

1000M走 1年生4名、2年3名、3年5名

50M走  1年生5名、2年2名、3年2名

ハンドボール投げ 1年生2名、2年0名、3年1名

反復横跳び    1年生3名、2年2名、3年5名

立幅跳び     1年生1名、2年2名、3年1名  である。

残念ながら、全種目30位以内の部員はいないが、4種目で30位以内者が1年生で1名、2年で1名、3年で1名であった。

来年度は、必ず30位以内の人数が増加しているはずだ。サッカー練習をしていると、自然と体力テストの向上が見られる。これが、本庄高校の女子サッカー部の魅力でもある。

来年度の報告を待たれよ。

二部リーグ戦結果(第2報)

8月1日(日)本庄第一高校を会場校として、二部リーグ第4戦があった。対戦相手は4月の学校総合体育大会の優勝校南稜高校だ。1年生2名のボランチが前回の浦和西高校より連携がよくなった。前半は4点取られた後に、1年生ボランチが見事な20メートルのミドルシュートをゴール上段に決めてくれた。しかし、結局決め手がなく1-7で前半終了。後半残っていたサブ1名を交代した。

後半は、ボールホルダーに対して、二人でチャレンジとカバーをしていた疲労の為か、暑さの為か脚が止まってしまった。前半のようには、相手陣内に侵入できなくなって、苦しい展開になった。パス&ゴーやダイレクトパスに対応できなかった。GKがルールを知らず、間接フリーキックを与え、失点とか、キックミスでやすやす相手にボールを与え、難なくゴールされた場面もあった。結局後半は0-9、合計1-16の大敗だ。全員攻撃、全員守備の切り替えの速さ、連携が求められる。

 

新チームになっての初得点に感動した。こんなにゴール1点に感動している監督は私だけだろう。さて、無駄な失点が最低5点はある。キック技術をあげて必ず防ぐぞ。

 

最後に、体験入部に群馬県の中学生が2名来てくれた。是非、来年度入学して、その力を貸してもらいたい。宜しく。