日誌

2021年9月の記事一覧

選手権大会結果

8月27日(金)、本庄高校を会場として、選手権1回戦が開催された。対戦相手は宮代高校さんだ。男子サッカー部が前日にライン引きをしてくれたので、11時集合でも、会場設営等を12時10分には、完了できた。12時20分より1時15分までアップをした。

GK骨折、部長ひざ故障でドクターストップと苦しい中、3名の3年生が本庄高校女子サッカー部史上、初めて選手権に参加してくれた。但し、県ベスト8チームでは、3年生が引退せず出場するのは当たり前である。本庄高校もそう成りたいものだが、私の力不足で実現していない。高いレベルのサッカーを体験してほしいのだが。

ところで、3年生が会場設営も手伝った。当たり前のことだが、本当に有難いことだ。守備を中心に指示しながら、活躍してくれた。前半ずっと、耐えていたが、コーナーキックより、臨時GKのポジショニングの悪さから、ニアーポスト側から失点した。そのまま前半終了。

後半に向けて、相手守備陣の裏のスペースを狙い1点奪取を指示したのだが、相手のボランチのペナルティーエリア外からのシュートが、女子では絶対届かないポスト下に決まり、追加点を許した。プレッシャーが緩すぎたのが原因だが、1年生はまだまだ経験不足だ。そんな中、相手よりボール奪取したり、ボール失わないを技を身に付けた1年のCBが現れた。私が、口を酸っぱくし、繰り返し言っている「膝抜き」の技を体得できたようだ。大収穫だ。

結局、0-3で敗戦したが、1年生を全員公式戦出場させられた。公式戦を肌で感じられたことが、今後に活かされるはずだ。3年生の卒業アルバム用の写真も撮れた。3年生3名諸君、1,2年生への対戦中での生の指導を本当にご苦労様でした。1,2年生の新人戦への宝物になったはずだ。本庄高校女子サッカー部としては、新人戦からが、2年3名、1年11名、マネ5名の新チームですが、本当の意味での勝負の始まりだ。