日誌

2022年8月の記事一覧

練習試合②結果

8月5日(金)、久喜市総合運動公園で、2回目となる練習試合をした。30分ずつの試合を4本実施した。

1本目は、先日0-4で敗戦した宮代高校さんである。スターティングメンバーを決定し、再挑戦してみた。

しかし、連携等が全く上手くいかず、前回と同様に4失点した。スターティングメンバーのコンビネーションの伸びしろは無限大だ。今後、もっと良くなるだろう。

2本目は、大宮武蔵野高校さんである。相手のシュートミスのお陰で、0-1の最小失点1で済んだ。決めるべきシュートを決めておかないと、ゲームの流れが悪くなる。最悪、敗戦に繋がってしまうことを改めて実感した。

3本目は、浦和西Bチームとの対戦だったようであるが、Bとは言え、プレーが上手でした。選手をやりくりしながら、サブのメンバーらしき布陣で臨んだ。ほぼ自陣での戦いになってしまったが、やっとコンタクトプレーを怖がっていると試合にならないことを理解したようだ。4失点したが、選手がそれ以上の失点をしないように一人一人がよく戦っていた。

最後の4本目は、宮代高校さんと大宮武蔵野高校さんとの合同チームとの対戦とした。一人一人に責任感が出てきて、初めての無失点の引き分けの試合ができた。接触プレーを恐れなくなった賜物だ。

次回こそ、ゴールを決める。

練習試合①の結果

8月3日(水)熊谷さくら運動公園にて、11:10より30分ずつの試合を4本した。

1本目、寄居城北高校さんに対して、2年生を主体としたチーム編成で挑んだ。10分間は粘れたが、残り20分間で4失点した。以前よりゲームとして成立していた。

2本目、狭山ヶ丘高校さんと越ヶ谷高校さんの合同チームと対戦した。1年生主体のチーム編成にした。よく頑張っていたが、最後の体の寄せが甘いので、シュートをブロックできず3失点した。

3本目も、1年生主体のチーム編成で、クラブチームのリリーズさん(中学1年生)と対戦した。個人技の差がダントツにあり、対応できず、大量11失点した。ゴール直後、リリーズの選手が、ボールを抱え、急いでボールをセンタースポットへセットし、キックオフをさせるように促した。屈辱感を私的には感じた。選手はどう感じただろうか。

最後の4本目の試合は、2年生主体で、宮代高校さんに挑んだ。得点できるFWの違いが出て、4失点した。

得点は次回、8月5日(金)の久喜市総合運動公園の試合まで持ち越しだ。