日誌

2018年10月の記事一覧

全日本選手権大会 地区予選②

10月28日(日)、くまぴあにて全日本選手権の2日目が行われました。
対戦相手は、進修館高校でした。
1セット目、試合は均衡状態で進んだものの、23-25の僅差で落としていしまいました。
2セット目中盤で、相手にリードを許し、苦しい展開になってしまいました。終盤に粘りを見せたものの、最後は、進修館高校のエースに押し切られ、20-25で惜敗しました。
選手は、夏から着実に力をつけていることは、改めて実感できました。もう1段階、2段階上のレベルに上がれる兆しが今回の試合でスタッフだけでなく、選手自身も感じることができたと思います。
進修館高校に敗れたことは、正直悔しいですが、この悔しさを、県大会で晴らしてみせます!
2日間にわたり、多くの方に応援をいただきました。お忙しい中ありがとうございました。引き続き、応援の程、よろしくお願いいたします。



全日本選手権大会 地区予選①

10月27日(土)、くまぴあにて選手権大会の地区予選が行われました。この大会は、いわゆる春高バレーになります。北部地区は、4校が県大会に出場できるので、県シード校である正智深谷高校と深谷高校を除いた16チームで県大会出場をかけて勝負しました。

初戦は、熊谷工業高校と対戦し、2-0のストレート勝ちで危なげなく勝利することができました。
続く2回戦、ここで勝利できれば県大会出場が決まります。選手は、2試合目ということもあり、初戦よりもリラックスした状態でプレーすることができ、見事2-0のストレート勝ちを収めることができ、無事に県大会の出場権を獲得することができました。

明日の試合は、決勝進出をかけて進修館高校が相手になります。チーム一丸となって、勝利をつかみとります!

応援してくださった、保護者の皆さま、また引退した3年生とその保護者にも応援していただき、とても心強かったです。ありがとうございました。引き続き、また明日も応援をよろしくお願いいたします。





1年生大会

9月29日(土)、30日(日)、熊谷工業高校にて1年生大会が行われました。本庄高校の1年生は5人しかおらず、当日は他の部の選手を借りて出場しました。
初戦は秩父高校が相手で、2-0で勝利を収めました。2回戦目は東京農大第三高校が相手でした。相手チームに大きな選手がいて、序盤、スパイクがブロックされることがありましたが、各選手が役割をしっかり果たしてくれたので、見事ストレート勝ちを収めることができました。2日目の初戦は、松山高校が相手でした。松山高校は、1年生の人数がとても多い上に、声もよく出ており、とても雰囲気のあるチームでした。1セット目は、25-23で何とか接戦をものにすることができましたが、2セット目は、本庄高校のサーブミスが目立ち、松山高校に14-25でセットを取られてしまいました。3セット目は、お互いにボールを何とか繋ぎ、ぎりぎりの勝負でした。結果は、25-21で本庄高校が3セット目を取ることができ、セットカウント2-1で粘り勝ちしました。
決勝の相手は、強豪校の正智深谷高校でした。結果は、まったく相手にならずといったものでしたが、非常に高い経験を積むことができました。
少ない人数ながらも、準優勝を勝ち取った選手を誇りに思います。おめでとう!

また、2日間サポートに回ってくれた2年生、そして応援に来てくださった保護者の方々、OBの先輩、本当にありがとうございました。次の選手権大会も応援よろしくお願いします。