日誌

2019年5月の記事一覧

関東大会埼玉県予選

 5月10日(金)、11日(土)の2日間、越谷総合体育館で関東大会の県予選が行われました。本庄高校は、初戦が大宮工業、勝てば王者埼玉栄と試合という組み合わせでした。
 初戦の大宮工業戦では、緊張のあまり選手の動きがあまり良くなく1セット目は、終始リードを許す苦しい展開でした。しかし、そこを我慢しながら戦い、終盤には逆転に成功。そして、セットを取ることができました。1セット目を取ることができて、少し心にゆとりができたのか、2セット目はある程度の動きができるようになっていました。しかし、2セット目も気を抜けないぎりぎりの戦いでした。何とか2セット目も取ることができ、新チームになって初めて県大会で勝利をすることができました。(顧問は、保護者の方に言われて、気付きました…)
 2回戦目の埼玉栄では、初戦とは違った緊張感の中での試合でした。埼玉栄相手にどこまで、自分たちのバレーボールができるかというチャレンジ精神で試合に臨みましたが、埼玉栄の前に力の差を見せつけられ、敗退となりました。しかし、試合の中で、相手に通用するものもあったので、収穫はありました。3年生は、次の大会が最後になります。悔いの残らない試合をしてもらいたいと思います。

平日にも関わらず、多くの保護者の方々、OBの先輩にも会場に来ていただきました。ありがとうございました。

   

   

本庄高校杯開催

令和元年5月5日(日)、本庄高校を会場に本庄高校杯が行われました。
本庄高校杯は10年以上続いた大会でしたが、去年と一昨年は開催できず、2年ぶりの開催となりました。
埼玉県北部地区の中学校13校を招き、各リーグで試合を行ったのち、各リーグ1位による決勝トーナメントを行いました。熊谷東中学校、秩父第一中学校、三尻中学校、幡羅中学校が決勝トーナメントに出場しました。優勝は、熊谷東中学校でした。どの中学校も一生懸命バレーボールに取り組んでおり、試合内容も非常にレベルの高いものでした。
多くの選手に、高校に進学してもバレーボールを続けてほしいと思いました。
また、来年度以降も続けていけたらと思います。
今回、参加いただきました各中学校の先生方、ありがとうございました。

        準決勝の様子①

        準決勝の様子②

         決勝の様子

           閉会式

           表彰式