日誌

2020年1月の記事一覧

新人戦県大会

1月29日(水)毎日興業アリーナを会場に新人戦の県大会1日目が行われました。ベスト8に勝ち残ったチームは、2日目の2月3日(月)に進出します。

本庄高校の初戦は、越谷南高校でした。関東にも出場した経験のあるチームで、1人1人の経験値はとても高く、上手さのあるチームでした。出だしは粘りを見せ、攻撃も通用したものの、中盤で相手のサーブに苦しめられ差をつけられてしまいました。結果は、0-2のストレート負けとなりました。その後、越谷南高校は、ベスト8に残りました。

ベスト8の壁とそこに到達するための課題が入り混じった試合となりました。上級生に残された時間はあとわずかとなってしまいます。より一層、1日1日の時間を大切にして頑張っていきましょう。

平日にも関わらず、応援に来てくださった保護者の皆さまありがとうございました。

     

 

新人戦大会北部地区予選

1月19日(土)20日(日)と熊谷高校を会場に新人戦大会が行われました。本庄高校は第3シードで出場となりました。

初戦の相手は農大三高でした。両エースがしっかりとスパイクを打ち切れるチームであったので、サーブとブロックが鍵でしたが、しっかりと対応し自分たちのバレーボールをすることができ、2-0のストレートで勝利しました。

次の相手は、松山高校でした。松山高校には長身の選手がおり、また高いジャンプをする選手もたくさんいて、ブロックとディグが良いチームです。雰囲気も良く、とても手強い相手でした。1セット目は松山高校に見事なバレーをされ、完全に流れを持っていかれてしまいました。しかし、2セット目以降、割り切って集中し直し、自分たちのバレーボールを展開し、見事逆転勝利を収めました。無事に県大会の出場権を得ることができました。

翌日の準決勝は本庄第一とでした。本庄第一とは、前年度の新人戦でも対戦し敗れていたので、新チームになった今回はリベンジを果たすべく挑みました。しかし、途中、押している場面もあったのですが、最終的には0-2のストレート負けを喫しました。相手に押されているときに、強い気持ちを持って、冷静に対応できるかどうかが今後の大きな課題となりました。

今回の課題、反省を糧に県大会でも頑張ります。応援に来てくださった保護者・OBの方々ありいがとうございました。引き続き応援の程、よろしくお願いします。

   

   

   

新年 OB戦

 1月3日は毎年恒例のOB戦です。今年も多くのOBが参加してくださり、全部で50名近くのOBが来てくれました。

前半は、現役対OBの試合を中心に行い、後半は何人かの現役をOBに混ぜてもらい、OB同士で試合を行いました。

多くのOBが現役選手を応援してくれていると実感したことと思います。

OBに良い報告ができるよう頑張ります。ありがとうございました。

 

   

 

わたらせカップ

 年末に、茨城の古河まで行き、わたらせカップに参加してきました。

栃木、茨城、千葉、群馬、埼玉と多くの学校が参加していました。初日は、リーグ戦を行い、栃木の白鴎足利高校に競り負け、リーグ2位で通過し、翌日の決勝トーナメントに進みました。

2日目の初日は、千葉の千葉商大附属高校が相手でした。自分たちのバレーが出来ず、結果は惨敗でした。

しかし、その後の試合では、同じ埼玉の久喜工業に勝ち、浦和高校に負け、最終成績を全体の6位で終えることとなりました。相手の強さというよりは、自分たちの弱さを認識させられた大会となりました。

この反省を糧に、新人戦ではよい結果を残せるように頑張ります。