日誌

2020年11月の記事一覧

選手権県大会 報告

11月6日(金)8日(日)9日(月)の3日間、さいたま市のサイデン化学アリーナで選手権大会の県予選が行われました。いわゆる春高バレーの埼玉県予選で、地区予選を勝ち上がった40チームで埼玉の代表を決める戦いとなります。

本庄高校は、初戦が4試合目で対戦相手は東部地区3位の越谷西高校でした。両エースを中心にしたチームで、いかにエースに仕事をさせないかが勝負のポイントでした。試合は本庄高校のサーブで相手を崩すことができ、相手のエースに仕事をさせないことに成功し、2-0のストレートで勝利しました。

続く試合は、川口青陵高校とでした。川口青陵高校は、南部地区大会で他のチームを寄せ付けることなく、優勝した手強い相手でした。3年生が何人か残っているだけでなく、能力の高い選手が多く所属していたので、川口青陵の攻撃にどこまでついていけるかが勝負のポイントでした。試合展開は、序盤は競ることができたものの、中盤から本庄高校のサーブカットが乱れ、サイドアウトが取れない苦しい展開になり、0-2のストレートで負けました。

新チームで臨んだ県大会で、1つ勝つことができたことはチームにとっても大きなプラスになり、自信がつきました。しかし、3年生が残っているチームは、1つ1つのプレーが丁寧であり、そう簡単には崩れてくれませんでした。これから、たくさんの試合経験を積んでいき、新人戦では更に飛躍できるよう頑張ります。