日誌

2019年5月の記事一覧

【陸上競技部】学総体県大会準決勝進出

学総体県大会では、入賞はできなかったものの準決勝まで進出できた種目が多くありました。
準決勝進出種目と出場者は以下の通りです。


――――――――――――――――――――
男子200m 望月 悠希
女子100mH 金子あい
男子400mR 神岡 優太、岩谷 勇希、望月 悠希、小林 蓮
男子1600mR 小林 蓮、岩谷 勇希、望月 悠希、神岡 優太
――――――――――――――――――――


どの種目もあと一歩のところで決勝進出できませんでした。
しかし、県大会で準決勝まで進めたことはこれからの人生において大きな自信になると考えております。
また、本庄高校の3年生はこれにて引退ではなく、7月の国体予選まで競技を続ける予定です。



さらにタイムをのばしていきたいと考えておりますので、応援よろしくお願いいたします。

【陸上競技部】関東大会出場決定・学総体県大会入賞者

5月11日から4日間にわたって熊谷陸上競技場で行われた、学総体県大会の結果を報告させていただきます。



本庄高校では次の3名の選手が入賞できました。


畦地恵太 男子ハンマー投 3位 49m38
竹花未珠 女子ハンマー投 5位 34m96
中兼遥香 女子ハンマー投 7位 34m23 


県大会で3名入賞という結果は近年最高で、大変嬉しく思っております。
そして、畦地は昨年度の新人大会に引き続き、関東大会への切符を獲得することができました。

女子ハンマー投は4位までが関東大会出場権を獲得できるため、その点では竹花と中兼は悔しい思いをしておりますが、この悔しさをバネに夏を乗り越えて秋には関東大会出場を果たしてくれると信じております。



関東大会は茨城県が会場で、6月14日から3日間の日程で行われる予定です。
関東大会出場で満足せず、貪欲にインターハイ出場を勝ち取るべく練習していきます。