日誌

2019年6月の記事一覧

【陸上競技部】埼玉選手権

埼玉選手権の報告です。

埼玉選手権は高校生だけが出場する大会ではなく、大学生や社会人も出場できる大会です。
競技ごとに記録が設定されていて、その記録をこえていなければ大会に出場することができません。

本高陸上部からは、男子ハンマー投の畦地、女子ハンマー投の竹花と中兼、100mHの金子、110mHの岩谷の5名が出場条件を満たしていました。
埼玉選手権に個人で5名が出場できるということは大変誇らしいことであり、5名の選手はそれぞれ頑張ってくれました。
その中でも畦地は男子ハンマー投で7位に入賞することができました。



数年前までは個人で出場できる選手がいなかったので、他校の監督からも驚かれました。
今後も埼玉選手権に出場できる選手を増やしていきたいです。

【陸上競技部】関東大会ハンマー投

ハンマー投の畦地とともに関東大会へ行ってきました!

大会は茨城県ひたちなか市で開催されたため、前泊して試合に臨みました。

畦地の持ち記録(49m38)はランキング8位なので入賞が狙えたのですが、結果は残念ながら24人中12位。
我々としては少し悔しい結果となりました。

暴風雨の中で行われた畦地の試合内容は、1投目と2投目が連続してファール。3投目で42m99をマークして12位になりました。
自己ベストを出すこと、入賞すること、インターハイ出場を決めることはできませんでしたが、今回の畦地からは気迫を感じることができました。



秋の新人戦で関東大会に出場することはもちろん、来年の春にはインターハイに出場できるように頑張ります。
60mの投擲を目指して日々努力する所存です。

関東大会出場に際して多大なる激励と労いの言葉をいただき、誠にありがとうございました。

【陸上競技部】関東大会壮行会

5/31(金)体育祭の日に関東大会の壮行会を開いていただきました!

まずは陸上部監督の贄田が挨拶し、その後狩野OB会長と生徒会長の折田君からも激励の言葉をいただきました。

畦地本人からはこの壮行会での応援を受けて、インターハイ出場を目指して頑張りたいという言葉を聞けました。



応援して下さる皆さまの期待に応えられるように、また畦地本人の成長と経験のために、関東大会に向けてがんばります。