日誌

2018年8月の記事一覧

新人大会北部地区 一次予選


8月17日(金)、18日(土)と新人大会の北部地区一次予選がおこなわれました。
ブロックごとのトーナメントをおこない、各ブロック2位(場合によっては3位)までが9月におこなわれる二次予選に進むことが出来ます。
本高は春の学校総合大会で上位に入った鈴木君がシングルスで一次予選免除です。
1年生は初戦突破、2年生は二次予選進出をまず目標として戦いました。

シングルスでは多くの選手が初戦を突破しましたが、ブロック3位や4位にとどまり、二次予選進出はなりませんでした。
ダブルスは多くのペアが初戦敗退となり、こちらも二次予選進出はなりませんでした。
またもダブルスに課題を残す、ある意味本高らしい結果となってしまいました。

9月の二次予選進出はシングルスで鈴木君のみですが、シードのプライドをもって頑張ってきてもらいたいと思います。

関東国公立大会県予選


8月7日(火)、そうか公園テニスコートで関東国公立大会の県予選がおこなわれました。
対戦形式はシングルス3本ダブルス2本の5本勝負です。
台風の影響で初戦から打ち切り有りとなり、3勝した時点で試合終了となります。

初戦は岩槻北陵高校との対戦でした。
相手校の人数が少なかったためダブル2とシングル3が不戦勝となり、1勝した時点で勝利確定という中、シングル1が終始優勢に試合を進めて危なげなく勝利しました。

2回戦は県立川越高校との対戦でした。
西部地区の進学校で部員数も多く、応援の盛り上がりが印象的でした。
シングル1はここでも相手を圧倒し、先に1勝しました。
良い流れでしたがダブル1の動きが全体的に硬く、ここで1敗。シングル2は相手の勢いあるストロークに翻弄され2敗目。後が無くなったダブル2は緊張が取れず3敗目。ここで本高の敗退が確定しました。決着がついたためシングル3は2-2で打ち切りとなりました。

顧問としては何とかベスト16に残り2日目のリーグ戦に進んでもらいたかったのですが、力及ばず残念な結果となりました。

来週末には公式戦の新人大会が迫っています。
今回の悔しさをバネに、まずは個人戦で結果を残してほしいと思います。

草加という遠い試合会場になったため、保護者の皆様におかれましてはご迷惑をおかけしたことと思います。朝早い中、ご協力ありがとうございました。引き続き、ご協力と応援のほどよろしくお願い致します。