日誌

2018年11月の記事一覧

1年生大会


11月14日(水)県民の日に1年生大会がおこなわれました。
約10年前におこなわれた埼玉インターハイを機に、県内選手のダブルス強化を目的として始まった大会で、試合形式はダブルス3本勝負です。

本高1年生チームは川口北高校会場のリーグに入りました。

①VS所沢北B…2勝1敗 勝利
 ダブルス1 〇6-3
 ダブルス2 〇6-3
 ダブルス3 ✕6-7(2)

②VS花咲徳栄…0勝3敗 敗北
 ダブルス1 ✕5-7
 ダブルス2 ✕6-7(3)
 ダブルス3 ✕2-6

③VS川口北…0勝3敗 敗北
 ダブルス1 ✕0-6
 ダブルス2 ✕5-7
 ダブルス3 ✕0-6

以上の結果からリーグ3位となり、残念ながら決勝トーナメントに進むことはできませんでした。

本高1年生チームは普段からまとまりがあり、練習にも熱心に取り組んでいます。
当日も「とにかくまず粘る」ことを伝えましたが、本人達なりにそれができていたと思います。
課題は各ショットのレベルアップとダブルスでの前衛の強化でしょうか、、、。

年明けにおこなわれる学年別ダブルス大会に向けて引き続き頑張ってもらいたいと思います。

北部地区シングルスⅡ部大会


11月10日(土)に北部地区シングルスⅡ部大会がおこなわれました。
この大会は県大会出場選手を除いた各校の上位数名が出場する大会です。
本高テニス部からは5名が出場しました。

結果は3名が初戦敗退、2名が2回戦敗退でした。
初戦敗退の選手でコンソレーションマッチをおこないましたが、3名のうち2年生の菊地君が2勝することができました。

今大会で感じたことは、とにかく本高選手のサービスが弱いということです。
ひどいときには1つのサービスゲームで3回もダブルフォルトが、、、これではサービスキープができません。シングルでは2回に1回自分のサービスゲームが回ってくるので、サービスが武器に出来ない選手は後手に回ってしまいます。

自主練習の際には積極的にサービス練習をしてほしいものです。