日誌

2019年5月の記事一覧

考査前勉強会

中間考査期間中です。
5/17(金)、文武両道を図るため、部員が集まって勉強会(主に顧問による数学の補習)を行いました。
普段はテニスで切磋琢磨する仲間ですが、今は試験前。ラケットをシャーペンに持ち替え、打ち解けた雰囲気ながら集中して演習に取り組むことができました。
1年生にとっては入学後最初のテスト。順調な滑り出しを期待したいところです!

熊谷市春季団体戦

5/12(日)、熊谷市テニス協会主催の団体戦(シングルス×1、ダブルス×2)に参加してきました。
予選リーグ1 位通過チームによる決勝トーナメント方式です。本高Aチームは、春秋通じて9大会連続(5年目突入!)で予選を通過し、大人チームとの決勝トーナメントに進出しました。
1 回戦は得意のダブルスを1 つ落としてしまいますが、シングルス勝利で巻き返し、2−1で勝利できました。
準決勝も手堅い相手との対戦でしたが3−0で勝利し、本高初の決勝進出!
決勝では鉄壁なボレーの前に勝利することはできませんでしたが、最後まで試合を楽しむことができました。


   決勝戦


   表彰


   準優勝!

 公式記録(熊谷市テニス協会HPより)
 
  2019haruTeam_.xls


 この日を最後に、12人の3年生は引退となります。長かったような短かったような現役生活、お疲れ様でした。
 1つ上の代が実績を残しただけに、プレッシャーとの戦いから始まったような1年間でしたが、真摯にテニスと向き合い、関東公立高校テニス大会出場をはじめ、先代に引けを取らない実績を上げることができました。活動を通して得た自信と誇りは、これからの彼女らを支えてくれることと思います。
 ひとまずテニスとはお別れですが、このチームで培ったタフネス、絆は、受験その他の困難を乗り切る糧となってくれるでしょう。
 テニス部OGの前途に幸多かれ!


学総大会県大会団体戦

5/11(土)、学総大会県大会団体戦が行われました。
シングルス×2、ダブルス×1の3本勝負。
本高の初戦は山村学園(´Д`)・・・
インターハイやら全国私学大会やらで名を轟かす、ジュニア選手の集まる全国区の強豪校です。
異次元のショットに手も足も出ず、3試合合わせても1時間位で終わってしまいました。
硬式テニス界は完全なる格差社会。
小さい頃からカネをかけてプロコーチに習ってきた選手に、高校から始めた選手が敵うはずもなく、3試合で2ゲーム取るのが精一杯でした(-.-)
ここまで頑張ってきたレギュラーには、もう少し張り合いのある試合をさせてあげたかったけれど、これが現実。
実社会に出れば、同様の格差社会が待っています。
突き抜けた選手(富裕層)は置いといて、自分の活躍できるポジションはどこだろう?と自分の居場所を探せるようになれば、今回の敗戦の意味もあろうというものです(^ ^)
 

連休練習試合

連休明けの週末に学総大会の団体戦を控えているので、団体戦形式(シングルス×2、ダブルス×1)を中心に行いました。

5/4(土)
Aチーム in入間向陽高
所沢北、川越南、入間向陽、いずれも激戦の西部地区で活躍する、選手層の厚いチームに混ぜていただき、4校合同で行いました。
本庄A 1-2 所沢北
本庄A 2-1 入間向陽
本庄A 0-3 川越南
西部のチームは強かった!
本番で当たったときは負けないよう、最後の練習を頑張ります。

Bチーム in熊谷女子高
北部地区、鴻巣、熊女、熊西、熊商のリーグに2年生チームが挑みました。
本庄B 2-1 熊女
本庄B 1-2 熊商
本庄B 1-2 熊西
本庄B 1-2 鴻巣
さすがに各校の3年生は強かった!
胸を借りるつもりで挑みましたが、高い壁を目の当たりにし、刺激を受けることができました。
代替わり後の奮起に期待したいところです。


   Aチームの試合

5/5(日)
A・Bチーム in本高
高崎東、前橋南、正智深谷、本庄東、本庄A&Bの6チームによるリーグ戦を行いました。

本庄A 3-0 本庄東
本庄A 3-0 高崎東
本庄A 3-0 正智深谷
本庄A 3-0 前橋南
本庄A 3-0 本庄B

本庄B 1-2 前橋南
本庄B 0-3 正智深谷
本庄B 1-2 本庄東
本庄B 2-1 高崎東
本庄B 0-3 本庄A

Aチームは快勝できましたが、2年生のBチームが課題だらけ(+_+)。
3年最後の団体戦に向け好発進と、先を担う2年の課題発見。実のある1日になりました。
   Bチームの試合

学総大会県大会個人戦

4/27(土),28(日)、学総大会の県大会が行われました。
今年は南部西部地区にスーパー1年生がごっそり入り、例年にないハイレベルな県大会でした。
本高からはシングルス4名、ダブルス4組が挑みましたが、惜しい対戦もありながら1つも勝てず…。
埼玉のテニスはレベルが高く、全国区の選手がしのぎを削っています。
勝てはしなかったものの、トップ選手と試合ができたことは貴重な経験になりました。