日誌

2020年10月の記事一覧

新人大会団体戦 県大会ベスト16!

10/24(土)、新人大会の団体戦が行われました。シングルス3本&ダブルス2本の5本勝負です。

本高は惜しくも12シードを逃し、フリー抽選に回りましたが、強豪のいない比較的ラッキーな位置に入りました。

1回戦は蕨高校。オーダー用紙に書けるよう、前日に「蕨」の漢字も練習し、準備万端で臨みました(笑)

肝心のテニスは、相変わらず立ち上がりの悪さが課題でしたが、各選手とも試合中盤から持ち直し、4−1で勝利。2回戦の朝霞西高校との対戦も、調子を上げた各選手が実力を発揮し、3−0打ち切りで勝利できました!

3回戦は第4シードの秀明英光。ジュニア日本一(!)の選手を擁する強豪です。そんなチームでも全員がハイパーなわけではなく、ダブルス2はこちらの1年生が意地の勝利。チームは1−3で敗れましたが、一矢報いることができました。

結果、県大会ベスト16。上出来だと思います。団体戦独特の緊張感に、最初は固かった選手も、最後はいい動きを見せてくれました。

秋の団体戦シーズンを戦う上で、チーム全員にとって弾みのつく結果になりました。

「本高雑草魂」の伝統を継いで、この秋も頑張るぞ!

vs蕨  秋晴れがキレイでした

vs朝霞西 ナイスサーブ!

vs秀明英光 緊張の(?)整列

公式記録(高体連テニス専門部HPより)

新人団体1日目.pdf

考査前補習

考査前恒例の数学補習です。

休校のせいで夏休みが短くなり、考査範囲も膨大( ゚Д゚)

しっかりとこなすには、例年以上に周到な準備が必要になります。

我らが硬式テニス部も、一時(いっとき)テニスを離れ、勉強モード!

…ですが、例年、2学期中間考査は新人大会団体戦の直前。

今年も中間考査の翌日が大会本番という日程です(*_*)

レギュラーメンバーは、毎年この時期だけは考査期間中にも短時間の練習を続けることになります。

レギュラーとして、考査と大会の両立ができるか、真の実力が問われる期間です。

 

   2年:教え合いながら、効率よく理解が進みました。

 

   1年:1学期よりはリラックスムード。和気藹々とできました。本番に期待しています!

 

秋のこの時期は大会シーズンなので、他にも「大会前につき考査期間中も練習」って部があります。

どの部も大変だけど、本高勢が活躍できるよう、お互い励まし合ってガンバロウ!!

熊谷市総合体育大会優勝

10/4(日)、熊谷市テニス協会主催の総合体育大会に参加してきました。

ダブルス大会です。高校生は「初級」の部にエントリーします。例年、県北中心に5校位が参加しますが、今年は休校のせいでこの時期に中間テスト期間に入ってしまった学校があり、深谷第一高校と本高の一騎打ちになりました。

予選は3ペアによるリーグ戦、そのあと順位トーナメントです。本高は3ペアが1位トーナメントに進出し、田中朱里・茂木美薫(2年)が優勝、加藤鈴菜・山田春華(1年)が4位に入賞することができました。

深一との練習試合のような様相でしたが、公営コートで、記録に残る勝ち負けを競う試合はやはり一味違います。層の厚い深一を相手に、緊張感のある試合をたくさん経験することができました。

特に1年生はだいぶ試合にも慣れ、練習通りの動きを体現できるようになってきました。

来たる北部地区団体戦、1年生大会団体戦にも期待が持てる試合が多く見られ、楽しみです!

   予選リーグ

   4位ペア & 優勝ペア

 

公式記録(熊谷市テニス協会HPより)

2020総合体育大会.pdf