日誌

2021年11月の記事一覧

1年生大会団体戦 決勝トーナメント 県3位!

11/23(火)、1年生大会団体戦の決勝トーナメントが熊谷さくら運動公園で行われました。

ダブルス3本勝負です。各地区の予選リーグ1位のチームが集まり、当日抽選でドローを組みますが、「持ってる」選手がくじを引いた結果、本高はシードや強豪校と当たらずに勝ち進めるラッキーな位置を引き当てました。

初戦は西部地区の志木・西武文理の合同チーム。直近の練習試合でお世話になった相手です。練習試合ではこちらが優位に試合を進められた実績から、本高勢は気持ち的に優位に試合に入ることができ、2勝1敗で勝利でした。

2回戦は東部地区の花咲徳栄高校。臆せず強打してくるペアが2ペアいて、ラリーで押される場面もありましたが、こちらがうまくかわし、こちらも2勝1敗で勝利できました。

準決勝、第2シードの伊奈学園は南部の県大選手4人を擁する優勝候補。ダブルス1が4-6と相手を追い詰める好試合を見せましたが一歩及ばず、結果0-3で敗れてしまいました。

3位決定戦は川口北高校。今年春の県大団体戦、ベスト16決めで当たって、2・3年チームが辛勝した相手です。1年生対決は…。相手が強気のプレーで仕掛けるも、ミスも重なり、こちらの2ペアがしっかり押し切り、2勝1敗で勝利。3位に入賞することができました!

ここ3週間程、1年生に時間を割いて練習メニューを組んだ結果、できなかったことができるようになり、見違えるようにプレーが良くなりました。対戦相手の先生方からも、ボレーにお褒めの言葉をいただける位、ダブルスの形が出来上がってきました。さすが本高生、飲み込みの良さは今年も健在?

「1年生に試合経験を積ませる」という大会の趣旨の通り、東西南各地区のチームと試合ができたことは、本高選手にとって貴重な経験となりました。各地区予選から数えると、約60チームの参加があった中で、3位は頑張ったと思います。

見たことのない相手との対戦、チームの勝敗を背負っての勝負、終わった後のお互いへのねぎらい…。団体戦の醍醐味を存分に満喫できた2日間でした。チームの絆も大分強まったように思います。それぞれの役割を果たす中で、経験値も上がりました。

次は1月の学年別ダブルス。もう1ランクレベルの高い戦いができるよう、練習をガンバロウ!

   表彰式

   県3位!