Wildcats日誌

2017年12月の記事一覧

寒いです

16日土曜日に群馬の学校が練習試合に来てくれてゲームをしました。4時間目が終わって急いで体育館に準備に走って行く部員の後ろ姿を見ると「学生っていいな」と思えます。上手に時間のマネジメントをして、部活も勉強も含めできるだけ沢山のことを経験して欲しい。
試合は…最後に意図を持ったディフェンスにうまく守られて手も足も出ない感じにやられ、ちょっと嫌な終わり方。冬の間に何とかこれ…ボールがうまく運べなくなった時の対処を練習したい。こちらが同じ事を仕掛けていければ対応策も自然と分かるのかな?
 
 自分はずっと男子部の顧問をしてきたのですが、Wildcatsは強いなくても(自分が関わってきた)男子よりも声も出すし、彼女達なりに頑張っていると感じます。相手に勝ちたいという気持ちはもしかして男子より強いのかな?そうでもないように見える時もあるし滅茶苦茶悔しがっているように思えることもあって面白い。いや、言葉が悪いか…。興味深い。
あと感じるのは選手達全員が怪我の通院を除いてほぼ練習を休まないこと。これは本当に感心する。ですが、(だから、なのか?)壊れてしまう。すぐ怪我をする。こんなに壊れるもの?要求が無茶なのか?やっぱり女の子って華奢にできてるのかな?
 思い出すのは、日本のプロ野球のピッチャーがメジャーに行ってそれまでの習慣で「投げ込み」をしたがるけれど、アメリカでは「ピッチャーの肩は消耗品である」という認識があって、それをしようとする松坂なんかは首脳陣との葛藤があった、という話。この話の松坂と同じ(だと思う)葛藤を感じる自分がいます。「できるだけ沢山動いて、できるだけ経験を積んで試合中に息切れして自分のプレーができなくなる、なんて事がないように…」と単純に考えて汗を掻くメニューを好んで指示している結果が「え?」という数の故障に繋がっている?
 ランニング、ストレッチ、体幹、ラダー等々、ボールを使う前に十分身体をあたためて、過度な負荷がかかる課題もやっていないと思うんだけど…だけど、実際に怪我をして練習を見学せざるを得ない部員が絶えずいることを真摯に受け止めるべきなんでしょうね。
 
今日は熊谷の中学が来てくれてゲームをしました。
相手は中1中2なので小さくてかわいいけど、ピボットをちゃんと踏んでいて、振り切られたり良いところにパスを出されたり。点数はまあ高校生なので取れるけど見習う点も多々あり。課題と思っていることが少しできて、26日にやる進修館・深谷第一との試合が楽しみ。同じ高校生を相手に自分たちのバスケができるか。今年最後の試合です。